ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:5898件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2017/11/22のBlog
[ 19:03 ] [ スクール活動 ]
今日は西脇スクールを行いました!!

3週連続で西脇総合市民センターの体育館でさせていただいているのですがとても綺麗な体育館なので毎回使いたいぐらいです♪ ただ、駐車場が遠いので荷物を運ぶのにちょっと手間が掛かってしまうのですがそれでも子供達は今日も高いテンションでがんばってくれていたので一緒にやっていて本当に色々と学ぶ事があります。最近考えているのは『何を伝えるか?』も大事なのですが、『何を求めているか?』を知る事も大事だという事です。パスにも出し手と受け手の関係があって成り立つように、指導もする側と受ける側の意思や意図が重なってこそ効果を発揮するものだと思います。それは親子の関係も一緒だと思うのですが、一方的な意見や考えを押し付けるのではなく一緒に考えていくという事が出来れば双方がどこまでも成長出来るのではないか?という考えを持ちながら今は現場をさせてもらっています。

そういう意味でもこの西脇スクールは色々な地域の色々な子供達が参加してくれる事で本当に考える事が多くありがたい限りです。3スクールさせてもらっているのですがそれぞれのカラーがしっかりと出てきているし、それぞれに合った形というものが少しずつ見え始めている所です。
今日も『いつものように』スクール前のゲームをやりましたが、『いつもとは違う雰囲気』になりました。それも当然だと思います!誰かの、何かが違うからです(悪いとかではありません)。先週はものすごく元気でも、週に一回しか会わないと全然次の時は元気がないとかあります。当然、ここに来る時がいつも最高の状態であるはずがないので。

だからこそその空気を感じながらメニューも変えていくようにしています!テンションの高い時にはこういう事を、低い時にはこういう事を、という感じで考えるようにしています。メニューを大幅に変えるという事はしていませんが、狙いを少し変えるとか声掛けを変えるようにはしています。最近自分自身が感じる事の大きな変化として『子供との距離感』が良くなってきたな~って思います。いつもブログ用に写真を撮るのでカメラを持ちながらやっているのですが、当然子供達はそのカメラを壊さないようには気を付けてくれます・・・・気は付けてくれるのですが、悪気はもちろんないのですが・・・その近くにボールがどんどん飛び交います(笑) 危ない~~・・・って思うと同時に、子供達がずっとそういう近くでやりながら分からない所を聞いてくれたり真似をしてくれる距離感は今までになかったな~って思うようになりました。
これまでは自分から『見て!』みたいなオーラを出していたかも知れないけど、今は自然と一緒にやっている感じ。真似をするならしてもいいし、しなくてもいいし、みたいな!

だからメニューをやりながらの会話とかアドバイスは格段に増えたと思うし、どういう言葉を言えば子供の中に入っていくか?を毎回探りながらやっています。調子がとても良い子に対して、うまくいかないって感覚になっている子に対して、状況に応じて声も掛けないとなかなか入っていかない事も分かっています。なので、今日もボールを扱う時のメニューではボールに対して自分自身の体を変える、という事を意識してもらう事や、出来ている事を認める事、失敗しても気にさせない事などをやっていきました。とにかく今は出来ない事のほうが多いのは分かっていて、それでも出来ない、って言うだけではずっと変わらないので、出来ないからこそやってみる!出来ないからこそ人より努力が出来る、という考え方を持ってほしいと思います。
ボールと向き合う姿、考える姿も非常に良くなっています!

『出来へん』という一言で済ますのではなく、

『こうやりたいのに・・・・』という前提が加わってきたのです!これは大きな変化です。自分のやりたいイメージがあって、そこに向けて出来ない現状の自分との葛藤。これはとても大切な時間。

『どこがおかしい?』と本人のイメージとの差を聞くようにしていくと自然と、

『あ!今出来た!!』とか成功の声がたくさん出てきたのです。ここがおかしい、ここを変えて、とか言ってしまうとどうしても受け身になるし、指示待ちになってしまうから、最低限そこは気を付けて、自分で発見する喜びを感じてもらいたいです。

その後の対人(1対1)をした時には回数をやるごとに集めて話をしていきました。『一緒にうまくなれる相手ってどういう子だと思う?』という質問をしてここでもイメージをさせます。

『真剣にやってくれる子!』と答えは出てきます。なので、『そしたらそれをやってあげて!』という風に言って再度やってもらって、また終わったら確認をしていきます。
その繰り返しをしていくと、最後に『ありがとう!』という言葉を相手に掛けられる。これもごく自然にあるべき事なのです。自分の為にありがとう!一緒にうまくなってくれてありがとう!です。そういう気持ちがない選手がうまくなるって言葉を使うのはおかしいし、うまくなっていく、最後に残る選手ってそういった感謝の気持ちの塊みたいなものを持っている人間だと思う。そういう人だからこそ周りに助けてくれる人が集まるし、みんなにもそんな人間になってほしいと思っています。

最後のゲームでも仲間みんなが喜べるように、って全員が得点を取れるように工夫をしたり、自分自身のチャレンジをどんどんやってみたり・・・と思いがそれぞれに出ていました。無関心、無神経、は困りますが何かの意図があればチームで揃っていなくても、バラバラでも今は良いのです!自分の表現がまず最初で、仲間との協力とか一緒に繋がっていくのは自分の表現を出来る上にやる事だと思います。

みんなの表情が少しずつ良くなっているのを毎回感じながらやれているので、考える習慣、良くなる為の習慣を整えられるようにこれからもがんばりましょう!!
2017/11/21のBlog
[ 19:28 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

先週は体調不良が多く出た時もあったのですが、今日はまた全員が揃って元気に参加をしてくれました!こうして来てくれる事もありがたいし、みんなの気持ちに何かのお土産を持って帰ってもらえるような時間にしたいと今日も一緒にがんばりました!!

