ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6477件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/05/21のBlog
[ 22:20 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイターの練習!!

それぞれの行事により人数は半数でしたが、この時期は揃わないけれど、その特徴を活かして個々をしっかりと観るようにしようと思っています。

昼間には自分にとっては衝撃を受けるような授業を受けた事もあり、もう一度自分自身を見直す機会となりました。その事からもスクールでの対話、見つめ方も変えて改めて『自身の目的・クラブとしての目的』を考えました。

誰の為?それはどうやって証明をしていく?という事。
結局は自身に戻ってくるような計算だったり、それを求めているうちは『指導者』なんかにはなれないんだという事。

腹をくくる。本気で向き合う。自分にも、子供にも。

その意味でも、『曖昧・適当・何となく』を減らしていこうと思う。

質を高めるって言葉があるけれど、結局そういう言葉に頼って中身を考えていなかった部分が多々あったし、そこを整理してやってみた。
目的は何なのか?

子供達が目指している事が自分が伝えてしまっている事(本意ではなくても)だという意味で観察、確認をした。

やっぱりそうだった・・・。

自分がきっとそうさせていたんだと思う事に気付いて、修正をかけた。気付いた時から変えるしか出来ないし、分かった気になっているよっぽど良いと思える。
闇雲にやっている事でそれも慢性化し、いつしか『何となくやっている自分にさえ気付かない』状態になっている。

自分が子供にとっての成長の妨げになっているという事は、自分が成長の触媒にもなっているという事。今日学ばせてもらった事だから、自分は今の、理解出来ない、しようとしない人にいくら嫌われようが関係ない。結局は、本人が自分という存在を成長の妨げになっているという言い訳にするか?成長のきっかけに使うか?は自由なんだという事。

本人に任せるしかない。
サッカーで何かを獲得させようとする事自体に無理がある。

彼等の生活はサッカーが中心ではないという事。きっかけを得る事はあっても、サッカーを中心には考えてはいけないんだという事。

手段と目的の混同。

誰もが必ず陥るであろうこの経験。整理しないとずっとズレた方向へがんばってしまう。がんばったつもりが、無意味にすらなってしまう。

彼等が何を目指して努力しないといけないのか?意味、価値、方向性、目的、一つ一つ整理してみようと思う。。。
2019/05/19のBlog
昨夜から日帰りなのですが、ファルコとしては初となる『車中泊』をして遠征をしました!!

どうしてこの方法をしてみたか?なのですが、近年子供達の環境はとにかく恵まれてしまっていて、普通のような状況を不便と感じるような時代です。例えば、大会=芝生のグランドみたいな感覚があり、土でやる事が不便というような感じになってしまいます・・・。そういうありがたみを分かってほしいという意味合いや、せっかくの遠征をなるべく長く有効に時間を使う為にも、渋滞などを避けたい狙いもありました。

今回初めて愛知県に上陸したのですが、繋がりは今回相手をしてくださった碧フットボールクラブの杉浦さんでした!杉浦さんとは昨年O-40の全国大会でも兵庫が完敗した愛知県で選手として活躍されていた事もあり、交流を持てる事となりました。
今回はその碧フットボールクラブさんと同じ愛知県のソルチさんに会場を提供していただいた事もあって、3チームで試合を回させてもらいました!!

どちらのチームも足元がとてもしっかりとしていて、とにかく選手の頭も、心も、体も、全てが柔らかい印象でした!それに対してこちらは『必死』で対抗するから疲労度も全然違うし、自滅してバテているような内容でした。

曖昧な考え方であっても、そのプレーが成功の形に繋がればOKとしてしまうみんなの基準はまだまだ戦えるレベルにはないと痛感させられました。
うちだけの良さがある事ももちろん分かっているけれど、それに頼ってそれ以上は何もしない、では成長しないし上には行けない。

常に進化していく事を考えないといけないし、その事を教えてくれる意味でも今日の2チームのドリブル、テクニック、柔らかさ、反応、瞬時の判断などはかなり参考になった。ドリブル、という言葉の括りでは同じであっても、強いチーム、良いチームというのは、その中でさらに具体的な噛み砕きをしてこだわりを持っている。やらないといけない事に対しては味方同士でも容赦なく言い合えるし、みんなが納得いく形になっているのがよく分かった。
うちはどうだった?

