ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6369件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/01/09のBlog
[ 21:28 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターで西脇スクールでした!!

かなり夜は冷え込んだのですが、室内は風がない分全然マシでした。ちょっと周りで体調不良の子が増えてきているし、この時期からインフルエンザも流行ってくるのでいつも以上に体調管理をしっかりとしていきたいと思います。

最近つくづく思うのですが・・・・こうして毎日当たり前にサッカーが出来るってどれほど素晴らしい事か。。。健康で、がんばろうと思えばがんばれるのについつい色々な言い訳をしてサボってしまったり、手抜きをしてしまう自分がまだ自分の中にいるだろうし、そんな自分を少しでも減らしていける人生を送りたいと思う。それを誰かに、子供に要求しようなんて決して思いません。自分の為に精一杯がんばる事!ただし、子供は子供で、自分の中で何かを残せる時間にはしてほしいと思っています。
新年最初の西脇スクールという事もあり、いつもの『こんばんは!』ではなく、『明けましておめでとうございます!』の挨拶から開始する子も多かったですね!

こういう挨拶もきちんと出来るって大切な事です。昨日もたまたまファルコの中学生と『今週の祝日って何の休み???』みたいな会話にもなりました。どんどん知識、常識というものがなくなっていってる気がするだけに、人との繋がりは変わらないものであり、その中でのマナーとか常識みたいなものはずっと大切に出来る人間でありたい。たかが挨拶。でも、そういうのが当たり前に出来るようになりたいですね!
三学期に入ったし、よりボールを自分の思う通りに扱えるようにしていきたいですね!

ボールを大事にする、という言葉を感覚で理解してほしい。大事にする、というのは時に誤解を生むけど、何も使わずにずっと保管していれば綺麗な状態で保てるけど、そういう大事の仕方ではなく、『使う中で大切にする』というのが分かってほしい部分。

人に対しても『撫でる』と『叩く』は明らかに違う。その違いをボールに対しても持ってほしいのです。ボールを扱うというのは一方的ではなかなかうまく出来ないものです。ボールと対話、自分の体と対話出来るようになると自然と思い描く通りになってくる。そこに小学生の間に行き着いてくれるとうれしいですね!『あの子、ボールと仲良しだな~~。。。。』って言われる選手を育てたいですね!
上手さとは、人を見下す為の道具ではありません。

自分自身を納得させる為の手法と思ってほしい。どうなりたいか?を強く思える人間はそうなっていくだろうし、適当に描くと適当になる。だから、『僕は下手です。上手くありません。』と言う人間は『こうなるんだ!』と決めて努力をしていないからだと思う。常に基準を『他者』に向けているから誰かとの優劣でしか評価が出来ない。そうではなく、自分自身のイメージとの競争が出来るようになると努力する事が恥ずかしいという気持ちすらなくなってくる。ミスして、転んで、照れ隠しするような子が多いけど、それらもまだまだ他人との比較にあるからだと思う。自分との競争に精一杯の心を注いでほしい!
頭と心をいっぱい使って!!!

スクール中にはそう言います。ボールをとにかく触れ、なんて言ってる時期もあったけど、足で触ったからって頭の中が空っぽならいくら触っても自分の中に残らない事が分かったのです。だからそうではなく、頭のほうからサッカーを考える。

自分との勝負、という事でやればサッカー経験なんて関係ありませんからね!初心者であっても、『こうなりたい』は思えるのです。その姿へ向かう努力をする場所だと考えてくれればそれで良いと思います。各自の頭の中で描いた形、それを達成出来た時の心が動く喜びをどうか味わってほしいです!!

三学期もみんなの『自己肯定感』が少しでも増えるようにがんばりたいと思います!!
2019/01/08のBlog
[ 22:07 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!昼間は結構穏やかな天気で暖かさも感じたぐらいでしたが、夜になるとやっぱり寒かったですね~!!

新学期も始まり、また各自色々と決意を新たにがんばる時期でもあると思います。二学期に出来なかった事や次の学年に向けてやりたい事の準備など三学期は良い学年のスタートを切る為の大切な準備期間でもあるので各自計画を立てながら色々進んでほしいと思います!

