ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6280件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/03/13のBlog
今日は昼間は春のような陽気でしたね♪

明日も良い天気みたいですが、朝晩は冷えるので体調にはくれぐれも気を付けていきましょう!!

今日は加美スクールでしたが、先週少し見学に来てくれた2年生の壱成くんと、5年生の吉乃ちゃんが体験に来てくれました!どちらもスクール生同士の繋がりだったようで、とてもありがたいしこうして参加者が増えると子供達もすごくうれしいようで、テンションもいつもの3倍ぐらいは高かったように思います(笑) しかも今日は全員集合してくれていたし、その上に新しい子が来てくれたのですごく多く感じました(笑)

体験に来てくれた子も何かを感じてくれたと思うし、二人共サッカー以外の習い事があるようで、その事にもプラスになるような事が何か伝わればいいな、と思います♪
新しいメンバーに誰が接するのか?は成長の度合いを観る意味でも重要です!

新しい子にすればメニューは知らない事だらけだし、それを『聞ける空気のある子』だったり、『教えてくれる積極性のある子』だったりするかどうか?どちらでもない、まだまだ自分の事だけ、になっている子は実は良い意味で言うと自分の事をがんばっている、のですが、他に気配りが出来ないと自分の成長も止まるんです。それも経験上確かなものだと分かってきました。

そういう意味でも今日は5年生が積極的に教えたりしてくれたし、その言葉もどんどん丁寧にうまくなってきているのを感じました。自分は一切教えなかったし、教える必要もないぐらいにみんながやってくれていたし、新しいメンバーも緊張とか言うよりもどんどん積極的にやってくれたので本当に良い雰囲気だったと思います。
こういう『自分を高める機会』は常にあります!

新しい子が来るから、じゃなく色々な面で成長出来るきっかけはあるものです。特にこの時期に来て、2,3年生はかなり良くなっています!!コーチが言う『良くなっている』とは、『自分の意思でやっている事』です。

誰かに言われて、指示されて、が定着していた最初の頃は常に指示を待っている状態だったのですが、この時期に来て『僕はこうしたい』『僕はこれをやりたい!』が持てるようになった。実際は、そのやりたい事を表現出来ていないし、そこへの悩み、こだわりはまだまだありませんが・・・(笑) でも、この意思表示があるかないか?によって先で大きな差が出てきます!それは中学生を観ている自分だからこそ重要性を理解しているから、この年代に大切な事をゆっくりゆっくり積み重ねてほしいと思います。
今日もたくさんボールを触り、考え、工夫し、実行してもらいました!!

この繰り返しの中に、感性が育ってくると『改善』という作業が入ります。まだ学年が低いとか気付かない子はそこまでには至らないのですが、各自のペースがあるし、求めているものも違うので、こちらから強要したりはしません。今やりたい事が大事だし、どうしてもやりたいのに出来ない!みたいな時には力を貸したいと思っています。

4,5年生はアイデアと表現が伴ってきています!そして、最近はその4,5年生から何かを盗もうと近くに2,3年生が寄ってきています。これも、『自然』なのが良いですね!コーチに言われて、誰かに言われて、じゃないのが良い。その盗もうとしている子供の『目』が大好きです!憧れだったり、目標だったりしているからキラキラしている!!
自分でやるから楽しい♪

本当に当たり前なのに、実際は大人が、周りが手を貸している部分が多い・・・。そこから抜け出して子供だけの世界を広げていくようにさせたいのです!コーチなんかいらないよ、ってなぐらいにね♪

あ~だこ~だ言うのではなく、質問をされたら答える。分からない事の為にコーチが存在する、という形にしたい。コーチではなく、子供が主役!!

僕は、私は、この場所で『こういう事を学びたい』を言えるようになればスクールとしては大成功かな?って思っています!うまくなる方法を教えてもらう、じゃダメ。自分でうまくなれる、じゃないとね!

そんな世界を目指してこれからもやっていきたいと思います♪
2018/03/11のBlog
[ 13:20 ] [ 練習の様子 ]
今日は朝から積み重ねの時間。

練習前には、昨日の試合で出た『各自の伸びしろ』について質問しました。考え方から変えていく。『出来ない』は『伸びしろ』だと思っていく事。その意味も説明し、各自に聞いていくとそれぞれに何となくは見えている・・・。

でも・・・・『何となく』だ。

何度も言うが、変化をするという事、成長するという事は『自身を知る』事なのです。
その話をしてからジックリ積み重ね。

日常を変えないといけない話は昨日の練習試合の最中にも伝えた事。今日の積み重ねの場に昨日のイメージを持ち込めるかどうか?自分の出来た事、出来なかった事を思い出し、そのイメージの中でまたやり込む。当然サッカーとは局面が常に変化するので、同じ事は通用しないけど、今みんなに必要なのは『自分で用意したイメージを表現出来る』事です。その喜びを持ちながら相手の裏もかいていけるといいなと思っています。
最初にリフティングのイメージを持ち、次はドリブル。

ここでも、言葉を表現する事をやってもらいました!