不便に負けて、考える事を止めて、がんばる事も止めて、暗い雰囲気でやってしまう最低のスタート・・・。

『もう感謝の気持ち忘れてるやんか!!!』という言葉を強く言いましたが、みんなは常にその事を忘れてはいけないのです。何もしなくても、自分が自分のスパイクさえ履けば試合が出来る環境全てを整えてもらっている事さえが『当たり前』だと思っている事がみんなに最後の一歩、踏ん張りをさせない要因になっているのだと感じる。

今回は相手を通してそれがよく見えたと思う。

奪いたいのに奪えないとか、いつもなら抜けるドリブルが全然抜けないとか。

圧倒的に技術では負けていたし、それを自覚出来ただろうか?能力で勝ってるからいい、とかじゃなくて技術は絶対に必要なものであり、それが負けたのだから自分達の努力が足りない事を感じてほしい。

せっかく対峙して、肌で感じさせてもらえたのだからそれを生かさない手はない。『うまかった』の一言で済ませるのではなく、『何が?どのように?』まで観察して分析出来る力を持ちましょう!そうすれば全ての交流から何かを学べるはずです!

さすがに一人現場は疲れましたが、それ以上に良い学びを得られた達成感のほうが多いので本当に来て良かったです♪また成長してからリベンジを果たしに来ましょう!!ソルチさん、杉浦さん、色々お世話になりありがとうございました!!また交流よろしくお願いいたします(礼)
2019/05/18のBlog
[ 11:58 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
今日は朝から自分は中町北小学校さんでの土曜チャレンジ企画として昨年もさせてもらった親子のふれあいの講師をさせていただきました。

今日は3年生で、他にもまだ3学年させてもらえるので少しでも親子にとっての良い時間になればいいな、と思って協力したいと思います!!

親子の大切な時間を『笑顔』で過ごせるように、という願いを込めて最初に話をさせてもらいました。
この年代が『ゴールデンエイジ』であり、『ギャングエイジ』でもあるという事。

そこをどちらにするか?は大人の関わりで決まるという事を話しました。

我が子を大切に観る、という事の意味、他人と比較で評価をしない事などを簡単にではありますが話させてもらいました。聞く、聞かないも自由なので伝わったかどうか?も分かりませんが、自分自身がお役に立てれば良いという気持ちで伝えられた事に意味があると思っています。評価は勝手にされますし、それを気にするよりも、自分の心を大切にしていきたいですね!
最初は親チーム対子供チームでの競争♪

フラフープくぐり対決をしてもらったのですが、見事子供達の勝利となりました!全てのメニューでそうですが、結果ではなく大切だったのはその過程!!

・相談する
・作戦を立てる
・悔しがる
・チャレンジする
・工夫をする
・協力をする

という要素が全て詰まっていた事で、親チームも、子供チームもどんどんタイムを良くしていくなど本当に良い時間だったと思います。工夫を重ねて良くなっていく・・・・人間の最大の能力とも言えると思います!
親の笑顔がまた子供を笑顔にする。

反対に、子供の笑顔にまた大人も笑顔になる。

どちらが先かどうかが問題ではなく、自分がそうしたいと思える事が大切です。

ボール遊びのメニューではなく、内容ではなく、一人一人の考え方。それがたくさん観察出来ました!!良いものがたくさん見えました。親子ならではの関係性、親が一方的になると子供は不満や愚痴をたくさん言う子に育ってしまう事、結果しか評価しないとやる前から簡単に諦めてしまう事、余裕のある大人の元では心が豊かな子供に育つという事。

子は親を見て育つとはまさしくその通りだと思う。
今日の我が子を観て、『がんばってるな~、楽しそうだな~』という良さがきちんと見えたでしょうか???それが見えた方は子供達の中にも良い思い出として今日の時間が残っているはずです。でも、『もっとがんばってほしい、もっとこうしないといけない』というような目で終わった方の子供はきっとそのプレッシャーから『ギャングエイジ』のほうへ進んでしまうでしょう・・・。

ギャングエイジよりも皆さんが望んでいるのはきっとゴールデンエイジのほう。誰だってそうです!親ならば良くなってほしいと思うのは当然です!!だからこそ、『ここがあなたの良さなんだよ』という『ありのままの我が子』をどうか誉めてあげてくださいね!

