ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6369件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/03/08のBlog
[ 23:40 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習はファルコとエリート塾の合同練習でした!!


一日のきっかけで変わる子もいれば何日経っても変わらない子もいます。

違いは何でしょうか?
違いが分かりますか?

大人の方々にも考えてほしい事です。

『何度言ったら分かるの???』は子供が悪いのでしょうか???

何度も言わないといけない状況を作っているのはどちらでしょうか???
日々、足りない脳ミソをフル活動している自分。

答えなんて分からない。目の前の子供が暗い表情をしたら『悪い指導』になりますか?

いつもニコニコしている人のほうが自分は違和感があります。もちろん、色々経験してきた結果、わざとニコニコしようとしている人は別です。理由があるかどうか?です。

言葉一つで受け取り方は変わってくる。逆に言えば同じような事でも一つ言葉を換えれば伝わり方が変わってくるという事。そこに多くの意味や価値を考えられる大人になりたいと自分は思う。

性質、性格というものは簡単には変えられない。だからこそ、その部分ではなく、こんな自分の性格だからこういう言い方をしよう、みたいな事をしなければならないと思う今日この頃・・・。
試し合いが出来る。話し合いも出来る。

確実に一歩ずつ成長してきている君達へ!!

『認め合い』

が全くないという事実。

俺が勝った、俺のほうがすごい、そういう気持ちは大事だし持っても良い!だけど、それだけではチームスポーツは絶対に勝てない理屈。

所詮は仲間、チームメイトと言っても『他人』な訳で、その他人を認められるかどうか?信じられるかどうか?が勝利には大きな要因になってくる。
そして、認め合える為にも、まずは『自身を認めなさい』という事から我々は始める。

弱い部分、うまく出来ない部分も含めて、だ。良い所だけではない。その現状を理解出来ていない子がほとんど。

そうなると何が起きるか???

『チャレンジなんて出来ない』という理屈に至る。結局チャレンジという前向きな事は自分の現状を理解し、その上での目標設定が出来た時に行える行為だという事だ。

いくら外から、周りから、『もっとチャレンジして!』と言っても、自分自身を認められない、知らない人間には絶対に出来ないという事が本日理解出来ました。
口だけでついつい言ってしまう言葉・・・。

要注意ですね!本当に考えないとプラスになってほしい願いと真逆の結果に繋がる事が多々あるという事。

小学生から学べる中学生。中学生から学ぶ小学生。

全体的には色々良い空気が漂っているのですが、個別に目を向ければ気になる事だらけ・・・。ある意味職業病ですかね(笑)

子供達は日々を『過ごしています』というのが今の状態。

『生きています』に変えたいね!!チャレンジ出来る人を育てたいですね!!
2019/03/07のBlog
[ 22:05 ] [ 練習の様子 ]
今日のトレーニング!!

小学生も一緒に混ざってくれました♪グランドが水びたしで使えない中でしたが、管理人さんの好意により、照明を点けてくださったので横の坂道という最高の遊び場でトレーニングをする事が出来ました。坂道って歩くだけでもトレーニング。走ればもっとトレーニング。そこをリフティングしていく事を今日はみんなで取り組みました!!

照明があったのですが背中に受ける形なので、体の正面にボールを隠した状態になるとなかなか見えない状態です。それこそ感覚の優れた子、そして集中力の優れた子にしか出来ない形となるのですが・・・・

楽しみながらのスタート!!
楽しみながらで良いんです!!何でも始まりはそれで良いでしょう!!

ただね、途中で2年生は十分分かってきたでしょ?楽しいだけじゃ楽しくないという本質を・・・。プレーの先頭を行くのは1年生!口だけは『俺が抜かす!!』なんて言ってるけど、段々目標も下げ、挙げ句の果てには足の引っ張り合いの2年生。一緒にやっていた自分も呆れてしまったので途中からは2年生とは会話もしません。それよりも黙々とがんばる1年生の一部とはもっと良くなる為の話をひたすらやりました。

その空気を微妙に感じ取った2年生は『どうするのかな?』と観察していると、

『コーチに怒られないように』

という見え見えの態度で『僕は一生懸命やっていますよ』オーラを出してやっている程度。浅はか過ぎるから速攻バレる。
もういいよ。やるだけ時間の無駄だから!