『ボールを引きずる』『浮かす』『膝で駆け引き』『肩で駆け引き』『目で駆け引き』など。

今日分かった事は、言葉を表現しようとすると力がピンポイントに掛かってしまうという事。みんなの最大の敵は『力み』だという事。相手を引っ掛けるつもりが実は自分が引っかかっているという現実を変えないとね!
みんなはよく言います・・・。

『相手のプレッシャーがあると見えなくなる』と。

それって実はプレッシャー関係なく、『観てない』からだと気付いていないのです。観る、というのは『顔を上げる』とは違うのです。何を観るのか?が分かってないから顔を上げる動作をして見えたフリをしているだけなのです。だから、原因というものが見えないと改善も出来ないという事はそういう事。成長が遅い子は、自分の事、原因の事に向き合えていないし、起きた目の前の局面にばかり翻弄されているからでしょうね。だから本質的な改善には考え方から変えなさい、という話です。
とは言うものの、それは自分自身にも言っている事。

考え方から変えていく。それをもっとこだわってやっていきたい!状況の打開策っていっぱいあるのに、一つの固執した考えしかないから人は諦める。自分は決して今が良い状況ではないと思っても考え方を変える方法を学んだ。

だから今が楽しいと毎日思える。

この選手達がいるから。この選手の家族があるから。この地域だから。

今日もみんなのがんばりにありがとうです!!!毎日がんばろう!!
2018/03/10のBlog
今日は朝から三田でアリバさんとの練習試合を行う事が出来ました!!

アリバさんとの繋がりは昨年の新人戦の時にたまたま審判をさせてもらった試合で、終わったとのコーチのミーティングを聞いて『素敵だな~~』と思ったのがきっかけでした!そのミーティングは誉められているより、むしろ強烈に怒られていたのですが・・・(笑)、でも、違うと思ったのは『コーチの思い通りにしないから』ではなく、『みんなで決めた事なのに一人だけやっていないんだぞ!みんなの気持ちを考えろ!』というような内容だったのです。

やっぱりサッカーっていいな~~と思うのは『十人十色』と言われるように各チームそれぞれのカラーが出てくるし、どれも正解なんだと思います。一つの答えじゃないからこそ面白いし難しい。ただ、一つ言えるのは『チームみんなで共有出来ている事かどうか?』という点。そこへのこだわりは持たないといくら個人が成長してもピッチの中では無力になる事もありますからね!
今日は30分をどんどん回す形だったので、なるべく全員が同じ機会を得られるように器用していきましたが・・・

まだ自分と、自分達の殻を破れない1年生達。アップの段階でもリーダーと話したけど、1年生同士でしかアップをしない(出来ない?!)状態。自分の基準が上がるはずがありません。だって『通用する相手としかしていない』からね!それで自己満足している状態だから上に上がれないという現状にいつ気付くか?

2年生は『繋ぐ』段階に入っているのですが、精神面がまだまだ幼いから自分の事で精一杯になったり、プレッシャーを受けると真っ白状態・・・。仲間がいるから、支えてくれる人がいるから好きなサッカーが出来ている事にまだ気持ちが向かない。だから、ちょっと調子が良くない、うまくいかない、だけで雰囲気を壊す。もしくは何もアクションをしない、という事をしてしまう。
チームスポーツという事の価値は、『共有』なんです。

自分の『主張』が一番にあるのは大事!武器だし、長所だし、それがチームにとっても武器であり長所だから。だけど、『それだけ』になると周りとの関係はなくなる。

1+1=3にしなさい、という話どころか、
1+1=0.5みたいになっている。

これは『噛み合っていない』状態の事。噛み合わせる努力や改善もないのが問題。それが出来ない、やらないのは共有しないといけないという価値観をまだ理解していないから。
誰のおかげでサッカーが出来ている?
誰のおかげで成長出来る?

それを考えれば『俺さえ良ければ・・・』にはならないはず!