寒くなってくると色々トレーニングも工夫をしなきゃいけないとは思っています。体はもちろんですが、頭も動くようにしたいしマンネリ化しないようにしていきたいと思っています。大まかなタイムスケジュールは出来ているのですが中身を変えながら子供達が新鮮な気持ちで取り組めるような環境作りを心掛けていきたいと思っています。

今日は最初にいきなり遊びでヘディングを遠くに飛ばす事からやりました。体をどのように使えばボールを前へ、遠くへ飛ばせるのか?その原理を分かってほしいという思いからです。筋力だけじゃないものを見つけてほしいし、それが今日も序盤の1時間のメニューには全部繋がりがある事を理解してもらえたらうれしいですね!
ヘディングをやってからは、足元で好きなように動く所にボールを一緒に持っていく、というイメージでやりました!

前向き、後ろ向き、横向きになってリフティングの形でボールを運んでいく事。この時に『リフティングの為のリフティングをしない!』という事を何度も言いました。回数を増やそうとするとか、一生懸命拾うのではなく『体と一緒に動く事』を何度も言いました。考え方、捉え方の違いによって成果が違ってくる事もよく分かっているし、どう言えばどうなるのか?を自分自身が探りながらやっている所もあります。ただ、今色々な部分で伝え方にも自分が変化する事によって子供入っていきやすくなっている気はします。

上半身の動きも入れて『それを全部自然に出来る習慣を作ろう!』という事を言いました。今は初期段階だし、意識しないと出来ない事ばかりですが明らかに一年前よりもボールとの距離がいいし、タッチもうまくなっています。やり方でかなり変化が出ているだけにこれを続けながらも進化させていかないといけないと思います。
そこからドリブルの形に入り、細かい部分にも目を向けながら今はゆっくり習慣を変えたいと思っています。何も言わない、何も考えないままでやってしまうと『今までの自分』であり、その自分に満足している子はいないという事は前のワークシートで分かっているだけに良くなる努力をしないといけない訳です。

だからこそ『今まで意識していなかった部分』も意識しないといけないし、それが細かい事であっても変化というもの自体がそういうものだと分かってくれれば生活面、勉強面でも変わってくるような気がします。コツコツやれる事を変えれば少しずつ変化していくという事だし、そういう変化の仕方が一番確実で、本物になっていく事だから一発でどうこうしようと思わずに、ゆっくりと確実に変えていく自分にしていきましょう!!

最初は失敗だらけであっても考える事や前向きなチャレンジとして向かっていれば問題はないと思います!
今、みんなにどうしても身に付けさせておきたい事と言うのは、

頑丈な土台作り

です。どんな立派な建物であっても、土台がめちゃくちゃだといつか崩壊してしまいます・・・。でも、逆に土台さえしっかりとしていれば上に立つものが変わっても揺るがないのです。みんながどんな未来に向かって行く時にも考え方一つで自分の状況、環境というものは作れるのです。土台がしっかりとしていれば自分自身で作れますが、土台が良くないと環境次第で自分が左右されてしまうのです・・・。そういう卒業生を何人も観ているからこそ自分自身で作り上げる選手を育てたいとずっと思っています。

今叶わないかも知れないけど、もしかしたらこの年代の子に響くかも知れない・・・。ずっとそんな葛藤の繰り返しの中でやっている今なので、良いと思う事だけは100%伝えていこうと思います。
寒い季節だからこそ、蓄えておかないといけないものがある。

最後は自身と向き合う為の走力メニューを入れましたがみんなは本当に胸を張って自分に勝てたと言い切れますか?コーチはね、タイムを求めているのではなくベゼルさんの最後の時のように、全員がやりきった時の雰囲気ってもうみんなが分かる事だよね?その空気が今日は感じられたかな???

誰かがやっていなかったかも知れない。
今日が体調が悪い子もいたかも知れない。
今日気持ちが乗らなかった子もいたかも知れない。

理由はあるんだと思うけど、それとチーム全体の空気を一緒にしてはいけないと思う。みんなが本当にお互いを称え合う拍手が起きるぐらいの雰囲気にしていけたらいいね!今日はそこまでの空気には届かなかった事はどこかにまだ甘えがあるからだと思うし、そこをなくしたチームになろう!!!
綺麗に紅葉も色付きました!!良い季節だな~って思うと同時に、そんな季節を感じられる地域に住んでいる事への喜びを感じます。

こうした紅葉は朝晩の寒暖差によって起きるものだし自然の景色としては良いのですが、人の体にはなかなかこたえる時でもあるので体調を崩してしまう子やケガの痛みを感じる時期でもあります。だから全ての人や物にとって『ベスト』なんてものは多分存在しないのでしょうね。それだけに『自分の気持ちも持ち方』で決まるという事を今日も考えて、だからこそ『楽しくしよう!』という思いで毎日を過ごしたいと思います。

スクールは欠席者が目立ちましたが、それよりも集まってくれている子がどのように考えるか?どのように行うのか?という事がやっぱり大事になってくるので今日もしっかりと子供一人一人と向き合っていきたいと思いました。
スクール前のゲームは子供達が高い意識で取り組んでくれているしそこで出てくるプレーはすごく良いものが多くなってきました。

勢いとか、そのプレーしかしない、みたいなイメージが一学期の最初の頃はありましたが、最近は状況に応じたプレーを選択出来るようになってきているし相手から奪うプレーなども非常にうまくなっている印象があります。みんなが普段お世話になっている少年団のチームの指導の賜物だとは思いますが、その一部に関わらせてもらっている事とその成長が見える事をうれしく思います。

スクールは今日もレベル9キャッチからスタートしていきましたが、回数や記録にまだ目がいってしまう習慣が強い子がいて、どうしても失敗を悪い事だと認識してしまっているようです・・・。その失敗から学べばいいんだよ、という話なのですがどうしても目的が『記録』にいってしまうとなかなか聞く耳も持てないのが分かりました。
でも、やっぱりタイミングというものがあるだろうから毎回、スッと入っていく訳じゃないだろうし、そこは自分のほうが長い目で見ようと思います。