と一旦止めて厳しく聞こえたかな?それでもコーチにすれば当たり前の話をしました。

先日のリーグ戦にも敗戦し、自分達には『足りない部分が多い』という自覚をしておきながら、またその試合にスタメンじゃなかった時に毎回気持ちを聞くのですが、『悔しいです』なんて言っておきながら、いざ努力をすべき、努力に差が出る時になればヘラヘラ笑って楽しい時間『のみ』で終えようとする軽い気持ちの行動。

それじゃ結果が変わらないのは当然でしょ?今だって現時点自分達よりもうまい1年生がいる事を素直に認めて、そこはアイデアとかコツをもらえばいいじゃん?一年先に生まれただけで、それだけで上とか先輩とか、そんな余計な所だけ威張ってるから成長しないんだよ!!と強く言いました。
今日やって、今日変えなさい、じゃない。

今日やって明日の自分を変えようという意識が必要。どうせ今日だけがんばっても・・・というのがやらない人間最大の言い訳。やらないからそれを言う。

そして、もう一つ!!!

ストレスとチャレンジの違いを分かるかい???

全く言葉自体が違うように聞こえるだろうけど、その違いをきっと理解していない子が多い。そもそも『チャレンジしなさい!』という言葉だけでチャレンジ出来る子なんていない。過去の受けた指導だったり、環境によって出来る子、出来ない子はいる。だったら出来ない子って何だろうか??と考えた時に、『やらされる事に慣れた人間はチャレンジが出来ない』という事です。いつも指示待ちだから自分からのアクションを起こさない。つまりチャレンジ出来ない人間がたくさんいるのが現状。

自分で自分にストレスを掛けられる人間こそがチャレンジが出来るという事なんです。そして、その人にとってはそれをストレスと感じないで『挑戦』と呼ぶ訳です。この違い分かりますか?圧倒的にファルコの子はチャレンジ出来ない子が入会をしてくる。常に指示を仰ぐ習慣になっている。それをたった2年間半で変えようというのは本当に骨の折れる作業でもある。ただ、そこにやり甲斐を感じているのも事実。

誰かに言われてからやる事なんて何の成果にもならない。自ら獲得してこそ意味と価値が出てくる事に早く気付かないと本当の楽しさなんかに出会えるはずもない。結局今の多くの子が思っている『楽しい』は所詮は、『自分の都合だけ』の楽しさ。それは本当の価値はない。誰かを幸せにする、誰かの役に立つ事が本当の楽しさであり、喜びである事に出会う経験をしないとね!

今日が明日のきっかけになりますように。。。。

2019/03/06のBlog
[ 23:36 ] [ スクール活動 ]
今日はナイターで西脇スクールがありました!!

3月に入ると、小学校、中学校施設は卒業式の準備により体育館が使用出来なくなっています・・・。もちろん困ったな~と毎年思っているのですが、とは言っても出来ないものは出来ない。それが今までの形でした。

ですが、今年は中学校の格技場を借りる事が出来ました。予約は『サッカースクール』なので、貸し出す行政側も『ん?サッカー?格技場でサッカーやられると困ります』となります。なので、『サッカーはしません。約束します!』という事でお借りしたので、今日はその施設内にあった卓球台を使って卓球選手権大会をやりました(笑)
自分は体育科を卒業しました。文字通り『絵に描いたような真面目君』で学生生活を過ごしてきました。

違反など一切やっておりません。遅刻も、早退も、長期休業の時も。全く『遊んでいません』だったのです。サッカー一筋!!それをずっと『誇り』にしてきました。

だから、コーチを始めた最初の頃も『堅物人間』と言われるぐらい堅くて、周りの意見など受け入れる事なく、自分の育ってきた環境こそが『正義』と決めつけてやってきました(笑) 相当視野も考え方も狭かった自分・・・・。

そんな自分にとって『遊び』をやる人間はいわば『敵』でした。けれど、コーチを始めて20年!今は、真逆と言って良いぐらい『遊び』を推進している側です。
どうしてこんなに変わったのでしょうか???