なのに、そうなっている今日の雰囲気は2年生の弱さが丸々出た試合とも言える。

大切な事は伝えました。

今日言われて、今日気付いて、今日改善、じゃないという事。

明日の為にやりなさい!という事。
変わっていたらいいな・・・じゃなくて、変えなさい!!自分自身が、ね。

その為の日常なんです。

つい先日の卒業式。最後だけ思い出して、泣いて、良かったね、ってなる。

それは正直、みんななる。

何度も言うけど、『日常で』その気持ちになるぐらいの日々にしないと今の自分は変えられない。最近コーチは日常に『感謝・感動』が毎日ある。それは今まで『当たり前』だと思っていた事。自分が毎日にあぐらをかいている頃には分からなかった事が今は分かる。

本気でがんばれるのも今だけなのかも知れない・・・。そう思ってがんばってみても損はないよ!誰かと比べるのではなく、自分の中のそういう心に火を灯すきっかけが必要なんだよ。甘えた分は、今日みたいにゲームを台無しにする『後悔』として出てくるんだから、良い思いをしたいならば、本気で自分を変えていこう!!


一日、たくさん交流をしてくださったアリバさん!ありがとうございました(礼)
2018/03/09のBlog
今日は夕方から八千代スクールでしたが、いつもの元気印である中区メンバーがこの時期に学年閉鎖が多く、欠席者が非常に多い今回となりましたが集まってくれた6名と一緒に積み重ねていきました!!

今日は多可町内でも中学校の卒業式が行われたし、今日という日が大きな門出になる子もたくさんいるんだろうな~って思いました。それと同時に、今日という日は365日の中の1日に過ぎないという現実も忘れないように、特別と平日が繋がる自分にしたいです。

スクール前のゲームでは一緒に入って3人対4人でフルコートを使ったので当然恐ろしい運動量でした(笑) 途中何度も疲れて倒れこむのはずっと5年生で、逆に2,3年生の元気さは全く衰える事なく足が動き続ける姿を見ると、やっぱり『夢中の力』って無限大だと思いました。
可能性もそうですが、子供達の中に宿るパワーって大人の想像出来ないものがある。

夢中になった時の力はすごいし、それを意図的に引き出せる大人が最高の指導者なのではないかと思う。自分もやるからにはそこを目指すし、自分自身が現場で夢中になれる時間にしたいと思います!

スクールは最初にバスケットゴールに蹴って入れるという遊びからスタートしましたが、これが全く入りません。6人で挑戦したものの3分間一回も入らないという結果になりました!狙った所に蹴れない自分の技術力が分かりましたか???ただ、あまりに不甲斐ないので、途中で2回目をやりましたがその時はわずか15秒でクリア!!何が違ったか分かりますか?

経験を活かす事が出来るとこんなに違うものです。
次はレベル9キャッチをやりましたが、まだ一番大きな狙いである『レベル9をクリアするのが目的ではない』という所への認識は八千代スクールにはありません。

他のスクールでは数名気付けて、繋げてきている子もいます。

どういう意味か?なんですが、この種目をクリアする為にやっているのではなく、この種目が何を狙いにしているのか?どうすれば成功するのか?を体や頭で理解し、その動きをリフティングやドリブルに繋げる為のものなのです。つまり、この後にやっているリフティングやドリブル、ゲームの中で繋がるようになる。もしくは反対に、そのリフティングやドリブル、ゲームを経験したからこそ『あ、そういう事か!』とレベル9キャッチをする際に気付く事が『繋がる』という成果。その成果が出る事が一番大事なのです!
そこからはストレッチを行い、体を十分にほぐしてからボールを触ってもらいました!

何となくですが、『使い方』に意識の目が向き始めてきました。これまでは全く興味もなかった事に目が向くようになったのも成長だと思います。すぐに変化する事はありませんが、子供達の柔軟さがあれば変化の早さは大人に比べて何倍もあります。こうしたいのに、自分の体はどうなっているのか?などに興味も出てきているので、繰り返しやっていく中で分かってきたものもあるようです!

みんなドリブルがうまくなりたいと思っています!でも、うまくなるという事がどういう事なのか?になかなか意識が向かないのが大半の子供の悩み。動画を観て、プロのプレーを見た所で、どうしてそれが出来るのか?という疑問には向きません。形だけ、見栄えだけ、小手先だけで真似をするからゲームの中、相手がいる中では全く通用しないのです。
その違いが分かるようになるには『どうしてこのメニューをやるのか?』を知る必要があります。

コーチは下手になるようにメニューを与える事はしません。みんなが今よりも上達する事を常に考えています。その為に必要な事をやっているのですから、やっているみんながどうしてやるべきか?を知らないといけないのです。

それが分かれば行動に意味が出てきて成功も増えるし、自信も増すという事ですね。

今出来ない事が多いのは『下手』ではなく、『うまくなる為の伸びしろがいっぱい』だという考え方を持ちましょう!君達がうまくなるのはこれからですから!!ゆっくり、ゆっくり、呼吸しながら、自然とボールを扱えるようになればきっと面白さは変わってきます!