焦っても仕方がないし、今日に全てを詰め込む必要もないので、うまくいかない今日であっても何かに気付いてくれればいいや、って思うようにしています。成功させる事だけに躍起立ってしまうと、どうしても課題を修正しようとしてしまいます。その課題も子供自身が本当に困っているものであればまだ良いのですが、大人の一方的な主観で判断してしまうのが一番良くない事なので先手で手を加える事は我慢していきたいと思います。

ボールと友達になる。ボールを扱える人になる。という事を目指しています!サッカーがうまくなるという言葉はとても広くて色々な捉え方が出来ます。戦術を知るのもサッカーだし、ボールを扱う事も、ルールを知る事もそうです。だからサッカーをうまくなるという言葉を簡単に言う子供にとって本当はどういったイメージがあるのか??というのもバラバラな気がします。もっと言えば実はそのイメージすらないままに言ってるだけ、という事もあるかも知れません。
だからこそ自分はまず一人一個のボールを大事に出来るようにしようと的を絞っています。

やるべき事は色々あるのは分かっているけど、あれもこれも、って出来ないし段階やレベルもあります。そこをしっかりと見極めて大切な優先順位みたいなものを考えていきたいと思うし、その初期段階の中にボールを扱うってものがあると思っています。それがないと始まらないし、試合でもまぐれでうまくいったプレーで本当にうれしいのか?という事を考えればそうではないだろうし、思う事が出来てうれしい、という感覚に触れてほしいと思うのです。

今日もその事を目的にずっと色々やりましたが、かなり良くなってきています。『言葉のイメージ』を表現出来るようになってきています。コーチは具体的な言葉よりもイメージの言葉を多く使うのですが、それを自分なりのイメージで表現出来るようになっています。例えば『スポンジにボールが当たったように』みたいな事です。実際がどうこうじゃなく、イメージ的にスポンジという柔らかいものにボールが当たればショックが吸収される・・・そういうイメージを体現してもらったりします。
そのイメージの繋がりが試合の形でも表現出来れば自信となります!

今日は最後のゲームで一番年下の凛玖くんがハットトリックしたし、終わった後も『こんなに点取れたの初めてや~』って興奮していました!自分が思うようにパスをもらって、トラップして、ゴールを向いて、シュートを決める。この当たり前のような動作がなかなか出来なかったのですが、今日はそれがしっかりと無駄な動作がなく出来たのは自信になったと思います。凛玖くんだけじゃなく、それぞれがイメージ通りのプレーを出来るようになっているから笑顔が増えて、良いプレーも増えているのです。

当たり前なんか何一つないという事。自分が繰り返しやっていく事で体と頭が覚えて自然と出来る事が当たり前になっていくという事。自分が作り上げていくものだから今出来ない事など気にせずに新しく作り上げていく楽しさを感じながらこれからもボールを触ってほしいと思います!
2017/11/19のBlog
今日は朝からアミーゴの一員として県リーグへの入れ替え戦に行きました!!

今年度は北播磨リーグで久しぶりの『無敗優勝』をした事もあり、県リーグへの入れ替え戦の権利を得ました。自身、アミーゴとしてこの入れ替え戦を経験するのは実に15年ぶり?!ぐらいだと思います。本当に若かった頃で、チームにはとても豊かな個性が揃っていて、一緒にやっていても本当に楽しいチームでした。ただ、その時には若手になる自分のワガママを年配の方々によく宥めてもらっていた立場だったけど、今ではチーム最年長になりました(笑) 気が付けば周りのチームメイトはほとんどファルコの出身メンバー!そういう教え子と一緒にこうして同じ舞台に立てるのはとても感慨深いものがあります。この15年の間に、自分自身が成長したい事もあって途中アミーゴを離れたシーズンもあったのですが、その間もずっと北播磨で首位に近い順位をキープしながら存続させてくれたこれまでの全選手にこの権利をもらえた事に感謝をしたいです。今日はそういう気持ちも持って試合をしたいと思いました!

そんなうれしい気持ちとは裏腹に、集まったメンバーはちょうど11名!!しかもキーパーをフィールドに入れないと成り立たないというとんでもない状況(笑) ですが、嘆いてもどうしようもないので、逆に開き直って楽しくやろう!!という全体の合言葉にもなったし、試合中に誰一人いないベンチを見るとすごく寂しかったですね(笑)
新しい播磨光都グランドでの試合でした!!

今までのグランドからさらに新設されたこのグランドはとても綺麗で、ロッカールームも完備されていてすごかったです!!まるでプロのように一人一人の場所があって何だか気持ちが高ぶりましたね♪

とても寒かったのですが、今日は対戦相手との兼ね合いもあってユニフォームがまさかのオール白!!いつもは緑、黒、黒だったのですが真逆になり、長袖のアンダーシャツもなければ、黒のアンダースパッツも履けないので半袖、半パンという過酷な状況になりました(笑)

それでも何だかこのピッチに立てる喜びのほうが充実して本当にうれしい気持ち、幸せを感じながらやれました!
今日の対戦相手は淡路代表の西淡同好会というチームでした!!

アミーゴの平均年齢は自分以外は20歳前後の若いチーム!!自分一人で平均年齢上げております(笑) 

交代選手が多かったし、充実ぶりを伺えるチームでしたね!でも、自分達も自分達のサッカーをやる事に集中が出来たし、非常に前向きな姿勢で試合が出来たと思います。

開始から浮き足立っているうちのチームに風上の相手が放り込んでくる形が多く、下げられる状態が続きました。その流れの中でフリーキックから開始早々に失点を喰らいました。。。ですが下を向く事もなく、攻撃の起点を近澤くんに置いてターゲットにして少しずつ陣地を取れるようになってくると、逆に押し込む展開が増えて太聖くんのスーパーロングスローが相手の意表を突き、オウンゴールを誘って早い時間帯に同点にしました。そこから硬さが取れてきたうちの流れ多くなり、今日フィールドで出場した由真くんの鮮やかな突破からのシュートが決まり逆転。アミーゴにしてみてば一番以外な選手が決めたという事もあり(笑)、緊張もほぐれた結果となりました。そこから伸び伸びとプレーが出来るようになってくると、右に左に展開出来るようになりチャンスも増えました。
ただ、前半をそのまま2-1で折り返すと後半に入ってまた気を入れ直した相手が一気に前から圧力を掛けてきて、うちは風上に立てる・・という余裕みたいなものがどこかにあったのか?受身になってしまい、序盤は良くない流れでした。でも、守備陣が体を張って食い止めてくれた事によってピンチが失点にまで繋がらなかった事で、逆にカウンターが相手の元気を心から奪うように効いていったので、連続得点で試合を優位にしました。