間違いなく言えるのが『主役が自分自身から子供に変わった』からです。

余裕のない人間、考え方に幅のない人間の元で育つ子は同じようにそうなってしまうという事。堅い事が正義と信じ込んでいた自分こそが子供の将来の可能性を奪っていたという事に気付きませんでした・・・。だからこそ、気付いた時からコツコツと変わり始め、今は『もっと遊びなさい!』と言うし、遊ばないとうまくならないよ、と言います。

そんな心に余裕の出てきた自分の元では『子供の成果』ばかりが見えるようになりました!余裕のない人間の元では『短所・課題・嫌な部分』ばかりが見えるのです。そこに気付いた自分は『全部良いほうを観よう!!』という事になりました。
そうすると、本当に良い部分がしっかりと観れるようになり、子供自身に自信を与えられるようになってきたのです!!

今日の卓球大会も、サッカーじゃないからこそよく見えました。各自の良さ、遊びの大切さ、球技というものは通じるものがある事・・・。

うまい子はうまい!!これは勘違いしてほしくないのですが、『うまくない=下手』ではありません。うまくないという事は『分かっていない、分からない事』であるという事。つまり、うまいというのは『分かる』という事だと解釈してください!

だから、横で合間にはテニスボールのリフティングもしましたが、うまい子はここでもうまい!という事がハッキリ見えました。
かなり楽しんでくれました♪

サッカースクールをやった時より、何かがうまくなっていくかも知れません。遊びにはそういう可能性が十分にあるという事です!

卓球がうまい、とかサッカーがうまい、ではなく『うまさ』は共通しているという事が今日色々分かりました。そして、内面の部分もよ~~~く見えました!!第三者だからこそ見える確かな目を自分は今後も活かしていきたいと思っています。

今日の子供達から引き出せた『笑顔・アイデア・集中力・本気・遊び』という力をまたサッカーの現場にも活かしていこうと思います!!子供が子供らしく!!!

その為の大人である為に!!自分を整えていきたいと思います!!
2019/03/05のBlog
[ 23:03 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイターで練習の日でしたがFCシニアさんとの交流試合をさせていただく事になっていました!

ここ数週間、予定していたのですが天気が悪かったりグランドが悪かったり、テスト休みに入ったりで2月は出来なかったのですが3月に入って、今日は良い天気だったので良いコンディションで交流試合が出来た事をうれしく思います。

平日に社会人チームさんとの試合が出来る機会なんて他のクラブにしてもなかなかない事だと思うし、このありがたい機会を大切にしてほしいと思います!
まずは自分達の行動に意味を持てるか?を厳しく、細かく確認していきました。

何となく、とりあえず、こんな感じで・・・

という事でずっとやっています。その違和感があったので、最初に話をしました。本当に意味を持っているの?分かってやっているの?という事を2年生を中心に話をしていきました。2年生には『個』と『それぞれを繋ぐ何か』を求める事を言いました。

いくら個が大きくなったとしても、個と個が重なりあって必然的な状況が生まれるサッカーでは繋ぐ部分もかなり重要です。
最近、サッカーのトレーニングについて考える時によく思う事。

局面ばかりに目が行きがちな中で、その局面というのが流れがあって生まれているという事を知らないといけない。だから流れの中で何を思うか?何を発見するか?何をイメージ出来るか?が重要。トレーニングとはそういうものを磨かないといけないと思うのですが、ついつい『ボールを触る』事だけにフォーカスしてしまって、コーン並べてドリブルしてます。ひたすら、延々とリフティングをしています、というような事が起こると思うし、それらが試合に繋がらない事も分かってきました。

要するに、トレーニングとは個を磨きながらも、個と個を繋ぐ部分も同時に増やしていく作業を取り入れたものでないといけないと思います。
試合は20分を3本させていただきました!!

