ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6493件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/09/10のBlog
[ 22:30 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

二学期に入り、まだまだ夏日の毎日。朝晩はちょっと秋の気配を感じられますが、日中はまだ暑さが厳しいです。そんな気温の変化の上、夕立の多いここ最近・・・。

今日も激しい雷雨があってグランドはあっという間に水浸しになりました。なので、今日は室内練習という事になりました。活動出来る場所があればみんなと出会えるし、みんなの大事な一日に寄り添える時間に感謝したいと思います。

今日は昼間に近くの中学校が体育祭の練習をしている横を通りました。

暑い昼間に体育祭までの短い時間に仕上げようとがんばっているから当然一日の練習時間も長いと思います。そんなハードな日程を終えて練習に来る訳ですから身体は疲れているとは思います。疲れから怪我を発症する事も多いし、無理はさせたくない時期ではあるので、運動量はあまり多くしない中で中身へのこだわりという点ではしっかりと持って今日もやろうと思いました。

身体を思う通りに扱う事と、ボールを思う通りに扱う。その両方を動きの中で出来るようになってこそ本当に意味が出てくる。
どうしても順序、という風にまずはこれ、次にこれ、というやり方をしてしまうのですが、そうではなくて○○しながらという風に一緒にやる要素を組み合わせていく事。そして、それらを『繋ぐ』事の重要性を今、一番自分は大切にしたいと思っている所です。

箇所が良くても、繋ぎが悪いと成果も結果も出ない。これはサッカーでも同じ。例えば強烈なストライカーが居ても、周りとの関係性が低いとボールは回ってこないし、得点も出来ないという事。引き出し合えるかどうか?も選手一人一人の能力の一つと言える。いくら個人でボール扱いが良くても全体の中、流れの中でそれを活かす場所、方法を知っていないと価値がないのと同じ。
最初のリフティングから、次のパス練習も全部同じ。

自分という身体が一つの流れ(リフティングなら次の箇所へのタッチ、パスなら次出すまでのトラップやボールの置き所など)で乱れない事。どこかで無理な動作や、無駄な動作が入る。自然じゃないから負担が掛かる。

何事も同じだと思う。日本人の感覚で、まだ『特別な事をやるのがすごい選手』だと思う感覚は根強いだろう・・・。その特別というのは自然な事をやれる上での事。自然な動きが出来ないのに特別感を出そうと必死にクルクル回ったり、無理にアウトサイドでパスをしてみたりするのが違うんだと思う。
特別な何かを積み上げるのではなく、『今あるものとまずはしっかりと向き合う』事が先決でしょう!

今の自分は何が出来るのか?何が見えているのか?何を目指しているのか?

その上で、何が出来ていないのか?どこが見えていないのか?どんな努力が足りないのか?を知る事でしょう。

その作業をそっちのけにして、『がんばる』は絶対に無意味だと分かる。大人はこの『闇雲でもがんばる』姿に安心をしてしまう人が多い。。。でも、実際はそんな事は長続きしないし、無意味だし、大人が喜ぶ以外の成果が残らない。自分のものとして残していく為にも自身を見つめる時間が絶対不可欠!!

そう思うからこそ、今日も対話に時間を費やす事になった。努力をする為の方向性、ビジョン、意味、方法。それらをきちんと整理出来なければその場凌ぎになるだけ。大人を喜ばせる努力ではなく、本当の意味での自分の為の努力を出来るように、分からない子供には嫌がられてでも伝えていこうと思います。

自分にしか出来ない事・・・・覚悟してやります!!
2019/09/07のBlog
[ 13:49 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からFC志染さんとの合同交流会!!

まだ確定ではありませんが、FC志染さんも3年生が引退すると人数的に活動が厳しくなるという事で、うちと活動を一緒にやっていく話をしながらやっています。地理的なものもあるし、条件の事など色々あるのですぐに解決する話ではありませんが、サッカーをしたい子供達を第一に考えた時に、活動をさせてあげながら環境を整えてあげたいので、ゆっくりと交流しながらお互いに理解を深めていけたらいいな、と思います。

今日はその為の最初の活動でした。各学年でチームを作って紅白戦形式でやるようにしました!
さすがにお互い緊張している感じがありましたが、時間の経過と共に慣れてきていたと思います。

特に2年生はキャラが似ていると言うか、全体的にみんなおとなしい感じなので、その辺りの波長も合っているみたいです(本当はもっとガンガンと前に出てほしいのですが・・・(笑))

今日は顔合わせ。相手のある事だから一緒にがんばろうと思える仲間でないとやっぱりやっていけないだろうし、サッカーを通して新しい出会いがこうやって増えていくのは良いよ思います。
各学年でのゲームだったので、当然3年生がまずは貫禄を見せました!!

