ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
特定非営利活動法人 C.U.P
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:642件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2007/01/09のBlog
[ 21:35 ] [ 事務局のつぶやき ]
テレビネタ続けます

『花より男子』で、つくしちゃんが赤紙を張られて

全生徒からのいじめを受けるシーンがありました

またしても、息子に

「ねえねえ、もしあなたがこういう場面に出くわしたらどうする?」

と問いかけたら、


「子どもに意見を聞くときには、まず自分の意見を述べなさい」

と、言われてしまった


「私は大人だから親だったり先生の立場の意見になっちゃう」


「ずるいな、逃げやね。そうやっておとなは、子どもの意見を求める割りに
自分の意見を言わない」


「うっ!・・・・・」


「母さんが言うたら、俺の意見も言うたるわ」


「逃げるよ、知らんかったことにする」


「チキショー、一緒や・・・」



教訓・・・逃げたらあかん。でも、逃げないと生きていかれへん現実もある。









[ 20:58 ] [ 事務局のつぶやき ]
お正月は、久々にテレビと友だちになりました。

しかも、息子の解説付きで。

お笑い芸人、アイドル、ドラマのストーリーなどなど。

「よ~し、これで今年のネタもばっちりや!!」

というきっぱりとした意気込みを持って。


「ねえねえ、この人なんていうの?」

「ねえねえ・・・ってばっ」


「うるさいな~~~~~!!」(息子、半分キレル)


「反抗的やなぁ~」


「こんな従順な反抗期の息子おらんやろ!買い物に付き合い、しかも

テレビの解説までしてもらっとるねんで!!」


「・・・」



教訓・・・あまりしつこく息子にまとわりつくことは止めましょう



2007/01/03のBlog
[ 22:05 ] [ 事務局のつぶやき ]
お友だちと梅田で新年会をしました。みんな私よりはるかに若い。(30代前半?)

弁護士と外務省で働く彼女たちの話は、とてもパワフルで刺激的です。

それだけでたくさんのパワーをもらいます。

普段なかなか会えないけれど、グローバルな視点で

物事を考えることの重要性を認識させてくれる友だちは宝物です。

ついつい、「現実」を見つめると、新しいことを始めようとすると、躊躇します。

でも、

彼女たちは、「面白そー!」と話にのってきてくれます。

そして、彼女たちの持つネットワークを紹介してくれます。

なんて、心強い。


「限界は自分で決めるものじゃない。限界は、むこうからやってくるから、

そのときが限界なんだよ。」

だって。名言だ。


一線で頑張っている人って、やっぱりすごい。

大事にしよう!っと。












2006/12/31のBlog
[ 18:36 ] [ 事務局のつぶやき ]
2006年もあと少し。実に楽しい一年でした。

先行き不透明な時代、不安だらけの現状・・・

と、世の中は騒いでいますが、CUPの1年は面白かったぁ~。

2泊3日のボランティアキャンプを終えると、あれあれ2006年も終わりかいな~。

掃除もおせちも手抜きだらけ。

それでも、2007年はあと数時間でやってくるし、ま、いいか。


今年は、いろんなことを始めました。

OURLIVEに中高生の居場所事業としての「ゆうゆうひろば」

そしてボランティアキャンプ・・・

そこで私たちは、「難しい年齢の子どもたち」と言われている世代の

人たちとたくさん出会って、笑って、いっぱい語りました。


みんなとっても素敵。


私は彼ら彼女たちから、たくさんの勇気や思いやり、そして情熱をもらいました。

やろうと思えばなんだってできる。

限界なく困難なことに挑戦するってすばらしい。

子どもたちの笑顔は、世の中を変えます。

いやなこと、苦しいこと、辛いこと・・・生きていたらしょっちゅうやってきます。

でも、そこに留まる必要もない。

明るくて楽しくて面白いことを見つける作業はやりがいがあるし、

続けることができる。

2007年は、また新しいこと始めますよ~~~。

だって、生きてるってすばらしことですもの。



2006年、CUPの活動にかかわってくださった全ての方々にこの場を借りて

お礼申し上げます。

粗忽な事務局は、あっちでもこっちでもお騒がせいたしました。

そんな状況を温かく見守り、支えてくれたスタッフに心から感謝です。

そして、ブログ読者のみなさん、本当にありがとうございました。

おかげさまで、ベスト10をキープすることができています。

来年もよろしくお願いしますね。



みなさまのご健康とご多幸を心より祈念いたしております。














2006/12/30のBlog
[ 21:05 ] [ 金銭教育プログラム ]
あくまでもMIZOの個人的順位ですが…

それでは…

発表で~~~っす!