練習前にも、合間にも、また個別の話が色々出来ました。昨日はスタッフミーティングをして、その時にも指導についてお互いの意見を出し合って本当に良い意見がたくさん出たミーティングとなりました。コーチ一人一人が選手の成長を心から考えてくれているからこそ出してくれる意見を参考にしながら今日も現場で対話をしながら、選手自身にまずは理解をしてもらう事を強く意識してやっていきました。
やっぱり選手はコーチの、大人の言葉には敏感になってしまうので、こっちがそんな気がなくても受け止め方が大きく、深くなってしまう場合が多々あります・・・。

だから選手同士で行う試合なんだし、もっと選手同士で日頃から色々きちんと言い合える関係にしないといけない。どちらか一方的ではなく、もちろん各自の資質みたいなものもあるから先頭に立って引っ張るタイプもいれば、自分の責任を全うする事でついていくタイプもいれば、盛り上げるタイプもいる。そういう個々の特性が出るような状況を普段から作っていける、出せる、だそうと出来るようにしなければ、と感じています。

試合だけで見えた結果が全てではないけれど、やっぱり試合という場でみんなは色々な事を評価されるし、自分自身もしたいと思う。だからこそ、その試合という場に向けての日々のトレーニングだったり時間をいかに大切に出来るか?をもっと真剣に考えないといけない訳です。
今日も技術面についてはしっかりとリフティングの中で確認をしてもらいました。

やりたいけれど足りない部分に気付きながらも、『足りない』という発想ではモチベーションも上がらないから目の前の小さな目標を立てて、それをクリアしていくという考え方をしてもらうようにしました。

10回ならば、11回にする、12回にする。小分けだけど、達成していくという実感が彼等には大切だと思っています。目標は?と聞くと、どうしても選手は『50回』とか『100回』みたいに答えるけれど、そうではなく前向きに次の目標に向かえるように小分けの目標も絶対に大切だと思います。
さらに、持っている技術をもっと有効に活かす為の『シンプルなプレーも出来る選択肢』を増やしていこうという狙いを持っています。

パスが出来るから、シンプルに出来るからドリブルや細かい技術が活きるという考え方。ドリブルしかしない、ではバレる。もちろん技術にとことん特化してバレても突っ切れ!!というのも一つの考え方だろう・・・。だけど、サッカーとはやっぱり一つの正解がないから面白いんだと思う。うちのチーム、うちの地域に合ったやり方、考え方を見つける事が『最良の方法』であると信じたい。強い、結果の出ているチームの真似をすればそれで良い、という程単純な、甘いスポーツではない事はこれまでも何度も経験してきている。

だからオリジナルの形、自分達だけの形を手に入れる為にも『選択肢』を持たせる事はやっぱりやりたい。その上でドリブルが好きならばとことんやればいいし、そこまで止めるつもりはない。ただ、必要な時に必要な事が出来る、というのはやっぱり良い選手の証だと思うから、そうなる為のヒントと言うか材料にしてほしいと思います。

最後のゲームは良い雰囲気の中で、お互いに意見や刺激を与えながらやれていたと思います。コーチが離れたほうがうまく出る事もたくさんあるんだな~とまた勉強になった。自分自身まだまだだけど、みんなと一緒にがんばる覚悟はあるのでこれからも一緒に良いチーム作りをしていきましょう!!
[ 21:46 ] [ スクール活動 ]
今日から新年のスクールが再開!加美スクールからのスタートとなりました!

元気に全員が集まってくれたというのはスタートとしては最高だったと思います。二学期までやってきた基盤を大事にしながらも三学期はそこからさらに一歩進めるようにまたがんばっていきましょう!!

スクール前にまたゲームからのスタートをしましたがみんなそれぞれやりたい事が出来るようになってきたかな?うまくなったな~とは思うけど、自分自身が納得しているかどうか?は別の話だろうから、自分のなりたい形にまで持っていけるようにがんばろう!!
三学期は力を抜くと言うか、伝え方が難しいのですが『余計な力を抜く』という事をよりこだわっていきたいと思います。

自分自身、ずっと小さい頃からサッカーをやっている中で『もっと顔を上げろ!周りを観ろ!』って言われてきたけど、今思えば○○しなさい!は出来ないという事。やらされる事だから余計に出来ない。それが今になって周りを自然と観れるようになってきたのはどうしてか?を考えれば『心の余裕』だと思う。それがあれば誰だって周りを観れるんです。観なさい、と言われなくてもね。

