ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6504件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/09/03のBlog
[ 22:29 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

新学期がいよいよ始まりました。長い休みだったからこそ、このスタートはとても重要。良い準備をしていたかどうか?がハッキリ見えます。

スタートの切り方が本当に大事だと自分は思います。終わり良ければ・・・という言葉はありますが、それは正直結果論だけでしか評価をしない人の言い訳のように思います。自分の生活を振り返って考えても『終わり』はまずありません。育成年代を預かり、このファルコで3年間関わらせてもらっても、次のステージがあり、繋がりがある。その先にどうなっているか?が重要だし、このファルコ3年間だけで終わりではないのです。そういう意味でも、常に『どんなスタートを切れるか?』を大事にしたいし、子供達を通して自分の評価をしていきたいと思います。
今日も序盤はリフティングを中心にして『ボールと自分との距離・関係性』を高めます。

ポゼッションサッカーという言葉がとても広まっているけれど、その言葉の意味や捉え方は人それぞれ。ボールを繋ぐ事?キープする事?攻めない事?安全第一?など、みんなが一律に理解している訳ではありません。

サッカーには多くの解釈があり、特徴があり、パターンがある。

どれをやるか?も大事だけど、『どんな選手達なのか?』によって変わる事が大事なんだと思う。試合をやるのは選手、サッカーをやるのも選手。それが大前提なのに、『勝つ為に、強くなる為にこれをやりなさい』みたいな形が多い事に息苦しさを感じるし、自分はこの地域に生まれ、この地域の子供を預かっているので、与えるやり方よりも『見つける・引き出す』をやりたいと思います。
リフティングをしながら、合間には『身体を思った通りに扱う』事をやってもらいましたが、やはりうまく出来ませんね!

サッカーの試合中に起こりうる動きでも、いかに考えずにやっているか?がよく分かる。頭では必要な事は分かっていても身体がそれを表現出来ない。そんな事が多々あります。そこで『どうしてなんだろうか?』とうまくいかない部分に気付けば良いのですが、『くそ~』とか『うわ~』って言葉と落ち込む、腹を立てる思考だけで考えないのが現状(ほとんどの選手がそうなっています)。

だからこそ、トレーニング(練習)では意図と狙いを持ってやらないといけないと思う。テーマ(狙い)があって、プレーをする。そこには失敗と成功があり、気付きがある。
その繰り返しの中で、失敗と成功の間にある『チャレンジ』が出来た時に人は一歩踏み出すと思う。
子供達にミスをさせない設定が良いと考えるコーチがいたらそれは同時に、成長させるビジョンのないコーチになる。

かと言って失敗をずっとさせてしまうのも問題である。失敗と成功の間がある状態がベストだろうし、そうなるように言葉掛けをしたり、一人一人の課題を与えていける事が良いのだと思う。

素直に前向きに取り組んでくれているこの選手達に、自分も色々なチャレンジをしながらやっていきたいと思います。
ゲーム形式では、ボール2個でやりました!

これは『観ないといけない』じゃなく、『誰が2個観ようと、感じようとしているか?』を観たかったので、何も言わずにスタートしました。

そこから数名はやっぱり高い意識で両方のボールを観ているし、自身を良いポジションに置いている。それが5分の1ぐらいの人数・・・。それがチーム状況です!20%ぐらいの割合でしか色々な事を感じようと、気付けていない事。

これはコーチの課題であり、みんなの問題ではない。設定を考えたり、言葉を考えてみんなが前向きに色々チャレンジを出来るようにこれからもがんばります!!
2019/08/31のBlog
[ 17:47 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からトレーニングを行いましたが、そのトレーニングに参加をしてくれたゲストがいました♪

自分もまだ出会った事のなかったJFC..Sのスクール生が坂口さんと一緒に来てくれました!!

ファルコが今、サッカーを楽しめるようになった事、がんばる事とメリハリを持てるようになった事は全てこの坂口さんとの繋がりから生まれたものです。ちょうど出会いから5年になりますが、その間に色々と学ばせてもらっているし、お世話になっています!今回も来てもらっているのですが学ばせてもらっているのはこちらのほうですし、その気持ちを持って今日も一日一緒に関われた事をうれしく思います!
午前は一緒にトレーニング!!