前回の1月の時には、何もかも完全にやられたい放題という感じでしたが今回は良い経験がしっかりと出来ました!1本目には相変わらず臆病な部分が出てしまい、常に後手に回った状態で主導権を握られ続けていたのですが、『誰かの為のもう半歩』が出るようになってきた2本目には失点をなくし、得点まで奪いました。そして3本目には疲れた中で『誰かお願いします・・・』の祈る子が増え、再びやられまくりの展開。

俺がやります!俺に任せなさい!というような強い覚悟が足りないと思います。せっかくこんな良い時間を提供してくださっている社会人の方々にも失礼だと思うのです。
お互いにメリットのある時間にしていきたいと思うし、その為にもまずはどう考えてもやられる事のほうが多い君達が学ぶ姿勢を持たないといけないという事。

こんなにしっかりと相手してもらえる事、当たり前じゃないという事。その気持ちを持って今後も成長していいけるように、また相手をしていただけるようにがんばっていこう!みんなに失うものなんてないし、成長していく事しかない。その為の覚悟を持って、口先だけにならないように一人一人が日々の時間を大切に、本気で向き合ってがんばっていこう!!

平日の忙しい仕事の後に交流してくださったFCシニアさん、応援に来てくださった保護者の方々、本当にありがとうございました(礼)
[ 22:51 ] [ スクール活動 ]
今日の加美スクール♪

一人一人が特徴を見せ始めてきている中、一人一人の思いも出てきています。練習という場では何をやるのか?何を残せるのか?はかなり重要です。みんな同じ事を同じタイミングでやっても同じ成果が残る事はまずありません。

それよりも各自のタイミングで各自の思いを出して、残していけるほうがやっぱり大きなメリットがあると思うのです。

そういう場にしたいというスクールの時間。チームとして活動している訳でもなく、各自のチームに反映されるような事、もっと言えば普段の生活にも反映されるような事が少しでも伝わっていけばうれしいなと思います。
ちょっとずつ変化が目に見えてきました。

みんな共通して言えるのは『ボールを大切にするという感覚』が分かってきているという事。これは明らかに違いが出てきています。最初の頃は本当に『雑』でした(笑) ボールを蹴る、ボールを止める、ボールを触るという動作がとてもオーバーな感じで、そこばかりが強調されるような感じ。それが今は、自然体になってきているし、繋がりが出てきました。この変化はずっと一緒におられる方でも意識しないと見えない部分かも知れないのですが、かなり大きな変化になってきています。

そして、もう一つは『自分でうまくなろうとしている事』です。ずっと指示待ち人間である事が染み付いていたのですが、ここに来て自分から色々発見出来るようになっています。これはここだけではなく、きっと普段から関わってくださっている方々の努力の成果だと思っています!
自分から動き出そうとするから疑問も生まれてくる。

そもそも学校の勉強もそうだけど、自分の力で解きたいとか思うから『分からないって疑問が生まれる』と思うのです。やらされた事に疑問なんて持ちません。そういうのはやりたい、やりたくない、で片付けられるものです。

そうじゃない、自分で見つけた疑問だから改善の努力も楽しめる。がんばれる。続けられる。今この加美スクールのメンバーは全員がうまくなれる時だと確信しています。レベルがどうとか、周りにどう思われても関係ない。自分達が、今の自分を越えていく事が一番素晴らしいのですから!!これからもこの姿を応援していきたいと思います!

がんばれ!!みんな♪
2019/03/02のBlog
やっぱり試合は良いですね!

色々な確認が出来る場所をどれだけありがたいと思えるか?まだ勝敗だったり、優劣の道具にしか思えていない子が多く、その事もあって自分で自分を楽しく持っていけない未熟な部分が多い。それは単純にもったいないとしか言いようがありません。気付いていないこの年代、このメンバーに、どのように伝えていけるか?自分の挑戦はまだまだ続きます!!