サッカーってメンタルな部分が多いからこそ自分は今の立場上みんなを励ます事に従事しようとしています。一度変われば一気に変わる事もあるし、どうしても負けていくチームは責任の擦り付け合いをしている傾向が強いと感じます・・・。そこはコーチをしているメリットでもあって、多くのサッカーを観ているから負けるチームの要因みたいなものを知っているし、逆にどうすれば良さを最大限出せるか?も分かる所はあるのでそこがうまく活かせたとは思います。自分の狙いたいプレーが思うように決まり出したし、最近のファルコのみんなを観させてもらって一緒に考えている『ライバルは自分自身のイメージ』という事に目的を置いていたので相手のせいにしたりする事はありませんでした。ただ、自分のイメージ通りにいかない部分は反省点だし、また次週試合が続くので改善してやっていきたいと思います!
今日は試合の勝利もうれしかった事ではあるのですが、それ以上に何かそういうもの以上の喜びがたくさんありました。

同級生の西村くんが応援にわざわざ駆けつけてくれていた事。オーバー35歳の国体で一緒にプレーさせてもらい多くの刺激をもらった光吉さんをはじめ、多くの先輩方とピッチで出会えた事。デフサッカーの日本代表監督もされていてこのグランドの管理もしてくださりながら、いつも自分に、ファルコに温かく関わってくださっていた中山さんとの出会い。

当たり前なんかない。

みんな本当に自分の時間を削って、誰かの、何かの、為にされている素晴らしい人達。そんな姿を、姿勢を感じながらピッチで苦しい時間を楽しめる自分がいました。本当に寒い中、試合の後は審判でまた80分間+PK戦までもつれる試合の審判までさせてもらったけど、熱い気持ち、熱い思いを間近で感じさせてもらいました。

サッカーが出来る喜びを改めて感じた今日という大切な時間。今日出会った全ての人に感謝をして、まだ元気にプレー出来る自分の体にも感謝してまた明日からも努力を積み重ねたいと思います!!
2017/11/18のBlog
[ 13:40 ] [ 試合結果 ]
今日は土曜チャレンジを終えてから朝から行われていたファルコの練習試合のほうへ合流しました!

雨で心配していたのですが対戦してくださった八千代中学校さんの判断と準備により試合は問題なく良いグランド状態で行わせていただきました。河合中さんとの3チームでの合同だったのですが雨天の影響、相手チームとの兼ね合いもあって少し試合の時間は変則的になりましたがみんなにとってはこうして対戦してもらえる事にまず感謝をしてほしいと思います。

自分が見れたのは最後の1試合だけだったので一日の総評は出来ませんが帯同してくださっていた今中代表に内容等を聞かせてもらいながら、また合間を見て選手に言葉をもらいながら状況は把握させてもらいました。

今練習でやっている事や、個人のやりたい事はある程度出来る、出せるようにはなってきている中で『繋げる・繋がる』事が今の2年生へのテーマです。
繋げるという事は自分自身から合わせていくようなイメージだけど、繋がるという事は相手を引き出すようなイメージ。

何度も言っているのは『1+1=3』という形を目指そう!という事。これは今の2年生の質ならばきっと出来る事だと思います。今日の試合でも失点しても、うまくいかなくても慌てる事なく、少しずつ自分達のペースに向ける事が出来たし、一人一人がやるべき事やうまくいかなかった事を自覚し始めている所です。1年生はみんなで何かをやろうとしてくれる意識はしっかりと芽生えてきたので、今度は各自の意識を隣の1年生にばかり合わせるのではなく2年生に向けてほしいという事。輪はもちろん大事ですが、自分自身の目指す形はもっと大事なので1年生同士で安心してしまう空気を、殻を一つ破ってほしいという事を目指している所です。

なかなかすぐには出来ないだろうけど、すぐに出来ないからこそ本物のものが出来上がると思うし、焦らずに作り上げていきましょう!!
試合の後は中学校ならではの絶好の砂場があったので、キーパーの波琉くんと一緒に今取り組んでいる『ダイビング』に取り組めました。短い時間でしたが少しでもきっかけになるものがあれば、と思っています。子供達の変化はちょっとした所から出てくるので、焦らずにやり続けていこうと思います。

準備も、片付けも、対戦もしてくださった八千代中学校の皆さん!ありがとうございました(礼)
今日は朝から八千代小学校さんでの『土曜チャレンジ』という時間の企画に参加させていただき、3,4年生の42名の子供達と一緒にボール遊びを体験してもらいました。

前回は1,2年生を対象に行い、今回が3,4年生で、次週は5,6年生という形で今回は終わりですがこの一回一回の中に伝えたいテーマがあって、それを少しのきっかけであってもいいから伝えていくようにしたいと思います。自分が伝えたい一番大きなテーマとしては『楽しさは自分自身がつくるもの』という事です。一番大事な年代に、一番大事な事として伝えていきたい事なのですが、ここをどうしても大人は見落としてしまいます。見落としているつもりはないのですが『大人の基準で楽しまそうとする』勘違いによってズレてしまう事が多いのです。今、自分がファルコで預かっている中学生を見てもこの年代にそういった大事な部分をきちんと教えてもらえていないという事を感じる事が多々あります・・・。だからこそ関われる時間にきちんと伝えていきたいし、みんなにとって自分がいる場所が楽しい場所であるように自分を変化させる、という事を考えてほしいと思っています。
自分の流れとしては最初に長々と話をしたくありません。コーチの事を知っていようが、知らないだろうが、関係なく自分で体感してもらう事で気付く事があるからです。話すタイミングというのは『起きた時』なので、起きる前提とか、起こそうとか、じゃなく『起きた時』を大事にしたいと思います。