焦らずやっていきましょうね!!
2018/03/08のBlog
[ 19:28 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日はナイター練習でベゼルさんのトレーニングの日だったのですが、雨天により体育館もこの3月は卒業式シーズンなので、全て使える場所がなく急遽、アスパルの研修室をお借りしてミーティングを行いました。

こういう時間の為にやりたい事は常々考えていて今日は目標チェックシートを新チームになってから作っていて3,4ヶ月に一回検証も含めてやりたかったので、前回は11月に行ったチェックを今回行うようにして『現時点の自分とチーム』を検証してもらいました。

随分、考え方も、体も、柔らかくしてもらいました!

その事も各自の全く同じ内容のチェックシートに書いている言葉や思いも変化してきました!数々のチームに多くの刺激をいただき、そのおかげで自分達が成長させてもらっている実感もあるようです。その受けた刺激を自身の変化に変えていけるようにがんばりましょうね!
ミーティングは1時間弱行い、努力すべき事の話も確認した所で、後半は各自で考えた自分の為のトレーニングを積んでもらいました!

こういう時でもベゼルさんに教わった姿勢だったり、鳥取で教わった、立花さんやウィルさんに教わった体の使い方を意識して行えるようになってきたので本当に変化が早くなってきたな~と思います。出会い、刺激に感謝ですね!!!!
今日のミーティングで話をした、『自分』『主役』のキーワードを忘れずに、その自分をどのようにさせていくのか?楽しむ為に必要な事をどのように獲得していくのか?を今日からの行動に繋げていきましょう!!

明日は卒業式の学校が多いと思います。素晴らしい先輩方を気持ちの良い姿勢で送り出しましょう!そして、来年は、再来年は、自分達が同じように思われる、別れが嫌だと思われるような気持ちの良い卒業生になりましょう!

今日話した、達成度の足りなさが『後悔の度合い』になりますからね。今日、今、この瞬間、を大切に自分を成長させて、現時点のなりたい自分を実現させていけるようにがんばりましょう!!
2018/03/07のBlog
今日は西脇スクールがありました!会場はいつもの西脇小学校ではなく、西脇総合市民センターで行う事になりました。この時期は卒業式の準備があって、学校関係の体育館はなかなか使用が出来なくなるのですが、やれる場所がある事に感謝をしたいと思います!

今日も一番に来てくれたのは中学生の波琉くん。せっかくなので色々話をする事が出来たのですが、波琉くん自身の今の課題について話をしたのですが子供一人一人にどういったきっかけを与える事が出来るのか?は自分の最大の課題でもあり、チャンスでもあると思っています。何もかも伝える必要はないし、伝えない事も良くないだろうし。。。タイミング、言葉、量、そういったものが大事なので今後も考えながらやっていけたら、と思います!
そこからみんな集まってきたので、一緒にゲームを楽しみましたが最近は、本気で抜かれる機会が増えました(笑) みんなの技術が高くなったのはもちろんなのですが、そういった抜いてやろうとする余裕や気持ちが芽生えた事が大きな成果だと感じます。

抜かれたのも見事な股抜きだったし(笑) 狙ってやられたので『コーチ今日は悔しくて寝れないわ~』と言ったりしていました(笑) 本当に悔しかったけれど、同時に『うまくなったな~~』ってうれしさもこみ上げてきますね!!それだけ歳をとったんだと思います(笑)

一緒にやりながら見れる
・本気の顔
・悔しがる顔
・うれしそうな顔
・何かを狙っている顔
・何かを探っている顔

色々出てきているのですが、それが全て本当に輝いて見えるのはそれだけ自分が一緒にやっていて楽しいからなのでしょうね!
スクールはレベル9キャッチからの開始。

ゲームは30分以上やっているので知らない間に疲れます。なので、その疲れた状態で『呼吸を整えながら』を意識してもらっています!ボールに触れる力を抜く、という事を考えながらやってもらっているのですが、本当にうまくなったし柔らかくなりました!

コーチよりもお手本になるような子が増えたし、それぞれの個が磨かれているのが分かる。まだ若干は『数字に躍起だっている』子もいますが、それは年齢もあってこれからだろうと思っています!数値、記録はおまけであって、大事なのはそこまでの過程である事に価値が見えるようになると楽しみ方が変わってくると思いますね!
そこからはひたすらにボールに触りながら、あれやこれやと考えます。

こうしたほうが良いのでは?
こうしてみたらどうなる?
こうしてみたいけど、どうやったら出来る?