スタートはハプニングもあってゆっくり顔合わせなども出来ませんでしたが、子供同士なので打ち解けるのは早いし、うちもこういう関わり方が上手になってきたと思えます。みんなが次のステージに進む時に、必ずと言っていい程『壁』になる事と言うのは人との関わりに関しての事です。

自分に合わない基準を『合わない人』と括り、本当は『合わせる力がない事』を知りません。その自分基準の判断しか出来ないとずっと狭いコミュニティでイジける人生になる。そうじゃなく、より多くの人と出会い、関わりを持つ事で、多くを知り、多くを学び、全ての出会いに感謝出来るようになるものです。
どちらが良いか?を押し付ける事は出来ませんがみんなにとって幸せを感じる大きさは比べるまでもありません。

一緒の事が同じように出来なくても、それを根気強く教える経験、教わる経験、それが人の器を大きくしていくのです。残念ながら、全員がそれをやる事は出来ません。面倒だから、苦手だから、恥ずかしいから、と色々な理由の中で関わりを持たない子もいます。当然ですが、その人間は先で必ず人の悩みを持つ事になるし、その時に気付く子もいれば、その時も人のせいにして逃げる事になります。人の人生にまで口出し出来ないし、どれが幸せか?も人によって違うので正解として言うのではないのですが、やっぱり自分から少しでも人に対して歩み寄る努力をする事が多くの友達、仲間、理解者を生む最良の方法だと思います。
自分がこの場で学んでほしいのは、サッカーはもちろんですがやっぱり人間としての大切な部分。

ファルコにしか、この場にしかないものがあります。でも、それを自覚している子と、サッカーだけを学ぶ場所としか思っていない子とは得るものが違います。卒業する時に、成果が違うとすればその考え方や捉え方です。実際に、こういう交流自体を楽しめる人間と面倒だと思う人間がいると思います。今のファルコは学ぶ大切さを理解しているから面倒だと感じる人間はいないですが、積極性にはやっぱり大きな差があります。そういう中で、自分から向かえる人間、入っていける人間、受け入れる人間がいる事がファルコとして大きくなっていける可能性だとも思っています。ゼロじゃない限り大きくなっていける!そう信じてこれからもより多くの交流をしていきたいと思います。
午後は希望者でプール遊び♪

幸いプールも八千代の小さな場所という事もあり、完全に貸切状態でした♪

身体いっぱい使って遊べる時間。人が人と関わる時に、我慢をするとストレスがたくさん増えますが、解放すると本当に幸せな時間となります。性格だから・・じゃなく、自分自身のそう思う小さな心から変えていく事がファルコでやるべき事だと再確認出来ました。サッカーを通してみんなはこういう繋がりを持てるという事は誇りに思ってほしい!

これからも多くの出会いがある中で、一つ一つの出会いを大切にする『一期一会』の精神で感謝の心を忘れずにがんばりましょう!!

JFS..S鳥取さん、坂口さん、ありがとうございました(礼)
2019/08/30のBlog
[ 21:52 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習会!!

夏休みもいよいよ最終に迫ってきました。みんな宿題は終わったかな?自分が学生の頃はこの最終日まで勉強に追われていました(笑) 早く済ませるのが苦手だった自分もどうしても終盤に追い込まれないと出来ないという性質でしたが、間に合わなかった事も一度もありません。

みんなは新学期を元気に迎える為にも早めに宿題を終わらせてくださいね!
今日も一緒に積み重ね!

出来る事が必ず中学生の多い訳ではありません。でも、小学生だから出来なくても良い、じゃありません。お互いに、常に向上心を持って今より良くする気持ちを持ってがんばれるといいね!