その『ありのままの愛』に触れた子供は『自己肯定感』に満たされて成長していきます!我々大人は子供の未来に触れている立場であるという自覚を持ってこれからも親子の時間を大切に、楽しく過ごしてください♪

中町北小学校の先生方、本日はありがとうございました(礼)
また参加してくださった親子の方々、本当にありがとうございました(礼)
2019/05/17のBlog
[ 22:57 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習でエリート塾とファルコとの合同練習!!

テスト明け、修学旅行帰り、これからテスト休み、など相変わらず予定はバラバラですが、個々の意識で積み上げていきましょう!!

今日は堀金コーチと二人で担当し、練習前にもトレーニング内容について、またどこを意識させるか?についても話をしてから開始しました。
自分が主役になってトレーニングを行う。

これって当たり前のようで出来ているチームって実は少ないように感じます・・・。取り組む時の姿勢、気持ちって大きな差となって出てきます。与えられた事をこなすレベルと、自ら生み出すレベルとでは大きな差になるのは当然です。どれだけ長い時間、多くの時間取り組んでも無意識だったり、こなしているレベルではなかなか変化していかないのは当然です。

どういう風にやれば自分が良くなるのか?変われるのか?前へ進めるのか?を常に考えてやっていきたいですね!
自分のペース。

自分を認める心。

そこから向上心を持てるかどうか?です!自分を認められないままに向上心だけを持っても、結局は現状を理解していないから他人のアドバイスだったりを受け入れない身勝手な選手になります。自分を認める大切さを痛感している今、この作業を怠ってはいけないと思っています。まずは自分を理解し、その上でもっと良くなっていこうと思えるように!!そうなる流れを作っていきたいと思います。
子供達を育てるのは、『手法』よりも『環境を整える事』だと思っています。

適切なアドバイスというのも大切な要素の一つですが、わざと与えないほうがその子にとって良い場合もあるし、それも含めて『今何をやらせるべきか?』を必要に応じた環境にしていかないといけないと思っています。

自分を見つめ、自分と戦えるように!!エリート塾生も弱い部分を常に感じるのはその作業。自分の弱い部分、うまくいかない部分を素直に認めるのが苦手で、隠したい、派手なプレーでそれを誤魔化したい、そういうのが見え隠れしています。でも、一番の近道ってやっぱり『素直』だと思うし、出来る自分、出来ない自分も同じぐらい大切にしてほしいと思う。
弱い部分を知っていれば、強くなれる。

強がっているとずっと弱いままになる。

男が人生の中で必ずぶつかる部分だと思う。強くありたい、強くなりたい、そう願う事は誰しも一度はあるだろうけど、自分が知る本当に強い人は自分の弱さも堂々とさらけ出せる人だと思う。

失うものなどない。守ろうとするのではなく、チャレンジが出来る事!この年代にその経験をいくつやってきたか?で未来は大きく変わる事になる。積極的なチャレンジ!それが出来る環境を整えていきたいと思います!
2019/05/16のBlog
[ 23:04 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

行事が色々重なってきている事もあり、参加人数はとても少ない日となりました。ですが、一人一人にとって『今日・今』という時間は一生の中で一度きりの時間なのです。

だからこそ自分も目一杯の気持ち(情熱に感じられたらいいな)を選手にぶつける。それが押し付けという形ではないように、子供が自らの責任を取れるように、自らの行動を起こせるように、そういう方向へ向けていきたいと思います。
うまく成長を感じられていない子の多くは、『自分を見つめる作業が苦手』だと思います。

それをしない子は誰かに『うまい!』とか言われたら成長した気分になるという一番危うい形で達成感を得る。

見つめる作業が苦手な子は指摘されたり、主張されると『うっ!』と引いたり、落ち込んだりする。

要するに、落ち込んだり、引いたり、他人の評価を気にしない域に達する事で『いつの間にか成長している自分を実感する』事になるんだと思う。
だから、練習中でも対話を活用し『自分で自分を観る』事を何度も促します。