3年生は各自が一番得意なポジションをしない事、を条件に普段とは違うポジションをしながら特性を活かしていたので良いゲーム運びが出来ていたと思う。技術レベルも高かったので相手がいても慌てない中盤と、相手の中盤には慌てさせる速いプレスが効いていましたね!

判断する前にどんどん勢いを持って向かっていく3年生がしっかりとゲームを支配していました。そこに1,2年生はどう食らいついていけるのか?でしたが、それぞれの学年のカラー、特徴は見えたと思います。
サッカーの内容と言うか、狙いの多さでは1年生が一番良かったと思います。

能力の高さでどうしても負けてしまうシーンが目立ちましたが、人と人の距離感は一番良かったし、前向きな姿勢でボールを奪えるシーンも多かったと思います。2年生はお互いを知らない同士の遠慮が強く見えた事もあって、ボールの繋がりがイマイチでしたが、各自の良さという面ではしっかりと出せていました。繋がりを意識して、仲間を通してより自分の良さを出していけるようになればもっと楽しみなチームになっていくだろうと思います。
勝敗ではなく、サッカーを通した繋がりの広がり。これがまずは一番!!

そして、色々あるチームの中で選んでもらえたという事の価値。一緒にやりたいと思ってもらえた事もうれしいし、せっかくサッカーを続けたい選手達が続けられる環境がある事が何よりも意味のある事だと思います。うちも2年生は人数が少ないだけに、こうやって一緒に出来る仲間が増えると心強いと思います。

各自のサッカーに対する向き合い方など、改善出来る部分はまだまだあります。それをこうした新しい出会いを通して刺激を受けながら自分を良くしていけるようにがんばりましょう!!

交流していただいたFC志染の皆さん、ありがとうございました(礼)
2019/09/06のBlog
[ 22:55 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習!!

一人一人の意識の差が明確に見えてきている所。何を目標にしているか?運動会や体育祭の練習で身体自体が疲れている所なので、そういう意識がない子の行動はとにかく『ダラダラ』が中心になる。何をしたらいいの?どうしたらいいの?を聞かないと動けない子が多いし、それも説明段階で無駄話をしているから聞いていないだけの子が多い。

差が本当に出てきている。稲刈りと同じで、畑に対しての愛情を注ぎ、日光と雨をバランス良く受けて育つと実りの秋に大収穫となる。でも、反対に台風や自然災害に遭うと不作となる。自分は今どちらの状態ですからね?秋は差が大きく見える時なのですよ。
場に慣れる、というのは良い意味でも悪い意味でもある。

その良さ、悪さも、自分の考え方になるからです!

『楽やわ』と思った瞬間終わり。

楽しいと楽は違う事を分かった人間は成長するけど、楽=楽しいの感覚しか知らない子が増えている。それは環境を選べる時代だから。

自分の感覚とズレたら『ここは合わない』と簡単に辞めたり出来る時代だから。そうやってサッカーを習い始めた段階の頃から苦労もせずに嫌な事から逃げていると当然大きくなってもその感覚。がんばる事が二度と出来ない大人になる。
場で努力出来る人間というのは目標がある人間。

こうなりたい、こうしたい、これをやってみたい。

イメージ、チャレンジ、ビジョンを持っている人間。

それがあるとないでは行動も、プレーも、取り組む姿勢も全く違う。大きな差を感じているのはコーチだけ。もちろん差がついている事にすら危機感のない子が多いから。

『しょうがない』『あいつはうまいし』『どうせ俺は・・・』の思考。これでは上達しないのは当然ですよ。
対話を増やし、気になる子には聞くようにしている。

自分のイメージ、考えだけを持っているとやっぱり子供に対して『偏見』を持ってしまうので、それは絶対にならないようにまずしっかりと聞いてみる。その上で自分の考え方を伝えて一緒に合わせていく作業が正しいと思う。