ボールを喜ばせる、人を喜ばせる。そういう気持ちを持ってサッカーが出来たらどれだけ素晴らしいでしょうね!綺麗事ではなく、本当にそういう能力は必要だろうしうまい選手はみんなそうなっています。雑に扱う選手はボールに嫌われる。大事な場面でトラップミスをする選手はそういう事なんでしょう!
まずはリフティングからしていきました!!

身体を賢く、脳を使いながら!簡単には出来ないし、うまくは出来ませんが、各自が何かの才能を持っている事を見つけられるといいね!何も出来ない子なんていません!全部が出来なくても構いません。『自分だけ』の武器があればそれが一番だし、そこを磨けると十分に良い選手だと思います。

そこからはドリブル。自分の世界観を持って試合をイメージ出来る事。ドリブルをやるのではなく、サッカーをやるという事。ちょっとずつ世界観が見えてきましたね!
速ければ、多く触ればそれで良いのではなく、自分という選手がどうやって人との違いを出せるかどうか?ですね!

観る事、探る事、見つける事、逆を取る事、コースを作る事、時間を作る事、いっぱい人との違いは出せます。何をしたいか?それをどうやって表現するか?いっぱい考える時間はあります。焦らずにやっていきましょうね!!

今日が調子の良い子、良くない子もいるでしょう。うまくいかない時もあって良い。でも、大事な事はそんな自分も向き合ってあげる事。目を背けない、逃げない事。

成長期!改革期!みんなの毎日は本当に大切なのです!!ゆっくりゆっくりがんばりましょう!!
2019/08/29のBlog
[ 22:40 ] [ 練習の様子 ]
今日は室内練習!!

最初から来たメンバーで自由にチームを選んで試合をしてもらいました♪決めない、事で見えるものだったり、自由さによる余裕だったりがたくさん見えました。設定作りが重要だと思う中で、こちら主導で何かをやる時と、自由から引き出す事を明確に分けないといけないし、その為にも『自由』を間違えないようにしたいですね!!

ずっとこの解釈は間違っていたと思うし、今でも正しいかどうか?は分かりません。でも、色々経験していく中で変化してきたし、今が完成でなくても良いから人生の中で挑戦を続けたいと思います。
みんなボールを触っている時の表情がとても良くなりました!!

うまい?うまくない?って目で評価をされたらまだまだです、と言わざるを得ません。でも、各自の入会当初と比べたら???となれば相当良くなっています。

自分自身もずっと間違って見ていた『技術の高さ』というもの。リフティングだと回数という基準だったり、走る事ならタイムという評価の仕方。自分もそうでした・・・。

でも、少し考えれば分かるんですが、それって誰が見ても分かる、素人さんでも分かる事ですよね?だったらそこにコーチは必要ないじゃないですか???って話。そこに意識がいかなかった自分。
今は、ボールと仲良くなっていく事、こだわりを持ちながら触ろうと出来る事、『タッチ数』ではなく『タッチの仕方』に目がいくようになった。

目でサッカーをやるんだよ、って鳥取で教わってからもう5年・・・。最初は聴いてるだけで意味が全く分からなかった自分・・・。今でも全てを理解出来ている訳じゃないけれど、あの頃よりは意味を理解し、何より目の前の子供が変化、成長している手応えまで感じられる。本当にこの5年間に出会った全ての方に感謝をしたいし、一番のきっかけをくださった坂口さんへは感謝しかありません!
ようやく子供を『座って観れる』大人になれました(笑)

行動が正しい、正しくないの話ではなくて『そうやって出来る余裕が自分の中に出来たという成果』です。

順天堂大学の吉村先生には『チームを一ヶ月間放っておけるようなコーチになったら魅力あるだろうね』と言われた言葉の意味もようやく少しずつ理解しようとしている。コーチ=子供を変えるとか、伸ばすとか、関わる事、入っていく事が前提にあり過ぎた。でも、経験をしていく中で『いかに距離を置くか?』の重要性を分かってきた。全ては『子供主体』か『自己満足』かの差。
このチーム、このメンバーと関われる幸せ。