今日はリーグ3戦目。相手は滝野中さんでした!会場は緑が丘中学校さんで、朝からしっかりと会場準備を整えてくださっていました。こういう一つ一つが当たり前なんかじゃないという事を理解してからがんばりたいですね!そういう意味でも、会場への挨拶を最初にきちんとやれるようになってきたのはみんなの成長の部分。しっかりとそういう部分を観ていますからね!
ただ、現実の中で起きた事は必然的なんだという自覚を持ってほしい。

スタメンに入れなかった子、交替をさせられた子、みんなに理由を説明します。当たり前ですが、一人一人がまず現状の状態に納得する事。その上で、どうしたいのか?どうなりたいのか?を強調出来るかどうか?何かを変えないと何も変わらないという当たり前の図式をどのように動かす事が出来るのだろうか?コーチの楽しみはそこしかありません。

良いプレー?得点?アシスト?そういう基準ではなく、各自がやろうとした狙ったプレーが成功したかどうか?自分で良いと思える自分になっているかどうか?そこなんですよね!
勝たなくてもいいよ、なんて一度も言った事はないし、思う事もありません。

でも、勝てなかった理由は考えるし当然あります。みんなはどうですか?勝ちたい、は分かるけど、『勝てなかった理由』にきちんと目を向けていますか?落ち込んで終わっていませんか?諦めて終わっていませんか?

やはり個と個の繋がりが不足していると感じる。間を繋ぐ『何か』をそれぞれが持っているのに、それを出さない。うまくいっていない状況を理解はしているが、変えようとはしない。それも一つの諦めである事の自覚がない。自覚がないから同じ事を繰り返す。
遠くまででも応援に来てくださっている保護者の方々も、もちろん勝ってほしい願いはあるだろうけど、それ以上にみんながどれだけ楽しそうに、一生懸命がんばれているか?を望んでいるのです。

そこを自分の都合で止めてしまうとか、人のせいにして終わりとか、あまりにもったいないと感じる。試合も当然うまくいかない流れが多くなり、その時も『向き合う』のではなく、『背中を向け合う』姿が何度も何度も見えた。基本的に、試合の中だけの良いプレーなど期待もしていないし、望んでもいない。それよりも日頃のやるべき事をどれだけやれているのか?のほうが重要であり、それが全てなんだという話はしました。
いつ届くだろうか?いつ伝わるだろうか?

それは未知数だけど、未知数だから面白いんだと思う。一人一人と話をすればそれぞれに思っている事はもちろんある。でも、『思っているだけ』じゃダメだ!!そろそろそこを開放していく勇気と覚悟が必要なんじゃない???

待って生まれる楽しさなんてたかがしれている。そして、いつか忘れる。

でも、自分で起こした楽しさは一生忘れない。良い天気に恵まれた中での試合なのに、やっぱり楽しめないのはみんなの心の弱さ。覚悟を持って日々を過ごしていないから『いつか変われるだろう・・・』でそのままの時間が続く。それも当たり前!!

考えて動く。動いて変える。これをやっていくしかないね!先をイメージし、なりたい自分へ!!まだまだこれから、これから!!!

対戦してくださった滝野中さん、会場運営の緑が丘中さん、応援してくださった保護者の方々、本日もありがとうございました(礼)
2019/03/01のBlog
[ 22:47 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習!!

ファルコとエリート塾との合同練習でした。昼間は春らしい穏やかな天気だったのですが、夜になるとちょっと寒くなってきました・・・朝晩の気温差があるとまた体調不良が増えてくるのですが元気にがんばれる時間をみんなが大切にしていきたいですね!

今日はエリート塾の小学生の中にも怪我で出来ないながらも見学に参加をしてくれてサポートをしてくれる子までいました。こういう姿勢ってきっと親を観て育っているんだろうし、こういう事が出来る子供は素敵だな~って思いますね!中学3年生も試験がある時期ですが、息抜きだったり時間を見つけて参加をしてくれる子もいるので後輩にとってもありがたい事です。今日の練習を観てもみんなの取り組む姿勢や技術はたくさん学ぶべき所があるのでどんどん参加をしてほしいと思います!
まずはアップでリフティングをコート周りでやりました!

だいぶ思うように進めていけるようになってきたね!もちろんうまくいかない時、いかない子もいるだろうけど、自分の目標を下げる事なくやっていきたいですね!