お互いに納得していない状態では前向きな努力は不可能。納得出来る形にしていく為にも対話は重要であり、仲間と言葉を交わす習慣はどこでも持ってほしい。自分の考えに執着する人間程怖い人はいない。自分を正しいと思っている人間が一番怖い。

それをプライドと勘違いしている人が人に教える立場になってはいけない。
最近思う事。

教える人というのは教わる事も出来る人だと思う。一方的はないし、学べる人が人に何かを伝えられる、人に何かを与えられる人になるんだと思う。

だから、伝えたいから聞く。聞くから伝えられる。この両方を出来る人間になってほしいな~~~!自分もまだまだだけど、それを目指してやっている。だから現場での対話は増えている。狭い世界の狭い価値観ではなく、広げていけるようにがんばりましょうね!!
2019/09/05のBlog
[ 23:09 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

トレーニングにOBの唯人くんが来てくれました!作陽高校に進学し、そこで自分がサッカーをやり続ける道とフットサルに行く道があり、悩んだ結果フットサルの道を選び、その結果、フットサルでは全国大会にも出場出来たという選手!今でも大学でフットサルをがんばっているそうで・・・ファルコの時には主将をしてもらったし、能力値の高さでがんばっていたのですが、やっぱり4年も過ぎると本当に大人になりました。考え方、話し方も大人になっていたし、とても良い成長をしていると感心しました。

そういう姿を見ながらこの今がんばってくれているメンバーもいつかは『OB』になる訳だし、その時に『ファルコで学んだ事が活きてます』と言われるようになりたいですね!
トレーニングは人数の少ない木曜日でしたが、選択肢のあるトレーニングと言うか、みんな同じ事を同じようにやらせる、という発想が今はあまりないし、それは不自然でもあると思うので、ちょっと色々変えてみようと思います。

やりたい気持ちが最優先であってほしいのと、その気持ちがベースで成長していくという現実。それがないのに、メニューを与えてもこなしてしまうだけになるので、あまりみんなの中に残っていきません。そうではなく、『今日はこれ』という一つであっても残せるほうが有意義だと思うので、そういう形を意識していきたいです。
リフティングも、身体が少し賢くなっている感じがします。

無理に、強引に、という今までのイメージだったみんながだいぶゆったりとボールと対話出来ているという感じになりました。ボールがどうしてうまく扱えないのか?少しずつ自分で見つめる事が出来るようになってきたようです!

ドリブル練習も『絵』がちょっとずつ見えてきました。各自の持っている絵があるのとないのとでは大違い。そこが出てきたのは良い傾向なので、次の段階としては『繋がり』を持って絵を描いてほしいですね!
ある中盤の選手と今日は一番話をしたのですが、未来がある選手達に『今』詰め込み過ぎるのは絶対に良くないので、可能な範囲でプラスしていくペースを大事にしていこうと思う。

伝える際にも、一方的にならずに一緒に理解しながら、目指す形やイメージを揃えながらやっていきたいと思う。そう思うのは、自分自身がコーチとして『見抜く能力』が長けていないからです。自分には『観る・目』が弱点とも言えます。だからこそ、勝手な視点で子供の才能や可能性を潰さないようにしていく。一緒に考えて、一緒に道を進んでいくイメージでやっていこうと思う。
選手はそうですが、チームとしても、コーチとしても『個性(カラー)』が必要です。それは意識して作るものではないと思うし、自然と出たり溢れている事だからこそカラーなんだと思う。

自分にも自分のカラーがあり、そこを中心に現場をやっていく事が結局は子供にとっても良い時間になると思っています。あれこれ悩んでも、出来もしない事にいくら時間を費やしてもやっぱり出来ないものは出来ない。それよりも『自分に出来る事・自分にしか出来ない事』を考えてやったほうが確実に子供が成長する手伝いになれる。

選手が一人成長する為には、自分自身が一つ成長しなければいけないという事。これからも、ずっとそれは忘れずにやっていきたいと思います。
2019/09/03のBlog
[ 22:29 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