自分の人生の中で必要な時間。

うまくなっていくし、楽しんでくれている(これはまだ自分の主観だから完璧ではない)から自分も楽しめる。うまくいってるの???とか聞かれても『うまくいってる時なんかないよ』と答えるけど、『それが楽しい』とも言える。

常に自分への課題。気付かせてもらえる環境に感謝!!もっともっと良くなって早くコーチと呼べる存在になりたいです!!
2019/08/28のBlog
今日は朝からグリム加西店さんにて、パン作り教室を開催していただきました♪

オーナーでがんばっておられる加古くんには毎年お世話になりっぱなしですが、本当に良い経験をさせてもらっているので今年もまた1年生をお願いしました。今年は加古くんの息子である龍之介くんも今はファルコ生としてがんばってくれているという形だったので前回はサポートとして助けてくれた龍之介くんが今回は生徒として、こんかいあポートしてくれたのは龍之介くんの弟である翔太郎くんでした!!とても大きくなっていたし、会う度に大人になっていく姿には感心するばかりです。

そんな加古くん一家に支えられて今年もパン作り教室スタートしました♪
ちょっと最初は緊張している感じもありましたが、さすがは1年生!!

あっという間に雰囲気を作り出し、お店は休みで貸切状態の中で毎年行っているのですが、店が営業してるの???というぐらいに元気いっぱいのみんなでした(笑)

うまくいかない連続の中である子は、『うぉ~~悔しいから俺パン職人になる~~~!!!』などと嘆きながら奮闘していました(笑) でも、最後は『やっぱりサッカー選手にな~ろっと~~~♪』と夢を変えていました(笑)
ん???カメですよ!!!これはタコ???(笑)

みたいな感じで、例年以上にオリジナリティが溢れる今年のメンバーは作業中から個性がたくさんで、とても楽しみながら取り組んでいました。うまく出来ないのは当たり前だし、そういう中でも楽しめるというのは1年生の強みだと思います。みんな素直で真っ直ぐだから、時にはぶつかる事も多々ありそうですが・・・・一緒にいて飽きない学年ですね!!それぞれの学年にカラーがあるし、この学年だけの関わりをやっていかないと成功しないので、色々気を付けながらやっていきたいと思います!
今年はクイズ大会をパンが焼き上がるまでの時間に行ってくれて、優勝商品は何と!!アンパンマンパンマンパンマン・・・マン・・・パン・・・(笑)

とにかくかわいいし食べるのがもったいない感じはしましたが、5問のクイズで4問正解し、同じく4問正解で決勝を戦った大輝くんと斗碧くん!!見事サドンデスを制したのは大輝くんでした!!毎年出してくれるクイズは自分も知らない事ばかり!

パンに関する問題ですが知識としても知っておいて得をする事ばかりだったので聞いていても楽しかったです♪ちなみにコーチは5問中3問正解でした♪最下位は2択で外しまくった勝斗くんが1問だけ正解となりました(笑)
最後の写真は何故かベタベタ・・・・(笑)

雨が降っているのに、駐車場でサッカーしまくりの子供達!やっぱり好きな者同士が集まるとやってしまうんですね!みんな楽しみながらもどんどんうまくなってほしいですね!

毎年の事であっても受け入れてくれて、指導は優しく丁寧にしてもらえる事。触った事がない生地には思いや気持ちも入れないとうまくは出来ない事。焼き上がりのイメージを持って作っていく事。お客さん(仕上げ)の事を考えて作る事など、サッカーやそれ以外にも十分過ぎる役立つ要素があります。それを『話』ではなく『体験』させてもらえる事はこれ以上ないありがたい事だと思います!みんなの成長に必要な材料をまた与えてくださいましたね!今年も美味しいパンをありがとうございました(礼)

皆さんも美味しいパンを食べたい時には是非『グリム加西店』へ!!
2019/08/25のBlog
今日は年に一度の大きなイベントとなる『ファルコ夏祭り』の開催日でした♪