どう思われたい?じゃなく、どうなりたい?である事。


<条件付き>で誉められる環境が多い子供達。。。

大人の基準、大人の見た目、大人の為、に使われ、指示され、やらされ、それを遂行した時(条件を満たした時)に『誉められる』から、自分を肯定出来ない子が多い。
この現実を作ってしまったのが我々大人だと思うからこそ、このファルコでは自分自身で自分を認める、容認する、受け止める、という作業を多くさせていく事となる。

この肯定感が強い子には他者との繋がりによる喜びを伝えていこうと思っているし、段階は人によって違う。ここまで出来たら、とかここまでは絶対に、みたいなマニュアルなんてないし、そういうのがあるから進歩状況などに目がいってしまい、中身がまたズレる事となる。

子供を育てる、子供が育つ事なんかにマニュアルなんて絶対にないという事。ただ、誠意を持って子供を『大人よりも下』として観るのではなく、一人の人間として観れる事が出来たら良いのだと思う。教えないと、伝えないと、変えないと、言わないと・・・って思う気持ちがすでに『見下している』という事をまずは大人が理解しないといけない。

一緒に考えないと、伝わるように言葉を見つけないと、変わるきっかけを一緒に探さないと、まずは相手の思いを聞かないと・・・って思える大人に!!自分への戒めとして今後も自分を見つめてがんばっていきたいと思います!!
2019/05/14のBlog
[ 22:06 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

修学旅行、テスト休みとバラバラにあるので全員が揃う事がなかなか難しいこの季節。それでもファルコとしての一週間の始まりなので、元気に、目標を持ってまたがんばりたいと思います!

今日は体を動かしたいという希望もあって、卒業生の近澤くんが参加をしてくれたので一緒にやってもらい、終盤は講師となってもらいましたが、最高でしたね!彼の努力の全てが詰まった『武器』は誰にとっても魅力的なものです!良い卒業生がこうして年々増えていく事もファルコとしては本当に喜ばしい事だと思います。
序盤は『リフティングの形』でしっかりと表現をしてもらいました。

人には出来る事、出来ない事があるけどそれを素直に認められるか?前向きに受け止められるか?によって違いが出てくる。よく『失敗』という人がいて、言葉があるけれど、それは次へ繋げる事をしない場合の事だと思うし、次に繋げていく人間には失敗など存在しないのです。

だから、みんなも次を観て今を生きる訳だし、失敗なんかないんだ!全てが学び、全てが気付き、と思えるようにしていこう!
中盤は2対2、3対3で攻撃方向を決めずにやりました。

ここでの目的は『観る事・判断をする事・騙す事』です。ゴールというものを置くとそこへ意識が集中してしまい、最悪中身がなくてもゴールすればOKという雰囲気になりがち。だから、敢えてゴールを置かずに攻撃方向がない状態の中ではありますが、『キープ』という意味でもない事も伝えました。

目的は個人個人の目、頭、考え方を意識する事です。そこを変える事です!目の前の勝負に勝利する事も大切ですが、もうちょっと先まで視野に入る選手になってほしい。
ゲーム形式もやりました。

観れる、観ようとする選手増えましたね!!それによって起きるミスは今日の場合はOK!!何をしようとしたのか?が明確で、自分で狙いがあり、周りに伝わるものであれば全然良いと思う。そういう子は必ず自分自身で修正をする。

柔らかい1年生の頭、体をうまく伸ばしていく為には余計に与えない事だと思っています。自分が、大人が思っている基準を嵌め込もうとすると育たない。彼等の純粋なまんまの気持ちと思いに強い気持ちが乗っかるようなイメージで関わっていけたらいいな、と思う。2,3年生もそうやって成長してきているので、楽しむ心とがんばる心の両方を持っておいてほしいと思います!
終盤は、近澤くんのヘディング講習会をしてもらいました!

興味のある子、苦手でもやってみたい子、得意で伸ばしたい子、ほとんどの子が参加していました(笑)

みんなの度肝を抜くヘディングは彼がみんなと同じファルコ生の時からあったものではなく、高校(立正大淞南)で本当に武器として磨いてくださった証なのです。サッカーでがんばりたい!!その強い気持ちが一つの大きな武器として全国の舞台でも通用する力を身に付けさせてくれた事、それも全て彼の人間性だと思います。

みんなに当てはまる道ではありません。みんなの武器になるとも限りません。でも、前向きに、本気で努力する人間には必ず『最適な道』が用意されます。合うとか、合わないとか言ってるのは自分自身のレベルが低いから。。。

環境とは常に、自分へ最適なものとして用意されます。それをどう活かすか?なんですよね!人のせいに、周りのせいにする事なく、この近澤くんのように自分の夢へ真っ直ぐ努力をしてください!!