新学期がいよいよ始まりました。長い休みだったからこそ、このスタートはとても重要。良い準備をしていたかどうか?がハッキリ見えます。

スタートの切り方が本当に大事だと自分は思います。終わり良ければ・・・という言葉はありますが、それは正直結果論だけでしか評価をしない人の言い訳のように思います。自分の生活を振り返って考えても『終わり』はまずありません。育成年代を預かり、このファルコで3年間関わらせてもらっても、次のステージがあり、繋がりがある。その先にどうなっているか?が重要だし、このファルコ3年間だけで終わりではないのです。そういう意味でも、常に『どんなスタートを切れるか?』を大事にしたいし、子供達を通して自分の評価をしていきたいと思います。
今日も序盤はリフティングを中心にして『ボールと自分との距離・関係性』を高めます。

ポゼッションサッカーという言葉がとても広まっているけれど、その言葉の意味や捉え方は人それぞれ。ボールを繋ぐ事?キープする事?攻めない事?安全第一?など、みんなが一律に理解している訳ではありません。

サッカーには多くの解釈があり、特徴があり、パターンがある。

どれをやるか?も大事だけど、『どんな選手達なのか?』によって変わる事が大事なんだと思う。試合をやるのは選手、サッカーをやるのも選手。それが大前提なのに、『勝つ為に、強くなる為にこれをやりなさい』みたいな形が多い事に息苦しさを感じるし、自分はこの地域に生まれ、この地域の子供を預かっているので、与えるやり方よりも『見つける・引き出す』をやりたいと思います。
リフティングをしながら、合間には『身体を思った通りに扱う』事をやってもらいましたが、やはりうまく出来ませんね!

サッカーの試合中に起こりうる動きでも、いかに考えずにやっているか?がよく分かる。頭では必要な事は分かっていても身体がそれを表現出来ない。そんな事が多々あります。そこで『どうしてなんだろうか?』とうまくいかない部分に気付けば良いのですが、『くそ~』とか『うわ~』って言葉と落ち込む、腹を立てる思考だけで考えないのが現状(ほとんどの選手がそうなっています)。

だからこそ、トレーニング(練習)では意図と狙いを持ってやらないといけないと思う。テーマ(狙い)があって、プレーをする。そこには失敗と成功があり、気付きがある。
その繰り返しの中で、失敗と成功の間にある『チャレンジ』が出来た時に人は一歩踏み出すと思う。
子供達にミスをさせない設定が良いと考えるコーチがいたらそれは同時に、成長させるビジョンのないコーチになる。

かと言って失敗をずっとさせてしまうのも問題である。失敗と成功の間がある状態がベストだろうし、そうなるように言葉掛けをしたり、一人一人の課題を与えていける事が良いのだと思う。

素直に前向きに取り組んでくれているこの選手達に、自分も色々なチャレンジをしながらやっていきたいと思います。
ゲーム形式では、ボール2個でやりました!

これは『観ないといけない』じゃなく、『誰が2個観ようと、感じようとしているか?』を観たかったので、何も言わずにスタートしました。

そこから数名はやっぱり高い意識で両方のボールを観ているし、自身を良いポジションに置いている。それが5分の1ぐらいの人数・・・。それがチーム状況です!20%ぐらいの割合でしか色々な事を感じようと、気付けていない事。

これはコーチの課題であり、みんなの問題ではない。設定を考えたり、言葉を考えてみんなが前向きに色々チャレンジを出来るようにこれからもがんばります!!
2019/08/31のBlog
[ 17:47 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からトレーニングを行いましたが、そのトレーニングに参加をしてくれたゲストがいました♪

自分もまだ出会った事のなかったJFC..Sのスクール生が坂口さんと一緒に来てくれました!!

ファルコが今、サッカーを楽しめるようになった事、がんばる事とメリハリを持てるようになった事は全てこの坂口さんとの繋がりから生まれたものです。ちょうど出会いから5年になりますが、その間に色々と学ばせてもらっているし、お世話になっています!今回も来てもらっているのですが学ばせてもらっているのはこちらのほうですし、その気持ちを持って今日も一日一緒に関われた事をうれしく思います!
午前は一緒にトレーニング!!