この日に合わせて保護者の方々も相当に準備をしてくださっていて、当日となる今日も夏祭りは18時からスタート!スタッフは16時集合にしていたのに、3年生の保護者の方々はそれ以上に早い15時集合をしてくださり、スタッフよりも早く準備をしてくださいました(本当に感謝しかありません)。

そんな手際の良い準備とは裏腹に、分厚い雲がどんどんと空を覆ってきました・・・。

何とかもってくれ~~~という願いも虚しく16時頃からは強烈な大雨となってしまいました・・・。グランドはみるみるうちに田んぼ状態となりあっという間に夏祭りの会場は水で埋まってしまいました・・・。
それでも保護者の方とも相談し、本来雨ならばファルコ生だけでやろうという話をしていたのですが、急な雨で会場移動も難しかった事もあり、上の体育館を借りれる事になりました!

時間も時間で連絡を回せる余裕もなかったので、スクール生やみんなの兄弟とその友達にも参加してもらったのですが、この足元の悪い中、かなりの数の人が集まってくれたのです!!本当にうれしかったですね!過去の中でもファルコ生以外でここまで参加をしてくれた年はなかったかも知れません。それぐらいに会場は子供の素敵な笑顔でいっぱいに包まれて、当然そんな笑顔に包まれたらその親もみんな笑顔でした♪
小さな子(ファルコ生やスクール生の兄弟)も多くて、そんな子供達も退屈しないような『ボールすくい』を企画してくださった事もあって、イベントの最初から最後までこのブースはお客さんがゼロになる事はありませんでしたね!!(本日最強のお店でした♪)

スタッフが振舞うかき氷も、例年に比べてたくさん食べていただけました!!その理由は①みんなの熱気によって暑かった事②味の種類が豊富だった事(4種類)③堀金コーチの呼び込みが巧みだった事です(笑) 特に堀金コーチの呼び込みは子供にとって脅威だったと思います(笑)

空気の読めるスタッフ達、そして盛り上げてくださる保護者のおかげで本当に楽しい時間となりました!!
ゲームを自由にしてもらってからは卒業生の波琉くんに特別ゲストとして来てもらっていたので、みんなの前で圧倒的な技術を駆使したフリースタイルを披露してもらいました♪

異次元に近い動きをするそのプレーには小学生の目はキラキラになっていました♪人前であまり見せる機会がなかったであろう波琉くんと、せっかくリフティングに興味を持ち始めている子供達との気持ちが一致した事もあり、この時間も会場は盛り上がったし、その後もずっと個別に色々練習している姿が終わる時間まで続いていたのを見てもその『惹きつける力』を発揮した波琉くんには脱帽だし、そんな卒業生がいてくれて誇りに思います!
悪天候だったとは思えない会場の雰囲気!!

みんなの笑顔は本当にコーチにとっての宝物です!昼間はアミーゴの試合をしたり、育成についてずっと毎日悩みっぱなしだけど、この笑顔を見れた事で気持ちは大きく晴れました♪悩みに終わりはありませんが、こんな素敵な笑顔を見せてくれる子供達と繋がっている事に幸せと思わない人間はいないでしょう!!

この場を作ってくださったのは企画、運営を中心でやってくださった3年生の保護者の方々、そしてその気持ちに応えるかのように参加してくださった1,2年生の保護者の方々、さらにはスクール生、エリート塾生の選手とその保護者の方々、この一人一人の関わってくださる力によって盛大なものとなった事に感謝の言葉では伝えきれない気持ちでいっぱいです!!これからもファルコに力を貸してくださるように、こちらも、貸したいと思われるチームになれるようにがんばりたいと思います!!

皆さん、本当にありがとうございました(礼)
2019/08/24のBlog
[ 19:56 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からトレーニングマッチ!!