近澤くん、今日はありがとう!!OBという存在がいかにありがたいかを教えていただきました(礼)
2019/05/12のBlog
[ 17:10 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からチーム活動という事で母の日の気持ちを伝える日という事で活動をしました!

まずは朝に集合し、今日一日の主旨を伝えました。公共という場所でのマナーの事やルールとの違い。何かをやる際に必ずつきまとう事ではあるのですが意味を分かっているかどうか?によってはやり方も随分変わってくると思うので、ファルコでは『言葉の意味』まで大切に考えていきたいと思っています。

昨日の坂口さんのトレーニングの時にもその重要性というのは強く感じたし、言葉一つで相手にとっても全く違う伝わり方をする事も分かったので、言葉はずっとこれからも大切に考えていきたいと思います。
今日は最初にやったのは、ディベート(討論)をしました!!

テーマは・・・

『コーチという存在は必要かどうか???』です。

いらない・・・3人。いる・・・それ以外。でした!!

自分の意見を大事にする!相手を尊重する!その事をルールとした上での言い合いはとても良い意見が多かった。コーチがいる前で、コーチがいらないと言える度胸(笑)、自分の意見をみんなの前できちんと言える事、間違っていても良いと思える器量、一つだけでも意見を言う努力、分かっているけどなかなか言葉に出来ない葛藤、思っているけど、分かっているけど言わない(言えない)弱さ・・・色々出てきました。

それでいいんです!!最初から全てが、全員がうまくやれるはずもないし、ずっとそうだと思う。ただ、自分を大切にするという意味でも自分の意見には素直になれるといいですね!
そこからみんなで『母の日』制作の案を考え、一人500円以内の予算の中で出来る事を考え、相談してグループで行った子、個人でやってみた子、バラバラでしたが気持ちが一番大事だったので形はどれでも良かったです!!

そこから買い出しに出掛け、思い思いの品を買い(そのままあげる事は基本的になし)、帰って来てからがんばってくれました♪

多くは『お菓子制作』でした!!が、舐めていましたね(笑)

事前にお菓子の本を調べて簡単に出来るだろうと思っていたみんな!!予想以上に難しく、失敗に失敗を重ねながらも諦めずにがんばっていましたね!
勝利の結果ではなく、そこに行き着くまでの過程にこそ価値は詰まっている。

それと同じく、見栄えの良い既存の商品よりも、不格好だけど世界に一つしかないお菓子や物である事に意味があります!

みんな優しいお母さんの笑顔を思い浮かべて時間いっぱい作ってくれました。最後は一言の手紙を添えて何とか時間内に完了。

まだまだ時間配分など作業効率も悪いし、片付けも汚い。。。でも、一番大事にしたい所には心を込めてやってくれていたと思います。他の部分は今日に関しては目を瞑ってあげようと思って、終わってからは代表としっかりと掃除しておきました。
お母さんがいてくれてこそみんなはこの世で生きられる。。。

感謝しかありませんね!!今年だけじゃなく、今日だけじゃなく、毎年、毎日、感謝をいっぱい伝えていける素敵な人間になりましょう!!

自分もお母さんにはきちんと心を込めてプレゼントをしました♪

感謝出来る事にありがとう、ですね!!

関わってくださる全ての母親の皆さん、本当に毎日ありがとうございます!!これからもよろしくお願いいたします(礼)
2019/05/11のBlog
[ 19:24 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からファルコとしては珍しい一日練習を行いました!

この季節の日差しはとてもきついし、今日は最高の天気だったのでかなり子供達にとっては厳しい環境ではあったと思うのですが、今日は最高の講師に鳥取から来ていただきました♪

初対面の子もいるけれど、チームとしても何度もお世話になっている方なので再会という形の子もいる中で今日はゆっくり子供達を観ていただきました。
事前に『何をしましょうか?』という下準備もしてから参加してくださった事もあり、スムーズにトレーニングを行ってくださいました!