♪第三位

構想3年、CUPとの出会いでついに…

ついに…

ついにっ!

「親子おこづかいゲーム」が

完成しましたっ!!

パチパチパチ~~~!!!
♪第二位

なんとっ!

「親子おこづかいゲーム」が新聞に!!!

新聞の威力にあらためてビックリ!


番外編

OUR LIVEで…

黒い服のお兄さんの壁に!

バブル時代…、証券マンの頃の体験を…

久しぶりに思い出しました。

ジャ~ン♪

♪そして栄えある第一位は~♪

「親子おこづかいゲーム」が小学校デビュー!!

まさか…

小学校の授業時間にできることになるとは…

金銭教育プログラムチームにとっては…

まさに飛躍の一年ではなかったでしょうか。

byMIZO


2006/12/29のBlog
[ 21:12 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
おなかもいっぱいになったところで、クロージングです。

修了証書をひとりひとりに手渡したあと、

みんなの顔が見えるように輪になって、手をつないでみました。

「つながり」ってなんだろう?

「つながる」ってどういうことだろう?


三日間の中で、感じたこと、考えたことをひとことずつ語ってもらいました。

知らない場所にたった一人で来ることは、とても勇気のいることだったでしょう。

未知なる世界の扉は、自分の力で開けるしかない。

キャンプに参加してくれたみんなの勇気と

「何かしたい!」というあつい思いは、これからの社会を創る

礎になることでしょう。


たった三日のボランティアキャンプで、世の中は変わったりしないけれど

新しい出会いや友だちが、みんなの心の支えになったなら

それは、きっとこれからの生きる道しるべになるにちがいない。


私たちは、「今、ここで」あなた方の未来を応援しています。














また、きっとどこかで会おうね!!


C.U.Pに遊びに来てね!!
[ 20:53 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
次は「トントンもちもち炊き出し大会」

これがランチになります。

小雪が舞う中での準備です。
もちつきの写真は・・・ない???

作るのに必死で、撮るのを忘れた・・・

きっと誰か撮っているでしょう。

参加者からのリクエストが多かったのが餅つき。

杵搗きのもちをその場で食べるなんて経験

なかなかできるもんじゃないですもんね。

おろし、きなこ、あんこ、のり、砂糖醤油、

「早い者勝ち」という争奪戦の中、

搗き立てのもちは、一瞬にしてなくなりました。


婦人会の炊き出し?

いえいえ、スタッフが最後の豚汁を味わっているところです。



やっぱり、婦人会やんか!



ええねん。子どもたちとともに過ごせたひと時を

かみしめているんです。

[ 11:11 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
午前のプログラム「ディベート大会」が始まりました。

今回のディベート方法は、

(作戦タイム5分)
1.主張…(肯定)2分(否定)2分

(作戦タイム5分)
2.反論…(否定)2分(肯定)2分

(作戦タイム5分)
(肯定)2分(否定)2分


まずは、模擬ディベート。大人対学生の討論です。

模擬ディベートのお題は…

「男性専用車両をつくるべきだ」

学生に負けちゃいられない。

真剣に作戦を練ります。

学生が否定派、大人が肯定派で討論

結果は否定派の勝利!たらり~ん。

…つまり、大人の負け(汗)

今までに、ディベートを経験したことのある子もいましたが

大半は、初めての経験。

しかも、参加者は中学1年生から高校3年生までの

混合チーム。

各チームに出されたお題は

・好きなものは先に食べるべきだ

・日本人の朝食はご飯にすべきだ

・小学生はランドセルを使用すべきだ

・いじめの加害者は強制的に転校させるべきだ


お題を考えるのも難しかったけれど、みんなの討論に

感心するやら感動するやら・・・


学生プラス大人スタッフ5人で、ジャッジを仰せつかったのですが

う~~~ん、難しい。



それぞれのテーマについてみんなで真剣に考えてみました。




[ 10:58 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
千刈りは雪です。

今日でキャンプも最終日…

なごり雪…?



本日のプログラムは…

「ディベート大会」

「餅つき大会」

「防災訓練…豚汁」

今日も楽しそうっ!




[ 01:02 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
こうして…

鳴り止まない拍手で、二日目のプログラムは

無事に終了しました。

バンドのメンバーを駅まで送るときに…

「今日は楽しかったよな~」

「来て良かったよな~」

「また呼んでくださいよね」

「みんないい子やったよな~」

「ほんま良かったな~」

という会話ばかりだったのが印象的でした。


byMIZO(渾身のレポート10連発)

[ 00:53 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
さて、思いっきり笑ったあとは…

本日の最終プログラム…

ライブの始まりです。
甲子園大学軽音楽部から来てくれた3名で…

しっとりと…

アコースティックに…

しか~~~し!