高円宮杯に敗戦してしまったうちですが、明日その大会を迎えるコスモスさんの仕上げのトレーニングマッチをさせてもらえた事、モチベーションの高い相手とやれるのは本当にありがたい事です。

グランドも昨日の雨の影響がほとんどなく、良い状態でそこで準備もしてくださって迎えてもらえる事への感謝・・・が選手達には相変わらず少ないと思う。一日の試合を通して感じるのはやっぱりそういう部分。みんな自分の事しか考えていないから平気で不満を出すし、仲間の為にというプレー、動きが少ない。
ありがたい環境でやれている事をありがたいと思えない感覚・・・やっぱりこういう部分に『過保護』をしてしまっている事を痛感します。

普段に苦労をする時間、経験が少ないから自分が思う感謝の基準よりもかなり低いし、やってもらって当たり前、ばかりがみんなに蔓延していると感じる。

当然、それがプレーの精度一つ一つにも繋がっているから『ナイス!!』と声掛けしている基準も相当に低い。。。
いや、全然繋がってもいないやん・・・・と思うプレーでも、大体でナイスを言ってしまう。当然言われた側は『あれでいいんや』と思うから、自身への評価ラインも下がる。

楽しくやりたい、雰囲気を大事にしたい、その気持ちは分かるけど一緒に良くなろうとする仲間に対する『叱咤激励』という事は絶対に必要。今のみんなの基準で例えば自主トレをしても『ま、いっか』と辞めてしまったり、しんどくなったら終わる、という事になる。

厳しさがどこにもない。だから、戦えないし向き合えない。

今日、それが非常に出たゲーム内容でした。
みんなよりも早くにその悔しさや負けたくない気持ちと向き合い、気付いて、何度も泣いてきた二人が怪我と進路の件で不在だっただけでそういう精神面を引っ張る存在が今日はゼロだった事。

その二人に相当に甘えてきていた事に気付いただろうか?自分自身がチームを前向きにする力(厳しさ)がない事に気付けたかい?

喜びたい。楽しみたい。

その感情の裏には、必ず

悔しい。辛い。負けたくない。

に打ち勝った経験がある事を忘れるな!
平々凡々と楽しむとは訳が違うし、価値も違う。

これはどの年代になっても同じ。

『自分基準』の楽しみ方しか出来ない人間と、『社会(組織)全体の基準』で楽しめる人間との違い。全然意味が違う。

サッカーは一人でやるスポーツじゃないだけに、全体への気配り、目配りが出来る人間であってもらいたい。遊ぶだけの楽しいはいい加減に卒業してほしい。人に頼らないでほしい。

主役は俺だ!という選手が今日は一人もいなかった事。それが今日の成果でした。


対戦、準備をしてくださったコスモスさん、ありがとうございました(礼)
2019/08/23のBlog
[ 23:26 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習でファルコとエリート塾との合同練習!!

天気が微妙で雨も降ったりやんだりでした・・・。そういう中で活動する場所を探すのも苦労するのですが、体育館を貸していただけたので半面でしたが、活動が出来るのはありがたいです!

練習前には少し雨もやんでいる時間もあったので最初は各自で『ファルコ坂』でのリフティング!今日のクリアは25名中6名!!まずまずの出来ではないでしょうか!!
基礎技術。という言い方ではないかも知れませんが持っていて損をする事はないので、しっかりと身につけていきましょう!
そこから室内でのトレーニング!!

序盤はボールを自然な形で扱えるようになる為に、脳を動かしながら触れるように、という事を意識してやっていきました!

頭も身体も柔らかい時期なので、こうやってやっていく事で染み付いていく事も多々あります。今出来る、出来ないは関係なく、意識をして(脳を動かして)やっていく事で身体はどんどん賢くなっていくと思います。
途中でも話をしたのですが、みんなは一つ条件を付けると『身体が、動きが一気に不自然』になる。

身体、動きがぎこちなくなるのはそれだけ今までの自分の身体が『何かに支配されてきた』からでしょう!これからは自分を解放し、自分の意思で扱えるようになってもらいたいのです。どうしたい、こうしたい、を持って自分でそこを目指せる工夫をしていければ努力は楽しいものになっていくと思います!