なんて事を言い合いながら、自分のペースで触れてもらっています。正直この時間が全てだとも思っています。受け身の子はこの時間にコーチの目を盗んで(盗んでいるつもりなだけ)、やらない子もいます。ですが、それは自分が決める事なので注意もしません。もっとやりなさい、ちゃんとやりなさい、昔はついつい気になって注意していました。

ですが、今考えればやらない理由がある訳で、それが『出来ないからやりたくない』のか『面白くないからやりたくない』などがあると思うし、それらは自分の判断だったり、自分の主観だからこちらが変えられないし、出来ないから・・・で終わらずに『やってみたい』に変化した子は自然とコーチは周りに質問したり、見たり、聞いたりしているのです。だから、そういった『自主的な変化』が起きるまで長い目で待ちたいと思います。
最後はゲームをしましたが、今日のルールは『ボールを持った子は走らない』でした。

このルールをすると、どうしてもこの地域の子は動きがロボットになります(笑)

歩くだけなのに、どうしてそこまでぎこちないのか???それは、歩いて、スピードを落としてサッカーをやる感覚、経験がないからですね!いつも全力でやる事を求められてそれが当たり前になって、サッカーなのについつい速さで競ってしまうのです。この年代に求められるのは、何度抜いても、何度追いつかれても、それでも何度でも抜ける技術なのです。

そしてボールは2個にしましたし、これだけ『変則』なのにゲームが始まると、

『ヘイ!パス、パス!!』となり、(要望)

『何で出してくれへんのよ~~』となる(不満)

ちょっと止めて、

『うまくなりたい子はどうすればいいの?』と聞きました。コーチ的には不満を言っても何も変わらないでしょ?という意味。不満を言う人間というのは大抵何もしていない人だという事を知っているから。

そこで不満を言う時間があるならば仲間のボールであっても、自分が奪ってやりたい事をやろうとすればいいよ、という話をしてからまたやるようにしました!

自分が主役。自分がうまくなる。

その事に遠慮は必要ありません!チャンスは自分で作りましょうね!!
2018/03/06のBlog
[ 19:40 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

体験参加をしてくれた小学生と一緒に積み重ねをする事が出来ました♪

・初対面
・違う学年
・違う地域

という事があるだけで『無』になってしまう子の多さ・・・。

まだまだですね。
プライドを持つ事は大事だけど、プライド優先では自分を変えられない。

いつも受け身、いつも自分中心のどちらかになる。

ボールを持っている時間、フリードリブルやっている時間にそれが全て見える。

受け身の子は発想がないし工夫がない。
自分中心の子は状況を理解せずにやりたいフェイントだけに固執する。

出ているんですよ。フリー、自由、という時間にね!
うまいってどういう選手なのか?

まだまだ頭の中にそのイメージが具現化されていない状態。

途中のゲームの時にも話をしたけど、『どうしてゲームをやるのか?』という事さえ、答えられない子が多い。

楽しい時間もやらされた時間になるのはそういう事。
そういう中でも、少しずつ整理出来てきている部分も見えるよ!

課題なんてどこまでいってもあるし、出てくるもの。でも、新しい課題が出てくる事が成長の証なんだからね!全然悪い事ではない。

受け止める本人の受け止め方で決まるだけの事。

またこれでうまくなれるぞ!って思えたらきっと最高に楽しいよね!
そんなメンタル的な部分がたくさんの要因を占める今のチーム。

技術だけでは強くなれないのがサッカーの、スポーツの面白い所。

先日終わったオリンピック!!4年間の全てをそこに注いだとしても当日の、本番に力を出せる選手と出しきれない選手との違い。。。

みんなは自分のベストをどこに置きたい???1年後、2年後、5年後、10年後?

『今』をどう生きるか?はその設定で決まってくるんだよ。長ければゆっくりすれば良い、という単純な話ではなく、何をどのようにゆっくり体に染みこませていくか?なんだよね。かける時間ではなく、中身の問題。それを決める為の各自のメンタルの問題。

心と体を繋げよう!
頭と体を繋げよう!
意識と行動を繋げよう!!
今日は夕方から加美スクールでした!!

昼間は風も強くて夕方以降はまた寒さが戻ってきたぐらいに冷え込みました。。。

それでも体育館でさせてもらえる事もあり、風がないだけでも随分と寒さは違ってきます。その事もあって半袖、半パンで登場する子が多いのですが、大事なのは汗をかいた『後』ですので、その際の着替える習慣は持ったほうが良いですね!