いつまでも静かにはできません。

選曲のなせる技か…

もちろん盛り上がり始めます。
全員が総立ちの中で…

大合唱になりましたよ。
音楽っていいですよね~!
[ 00:46 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
さて、休憩のあとは…

「のじのじのクイズ500連発」

チーム対抗早押しピンポンブー(?)
準備完了!
正解すると拍手喝采!
あっちでも…

こっちでも…
ピンポン!

はい!答えてください!

「ストックホルム症候群」

一同…

「おお~~っ!」

難問もなんのそので進みます。
[ 00:38 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
珍解答?続出で…

盛り上らないわけがありません。
そして…

次は…

しりとりゲーム!

ただし、これも「絵」です。
大いに笑ったあとは…

ティーブレイク。
[ 00:32 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
夜のプログラムは…

盛り上がって当たり前!

年越しパーティー!!
まず最初は…

「2006年振り返り○×ゲーム」

そして次からはチーム対抗…

まずは…

「伝言ゲーム」

ただし、絵で伝言します!
キティちゃん?
?????
[ 00:27 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
さて、時間はあっという間に過ぎ去り…

夜のプログラムの準備も始まります。
で、やっぱり楽しみな夜の食事…

あれだけ焼き芋を食べても…

やっぱりお腹は空いています。
今夜のメニューはこれ。
これまた…

みんなそろって…

「いっただっきま~~~すっ!」
[ 00:21 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
焼き芋を食べたら…

宝探しで集めたパズルを完成させなければ!
パズルはリーダーがそれぞれ書いたもの…

かわいくて好評でした。
そして…表彰…

景品を見て、予想以上の笑顔でした。
続々と景品を受け取りながら…

笑ったり、照れたり…
最後に全員で記念撮影です。
[ 00:14 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
さて、次なるプログラムは…

「ほくほく焼き芋大会」

と…

「千刈サバイバル宝探し」

ひろ~~~いキャンプ場を使って

宝探しをしながら焼き芋を食べる…

これも賞品がかかっています。
今日からは本格的に冷え込み…

焚き火のようで有難い。
芋の準備もできてきましたよ~!
「煙た~~~い!」
いや~、ほんとっ!

ホクホクしていてたまりません。
[ 00:07 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
「昼食」

少し休憩したあとは…
お楽しみの昼食で…

今日のメニューは何かな~
みんなそろって…

「いただきますっ!」

2006/12/28のBlog
[ 23:55 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
二日目のプログラムは

大学生のボランティア体験談

ほくほく焼き芋大会&千刈サバイバル宝探し

年越しパーティー

で…、なにやら…

またまた盛り上がりそうな予感でいっぱいです!
CUPが11月に行った初めての野外ライブ

「OUR LIVE」が取材されたときの

J:COMの放送をかわきりに…
立命館大学から

「防災」をテーマに…
甲南大学からは

「まちづくり」をテーマに…
そして、BRAIN HUMANITYからは…

「不登校支援」「マレーシアキャンプ」などなど

大学生が取り組んでいる活動紹介で…

感動しました、本当に!
2006/12/27のBlog
[ 22:19 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
ボランティア講座のはじまりは、おなじみアクション・ワークです

進行は、holyunです

まずは千刈キャンプ場限定「ハリケーン」

コテージ、キャンパー、と役割を決めてゲームはスタート

コテージ!の声にさまよい、

キャンパーの声にウロウロ、

ハリケーン!の声に会場内は大混乱


アクションワークに命かけてる(?)holyunで~す!
体が温まったところで、隣人紹介ゲーム 「Ask me!」

配布された質問用紙に沿ってする質問タイム

質問内容で、気になるところをつっこんで聴く

そして、五・七・五の川柳で隣人を紹介していく

「え~~、川柳~!! むず~」なんて言いながら、これがみんな結構うまい!

素敵にやさしく、おもしろい、その人の意外な一面をみたような

川柳に大爆笑しました




そして、いよいよメインの「仲間と企業」

新しい会社〈新聞社)を創設し、会社名、会社のモットーをかんがえる

訓示みたいなのではなく、社員ひとりひとりが参加して考えるモットーをと説明したら

・・・・・・・・・・・・・・

でました! 飛び出しまいした! 自由な発想!