自然に動く事、自然に動かせる事、ここにこだわっていきたいと思う。

子供が無理な力、無理ながんばりをして故障をしていく事も多々あるけれど、そうではなく無駄な力を抜いて一番自然な力を発揮してほしいと思う。

脳を使いながら身体を賢く動かす事。今こだわっているトレーニングの中身!ボールを蹴る、止める、扱う、などの動作が『分離しない』事。一つの流れ、一つの括りとして繋がっていく事を自分自身で楽しんでいけるようにしたいね!
後半は、裸足でのプレー!!

みんな、うまくなったね!という理由がこの原点の形で見えました。普段隠れている足が本物になってきたから、裸足でもプレーが確実にうまくなっている。靴に頼っていない本物の足(身体)が出来上がってくると怪我ももちろん減ってくるはず!

良い雰囲気でみんなやれていたと思います。トレーニングの価値ってどれだけ前向きに取り組めるか?だと思う。エリート塾生がファルコ生に興味持っているシーンも多々見れましたが、後はそこから一歩踏み込んで『聞く・一緒に考える』に入っていけるともっと自分が良くなると思います!金曜日は良い時間になるのは、その機会、チャンスが多い事。教える側も、教わる側も両方良くなっていくようにがんばりましょう!!
2019/08/22のBlog
[ 22:01 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

コーチをされている方々なら一度は思った事があると思います。

『どんな練習したらいいんやろ???』って(笑)

最近では便利な世の中ですから、Googleさんに聞けば大抵の答えは見つかります(笑)

それも相当高い精度でね!
だけど、肝心なのは自分達は『一人一人の選手を預かっている』という事であり、そこにマニュアルはないという事ですね!

目の前でいてくれる子供達に今何を教えていくのか?伝えていくのか?考えてもらうのか?知ってもらうのか?という事。教科書なんてないし、やり方なんて考えるしかない。と言うよりも『純粋な心と目』で子供を観れれば必然的に分かる事なんだろうと思う。そこに余計な自分の経験を挟み、体験を挟み、主観を挟み、データを挟んだりするから必要でもない、必要さを感じさせない状態で押し付けるメニューが増える事になる。
サッカーってシンプルなようで、複雑。足りない事や必要な事は山程あるし、追いかければキリがない。だとすれば、その追いかける事よりも『出来る事をベースに伸ばしていく』ほうが子供自身のモチベーションは保てる。

個別に壁にはぶち当たる。それも当然。成長=壁の連続ですからね!一つ越えればまた次の壁が出てくるもの。一生それは続いていくと思うし、それが分かれば『あ、また成長出来るチャンスだ』と思えるようになる。最初はストレスに感じるようなものが、段々自分の中で当たり前の基準になっていく事で努力が自然なものとなり、成果も必然的になる。
何にチャレンジ出来たか?何をがんばれたのか?意識出来たのか?

各自の中に一つでも、一ミリでも残ればうれしい!それをどれだけ残せるか?がこちらのコーチとしての大切な役目。同時に、出来ない事にも向き合わせたり気付かせたりする事も大切。

いつも笑顔で、ってみんなに共通とはいかない。背負ってきた過去もあるしね!苦労してきた子は笑顔の数が増えるし、苦労せずにやってきた子はここで苦労を知る事も大事なんです。子供が成長するという事は苦難に出会う事は当たり前で、そこに向き合わせる大人の覚悟が必要になる。しかもそれは大人の都合に合わせるものではない。見守る大人の気分に余裕がある時、ない時、関係ない。子供自身が戦う場を、環境をどれだけ用意出来るか?の覚悟は親も本当に必要なんです。
ずっと子供と一緒にいる中で、対話の時間を増やしていると色々見えてきます。

そして、子供の思考はほとんど親で左右されてしまいます・・・。だから、自分の基準や自分の都合で押し付けていないか?やらせていないか?一緒に考える事や家庭の決め事は本当に一緒に決めているだろうか?親の一方的な基準になっていないか?今一度考えてほしいと思います。

これは、コーチをしている自分が十数年させてもらって気付いた事です。こちらの基準で正しいと思って『やらせてきた事』はほとんど無意味に近かったという事。大人の満足の為にさせていた事。何度も経験してきました。この夏休みに多くのOBと出会い、話もさせてもらった中で、年々子供達が考えを持てるようになっているし、それは自分自身が変われたからだと思います。だから、親としても一生に一度の子育てを失敗したくない、とか思う気持ちは強くあると思いますが、その『子育て失敗』とは何か?を考えないといけないと思います。自分の思い通りにさせる、進ませる、やらせる事が成功になっていないか?失敗は自分に意見してきた時、反論した時だと思っていないか?