今日もテンションの非常に高いゲームをスクール前にやってくれました♪

テンションが高い事に関して問題はありませんが、スクール生のテンションの上がり=スピードの上がりに比例してしまうので、どうしても接触や怪我に繋がる可能性が多くなってしまいます。スピードを落としての楽しさを知らないとどうしても能力で勝とうとしてしまう。また勝ってしまうからそれで良いと思ってしまうものです。
そこを少しずつほぐしてはいるのですが、通常に戻るのが早いみんなはなかなか変化という形にはなりません。

総合的に見れば変化は十分にあるのですが、毎回の意識によってはもっともっと早く変えられるとも思うので、自身の課題として受け止めています。

スピードが上がると、視野が狭くなり、考えも狭くなります。勢いでの突破になるので偶然に近い突破の仕方になるのです。そうではなく、相手を観て、スペースを観て、余裕を持って抜き去る事の楽しさを学んでほしいし、それは最近5年生が発見してきています!後は4年生の凛太郎くんですね!咲惺くんは元々ゆっくりペースが身についているので活かせてきている状態!蒼一くんはスピードがとにかく速いので、そこを活かす楽しさがあるのですが、そのスピードすらも活かせるやり方を覚えてくれると最高ですね!3年生の二人は鳥取遠征にも積極的に参加してくれたりして自分達なりの工夫がちょっとずつ見えてきました!
2年生の凛玖くんはまだまだ勢いでがんばろうとしてしまうのですが、それと同時にボール扱いはかなり上達しています!その勢い(力)を抜く方法を知ればもっともっと楽しいし、やりたい事が出来る世界を知ってもらえるようにしたいと思います!

それぞれの個性がしっかりと出てきている所なのですが、『意識をすれば』という条件付きだから、無意識にやるとどうしても能力に頼っていく癖が強いですね。仕方がない事でもあるのですが、目先の勝利や結果に目を向けると急いで『最短の結果』を求めるのが普通なのです。でも、ずっと長くサッカーをやりたい、やり続けたいのであれば今という時期に何をすべきか?を関わる大人が整理しないといけないんだと強く思います。勝たせてあげる術ではなく、うまくなる為の術をひたすら考えて、それを言葉にしてうまく伝えていく事をこれからも意識していきたいと思う。
ボールに触れる顔はとにかく良くなってきました♪

ボールに触れる喜びを持って、ボールからも喜ばれている・・・。その関係性を言葉で示すと馬鹿にされるかも知れないけど、感覚で言えば本当にそんな感じなのです。自分の心が鏡となって映し出されるものだからこそ、自分の心が大事!

うまくなりたいとひたすら思いながら向き合えている子
まだまだ好きな事だけに向き合っている子
ちょっとずつチャレンジをしている子
工夫を始めた子
考えるようになった子
聞けるようになった子
教えられるようになった子

どれも『数値』では測れません。でも、確実に芽生えている部分です。
今日は最後のほうに少しだけ見学に来てくださった方がいました!

2年生の凛玖くんの友達だそうで、普段は柔道をがんばっているそうです。こうして、子供同士の繋がりから何かを学ぶ繋がりに広がっていくのもとても良い事だと思います。少しだけ親御さんと話が出来たのですが、サッカーも柔道も切り離して考えずに共通のものを見つけていけばきっと楽しくなりますよ!という事を伝えました!!

来週からは体験参加してくれるようです。新しい仲間と関わる事でまたみんなが何か違った形で成果が出てくるのを楽しみにしたいと思います!!

ゆっくりゆっくり自分のペースでやっていきましょう♪
2018/03/04のBlog
[ 16:32 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からファルコは一日のHAP研修を行いました!!

前回は半年前に行ったのですが、同じ年に2回目を行ったのは初めてです!それだけ色々な面で成長が見られるこのメンバーがどのようになっているのか?を確認する意味でも今日は大切な時間となりました!

体調不良で休んでいた子も万全ではなかった中でも参加をしてくれた事もあり、全員参加という形で迎える事が出来ました。このメンバーが誰一人欠けても違ったものが出てきてしまうし、全員いるからこそ出てくる大きな価値を今日もたくさん見出してくれました!

今回も2グループに分かれましたが、前回とは違うグループだった事もあり、新しい一面も見えたし、グループごとの工夫、アイデア、特徴もしっかりと見えました♪
2回目になるので、まだやった事のないプログラムを用意してくださいました!