ボールを扱うという事へのこだわり方は、見た目ではなかなか分からないしボールをただ触れば良いのではありません。どうやってこだわるか?何にこだわるか?がきちんと見えている子はそれだけの成果が待っているものです。自分で自分の成果を残していきましょうね!!
一緒に学ぶ、というのがこのファルコとエリート塾との合同練習での狙い。

どちらかが一方的に教えるのではなく、一緒に学べたら一番良い。もちろん力の差とかはあるけれど、その分違う部分で学べる所もある。みんながそれぞれに持っている良さをお互いに引き出し合える事がベストだと思います。

ドリブルの時もリフティングと別々、ではなく一緒の中の考え方を持ってやっていく事。みんなはまだ動作が区切られているし、別々になっている事が多い。だから一つの動作はうまくてもそれが続かないとか、成功の後に失敗する、みたいな事が多いのは繋がりを意識出来ていないから。ここは次のステップになっていくと思います!
最近の練習でも、こういう所を話している子もいます。

段階に応じ、各自に合った事を与えていける事が良いと思っているし、みんなに同時に、伝える事はなかなか難しいので各自の違いを考えて、それを良い方向で活かせていけるようにがんばりたいと思います!

最後のゲーム形式の際には一人一個のボールを軸にして、そこからの駆け引きを考えながらライバルを見つけてもらいました♪パスという選択肢は今回のトレーニングにはなかったのですが、ゴールという場所とスペースがあるので、そこをいかに有効活用出来るか?は差が出ましたね!

相手の選び方も大事だよ!という話もしました。

ライバルになれる、夢中になれる、真剣勝負が出来る相手とやるように!それを言いました。今日のゲームはあちこちに見応えのある勝負が出てきました。真剣に、笑顔も出る中で、本気で悔しがる姿勢もありながら、とことん勝負にこだわる気持ちは見ていても気持ちが良いものです。言い訳したり、諦めたり、手抜きをしたり・・・って一番面白くないですから。

本気だからこそ面白い!!その事はどの年代になっても忘れずに、どんな事にも取り組んでほしいと思います。この場だからこそ学べる事を大事にしてこれからも一人一人が自分の成長を楽しんでほしいと思います!
2019/02/28のBlog
[ 21:56 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

グランド不良の為、室内をお借りしてのトレーニング。

人数の少ない木曜日ですが、一人一人の考え方がしっかりと覗ける日でもあります。一長一短。誰にでも良さがあります!そこを自覚させる事と、伸ばす努力をさせる事!譲れないと思えるようになればきっと武器になる。そういう気持ちで向き合っています!

今日は序盤からゲームを行い、一人一人の考え方を見させてもらいました。足元、自分の技術はちょっとずつ発揮出来るようになってきたけど、やっぱり『持ってから』の選手になっているね!ツータッチ以下のゲームをやると一気に素人感満載だったね(笑)
みんなの頭の中には『これ!』は出てきたけど、『その次』がない。

だから慌てるし、余裕がない。

その事を自覚してもらってから『だからこそ一人一人が出来る事をいつでも出来る、当たり前に出来る、どういう状況でも出来る、というレベルにもっと高めてこないといけない』という話をしてからボールフィーリングを各自に任せてやってもらいました。

みんなそれぞれのイメージがどんどん良く、深く、見えるようになってきたね!鳥取に行かせてもらうようになってからこの話は随分をしてもらってきたし、イメージが外に見えるって大事な事だと思う。
これまでの自分は自分の知識以上の事って伝えられなかった。分からなかったし、伝えようがなかった。だから、当然目の前の選手達というのは『これは出来るだろう』と思う予測の範囲内ばかりだった。。。

でも、ここ数年で色々学ばせてもらってからは随分と変わってきたし、今日もあるイメージを言葉で伝えるとそれを実現してくれる選手の姿を観て『あ~すごいな~~~!』って普通に感心した(笑) 自分が出来ない事も出来る子供もすごいし、ようやくそういう自分のイメージを越える形が出来る選手を育てる事も出来るようになってきたといううれしい成果!