それなのに、よくコーチが『顔を上げろ!』と言ってしまう。。。その結果、顔だけ上げて何も観ていない(観えていない)現象が起きているのです。
なので、この三学期は自分自身が逆の発想と言うか、『観る為に顔を上げなさい』ではなく、観えるようにするにはどうしたらいいだろうね?というスタンスでやっていこうと思う。

その延長と言うか、ドリブルもリフティングも『やりなさい』の形ではなかなか習得出来ないので、どうすればうまく出来るだろうね?を増やしていこうと思います。

今日はドリブルで相手を抜く時にどうすれば抜けるのか?を考えてもらった上で、『相手にやりたい事を教えない(見抜かれない)』事をテーマにやっていきました。
右に抜きたいならば右へ行こうとする気配を出さない事。

蹴るぞ!と見せかけて蹴らないという事。

相手の心理の逆を突くって事になりますが、そこをイメージしてやってもらうようにしました!柔らかい頭と体のみんなはどんどんそれを積極的にやってくれていました!自分の頭の中にやりたいプレーがイメージ出来るってとても大事だと思うし、それがいずれはチームの武器となっていくに違いない。だから自信を持って磨いていってほしいと思います。
自分のイメージ⇒相手がいる中で⇒ゲームの中でという流れで通用するかどうか?まで試してもらうようにしました!

うまく出来たかな?みんなの頭の中の事なので、正解はみんなが決めてくれれば良いと思う。コーチとしてはみんなが前向きに色々やろうとしてくれていた事、積極的にプレーしている姿を見れた事で良い時間だったと思っています。成功する、失敗する、だけで判断するのではなく、何をやろうとしたのか?どうしてそれをしたいと思ったのか?そういう事もよく考えてやっていけると自然とプレーは意味を持ち、チームの為になっていくと思う。

相手の逆を突くから面白い!という考え方がこの三学期で持てるといいですね!!ゆっくりやっていきましょう♪
[ 13:46 ] [ キッズ活動 ]
今日は新年最初のキッズ活動♪

芳田こども園さんでのサッカー教室でした!3回目になる事もあり、こども達も元気に迎えてくれました♪

10回の回数を依頼されているのですが、自分はその10回で何を還元出来るか?を考えます。せっかく与えてくださった機会を自分の為だけではなく、この園に、こども達にいかに還元出来るか?を考えた時にやるべき事は『運動が好きになる』とか『外遊びが好きになる』事は大きな目的にあると思います。そして、小学校の体育授業の際にもいつも考えている事で『何か教室にも活かせるように』という事で、『ルールを守る事の意味』を伝えていこうと自分の中のテーマにあります。
大人になっても他人の気持ちを考えられない、自分勝手な人間は多くいます。

でも、それは大人になってから考えようとしても出来ないだろうし、幼少期にどれだけの経験をしてきているか?何を学んで大きくなったか?で決まると思います。体の事に関しては『ゴールデンエイジ』と呼ばれる色々なものが身につく時があります(小学校の4年生~6年生)。でも、心とか内面的な部分はもっと小さな年代で身につくのです。

言葉で表現は出来なくても思いやるとか、優しいとか、譲り合いとか、手伝うとか。言葉ではなく、それをすれば相手が喜ぶし、自分もうれしくなるという経験をして大きくなるとやっぱり心が豊かに育つと思う。だからこそ、この年代に関われる以上はそういう部分を意識して『自分が楽しくなるように、そして友達がいる事を楽しいと思えるように』という事を考えてやるようにしています。
そこで、今日は最初に『ルールというものをどうして守るのか?』をみんなで考えてからスタートしました!!