それぞれのグループで課題を攻略していくのですが、必ず工夫が必要になっている設定はとても面白く、考えないと出来ない、協力しないと出来ない課題ばかりで見ているこちらも『この子達どうするんだろうか???』と想像しないような事もやってくれたりと見ている側までワクワクするような時間でした。子供達の成長は本当に大きく、1,2年生の学年を越えた繋がり、対話、協力があって、本当に一人一人が主役になれる時間があり、良い時間を過ごせているな~と思いました!

ボールを扱う事にこだわりを持ってやってきたのですが、人の繋がりはトレーニングや強化という形ではなく『磨きあげていくもの』だと思っています。それは一人一人自分の殻を破る勇気も必要だし、簡単な事ではないと思います。それを越えた今のメンバーは本当に心の部分が磨かれているし、だからこそチーム、集団としても非常に強いものが芽生えています。
不便を与えられると『ありがたみ』に気付くものです。

普段あるものに感謝が出来るかどうか?不便によって気付くのは普通、当たり前のタイミング。本当に大事なのは、そういった状況じゃない普段の、何もない瞬間に思える事ですね!

一つのグループは目隠しをされたまま一緒に目的地へ進むゲームをやっていたのですが、一人だけ目隠しを外して指令を送る役割をもらったものの、『見えている自分』が『見えない人の気持ち』でなかなか指令を送れない事で、見えないメンバーの不安は大きく、パニックになっていました(笑) 見えているから何でもない道も、見えないメンバーにしたら一歩一歩が怖いのです。その不安を取り除くには言葉も工夫が必要だし、その様子はまるで『先の見えない選手を導くコーチの役目』でもあると思いました。どう言葉を掛ければ安心するのか?力になれるのか?そういう事を考えさせられながら見守りました!!
反対のグループも、与えられた課題に対して一人一人が役割を見つけ、工夫し、それらを繋げて見事に課題をクリアしました♪ 実質の制限時間はオーバーしていたようですが、そのチャレンジを失敗したら終わりね、という時に成功させていました!達成感も大きかったと思うけど、何よりも協力の仕方がうまかった!という印象。

これまでもファルコとしてこの研修は経験してきましたが、今回のように『各自が主役』になっている事はあまりなかったと思います。と言うか、そうしないとクリア出来ない課題ばかりなのです。当然、これまでクリア出来ずに終わった学年も多かったし、それは誰かが誰かに任せたりしていたからなんですね!今回大きな学びを得たのは、何かの課題に直面した際に必要なのは、

・各自のアイデア
・協力
・信頼する勇気

でした。これはそのままサッカーに繋がるだろうし、今日その事を自分が指導させてもらっている子供達から学べました!!
このプログラムは一日だったのですが、午前のプログラムまで帯同してから今中代表に任せて、午後は自分がマスターズの兵庫県代表の選考会に参加させていただきました!

今年40歳という節目を迎える自分はまた大きな目標に再挑戦しようと決めていました!日々のトレーニングはもちろん、子供達にまだ伝えたい事がたくさん見つかると思っています。いつもピッチの外からの視点だし、同じピッチの上から見えるものはまた大きな説得力に繋がる事もあります。その事も含めて自分自身が再挑戦しようと今回久しぶりに選考会に参加させてもらいました。サッカーを続けているおかげで広がった多くの繋がりに励まされ、応援をされ、こうして同じ場で切磋琢磨出来る事はとても有意義な時間でした!

まずはこの兵庫県の代表を目指し、兵庫県の為にがんばりたいと思っています!やっぱりサッカーはやるのが楽しいと強く感じたし、まだまだ動けるうちはがんばり続けたいと思います!つい先日、日本サッカーの宝であるカズさんは51歳の誕生日を迎えて今もプロで活躍されているのを考えれば動けない自分なんて言い訳でしかないはずです。その事を自身に言い聞かせて日々のトレーニングもハードにがんばれるようになってきました!一つのモチベーションとして自分を維持させていく為にもこれからもがんばりたいと思います!

子供達からもらった元気と勇気、自分も反対に与えられる存在になれるようにこれからもがんばりたいと思います!
2018/03/03のBlog
今日は早朝からファルコは鳥取遠征へ向かい、JFC...Sさん、Acrossさん、ディヴェルティールさんと一日交流させていただきました!!