また子供達の様子、状況を観て考えてくださいました!リフティングメニューからのドリブルメニュー、子供達の中にある『自分』をたくさんたくさん引き出してくださいました!

自分も今日は教え子の一員のつもりで横にいて子供へのアプローチの仕方、引き出し方、伝え方、考え方を学ばせてもらいました!
傍で観させてもらいながら色々考える事がありました。

普段は『自分の前』にいる選手達が、『違う人の前』にいる時にどのようになっているのか?を観れる機会は少ないし、だからこそよく分かった事がたくさんある。

自分はまだまだ子供自身の考えを引き出せていないという事。『君に』伝えたい時と『誰かに』伝えたい時とでは全然違うという事。曖昧にしてしまう事で、当然伝わりにくい状況に自らしてしまっている事もよく分かった。

ただ、目の前で坂口さんの言葉によって変化していく子供達をたくさん観れた事は良い刺激になったしうれしい気持ちでいっぱいになりました♪

とにかく日差しが途切れる時間もなく、本当に真夏日のような天気でしたが誰一人弱音を吐かない空気感。。。

前向きに、夢中に、楽しそうに・・・・

緩いメニューにしているのではなく、『自分が主役なんだよ』という大きなテーマがあるからこそそれが出来る。楽なメニューじゃなくても、自分が主役になるとがんばる力が湧いてくるにもよく分かった。主役が出来ない脇役をしようとするからしんどくなる。そういうのがすごく伝わってくる一日だった。
すごい坂口さんに、憧れ、嫉妬、尊敬、負けたくない気持ち・・・色々な気持ちが出てくる。

子供達は熱さ、冷静さ、うまさ、柔らかさ、したたかさ、黙々さ、・・・『それぞれ』が出ていた最後のゲーム。

これは自分のままでは引き出せないと思った。子供達の力、可能性の大きさを改めて痛感させられた!!今日のこの時間は自分にとっても本当に大きな価値があったと思える。あの時があったからこそ良かった!!といつか言える自信があるぐらいに、良いものが自分の中に残った事も確信出来る。

子供に関われるありがたさを心から感じられた事と同時に、こんな素敵なサッカー仲間がいてくださる事への感謝と喜びも感じられた最高の一日でした!!朝9時からグランドに行き、話し込んで帰るのが夜の7時・・・(笑)

あ~~サッカーって最高ですね!サッカーやっているとこんな繋がりが広がっていくんだよって楽しさも子供に伝わるといいな♪坂口さんには暑い中、ご指導いただき本当にありがとうございました(礼) 

今度は鳥取にまた行きます!!!
2019/05/10のBlog
[ 23:22 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでエリート塾の練習とファルコの合同練習。

消防で使えないグランドも金曜日だけは借りる事が出来ます。この貴重な日を大切にしていきたいですね!

今週はずっと『駆け引き』という部分に意識を置いてきました。この地域で伝える事が一番難しいと思っている部分です。勝負事は真面目に、真っ直ぐに、汚い事はしてはいけません、で育っているので。。。

もちろんそれは正論です。汚い事はしてはいけません。でもね、球技って相手を騙すスポーツですよね?前だと思っているのに後ろ。右だと思っているのに左。そういうのも楽しみの醍醐味なのです。
だから『綺麗にやりなさい』という言い方でも、『汚くやりなさい』でもなく、『賢くやりなさい』という事になります。

足の遅い子(走るのが苦手な子)が、逆に得意な子に挑む時にどうすれば勝てるのか?陸上ならもう無理でしょうが、サッカーは勝てるのです。体と頭の使い方を変えれば、ね!

そんな楽しさを知らずに言われた事だけを黙々とこなしてきたメンバー達はその楽しさに出会うまでに相当時間がかかります。でも、少しずつ分かってくるのです!
小学生のほうが頭も心も柔らかいので早く気付く事も多々あります。

そんな小学生と一緒に成長していける時間にしてほしいと思うのですが、まだまだお互いに頭の中が幼いので『注意して引っ張り上げる』という雰囲気よりも、『何も言わずに仲良くして好かれる』を選ぶのです。そうやって人に対しての甘さが勝負事にこだわれない要因でもあるのですが、なかなか好きな事を心からやっているという本気の集団にならない限りはこういう話も難しいと思っています。

現状と向き合いながらも、先でそうなる事をイメージして関わっていこうと思っています。目先を良くするのではなく、もっと先のその子を良くしていく為にも、今は口うるさいおっさんでも良いと思っています。
選択肢のある選手へ!!