報道合戦で白熱し、自社のテーマソングを披露しました



みんなの発想のユニークさと、表現力の豊かさに大いに笑い転げました

あとの二日間が楽しみです

holyun


[ 17:19 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
これも人気のプログラムとなった…

貿易ゲーム


写真は皆の奮闘中の様子です。
去年もたいへんな盛り上がりでした。
中国、日本、パキスタン、ナイジェリア、アメリカ、インドネシアの6ヶ国がその国の状況に応じて製品を生産し、その製品を売って得た利益を競います。どの国が一番利益を得れるでしょうか??
さて、今年はどんな結果になるでしょうか?

[ 17:02 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
1日目のスケジュール

10:00
オリエンテーション&自己紹介
11:00
ボランティア講座
12:00
昼食
13:00
外遊び
14:00
貿易ゲーム
16:30
入浴
17:30
夕食
18:30
いろいろ仕事講座

こんな予定で始まりましたよ~!!

ボランティア講座のスタートは、もちろん「アクション・ワークショップ」

進行はほりょんです!

まずは千刈キャンプ限定「ハリケーン」、そしてからだが温まったところで
隣人紹介ゲーム「Ask me!」で、すっかりなごみました。
最後は「新会社創設」で各グループで、自社のテーマソングを披露して
もらいました。みなさんの楽しい発想におおいに笑いころげた時間でした。




[ 00:16 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
26日の朝、NHK神戸放送局さんから問い合わせがありました。

27日から始まる「10代のためのボランティア講座」の案内してくださるとか。

7時過ぎに、スタッフが「NHKのニュースに出てたよ~」という電話をくれて

思い出しました。

準備に追われて、ころっと忘れていました。


そして、今・・・日付が変わってるぅうううう。


今日から始まるキャンプです。

みんなで仲良くなって、おもいっきり楽しもうね!!



2006/12/25のBlog
[ 21:42 ] [ 事務局のつぶやき ]
地域小規模児童養護施設「御殿山ひかりの家」の

クリスマスパーティーに招いていただきました。

笑顔がいっぱい、ご馳走がいっぱい。

いろんな方とたくさんお話して、

おなかいっぱいご馳走を食べて、

その上、子どもたちによるページェントは、とてもかわいかった。

本当のクリスマスをお祝いした夜でした。

今、とっても幸せな気分です。







[ 15:05 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
☆★☆学校☆★☆
関西学院大学理工学部物理学科物理専攻 一回生

☆★☆学校でしていること☆★☆
主に理数系の勉強ばっかりやってます(^^;)んで物理専門のはずが
なぜか一番やりたくなぃ生物の実験なんかをやっちゃったり…(-"-;)
教職とか般教の授業はぃつも寝ちゃいそぉです…。
理系科目も…(笑)
頑張って授業受けなぃとッ!!!!!

☆★☆キャンプに期待していること☆★☆
今までこういう行事にはほとんど参加したことがなかったので、
私もいろいろな話を聞いていきたいです。

☆★☆マイブーム☆★☆
パソコンいじること!!!!って言いたいけど全くできないんで
今人に習っていきたい…。インターネットとかかなぁ(∋_∈)

☆★☆キャンプでの担当☆★☆
食べ物専門で!!!!!
パーティー準備、焼き芋、餅つき、豚汁・・・だよ~ん
2006/12/24のBlog
[ 10:18 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
大学生リーダーのきりちゃんです☆

関西学院大学の3年生で、今回のリーダーの中では残念ながら一番年上です

大学では、私たち市民一人一人が、社会に貢献するってどういうことなの
か、どういう仕組みが必要なのかを勉強しています。

ボランティア講座のリーダーは今年で2回目で、今回もキャンプの3日間を
通してみんなが色んなことを感じながら色んな表情を見せてくれることをと
ても楽しみにしています♪
キャンプでは、宝探しやディベートを担当することになってます☆

4年生に進級するために書かなきゃいけない論文があるにも関わらず、文献
ほったらかしでなぜか今小説にはまっています。。。

ということで、みなさん本番までに雪が積もることを祈りましょう!!
積もったらみんなで遊ぼーーーー!
2006/12/22のBlog
[ 23:26 ] [ 10代のためのボランティア講座 ]
「10代のためのボランティア講座2006」の最終の打ち合わせのために

実施場所である関西学院大学千刈キャンプに、行ってきました。

この時期、キャンプ場はすべて私たちのモノになります。
(他のお客さんがいないので)