スタートはハプニングもあってゆっくり顔合わせなども出来ませんでしたが、子供同士なので打ち解けるのは早いし、うちもこういう関わり方が上手になってきたと思えます。みんなが次のステージに進む時に、必ずと言っていい程『壁』になる事と言うのは人との関わりに関しての事です。

自分に合わない基準を『合わない人』と括り、本当は『合わせる力がない事』を知りません。その自分基準の判断しか出来ないとずっと狭いコミュニティでイジける人生になる。そうじゃなく、より多くの人と出会い、関わりを持つ事で、多くを知り、多くを学び、全ての出会いに感謝出来るようになるものです。
どちらが良いか?を押し付ける事は出来ませんがみんなにとって幸せを感じる大きさは比べるまでもありません。

一緒の事が同じように出来なくても、それを根気強く教える経験、教わる経験、それが人の器を大きくしていくのです。残念ながら、全員がそれをやる事は出来ません。面倒だから、苦手だから、恥ずかしいから、と色々な理由の中で関わりを持たない子もいます。当然ですが、その人間は先で必ず人の悩みを持つ事になるし、その時に気付く子もいれば、その時も人のせいにして逃げる事になります。人の人生にまで口出し出来ないし、どれが幸せか?も人によって違うので正解として言うのではないのですが、やっぱり自分から少しでも人に対して歩み寄る努力をする事が多くの友達、仲間、理解者を生む最良の方法だと思います。
自分がこの場で学んでほしいのは、サッカーはもちろんですがやっぱり人間としての大切な部分。

ファルコにしか、この場にしかないものがあります。でも、それを自覚している子と、サッカーだけを学ぶ場所としか思っていない子とは得るものが違います。卒業する時に、成果が違うとすればその考え方や捉え方です。実際に、こういう交流自体を楽しめる人間と面倒だと思う人間がいると思います。今のファルコは学ぶ大切さを理解しているから面倒だと感じる人間はいないですが、積極性にはやっぱり大きな差があります。そういう中で、自分から向かえる人間、入っていける人間、受け入れる人間がいる事がファルコとして大きくなっていける可能性だとも思っています。ゼロじゃない限り大きくなっていける!そう信じてこれからもより多くの交流をしていきたいと思います。
午後は希望者でプール遊び♪

幸いプールも八千代の小さな場所という事もあり、完全に貸切状態でした♪

身体いっぱい使って遊べる時間。人が人と関わる時に、我慢をするとストレスがたくさん増えますが、解放すると本当に幸せな時間となります。性格だから・・じゃなく、自分自身のそう思う小さな心から変えていく事がファルコでやるべき事だと再確認出来ました。サッカーを通してみんなはこういう繋がりを持てるという事は誇りに思ってほしい!

これからも多くの出会いがある中で、一つ一つの出会いを大切にする『一期一会』の精神で感謝の心を忘れずにがんばりましょう!!

JFS..S鳥取さん、坂口さん、ありがとうございました(礼)
2019/08/30のBlog
[ 21:52 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習会!!

夏休みもいよいよ最終に迫ってきました。みんな宿題は終わったかな?自分が学生の頃はこの最終日まで勉強に追われていました(笑) 早く済ませるのが苦手だった自分もどうしても終盤に追い込まれないと出来ないという性質でしたが、間に合わなかった事も一度もありません。

みんなは新学期を元気に迎える為にも早めに宿題を終わらせてくださいね!
今日も一緒に積み重ね!

出来る事が必ず中学生の多い訳ではありません。でも、小学生だから出来なくても良い、じゃありません。お互いに、常に向上心を持って今より良くする気持ちを持ってがんばれるといいね!

ボールを喜ばせる、人を喜ばせる。そういう気持ちを持ってサッカーが出来たらどれだけ素晴らしいでしょうね!綺麗事ではなく、本当にそういう能力は必要だろうしうまい選手はみんなそうなっています。雑に扱う選手はボールに嫌われる。大事な場面でトラップミスをする選手はそういう事なんでしょう!
まずはリフティングからしていきました!!