多くの大人はそうやって子供が自分を越えるのが『嫌』なんだと思う。だから、自分の支配下に置きたい気持ちが出るし、それが『注意の仕方』に表れる。大人の注意の仕方を聞いているとその言葉の裏には『私の言う事を聞きなさい』だし、『私の思った通りにしなさい』になる。それだとやっぱり子供は育たないという事。サッカーってイメージのスポーツでもあるし、瞬間の判断が勝敗を分けるスポーツ。だからこそ、その瞬間の閃きだったり、判断が面白い。そこを伸ばしていけるコーチになりたいと思う。

一人の選手がどこまで成長出来るか?のきっかけをずっと与えられるように、それを探れるように、これからもがんばりたいと思います!!
2019/02/27のBlog
[ 22:52 ] [ スクール活動 ]
今日は西脇スクールでした!!

昼間は穏やかな天気だった事もあって、夕方になっても気温がマシになってきました。寒いと感じなくなってきたこの時期はスポーツをやるのに最適ですね!とは言っても花粉症とかひどい人には大変な時期でもあるようです(自分は幸いにも花粉症とは無縁の人生を送らせていただいています)。体調管理というものはどの時期も難しいですが、元気でいられる事が何よりも大事だと思うので、今日も元気いっぱいのメンバーと精一杯サッカーを楽しみました♪

一年もいよいよ終わりに近づいてきたのですが、あちこちに各自の成長が見受けられます♪
元々各自がプライドの高い6年生達でしたが、随分と優しくなったな~~ってまずは思います。雰囲気が柔らかくなったと言うか、下の学年がとっつきやすくなったという印象。それは、子供自身は意識出来ていないと思うけれど、ボールタッチそのものでもあります。優しく、柔らかく、そういった感覚にこだわりが出てきた事もあって、人に対してもやっぱり優しくなっているんだと思います。それが自分達だけでは気付けなかった事を中学生が参加してくれた事により、年上の存在から色々学んでくれたんだと思います。

だから今は受験戦争に向けて戦っている波琉くんや大河くん、今参加してくれている柊人くんや陽向くんの存在は本当に大きいです!!
最近小学2年生の美月ちゃんが自分のやりたい事、出来る事が増えてきた事もありとても意欲的です!!今日も『これが出来るようになった!』といっぱい見せてくれたし、ボールを触って色々遊ぶ時間に、柊人くんを独占して色々観てもらっていたようです!こういう小さな子が寄ってくる空気を出せる柊人くんも素晴らしい成長なんです!!中学生とやる時にはストイックになる時もあって、寄せ付けない空気を出している時もあったけど、今は本当に柔らかさを持ってくれている。それをコーチが言葉で言うのではなく、こうして小さな子が寄って行くという一番分かりやすく、一番素敵な評価のされ方が成長を物語ってくれていますね!これはとても大切な能力だと思いますよ!
3,4年生も、自分の頭でやりたい事を考えるようになりました!!

ボールを、自分の思った通りに表現する(運ぶ、蹴る、止める、触る、上げる、回転をかける、擦る、撫でる、など)事への興味が出てきているし、今日はこだわって色々取り組む時間を10分間だけやろうと思っていたのですが、あまりにもみんなが夢中になってやってくれた事もあり、30分間ひたすら自分の体と向き合って工夫したり、アイデアを表現したりしていました!この『自分とボールの関係性』を高める事はスクールでの大きな目標だし、どのレベルの子であっても『こうしたいからこう動く』事が考えられるようになっているのが大きな成果だと実感しています。
待てば子供発信の良さがたくさん出てくる事を学ばせてもらっています!

形は一つではないという事。発見こそが練習をやる意義である事。夢中になった時の素晴らしい雰囲気。このスクールで学んでいる事です!多くの地域から参加してくれているにも関わらず一つのチーム、ファミリーのような空気が出来るのも魅力の一つ。

うまくなっていく為の環境や空気はたくさん出来ていると感じます。今後もこういう空気を必然的に作れるようにがんばっていきたいと思います!!今日も楽しみながら精一杯がんばってくれた子供達、本当にありがとう(礼)
[ 13:39 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
今日は朝からまた中町北小学校さんでの体育授業でした!