ルールとは怪我を未然に防ぐ意味もあるし、何よりも『楽しくなる為の条件に』という意味も強いと思います。だから、ルールを守るのは『守らされる』ではなく『みんなが楽しくなる為にやるべき事』と理解出来るようになってほしい。そして、最初のメニューは『自由に遊んでいいよ♪』という事にしました。

ただし、ルールとして、
①ボールを使う事
②友達の嫌がる事はしない
③運動場で遊ぶ

という3つだけ守るように話してやってもらいました。それぞれに考えてコーンを倒したり、ゴールにシュートしたり、ボール着きをしてみたり、コーチに当ててみたり(笑)、コーンの上に乗せてシュートしてみたり・・・。色々出ました♪
この『自由』を大切にしてほしい。

そして、自由の中にはルールを守る責任がある事も同時に分かってほしいのです!それをすれば本当に何をしても楽しくなるものです。

多くの子は自由な時間にコーチである自分に『見て~♪見て~♪』と披露してくれます♪自分が出来る事を認めてほしい。その気持ちはこの年代の特徴だし、自分もそれを全て認めるようにしています!ちょっとした事が大きな自信に繋がる事も多いので、掛ける言葉も大事になってきます!

それぞれに工夫した遊びをしてもらってからは全体でドリブル遊び、鬼ごっこをやってもらい最後はコーチと試合をして終わりました!
3回目になって、みんな周りを感じ始めてきたな~っていう印象です♪

自分一人じゃないという事。友達がいるという事。相手がいるという事。

それが感覚的に分かってきているのは大きいと思います!だから『喜びの共有』が出来るようになってくるし、それが出来ると本当に人生の大きな喜びを手に入れると思います。自己満足、自分だけの世界観、価値観がどうしても大きくなっているこの時代の中で、やっぱり社会=人との繋がりの中での喜びや価値観も手に入れてほしいと願います。その為に、この年代の時にこそ『友達っていいね!』という事を知ってほしい。

今日はとても穏やかな天気でポカポカでした♪

今日のこども達はどうだったか????

『え~~もう終わり~~~???もっとした~~~~い!!!』と言ってくれた言葉が全てだと思います!残りの時間も全部そう言ってもらえるように楽しみたいと思います♪

芳田こども園さん、本日もありがとうございました(礼)
2019/01/07のBlog
[ 17:02 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
昨日は早朝から奈良県で兵庫SCの試合がありました!

自分は昨年はこの大会が終わってから選考会を経て兵庫SCさんに加入させてもらったので知らなかったのですが、毎年行われている大会のようです。

関西フェスティバルという事で関西6府県の総当りをする大会で新年早々に40歳を越えた方々が早くも熱い戦いをしているという事に驚きです!!!自分はこの北播磨地域で育った事もあり、文字通り『田舎地域』なので色々な事に無知でした。アミーゴに所属をして北播磨リーグを戦っていても、もう30歳を越えればベテランとなり、ほとんどが引退、もしくは2部で楽しくやる程度、という事になります。

でも阪神地区に出てくれば本当に40歳を越えた方々でも毎週のように試合をされているし、若いメンバーと何も変わらずに週の中でも練習をされて努力をされているのです。
そういう姿を観させていただき、昨年の40歳になるきっかけで神戸市リーグにも登録させていただいてから本当に試合がたくさんあるし、サッカーをまた真剣に出来る機会をいただきました。

そして、周りを観れば自分なんかよりもっともっと努力されている方々ばかり・・・。だから自分が改めてがんばらないといけないって思うようになりました。そんな自分も昨年はありがたい事に関西、全国大会を経験させていただく事も出来て、本気で戦う諸先輩方に囲まれながら本当に色々と勉強になりました。チームの中で何の役にも立てないままに終わってしまった大会でしたが、やっぱりそれだけ甘えられる環境でサッカーをやっていたんだと痛感させられました。

だから、今年はもっともっと自分自身を厳しい環境に身を置いてがんばる、努力をするという当たり前の事を当たり前にやっていこうと決めました!
教えている子供達からも多くの刺激を受けているし、自分もがんばろうと思います!