身体を賢く、脳を使いながら!簡単には出来ないし、うまくは出来ませんが、各自が何かの才能を持っている事を見つけられるといいね!何も出来ない子なんていません!全部が出来なくても構いません。『自分だけ』の武器があればそれが一番だし、そこを磨けると十分に良い選手だと思います。

そこからはドリブル。自分の世界観を持って試合をイメージ出来る事。ドリブルをやるのではなく、サッカーをやるという事。ちょっとずつ世界観が見えてきましたね!
速ければ、多く触ればそれで良いのではなく、自分という選手がどうやって人との違いを出せるかどうか?ですね!

観る事、探る事、見つける事、逆を取る事、コースを作る事、時間を作る事、いっぱい人との違いは出せます。何をしたいか?それをどうやって表現するか?いっぱい考える時間はあります。焦らずにやっていきましょうね!!

今日が調子の良い子、良くない子もいるでしょう。うまくいかない時もあって良い。でも、大事な事はそんな自分も向き合ってあげる事。目を背けない、逃げない事。

成長期!改革期!みんなの毎日は本当に大切なのです!!ゆっくりゆっくりがんばりましょう!!
2019/08/29のBlog
[ 22:40 ] [ 練習の様子 ]
今日は室内練習!!

最初から来たメンバーで自由にチームを選んで試合をしてもらいました♪決めない、事で見えるものだったり、自由さによる余裕だったりがたくさん見えました。設定作りが重要だと思う中で、こちら主導で何かをやる時と、自由から引き出す事を明確に分けないといけないし、その為にも『自由』を間違えないようにしたいですね!!

ずっとこの解釈は間違っていたと思うし、今でも正しいかどうか?は分かりません。でも、色々経験していく中で変化してきたし、今が完成でなくても良いから人生の中で挑戦を続けたいと思います。
みんなボールを触っている時の表情がとても良くなりました!!

うまい?うまくない?って目で評価をされたらまだまだです、と言わざるを得ません。でも、各自の入会当初と比べたら???となれば相当良くなっています。

自分自身もずっと間違って見ていた『技術の高さ』というもの。リフティングだと回数という基準だったり、走る事ならタイムという評価の仕方。自分もそうでした・・・。

でも、少し考えれば分かるんですが、それって誰が見ても分かる、素人さんでも分かる事ですよね?だったらそこにコーチは必要ないじゃないですか???って話。そこに意識がいかなかった自分。
今は、ボールと仲良くなっていく事、こだわりを持ちながら触ろうと出来る事、『タッチ数』ではなく『タッチの仕方』に目がいくようになった。

目でサッカーをやるんだよ、って鳥取で教わってからもう5年・・・。最初は聴いてるだけで意味が全く分からなかった自分・・・。今でも全てを理解出来ている訳じゃないけれど、あの頃よりは意味を理解し、何より目の前の子供が変化、成長している手応えまで感じられる。本当にこの5年間に出会った全ての方に感謝をしたいし、一番のきっかけをくださった坂口さんへは感謝しかありません!
ようやく子供を『座って観れる』大人になれました(笑)

行動が正しい、正しくないの話ではなくて『そうやって出来る余裕が自分の中に出来たという成果』です。

順天堂大学の吉村先生には『チームを一ヶ月間放っておけるようなコーチになったら魅力あるだろうね』と言われた言葉の意味もようやく少しずつ理解しようとしている。コーチ=子供を変えるとか、伸ばすとか、関わる事、入っていく事が前提にあり過ぎた。でも、経験をしていく中で『いかに距離を置くか?』の重要性を分かってきた。全ては『子供主体』か『自己満足』かの差。
このチーム、このメンバーと関われる幸せ。

自分の人生の中で必要な時間。

うまくなっていくし、楽しんでくれている(これはまだ自分の主観だから完璧ではない)から自分も楽しめる。うまくいってるの???とか聞かれても『うまくいってる時なんかないよ』と答えるけど、『それが楽しい』とも言える。

常に自分への課題。気付かせてもらえる環境に感謝!!もっともっと良くなって早くコーチと呼べる存在になりたいです!!
2019/08/28のBlog
今日は朝からグリム加西店さんにて、パン作り教室を開催していただきました♪

オーナーでがんばっておられる加古くんには毎年お世話になりっぱなしですが、本当に良い経験をさせてもらっているので今年もまた1年生をお願いしました。今年は加古くんの息子である龍之介くんも今はファルコ生としてがんばってくれているという形だったので前回はサポートとして助けてくれた龍之介くんが今回は生徒として、こんかいあポートしてくれたのは龍之介くんの弟である翔太郎くんでした!!とても大きくなっていたし、会う度に大人になっていく姿には感心するばかりです。

そんな加古くん一家に支えられて今年もパン作り教室スタートしました♪
ちょっと最初は緊張している感じもありましたが、さすがは1年生!!