今日が最終日という事で5年生、2年生、1年生という3時間でした。新鮮な1回だけなら正直誰でも出来ます。でも、2回目、3回目という『慣れ』が出てくると色々本音みたいなものが見えてくるものです。そういうものを出させたいと思っているし、うまくいかない事を体験させたい考えもあるので、今日がまたどうなるか?何が見えるか?を楽しみにさせていただきました。


時代が代わり、やっぱり常識の感覚レベルは随分違ってきたな~と思います。自分達の時のほうが良い、とかではなく違ってきているという事実。その上で、教える立場としては考えてもらわないといけない事もある。1年生でも6年生でも関係ない。みんな成長していく為に考えないといけない事はやっぱりしなくちゃいけないって事。
日本人の文化かも知れないけれど(他の国を全部知っている訳ではないけれど)、やっぱり失敗を恥ずかしがる。そもそも失敗でもないような事でさえ、失敗のように受け止め、それが恥ずかしいから隠したり、誤魔化したり、人のせいにして逃げる、というどれかをほとんどの子がやってしまう・・・。

それは幼少期にやっぱり大人が色々と評価し過ぎている事も関係しているんだろうと思う。それは良い、それが良い、それはダメ、あれはダメ、みたいに。

だから自分で選んで育っていないから大きくなってきて自分で選べる意思を持った時に、『やりたい・やりたくない』だけで判断をする。それが今の時代に大きな課題として感じる(ここ数年の体育授業、もしくは日頃の中学生からも感じる事)。
どうして学校に行くんだろうね?勉強するんだろうね?どうして色々な教科をやるんだろう?どうして給食があって、掃除があって、休み時間があるのだろう?

そんな話を大人と子供が『一緒』になって考えた事がないんだと思う。いつも大人の考えを結果的に子供に押し付けている状態になっている事に、大人のほうも気付いていない事が多くなる。そして、意思を持ち始めた子供達が『違う』と言い出すと『反抗的・反抗期』という言葉で片付けようとする。

・・・つまり、『違いを認める習慣がない』んだと思う。自分はこう思ったけれど、そうじゃない友達がいて、その意見も大事だと思うとかその意見によって自分も自分の考えが違うと思ったり、やっぱり自分を正しいと思ったり。そういう経験をしていないから事態が起きるといつも大人が解決しようと奮闘してしまう・・・。
今日もそんな事が度々起きました。

自分は子供同士で起きたトラブルを子供に聞いて、子供同士で起きた事は子供同士に解決させる。間に入って何とかスムーズに解決させようと大人がしてしまうと子供の中のモヤモヤは消えない。

当人同士で話し合う。意見を出し合う。自分の意見がなければ、もしくは同じ意見ならばしっかりと周りに合わせる努力をする。など全員が必ずどれかでないといけないのに、大半が『何か分からんけど、みんなが何かしよるから同じような事してたらいいわ』という感覚。自分の頭、心で考えずにやっている事が多く、見た目が何となくであってもみんながやっている風に見えれば問題ない、という感じになっている。ここが一番怖いし、良くないと感じる部分。
現場だからこそ分かる事、その場だからこそ起きた事。

毎日、毎回、毎分、考えられる事が常にあり、その結果が反映されてくる。『話をちゃんと聞きなさい』という注意を一年間経ってもまだ言わないといけない状況であったとしたら、それはそれまでのやり方が違うんじゃないかな?と見直さないといけないのに、その振り返り作業があまりないように思う。

蔓延しているのは『人のせい・自分は悪くない』の精神。。。

ここが全てだと思った。『だから』この問題が起きているという事を冷静に見極められるか?ですね!こんな自分を鍛えてくれる、試させてくれる、変えてくれる良い時間をこうし与えてくださった事に心から感謝をしています!まだまだ成長出来ると思ったし、やるべき事がたくさんあると痛感しました。

子供という愛すべき存在から学ぶ事は山ほどある。年々自分が心からそう思える事で見える景色も随分変わってきたし、そこで起きる事も必然的であると思える。

自分が変われば環境も変わる。待つのではなく、動く。がんばろう!!

4日間の体育授業の機会をくださった中町北小学校の先生方、本当にありがとうございました(礼) また機会があればいつでも呼んでください!!