関西フェスティバルでは、初日の昨日は滋賀県と京都府との対戦でした。自分は後に用事があったので最初の滋賀との試合だけになったので、気を遣っていただきフル出場させていただきました。シニアリーグは全て25分ハーフでやってきていたのですが、この大会は30分ハーフだったので(全然知らずにいました・・・)いつもより長く感じたのは気のせいではなかったんだと後で審判をしながら知りました(笑)

朝一の試合だったのですが、新メンバーも加入されて一緒に試合もさせてもらったのですがやっぱりうまい!!頼りになる先輩方とはまた違う新鮮さがあって、同じサイドでプレーしながら刺激を受けまくりました。

このゲームは先制されたけれど逆転して勝利する事が出来たし、新年最初のゲームを勝利で終えられた事は良かったです。相手に嫌がられるプレーをするのが今年の目標!また一年間しっかりとトレーニングをしながら元気にがんばりたいと思います!
2019/01/05のBlog
[ 13:59 ] [ 練習の様子 ]
今日は練習を行いましたが、新年は初蹴り、大会というスタートをさせてもらったので、チームのトレーニングは今日が最初となります。

そこで、『一年の計は元旦にあり』という言葉通り最初の決意を言葉にしてもらう事にしました。毎年一年の終わりに今年を表す漢字という事をされますが、終わってからの振り返りではなくこうするぞ!という決意表明をしてもらう事にしました。

一つの文字に自分の思いを詰め込んでもらうように自分が持っている一番太い鉛筆を使って今日は各自なりの思いを書いてもらいました。体調不良も出てきた事もあり全員が揃っては出来ませんでしたが、まずはここにいるメンバーが今日という日の過ごし方から少しでも変えてもらえるようにやってもらいました!
そこからグランドに移動をしてトレーニングを行いました。

数分前に決意を書いてグランドへ移動をしてスパイクを履いて・・・という時点で頭の中はリセットされていました。もう目標なんて頭から離れていて、『いつ練習が始まるんですか~~・・・』と言わんばかりに遊んで待ちぼうけ状態でした。

その様子を観て集合してもらい、

『コーチが今何を言いたがってるか分かる?雰囲気から感じてごらん。』

と聞いてみましたが分かりませんでしたね!
グランドに来るという事が自分を変える、高める時間である事の自覚がまるで感じられない。何の為に目標を書いてスタートしたの?

一番になりたいと書いた子がグランドに入って準備、行動、プレー、全部一番なの?周りを観ると書いた子が見えているの?技術高めたい子がボーっと立ってていいの?仲間を助けたい、仲間と協力したいと書いた子が一人で好き勝手やってていいの?

みんな口だけになっているよ、という事から気付いてもらいました。
今日はOBも顔を出してくれました。

せっかくの機会だったのでみんなにも話をしてもらいました。ずっと苦労してきた経験をしてきたOBの言葉は色々な響き方をしたと思います。それをまたどう活かしていくか?が大事になってきますね!

練習ではたかがリフティング、たかが太もも、インサイド、アウトサイド、ヘディングという種目をやりましたが、明らかにいつもとは違う自分に出会えたのは分かったでしょうか?勝負をする事、隠さない事、向き合う事、目指す事、変えたいと思う事、そういう色々な感情、思い、考えを意識しながらやる事で違う自分に出会えたのです。
OBとも話をしながら本当に気付かされる事ばかり・・・。

『今』伝えたい事は『今絶対に伝わらない事』。

大切な事とは先で気付くという事。

本当の喜びは好きな事だと認識出来ても苦しくて仕方がないという経験をしなければいけないという事。苦しいとか、嫌で逃げ出す人間は本当の喜びには出会えない事。起きた結果ではなく、そこへの取り組み方、向き合い方が全てであるという事。

自分の課題のインサイドキックの精度があるとする。色々やってみたが、やっぱり同じ課題に戻る事がある。でも、悩んで、色々試したりやってみた上でまた同じ課題に戻る事は同じに見えて同じじゃないという事。どんな気持ちで向き合っているか?に違いがあれば同じ事をやっても全然意味も価値も違う。目には見えない事だけど、自分の中で変わったと思える実感があればそれでいい。逆に、そう思えるようにならないと自分という人間が成長する事はない。

タイミングは人それぞれ。だからこそ、今日変われる子、明日変われる子だって出てくる可能性はあるし、それがコーチをしている楽しみでもある。教え子の存在はありがたいと改めて思った今日。目の前の選手達もいつか『教え子』になる訳だから、大切に思う気持ちを忘れずにこれからもがんばりたいと思います!
2019/01/04のBlog
[ 20:04 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からフレスカ神戸さん主催の大会に参加をさせていただきました!