このラウンジは、27日の「いろいろ仕事講座」に使います。

今回集まってくださるプロフェショナルな方々は、

子どもたちのリクエストに応えて、駆けつけてくださいます。

栄養士、カウンセラー、看護師、起業家、カラーセラピスト、

デザイナー、弁護士、フライトアテンダント、ファイナンシャルプランナー

テニスコーチ、フラワーコーディネーター、手話通訳者、社会福祉士

保育士、外務省・・・の方々です。


28日の「大学生のボランティアいろいろ体験談」を披露してくれるのは

「防災教育」、「まちづくり」、「マレーシア植林キャンプ」「不登校支援事業」

「OURLIVE」について、自分たちの活動の篤い思いを、プレゼンしてくれます。



29日は、2日間で感じたこと考えたことをベースに、「ディベート大会」です。

進捗状況は、ブログにて発信していきますので楽しみにしてくださいね。
帰り際、昨年植えた「もみの木」を見に行きました。

なんだか大きくなっている・・・。元気に育ってる・・・。



子どもたちの成長は、ものすごく早い。

新しい情報をどんどん吸収して、ぐんぐん伸びる。

その柔軟性、勢いを、私たちは応援したいと思います。

限界なく挑戦することを支援したいと思います。

2006/12/21のBlog
[ 23:22 ] [ 事務局のつぶやき ]
昨年の今日、12月21日、特定非営利活動法人の認証をいただきました。

あれから1年。はやかった~!!

あれもこれも実に思い出深い。

ブログがまさに私たちの軌跡。

NPOを運営していくことは、簡単ではないけれど、楽しかったです。

毎日が発見と驚きの連続。波乱万丈。

スタッフのみんな、本当にどうもありがとう。

言葉足らずで暴走しがちな私を、がっちりしっかり支えてくれたこと。

27日からの「10代のためのボランティア講座2006」が

今年最後の事業になります。

ボランティアで駆けつけてくださるスペシャリストのみなさま

どうぞお気をつけて千刈にお越しくださいませ。

参加者のみなさん、キャンプをめいっぱい一緒に楽しみましょうね。






2006/12/20のBlog
[ 12:15 ] [ 金銭教育プログラム ]
ゲーム終了後の子どもの意見より…

「なんでもかんでも買っていたらお金がなくなる」

実にシンプル…、でも自分自身でそれに気付く
ことこそ大切なのではないでしょうか。

「必要なものと欲しいものをしっかりと区別して
お金を使いたいと思った」

どうでしょうか、素晴らしい解答ですよね。
欲しいものを買うことが悪いわけではありません。
区別することが大事なんですよね。完璧です。

続いてアンケートより…

(自由記述もたくさん書いてくれました)

(Q)おこづかい帳をつけるとどんないいことがあると思いますか?
(5つの選択肢以外のその他欄より)

「おこづかい帳が好きになりました」

「このゲームでお金のムダ使いをなくし、大切にしたいとが分かった」

「今、何円持っているかが分かって、欲しい物のお金と比べられる」

「おこづかい帳をつけたいです」

「お金の計算がしっかりできてよかったです」

「あらためてお金の大切さがわかりました」

「よく買う物の値段が分かった」

「お金の使い方を考える、流れが分かる」

「お金の使い方や計画的に使うことが分かる」

などなど…盛りだくさん!

他にも…

「来てくれてありがとうございました」



「他の学校でもがんばってください」

などなど…

涙ものですね~。



byMIZO




[ 08:52 ] [ 金銭教育プログラム ]
では、「お金博士」から…(笑)

通常は、保護者同伴での開催としているゲームですが
学校やPTA関係者からのお問い合わせが多いことを
受けて、どのような内容にすれば通常版と同じように
子どもたちへ、保護者の方へこのゲームの趣旨が
伝わるのか…、ここ数ヶ月というもの、スタッフ皆で
猛烈に議論を繰り返してきたのですが…。

まずは、ゲームの冒頭…、いかに子どもたちの興味を
ひきつけるか…、子どもたちばかりが大勢いるなかで
わかりやすく短時間にルールの説明をするには…
ということで新たに工夫も加えました。
学校の先生に用意していただいた貴重な授業時間…

通常版に比べて短い時間しかありませんが、その中で

一通りゲームを楽しむだけではなく、きちんとゲームに

こめられた趣旨を共有してもらい、さらに帰ってから

おうちの人へも伝えることが果たしてできるのかどうか…。

非常に難しい問題だと感じていました。
しか~し!

ゲーム終了後の子どもたちの意見を聴いていると…

そんな懸念は見事に吹き飛んだのでした。

普段から一緒に生活している同じクラスの子どもたち…

さすがにゲーム中は大変な盛り上がりです。

でも、そんな中でも子どもたちは…

こちらが用意するまでもなく、すばらしい意見を次々と…

感動的ですらありました。(決して大袈裟ではありません)



by「お金博士」こと…MIZO