今回の遠征にはスクール生にも声を掛けていきましたが9名のスクール生が参加をしてくれて一緒に最高の空気を楽しんでもらいました♪よく来させてもらっている場所ではありますが毎回違った環境を提供してくださる事で子供達も毎回新鮮な気持ちでサッカーと向き合える事が出来て本当に羨ましいと思います。澄んだ空、綺麗な芝生に、隣には壮大な日本海。上には大きな飛行機。山は見事に雪化粧した大山。こんな素晴らしい景色と環境の中で貸切状態で一日サッカーが出来る事を『当たり前』だと思っている小学生が多かったのは大きな発見の一つ。

何の苦労もせずに、いつも最良の環境を提供してもらっているのでしょうね。ありがたみよりも更なる希望すら求めてしまうぐらいの感覚・・・。そういう感覚を持つと、大事なものなど到底見えません。一生懸命にグランドの準備をしてくれる相手チームや中学生の姿を見ても自分達が遊ぶ事しか頭にない感覚。

大人が見るべき大切な部分だと感じました。。。
集まったチームで相談して、どういった形でやりたいか?を決めてからすぐに試合が始まりました!!

中学生は何度もお世話になっている事もあって、スピードを緩める事が出来るようになってきたけど、スクール生はとにかく前へ、前へ。それが悪い事ではないけれど『後ろにも横にも行けるけどね・・』って余裕や選択肢もあって行くなら問題ないけれど、結果的には『前しか見えていない』のが現実。視野の狭さ、考えの狭さが今日の交流から少しでも広がればいいな、と思う。

急がない、焦らない。
観る余裕と感じる余裕。

それがないとうまくサッカーが出来ない事が分かればうれしいですね!
小学生の距離を縮めるスピードの速さには驚きでした!!

あっという間に初対面とも仲良くなれるし、サッカーというスポーツの良さでもあると思います。ボール一つで狙いや目的を合わせたり出来るし、考えを言い合える。そういう中で繋がりも深まっていくし、午後の時間にはかなりみんなが仲良くなっていたと思います。昼休みを挟んで、坂口さんが練習を少しやってくださったのも大きかったと思います。どうしてそれらをやるべきか?意味を伝えながらやってくださるメニューは相変わらず勉強になるものばかり。

大人が勝手に理解した事であっても子供に伝わっていなければ意味がありません。その事を改めて気付かせてもらえたし、昼食をコーチ、スタッフで一緒にさせていただいた時にも色々な話、相談をさせていただいけたので本当にありがたい気持ちでいっぱいです。自分がまだまだ未熟なコーチなので、もっと知らないといけないし、それが出来た分だけ子供が良くなっていくので勉強はずっとやらないといけないって思うし、こうして外に出ないと分からない事だらけですね!
この空間ではいつも『自由』を与えてもらっています。

それは同時に『責任』も存在する事をまだまだうちのメンバー達はしっかりと把握出来ていません。常にあるのは『誰かがやってくれるだろう・・・』という思い。そして、『その真似をすればいいんだ・・・』という甘い考え。そういうのがハッキリ見えた時間。自由というのは使い方によっては楽しくもあるけど、逆に使えば『責任感が見える』という事。

『普段の自分=習慣』がそのまま出てくるので、隠せない自分が見える。普段はコーチに与えられた事をこなしているだけだから見えない、分からない事も、今日のような時間にはそれがハッキリ出てしまうのです。自分の気持ちがあるか?他人のせいに、他人に任せているのか?が。

だから客観的に見ている時間が面白く、自分自身の普段の関わりの足りなさを痛感させられます。
ただ、それら全てをひっくるめて『ありがたい』というのが素直な気持ち。

良いものだけを見せたいのではなく、『現時点で何が出来るようになり、何が足りないか?』を理解出来る事が一番の収穫です。

気付かせてくれる環境に感謝しかありません!どうして時間があれば来るのか?来るべきなのか?はグランドに答えがあるのです。楽しくて、夢中になって、最後は足がつる・・・(笑) 力をセーブ出来ずに出し切れる事もすごい事なのです。大会や試合で、緊張や疲労感で足がつるのは分かるけど、練習でこうなる事は珍しい。それぐらい、普段は自分の意識出来ない所で自然と緩めているという事。それが今日は出し切れたというのも環境のおかげだろうし、途中話をしたけど『学ぶ気があれば環境は自ら作れ!』という事。小学生に『合わせる=手を抜く』では、自分に何も残らない。何かにチャレンジ、何かを試す、何かを目指す。それがない状態では得られるものなどありません。

優越感?勘違いしてはいけません。それはもううまくなる事を諦めた人が浸るものです。上を目指す、自分を高める人間が持つものではないのです。

今日この場で、そういった大切な事を気付かせてくださった素敵なチームの方々に感謝をしてまたがんばっていきましょう!!