元々FC志染さんが参加をしていた大会だったのですが、初日の今日だけ参加出来ないという事でうちが参加をさせてもらったという形です。大会には主催チームと参加チームがもちろんありますが、その大会で『類は友を呼ぶ』という言葉がピッタリ当てはまる事が分かります。フレスカ神戸さんは兵庫県内でも随一の結果を残しているチームでもあるので交流されているチームの全てが全国区のようなレベルでもあります。なので、今日対戦させていただいたチームも滋賀県のFC湖東さんと富山県のエヌスタイルさんというチームで、どちらもすごくしっかりとした技術、サッカー慣れしているチームでした!こうしたチームとの交流も様々な選択肢がある中で大変有意義な一つの時間だったと思います。
とは言え、相手がどうであれ大事なのは我々が何が出来るか?何をしようとするか?なので、そこをしっかりと各自でこだわってほしかったし、アップの時間にはまた個別に色々と話をしていくようにしました!

みんなには今日という時間を大切にしてほしい。何が起きるかは分からないけれど、何が起きても自分自身の成長として受け止めてもらいたいのです。心を動かす経験・・・・『感動』という事をもっともっとこの年代にしておくべきだと思っています。その為の最低条件は???

全力プレーである事です。そこから始まるのです!
今日は2試合。素晴らしいグランドでの試合ではあったのですが、我々田舎育ちのメンバーは、芝生のグランドに足を取られまくっていました(笑) 弱いと言えばそれまでですが、状況に応じた事をしなければならないって事を実感出来たのではないでしょうか?!

立ち上がりに『何が起きても大丈夫』というやり方をしない(出来ない、のほうが正しいかな?!)事により、序盤の失点が多いうちは今日の2試合も早々に失点しました。気が抜けているとか、油断しているとか、集中していないとかではなく、単純に『色々に対応する力がないから』だと思います。こういう部分も細かく狙っているチームがたくさんいるという事と、ちょっとの失敗がちゃんと失点に繋がってしまうという重みを理解出来るといいですね!
ただ、ボールを持った時の選択肢とか、プレーは時折『お~!!』と思わせてくれるみんなの良さが随所に出ました!

前向きにやろうとする事が一番大事だし、それがうまくいった時だけではいけないのです。うまくいかない時にこそどう考えるべきか?何をすべきか?が一番大事だし、そういう意味でも今日は2試合でしっかりとそこが見えました。最後の試合後に全てが出ましたよね?それが分かりましたよね?残って話をしたメンバーには伝えましたが、『悪い』とかではなく、『心を使っていく事』をする大切さを伝えました。行き当たりばったりではなく、その時、その場で何を思い、何をするか?何を周りの為にやるのか?をもっと真剣に心を動かさないといけないと伝えました。
毎日変化が起きる素晴らしい年代のこの子供達と関われる時間はとにかく全てが素晴らしい!!

いわゆる良い事だけではない。嫌な事だってたくさんあるだろう・・・。子供にはウザい、嫌いな大人になる事だってあるだろう・・・。でも、真剣に向き合うからこそ成長の場面にいつも出会える。今日だけでも変わったな~、変わろうとしているな~と思う子がいっぱい見えた。こんな素敵な日々を過ごせる事に感謝しかない!

アップの時間⇒気になる選手と対話。
試合の観察、審判、副審、フル活動の中で行き届きにくい部分もあるけれど、本当に良い距離感で見れる事が増えた。待てる大人になれたからこそ成果が多く見えるようになった。我慢が出来なくて、ついつい言ってしまう事が多くなってしまうけれど、我慢出来た分だけ子供は何かに気付いてくれる。子供は本当にすごい!!!楽しみ!!

主催してくださったフレスカ神戸さん、対戦してくださったチームの方々、応援してくださった保護者の方々、ありがとうございました(礼)
2019/01/03のBlog
[ 14:42 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝から新年最初の活動!!

ファルコの初蹴りという事でしたが、この正月休みはあちこちで色々なOB戦なども行われているのですがファルコも今日行いました!最初のサッカー活動という事もあるのでスクール生やファルコ生にも声を掛けて集まってもらいました!