最初に軽く体と心を柔らかくする事をやっていきました!そこで子供達の食いつきを確認します。どういうメニューがハマるのか?楽しいと感じるのか?という部分。今日は4年生よりも3年生のほうが圧倒的に多く、また男子よりも女子のほうが多かったという事もあって思い切りサッカー!ってやり方をするとどうしても難しくなってしまうので、少しずつサッカーっぽい形に近づけていくという流れにしていきました。

まずは手を使ってボールと遊ぶやり方をしていきました。簡単な事からちょっとずつ難しい事まで。ですが、この『出来そうで出来ない事』になった時には『話した事を思い出させる話』をします。今日は、楽しむ為に必要な事は?の話の時に『ルールを守る事』と『笑顔でやる事』の2大条件を確認してから始めたのでそういった『出来な~~~い』って雰囲気になった時に、

『笑顔でやるんだよ!』って話をする事で無理やり笑ったりしながらも雰囲気を改善してく様子が明確に出てきました。
今日は『自分の隣・周りの子を楽しませよう!』という事を最大のテーマにやりました。

そこで、ボール遊びも一人の事から二人に発展させて『お互いの成功体験をつくる』事をいくつかやりました。協力しないと出来ない事をいくつかやって成功してもらった後に、一番難しい相手からのパスを背中でキャッチするというのをやりました。最初は全く出来なかったし、出来ない理由は『相手を成功させたい!』という気持ちがなかったからです。そこで、途中に止めて話をしました。

『もっと背中をこうして!とか、成功する為に一緒に相談をしてごらん?!そしたら成功した時一緒に楽しくなるんだよ』って話をして再度挑戦してもらうと、女の子が多かった事もありそれを忠実にやってみてくれました。男の子と女の子の決定的な違いとしていつも感じるのは『とりあえずやってみよう!』への割り切りが女の子のほうが早いという事です。男の子は基本的に『カッコつけ』なので、出来る事しかしたくないし失敗を見せたくない見栄っ張りな性質があるのです。そういう事も加味してやっていくと違いが出て面白いものです。

女の子の組はどんどん成功していきました!!そして一緒に喜んでくれていましたし、それが今回の大きな成果にもなりました!もちろん男の子の組も成功している所はあったし、もう諦めてやろうともしない組もありました(笑) ですが、楽しさは自分がつくるものですから絶対に強要はしないし、その結果楽しくないのは『それも自分だよ』って話をするだけですね!
協力していく形を発展させて、次はサッカーで言うドリブルをやってもらいました!

ですが、ここも一人ではなく二人、それ以上でやるようにしました。これも女の子が非常に上手でした!!ゴールも置いてシュートを一緒に決める、というメニューをしたのですが、男の子は相変わらず良いカッコしたいだけなのでゴールに遠い位置から無理にシュートして入らない・・・(笑) 女の子はしっかりと近くまで一緒に運んで一緒に決める、という見事なまでに構図はハッキリ分かれました(笑)

でも、男の子達もそれをチャレンジとして楽しんでいたし、男の子の良さでもあると思います。成功する事ばかりやるのも楽しくなくなっていくだろうし、男の子はそういった後先考えないチャレンジ精神という面では強みがあって良かったと思います。ここですでに楽しむ空気が蔓延してきたし、途中障害物を置いてドリブルで避けてもらったのですが、ほとんど苦になる事もなくうまく避けてくれていました。
最後は白熱の手繋ぎサッカーをやりました!

サッカーやっている子もいない子も、かなり楽しめます♪途中何度もこけている子もいたのですが、両手に友達がいると痛みよりも楽しさが勝つというのがこの特徴です。一人だとこけたらすぐに泣いてしまう・・って事が起きるのですが、こういう状況だと泣いて流れが止まる事はほとんどありません。実際に今日もかなり激しい雰囲気になりましたが、一切起きない事もちゃんと理屈でそうなるものだと改めて確認が出来ました。

とても白熱をし、最後まで男女の違いは明白で。。。

『やったね~~~!誰が決めたか知らないけど、めっちゃ面白かった~~♪』って女の子と、

『こっちが勝ったんやんな?点数何点?絶対俺等の勝ちやわ!!』って男の子(笑)

『楽しむ』って事よりそういう事にしか目がいかない所が差でもあり、違いでもあり、個性でもあり・・・・『楽しい所』なんでしょうね!つまり、こういう男の子がいるから楽しくて、分からない女の子がいるから楽しい!違いがあるから楽しめる。こういう事がいつか分かる大人になってほしいな~って思います!

1,2年生とはまた違う色々な面で成長している3,4年生との時間はまた自分にとって大きな収穫があるものとなりました。一人一人違うんだよ、って事をたくさん気付かせてくれたこの時間に感謝をしたいと思います!来週の5,6年生との時間も自分なりに楽しめる時間にしていきたいと思います。

八千代小学校の先生方、また子供達!ありがとうございました(礼)
2017/11/17のBlog
[ 20:23 ] [ エリート塾 ]
夜は本当に寒くなってきましたね・・・。

すっかり秋らしいと言うか夜に関しては冬のような寒さになってきました。体調を崩す子も出てきているけど、それだけに自分が元気に出来る時間を大切にしてほしいと思います。昨日のベゼルさんのトレーニングにおかしな悲鳴を上げていたのはコーチだけだと思いますが、その遺恨は今日しっかりと残っております(笑) しかし!さすがフレッシュで若いみんなは痛い表情一切なしで元気に動き回っておりました・・・(笑)

あ~~20年昔に戻りたいな~・・・・。

なんてフト思いました(これは後悔ではなく、憧れです)