子育てとは、子供が主役の人生になる為のお手伝いだと思います。主役が自分にならない事。大人が、環境を作れるように、自分も自分を戒めながらがんばります!!
2019/08/20のBlog
[ 22:25 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイターの練習!!

部分練習をやると局所の強化は出来ても全体像がなくなる。全体をやると局所がボヤける。という風にコーチをさせてもらうと一度が当たる壁ではないでしょうか?メニューをやる際に考えて、悩んで、という事を。

もちろん同じように悩む事はありますが、昨日のスタッフミーティングで頭を整理しておいたので今日は言葉に意識を置いてトレーニングをしました。
・どうすれば伝わるのか?
・伝えたほうが良いのか?
・伝える時の自身の心は整っているのか?

などをかなり意識しました。終わってからも今中代表に確認をしてもらったのですが、今日は練習中に自分も、今中代表も意識をして出来ていたという事が分かりました。

昼間にはOBの試合を観る機会があったので、そこでも勉強になりました。毎日のトレーニングで、何を意識しているのか?という事の重要さ。いくら時間が多くても、長くても、無意識にやっているものでは身に染み込まない。大切な事は日々の、行動の意識!!
怪我をしてもサポートをしてくれる選手もいます。

大事な心を磨く習慣はこういう毎日で成り立っているのです。何をやるのか?何の為にやるのか?トレーニングという時間が一体どういうものなのか?を考えた子はほとんどいないと思います・・・・。

近年、サッカーを『習い事』の一つにされている感覚が多い・・・。これぐらいでいいでしょ・・・という感覚。だから、トレーニングをする、ではなく『習い事を教わる』になる。気持ちから受け身となり、自ら考える習慣は本当に少ない。

コピーロボットのような人間が増えてもサッカーは成功しない。技術のミスが少ないだけでは強くはなれないのです。
そしたら強くなる為には???

サッカーをうまくやる為に必要な条件として3つ言いました。

①相手
②スペース
③仲間の状況(状態)

です。逆に言うとミスはこの3つの何かが欠けている時だという事。特にファルコは③の仲間を意識する事が少なく、ここは今後のチームにとっても重要課題。個を磨くと全体が疎かになる、じゃなく個を磨く方法が上手ならきっと全体も良くなるという考え方で、自分の中でしっかりと成果を出せるようにがんばっていきたい!
それを意識してトレーニングをしてもらい、途中考え方やサッカーの事の話も多くの子(グループ)とやれました!

でも、意図的にやらなかったグループがあります。それは『今は言っても聞かない』からです。行動には心理が出ます。3年生の中には高円宮杯を終えた時点で目標を見失っているような感覚が見受けられます。個人としてどこまでも成長出来る時間に、自分から放棄するなんて何てもったいないのでしょう・・・・。

だから指示もしないし、見守る形にしましたがメニューの最後まで改善しませんでした。最後のゲームの前には話しましたが、育成年代の君達に『引退』はありませんが、自分からやる気を失い、やる価値を見い出せないならば自分から辞める引退は出来るという事です。こちらは応援はしますが、強制はしません。楽を選べばまたしんどい事(しんどいと思っている事)がずっと自分の前に来るのですが、逃げる人生を選ぶのもまた本人。自分という人間を磨くのに終わりなどないのですが、そんな事を今言っても聞かない、聞けないのが中学生という年代なのかも知れませんね。大事な年代を預かっている中、苦労、苦悩、葛藤とは切っても切れない縁かも知れません。。。

それを楽しめる大人になるまでがんばります!!