3年生も参加してくれたし、怪我でしばらく会えていなかった奏汰くんも元気そうな顔を見せてくれたので良かったです!こうしてまた新しい一年がスタートする訳で、それぞれがまた違う場所だったり、違う目標を持ってがんばる事になると思う。そのお手伝いがファルコとして少しでも出来たらうれしいし、ずっと今年も子供達に寄り添ってがんばりたいと思います!!
せっかく多く集まってくれたので、控え選手などなしの一斉サッカーをやりました♪

一個ボールがあれば、これだけの人間が楽しめる。競争出来る。喜んだり、悔やんだり、中学生が小学生に気遣いしたり、小学生が中学生を驚かせたり、狙いを合わせたり、共有したり・・・サッカーとは人生に必要な力を磨ける力があります。その素晴らしいスポーツに触れ合えているみんなには、サッカーへの感謝も忘れないでほしいと思う。

好きな事が出来る喜びと同時に、させてもらえる喜び。当たり前なんかじゃない事も含めて感謝を持ってサッカーが出来るようになれば、きっとみんなそれぞれの人生で成功すると思います。
試合は時間をあまり気にする事もなく、ただ選手達の空気を大切にしたいと思いました。

特に自分から関わろうとする子が損をしてほしくないという事。残念ながら『指示待ち人間』にはチャンスはないと思ってほしいし、楽しくなかったとするならばきっと自分からのアクションがない人だと思う。ファルコとしていくら関わりを持ったとしても、残念ながら人としての受け止め方は様々であり、万人に当てはまる方程式などありません。でも、ファルコとしての信念みたいなものはスタッフ同士でも細かく確認をしながら貫いていますのでみんなを楽しませる事はハッキリ言って不可能です。

ただ、勘違いしてほしくないのは自分からやろうとしている子にまで得るものがないような状況にはさせないという事です!それだけはハッキリと言えます。
うまくいく、いかないも含めての経験を持って成長していきます。

この一生の中で、とても大切な経験が出来るこの時期だからこその関わりとか、成長とか、対話とか、考え方とか、本当にしっかりと伝えていきたいと思います。

そう考えた時のこの中学3年間はとても短いし、子供達に大切な事を伝えきるのには時間が足りません・・・でも、ほんの少しでも、ちょっとでも何かが伝えるきっかけになればそこから先は子供達が自分で広げていくと信じています。子供達の人生に関われるという事のありがたみをずっと忘れないようにこれからもがんばっていきたいと思います!
笑顔いっぱいの時間はあっという間に終わりました。

みんな懸命のプレーをたくさん見せてくれたし、うまくいったプレーも、うまくいかなかったプレーも、全てがキラキラしていました♪

今年も自分個人の目標をしっかりと立ててその目標を達成出来るように、達成出来なかったとしても『全力でチャレンジが出来た!』と言い切れるような、そんな精一杯の一年を過ごせるようにがんばってほしいと思います!

みんなが良い一年だったと言えるように自分も精一杯がんばりますのでよろしくお願いします(礼)
2018/12/31のBlog
[ 19:19 ] [ FC FALCOとは‥ ]
FC FALCOは2019年度からの新入生を募集しています♪

対象は現在の小学6年生、中学1年生(若干名)です!

ファルコに入会する為にはセレクションではなく、
①サッカーが好きである事
②サッカーがうまうまくなりたいと思っている事
③サッカーを通して仲間作りをしたいと思っている事

上記の3つの条件に当てはまる事が条件となります。この条件を持っているならば、どんな子でもOKです!毎週火曜日、木曜日、金曜日、土日祝日を活動しています。

まずは体験練習会に参加、見学してもらえばと思います!

日時:11月30日(金)、12月7日(金)、14日(金)、21日(金)の19時~20時半まで(90分)

会場:ガルテン八千代グラウンド

持ち物:サッカーの出来る服装、レガース、スパイク、あれば各自一個ボール、着替え、水分となります。

上記以外の日でも連絡をいただければ随時受け付けておりますので気軽にご連絡ください!!