これはずっと話してきている事です。相手にとって嫌なのは、『色々出来る選手』です。これしか出来ない、よりも、色々出来るほうが相手にしてみると嫌な存在になります。そんな自分になる為の努力をしてほしいのです。

その為にも、能力的な部分を伸ばす、鍛える事よりも『頭を動かす・目を動かす・脳を動かす』事をしていくべきだと思っています。考える先に、表現する体があると思うのですが、考えるより先に動かされ、笛で走らされ、大声でがんばらせられてきたみんな。

自分の頭でゆっくり考える時間すらなかったと思いますね。対話をすればする程にそれがよく分かります。
だからこそここでのやるべき優先順位みたいなものを考えます。

急ぐな!

という事。

焦って得する事はありません。ゆっくり見渡せる余裕を持ってプレー出来るように、そういう選手を育てていきたいと思っています。その為にも自分自身が焦らずにやっていきたいと思います。

一歩一歩大切に進めていきましょう!
2019/05/09のBlog
[ 22:09 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

行事等で人数は減っていますが、それでも一人一人がこだわりながらやる為には十分の人数と場所。

そこへの感謝、ありがたみが未だに理解が浅い・・・。

借りている場所という認識が甘く、使い方に問題がある。使ってから掃除をする、という考え方自体は悪くはない事だけど、汚さないように使うほうが実はもっと大事。そういう一つ一つの考え方が習慣となって今出てきているので、ここから変えていくのに時間は掛かるけれど、それが楽しいとも思える。
みんなの体の中で、大まかな部分には大差はありません。

頭、手、肩、腰、膝、足、みたいな。

でも、その使い方(考え)とそれらを繋ぐ箇所(関節・筋肉)には差が出てきます。当たり前だけど、人はやってきた習慣でほぼ成り立っている事になる。

食事で使う箸の動きはほぼ同じ。当然そこに使う箇所や筋肉も同じだけ使う。そんな風に習慣が今を作っている。

だからリフティングも『こうやるんだよ』みたいに丁寧に、一生懸命に、足首を固定して、足をこう動かして・・・・って『教え込まれた体』だからかなり凝り固まっているのが分かる。
こんなドリブルをしたい!抜きたい!!と思っていても体が反応しない、動かない、という現象が多々起きる。

当然と言えば当然。右利きのお箸で食べていたものを急に左手で食べてうまく出来るはずもないのと同じ。

習慣は『正しい』ものならば大切だが、間違った習慣になると『癖』としてなかなか取れなくなってしまう・・・。体だけならばまだしも、最近の子供を見ていると『考え方、性格』まで周りに与えられてそうなっている傾向を強く感じる。
情報が溢れている代償かも知れない。

これが正しい!!って調べて与えてしまう事が多いのだろう。

だから凝り固まったものがずっと続いてしまうので、ほぐしながらやっていくしかない!

どうすれば???

自分で気付かせるしかない。体験させ、経験させ、『ほらね!』と言うしかない。先回りは子供にとってほとんど良くない。分からないまま与えるとそれが正しいと意味もなく信じ込んでしまう・・・。SNSが発達し、言葉だけが一人歩きしているから、言葉から、格好から、見栄えから、入ってしまう。自分はそうじゃなく、例えば『他人の力になる』という行動をした結果が『これがカバーって動きなんだ』みたいな後から言葉に気付くような形にしたいと思う。
時間が掛かる事が本物だと思うし、この地域に生まれ、この感覚で育ってきたメンバー達だからこそやるしかないと思う。

遠回りでも、近道でもない、これがやるべき道だと考えてやっていく!

サッカーの目的は『ゴールを奪う事』だけど、そこへ向かう為の毎回の練習ではその練習での目的というものがある。日々の生活もそうだけど、『どうしてそうするのか?』を考えられる時間がたくさんあるといいね!

まだ試合で起きた事を練習に繋げられる頭と心を持った子がいない。練習は練習、試合は試合ってね。区切りなく、分け目なく、全てが繋がるようにしていきたいです!