今日はエリート塾の日でもあったので、小学生も元気に参加してくれて一緒にがんばる事が出来ました。最近はファルコの中学生にも対話の量と質を高めている事もあって『1を言えば2やってくれる』というような事が増えました。
だから、『今日は金曜日だよ!!』って言えば『あ!エリート塾の日だから小学生との関わりを大切にしないと!!』って分かってくれます。

そういう事がちょっとずつであれ、かなり成長した部分だと思っています。言われた事だけをやるのではなく、言われた事に『自分なりにプラス』出来るようになれば本当に良い関係性が出来上がると思います。

今日も大まかに90分間を序盤はリフティングを使ったトレーニングを30分。ドリブルを使ったトレーニングを30分。ゲーム形式30分。です!メニュー的な材料を今は渡している最中で、ここから『自分自身で取捨選択』していくような形になればいいと思っているし、自分がやりたい事、なりたい選手の為の時間の使い方が出来るようになってほしいと思います。
ボールと自分との関係を整える。

リフティング用の自分じゃなく、ドリブル用の自分じゃなく、自然体でやる事。体をしなやかに扱える先にボールが勝手についてきた、みたいなイメージの事。だから、リフティングの時だけの姿勢を作るのではなく、ドリブルをするような姿勢でやっていく。その意識を今作り上げようとしています。

ボールの置き所一つ、体の角度一つで随分変わります。こちらの言葉の掛け方でも変わります。どうすれば選手に成功体験をさせられるか?だと思います。成功のイメージを持たせられるかどうか?がコーチとしては大きいと思うし、失敗を悪い事だと思わせない事も大切。前向きな姿勢で取り組めるように、課題に対しても、成功に対しても。

全体の雰囲気を大切に出来る、分かるようになれば今の自分をどうすれば良いか?も見えてくるはずなので・・・。逆に言うと何を改善して良いか?分からない子というのは全体を見えていないから。自分の事しか見えていないとなかなか改善策は見えないと思います。全体が見えるとやるべき事って見えてくるものですね!
エリート塾のメンバーも、中学生相手にも果敢に仕掛けられるようになってきたし、個々の良さが出てきていると思います。

雰囲気に慣れたのもあるだろうけど、一人一人が経験の中で逞しくなっているからだと思います。この場に参加している事自体が前向きな証拠でもあるし、だから個人が自分で取り入れようとする意識も高い。どんどん吸収していくから変化も大きいのですが、みんなの役目はここで取り入れたものを自分のチームに持ち帰って活かせるかどうか?です。周りに中学生がやっている事を求めるのではなく、自分が周りを助けられる存在になるという自覚を持つ事!

経験をチームで活かすというのは自分発信で周りをどんどん助けたり、教えたり出来るという事だからそういう変化も期待をしたい所です。
寒いけど、とてもアクティブにがんばってくれたと思います。

エリート塾生も、中学生も、です!公式戦を終えてからみんなの中の『勝ちたい』とか『強くなりたい』って気持ちも少しずつ本物の気持ちとして出てきています。本気になればどういう変化だって出来るはずだから、今のこの気持ちを大切にして抑えるのではなくたくさん出してほしい。そして、その気持ちを『感情』として出すのではなく『情熱』という形でみんなに伝える形で出すのが本当に大事!感情だけで出してしまうとファールだったり、汚いプレーでも構わない、みたいになる。それは今やる事じゃないし、価値がない事。覚えるべきは『どんな事をしてでも』じゃなく『もっと出来る事を増やす』事。焦らず、冷静に、です!!

ボールと自分の一体化。
自分とチームの一体化。

その両方を目指すんですよ!チームメイトみんなの特徴言えますか?分かりますか?
引き出せますか?引き出してもらえますか?ボールを触る事と同時に、そちらにも気を配ってやっていきましょう!!
[ 20:01 ] [ スクール活動 ]
今日は八千代スクールの日でした!!

今日は一人見学に来てくれました♪中区からの参加だったのですが、動機は先日行われた『JAみのり杯』での敗戦が悔しかったようでサッカーがうまくなりたいと思ったそうです!でもとても緊張していて、今日は一緒にやっても良かったのだけど見学だけで・・・という葛藤をしていたようです。お母さんと一緒に来てくれたのですが、改めて『大人の距離感』が大切だと思いました。それは、子供の気持ちより先に大人の意見が勝ってしまうからです。子供が色々な感情の中で葛藤しているのですがどうしても助けたい気持ちが『先回り』をしてしまい、子供の意見ではなくなってしまう、という事が実はよく起きます。一生懸命が故に起きる事なのですが指導の現場でもよく起きる事なので、人のふり見て我がふり直せという言葉があるように自分も気を付けないとって思わせてくれる時間となりました。

結局、スクール前のゲームには勇気を持って入ってくれたのですがそこからスクールの時間は見学という形になりました!全然焦るつもりもないし、必要もないので気が向けばまた来てくれたらいいなって思います!
今日もスクールは『ボールを自分のものにする!』という事を目指してやっていきました!

『扱う』という表現がみんなの中でどういうイメージなのか?わかりませんが、『思う通りに動かす』って事です。自分が意思を持って動かせるという事が大切なのです!この反対の言葉が『追いかける』になります。遠くに飛んでいくボール・・・それを追いかける子供の姿を練習していると多く見られる事ありませんか?だったら、尚更『扱う事』を最優先させてやるべきだと思います。低学年とか年齢関係なく、サッカーをやります!習います!=ボールを扱う事から始めないといけないのではないかと最近ヒシヒシと感じます。

だからこそ今ゆっくりでもいいから『意味を考えてやれるように』という設定にこだわっています。意味を考えなくても出来る、じゃなくてやっていると意味がそこにある、みたいな感覚。それを作りたいと思います。
5年生は非常に意識が変化してきていると思います。

上手にやるという事の意味をだいぶ理解してきているような感じです!思うように出来るという楽しさや試合を通してそういう経験をしているのかも知れません。スクールでは試合をやれないのでみんなが試合をしている姿を観る事はありませんが経験から人は変化する事もたくさんあると思います。

2年生の二人もボール感覚が非常に高くなってきています。実感はないだろうけど、ボールを大切にする習慣がついてきているのです。だからレベル9キャッチだけじゃなく、リフティングをやっても、ドリブルをやっても、足元からボールが離れる時間が確実に減っているという事が出ています。ここに本人が実感出来る時が来ればさらに大きな飛躍をすると思います!(その楽しみの為にこちらからは敢えて言いません)
体が動く通りにボールも一緒に動ける事!