尚、入会に伴う説明会は平成31年 1月 13日(日)の19:00~多可町中区アスパル(多可郡多可町中区岸上281-51)内の研修室にて行います。

この説明会の当日までに入会をいただけた方には特典としまして『1stユニフォーム支給』を行っています。また先着順にユニフォームの背番号も決める事が出来ますので、興味のある方はお早目にどうぞ♪

お問い合わせはこちら↓↓↓

携帯:090-5096-7003
メール:fc.falco@docomo.ne.jp
監督:祐尾 昌和(ゆお まさかず)



あっという間に過ぎてしまう中学3年間を一緒にがんばり、楽しみ、考え、有意義な時間に出来ればと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします(礼)
2018/12/29のBlog
[ 14:57 ] [ FC FALCOとは‥ ]
昨日は朝から三木防災公園の素晴らしい芝生のグランドで今年の蹴り納めをする事が出来ました♪

毎年一年の終わりというものはやはり感慨深いものがありますが、今年はこうして良い環境で最後の活動が出来るという事もみんなのがんばりのご褒美なのかも知れませんね!寒さが厳しくなっていたので朝も昼間も雪が降ったりやんだりの天気ではありましたが、芝生のグランドなのでそういう天気は関係なくみんなが楽しめる環境であった事にみんなも感謝の気持ちを持ってほしいと思います。
午前中はファルコだけでの貸切状態だったので、みんなで思い思いのサッカーをしてもらいました!

存分に遊んでもらって、最後はみんなでゲームをするという形だったのですが、守備陣のメンバーにだけはスライディングのやり方を少しトレーニングしました。守備陣の武器、というとなかなか思いつかない子が多いのですが、最終兵器としてこのスライディングは各自が自分の中に持っておいてほしいのです。あると思うだけでもがんばり方がまた違ってくるだろうし、細かい部分も含めて一緒にやりました。今後、この形を自分でさらに工夫したり、改良したりしていく事できっと本当の武器となってチームを助けてくれると思うし、どうやって使っていくか?は楽しみですね!
時折、強い雪にも見舞われたので強い時間帯は前が見えないぐらいでした!

でも、また一気に晴れてくるなど冬らしい天気だったし、晴れた時の日差しは強かったのでスキー場にいるような感じでしたね!

お昼休みを挟んで午後はFC志染さん、東条中さんとの合同チームさんとの練習試合をして締めくくりました。一年の最後を試合で締めくくれるのもありがたいし、こういう協力をしてくださるチームの方々のおかげだと思います。怪我だけしないように、気を張ってもらって最後みんなでがんばる決意をして試合をしてもらいました!
25分ハーフで行いましたが、みんな精一杯がんばってくれていたと思います!

ですが、『がんばっている』と『出来ている』が違う事は明確に分けてほしいと思う。ベンチになるのが嫌だから、という意味ではなくスタメンとしてチームの力になりたい!とまず思えるかどうか?発想自体がマイナスな子がとにかく多いけど、プラスの発想でがんばれる事が『ポジティブ』という意味だと思います。『前向きにならないと!!』みたいに義務感のような気持ちでがんばる事ではなく、どう考えれば前向きにやれるか?を考える事。その力がまだまだみんなには不足しているから、ちょっとうまくいかないと『やっぱり俺はダメだ・・・』という捉え方をしてしまう・・・。何度も言いますが、『今』がダメなのは関係ない。みんなに大事なのは、今の向き合い方によって未来を変える事なんだ!だからダメだ・・・じゃなく『どうすれば未来の自分が良くなる??』と考えられるようになるといいね!
対戦してくださったFC志染、東条中さん!ありがとうございました(礼)

その後、みんなの送迎を終えてからはスタッフの忘年会もやりました♪良いスタッフに支えられているからこそ、良い活動が出来る。子供を育てるという事に関して各自の思いを、本音を言い合える事はとてもありがたいし、素晴らしい事だと思う。誰かの思いだけに合わせるチームではなく、誰かと誰かの思いが混ざり合って良さが出るようなチームでありたい。我々スタッフの連携は本当にどこのチームにも負けないと自負出来るし、そう思わせてくれるスタッフの協力には感謝の言葉しかありません。

ただ、手伝ってくれている、ではなくうちのスタッフは『自分自身も良くなる』事を常に考えてくれているという事。だからこそ熱い話が出来るんだと思う。このスタッフとまた来年も、ずっと先も元気にがんばっていきたいと思います!!

FC FALCOに関わってくださった全ての方々、一年間本当にありがとうございました(礼) 

また来年もよろしくお願いいたします(深礼)