そう考えればボールを扱うよりも先に本当に細かく言えば『自分の体を思う通りに動かせるようにする』ほうが先なんだとは思います。そういう時間も自分がもっともっと指導について勉強を重ねたらいつかやっていくんだろうな~って思っている一つです。

だからボールを扱うのがうまくなっても、体が動かない、自分の体にブレーキがかかる、みたいな事が起きるのも原因にはあると思っているのでそれが少しでもマシになるように、思えるように今はボールをたくさん触りながら、違う動きを入れながら動かせる習慣を変えるようにしていきたいと思います。焦らずにやっていると本当に子供達の変化は早くなってきたと思えるし、自分自身の余裕をまず大切にしていきたいと思います!
ボールを自分で上げてリフティングをする事もやってもらいましたが、ここでもイメージが増えてきました!

以前までのみんなだと決まった事しか出来ない、やらない、という感じだったのが今では自分のイメージを持てるようになり、表現出来る事が増えてきています。こういう事が増えると自分一人で遊ぶ、ボールを蹴っている時間にも多くの変化が出てくると思います。アイデアを表現していくトレーニングをしていくとチャレンジが増えるし、成長が早くなります。チャレンジの数が成長の速度に比例する事は自分も経験してきて分かっている事なので、子供達にもどんどんとそれをやってもらいたいと思います。

その為の雰囲気、空気作りをこれからも自分なりにこだわってやっていきたいと思います!
2017/11/16のBlog
いや~本当に冷え込んだ夜となりましたが、みんなきつかったね~~~!!!

今日は月に一回の恒例となっているベゼルさんの指導練習会の日でした。今回は末永トレーナー一人で来てくださったのですが、ファルコのほうも体調不良の子が増えてきて今日は少し休みが多かったのですが・・・それでも熱い気持ちで取り組む事を忘れないように、それが指導をしてくださる事への感謝の気持ちだと思うので選手と一緒に今日はトレーニングに入る事になりました。

気温はかなり下がってきたので吐く息も白くなってきた中でしたが今回お願いをしたのは『ダッシュの仕方』についてという事でした。ベゼルさんとの出会いによって一番大きな変化としては『体の使い方』です。トレーニングをしていただいた次の日に痛むのは自分が普段使えていない部分だったり弱い所なんだと教えてくださるという事。そういう部分を日頃から少しずつでも改善していく事で変化していくだろうし、コーチも今回初めて末永トレーナーに、

『あ!ちょっと強くなってきましたね!!』って誉められたでしょ?こんなおっさんでも毎日コツコツしていれば変化があるんだから若いみんなは気持ちと歯を食いしばってがんばってほしいと思います!
動きを色々とやってもらう中で、『分かったつもり』の子もまだまだいるよ。

少しずつ質問していく子も増えたけど、まだまだやっているつもりの所が多い。終盤にあった『鬼ごっこ』でも周りを囲みながらコーチの言葉を聞いてから意識した子めちゃくちゃ多かったでしょ???

火曜日のワークシートにも書いている子がいたんだよ。

『コーチに厳しく言われないとまだ自分で厳しく出来ない弱さがある』ってね。

分かっているけど・・・の部分をどうか強く改善してほしい!分かっているからこそ変えてほしい。その為にお手伝いはたくさんやる!!中には『コーチが居ない時間をください!自分達でしないといけないので』って書いてくれている子もいたよ。そういう前向きに改善したい気持ちと具体的な案を言える子はきっと変わると思う。『コーチ居なくていいですよ!』は最高の成果なんですよね。そら、人間ですから寂しい気持ちもあるかも知れないけど、誰の為にやっているか?を考えれば『要らない人』と思われるほうが良い指導をしているって事だと思う(ただし、それは責任感を持たせたという成果の意味で⇒嫌われての要らないとは違います)
きついのは分かっている中で、きつい時こそ!って部分が2年生の中で出てきています。1年生はまだ踏ん張る為の力を育てている所。すぐには出来ないし、誰だって時間の掛かる事。例えば重りを使って何かのトレーニングをしたとしても、最初は重たいけど、ずっとやっているとその重さに慣れて当たり前になっていく・・・。そういう感じ。だから1年生も今の『厳しい基準』だけ下げないようにしていれば立派に強くなっていくだろうと思います!

今日は踵を付ける動作が多かったけど、それはやっぱり『うまく使いなさい』って意味だと思う。体全体の負担をどこか一点に集中させてしまう事で疲労が偏り足がつる原因になる事もあります。だから、疲労を分散していくイメージでも体全体をうまく使えるようになるのが一番だという事!

自分もそこの変化によって自分の体が変化してきた事を実感しているし、ボールコントロールにも変化が出てきた事に気づいている所です。
見た目は地味だけど、めちゃくちゃきつい動作。

そういうのがベゼルさんのトレーニングには多いし、トレーニングってものがそういう事が多い。例えばサッカーでも、蹴って止めるというシンプルな動作も絶対必要だし、何度も何度も繰り返しやっていく中で気付く必要がある。だから、順序としては『地味な事ほど、基盤の姿勢が大事になってくるという事』です。そこを疎かにしてしまうと、どんなにスピードが増したり回数が増しても誤魔化しているだけだから成果として残っていかないのです。

それを知っているからこそコーチは末永トレーナーにも何度も何度も質問をして土台の部分をまず整えてもらうのです。スピードだけ、回数だけ、鬼ごっこなら逃げるだけ、追いかけるだけ、になっている子いたでしょ?結局、新人戦とか公式戦も同じで『勝った、負けた』でしか成果を見ないのは普段を知らない人だけなのです。普段こうした地道な部分をこだわれてこそ『悔しかった』って試合の後に思うべきでしょ?こういう話をしているのです。毎日を大切にしなさい!って事は普段から悔しがっているような子になる事なんです。そういう子が試合って場所でも悔しがるのは分かるけど、今日みたいにしんどくなったら逃げてしまう、辞めてしまう、意識がボヤけてしまう・・・そんな状況にあって大会だけ悔しがるのは本当に変えないといけない最低限の所です。
みっちり2時間指導をしていただきました!

何が残ったかな?

自発的にやれたかな?意識の継続は出来た?しんどい時に何かをやれた?きつい時こそがんばれた?そういう場面がずっとあったんだけど、やるかやらないか?はいつだって自分なんだよね。

コーチは幸せ感じました。自分の子供のような年齢のみんなと一緒にきつい事やりながら励まし合ったり褒め合ったり出来る時間は最高です♪きつい事の後にある達成感が感じられた子は何かの成果を得られたと思います。

こういう時間、厳しい事を要求してくださるベゼルさんに本当に感謝をしていきたいね!そしてその成果をグランドで出してベゼルさんに『こんなに変わりましたよ!』という事がいつか胸を張って言える自分になろう!!可能性は無限大!!がんばろう!!

末永トレーナー!本日もありがとうございました(礼)
2017/11/15のBlog
[ 18:46 ] [ スクール活動 ]
今日は西脇スクールでした!!会場はまた先週と同じく西脇市の総合市民センターの綺麗な体育館での活動が出来ました!!ありがたい事に大きな体育館の半面をお借り出来るので、子供達の有り余ったエネルギーをしっかりと使ってもらえる事が出来ます。本当に元気いっぱいなので一緒にやっていても楽しいのですが、同じ目線で楽しむだけで終わってはいけないので冷静に見ないといけない所を自分としては持ちながらやっていきたいと思います。

今日はお助け?学びに?に来てくれたファルコの大河くんと、いつも通りに参加してくれた波琉くんの二人♪小学生にとってやはり近い存在である中学生がこうして参加してくれるのはありがたいし、小学生のお手本(技術レベルには到達していない??!)になってくれています!!二人の周りには小学生もたくさん寄っていけるし、その雰囲気を自分で作れる『人間力』をどんどんこうした場で磨いてほしいと思います。いつも来ない子が寄ってくる?ような違いを生み出せたら二人にとっても参加していく意義が増していくと思います!お願いしますね!!
いつも通りの恐ろしいハイテンションのままのスタート(笑)

笑顔が『楽しむ為』に使われているうちは大丈夫なのですが、『ちょっかいを出す』とか『みんなに合わせる為』に使われていた場合には『違うよ』って話をします。行動が遅いとか、ペースが遅い事は問題ありません!ですが使い方を間違えた時に起きるのは『ケガ』なのです。勢いだけ、テンションだけでやってしまうとケガに繋がるので『ちょっと考えてね!』という事は話していきます。

後、途中一度だけ注意したのは『誰かに合わせる行動』です。トイレ?行きたいのは分かるし、行けばいい。でも、どうして6人も7人も『同じ』なのか?って事。誰かに合わせる事で『安心』を手に入れようとするのは良くない事なのです。そうやるほうが無難だし、楽なのですが、それではうまくなるという自分の気持ちと反する事になるのです。行動とは言葉との矛盾をなくす事が大事です。うまくなりたいと思うならば一番を目指す事をやっていきましょう!!
ボールを大切に扱う事=自然に扱う事

という形をイメージして繋げてもらうようにしています。ドリブルも、リフティングも、パスも、シュートも・・・サッカーのプレーを『自然』にやれる選手になってほしい!『リフティング用の自分』じゃなく、『ドリブル用』でもなく。

今日はそれがいかに難しいか?!に直面してくれたと思います。コーチが言う『これをやって!』というものがなかなか体現出来ないという葛藤を味わってくれたと思います。分かっているのに出来ない・・・そう!サッカーってそういうスポーツなのです。だからこそ、『やろうとした事が出来る喜び』が大きいのです。時間だけ、回数だけを重ねて出来たものは『体に染み込んだだけ』であって『手に入れたもの』とは違う。

頭でイメージが出来て、その通りに体現させる事が『うまくなるという唯一の形』だと思ってほしい。前に進むだけのリフティングですでに大半の子が『リフティング用の自分』でした。意味を理解出来た子も多くなってきたと思うけど、『普通に歩くように』出来るようになりましょう!
後ろ歩きも、横歩きも・・・。自然に!いつも通りに!!

この『いつも通り』って言葉、どういう場面で使いたいでしょうか???

『本番』と呼ばれるような場所じゃないでしょうか??

テスト、公式戦、試合、大会、試験・・・。

そういう場でこそ『いつも通り』にやりたいですよね?

だからこそ『普段にどれだけ自然な形でやれるか?』が大事です。がんばって出来る事はがんばらないと出来ないって事だからいつも通りには出せないって事です。だから言葉で言えば『当たり前の基準を高める為』に練習をするんだと思います。
先週よりも『相手の事』を考えてやれるようになっています!

まだ色々な地域、チームから集まってくれている事もあって遠慮も大きいけど、そういう経験も絶対大事ですよ!そういう中で緊張したり、遠慮したり、気遣いしながら人の心は温かくなっていくものだと思うのです。

最後のゲームも、スムーズに動けるようになっている事はとても良い事だしそれは相手を思いやる気持ちが大きいのです。『スッと』相手の為に力が抜ける、という場面が多くなっていました。みんなの中の感覚がすごく良くなっている事も気付かされます。

考えてみる
やってみる
やろうとしてみる
繰り返しやってみる
立ち止まってみる
工夫してみる
聞いてみる
教えてみる

こういう回数がどれだけ増えたか?です。メニューじゃなく中身の問題。

大丈夫!みんな『今』のこだわりが先の自分を助けてくれるからね!焦らずやっていきましょう!!
前のページ   |   次のページ