あっという間に雰囲気を作り出し、お店は休みで貸切状態の中で毎年行っているのですが、店が営業してるの???というぐらいに元気いっぱいのみんなでした(笑)

うまくいかない連続の中である子は、『うぉ~~悔しいから俺パン職人になる~~~!!!』などと嘆きながら奮闘していました(笑) でも、最後は『やっぱりサッカー選手にな~ろっと~~~♪』と夢を変えていました(笑)
ん???カメですよ!!!これはタコ???(笑)

みたいな感じで、例年以上にオリジナリティが溢れる今年のメンバーは作業中から個性がたくさんで、とても楽しみながら取り組んでいました。うまく出来ないのは当たり前だし、そういう中でも楽しめるというのは1年生の強みだと思います。みんな素直で真っ直ぐだから、時にはぶつかる事も多々ありそうですが・・・・一緒にいて飽きない学年ですね!!それぞれの学年にカラーがあるし、この学年だけの関わりをやっていかないと成功しないので、色々気を付けながらやっていきたいと思います!
今年はクイズ大会をパンが焼き上がるまでの時間に行ってくれて、優勝商品は何と!!アンパンマンパンマンパンマン・・・マン・・・パン・・・(笑)

とにかくかわいいし食べるのがもったいない感じはしましたが、5問のクイズで4問正解し、同じく4問正解で決勝を戦った大輝くんと斗碧くん!!見事サドンデスを制したのは大輝くんでした!!毎年出してくれるクイズは自分も知らない事ばかり!

パンに関する問題ですが知識としても知っておいて得をする事ばかりだったので聞いていても楽しかったです♪ちなみにコーチは5問中3問正解でした♪最下位は2択で外しまくった勝斗くんが1問だけ正解となりました(笑)
最後の写真は何故かベタベタ・・・・(笑)

雨が降っているのに、駐車場でサッカーしまくりの子供達!やっぱり好きな者同士が集まるとやってしまうんですね!みんな楽しみながらもどんどんうまくなってほしいですね!

毎年の事であっても受け入れてくれて、指導は優しく丁寧にしてもらえる事。触った事がない生地には思いや気持ちも入れないとうまくは出来ない事。焼き上がりのイメージを持って作っていく事。お客さん(仕上げ)の事を考えて作る事など、サッカーやそれ以外にも十分過ぎる役立つ要素があります。それを『話』ではなく『体験』させてもらえる事はこれ以上ないありがたい事だと思います!みんなの成長に必要な材料をまた与えてくださいましたね!今年も美味しいパンをありがとうございました(礼)

皆さんも美味しいパンを食べたい時には是非『グリム加西店』へ!!
2019/08/25のBlog
今日は年に一度の大きなイベントとなる『ファルコ夏祭り』の開催日でした♪

この日に合わせて保護者の方々も相当に準備をしてくださっていて、当日となる今日も夏祭りは18時からスタート!スタッフは16時集合にしていたのに、3年生の保護者の方々はそれ以上に早い15時集合をしてくださり、スタッフよりも早く準備をしてくださいました(本当に感謝しかありません)。

そんな手際の良い準備とは裏腹に、分厚い雲がどんどんと空を覆ってきました・・・。

何とかもってくれ~~~という願いも虚しく16時頃からは強烈な大雨となってしまいました・・・。グランドはみるみるうちに田んぼ状態となりあっという間に夏祭りの会場は水で埋まってしまいました・・・。
それでも保護者の方とも相談し、本来雨ならばファルコ生だけでやろうという話をしていたのですが、急な雨で会場移動も難しかった事もあり、上の体育館を借りれる事になりました!

時間も時間で連絡を回せる余裕もなかったので、スクール生やみんなの兄弟とその友達にも参加してもらったのですが、この足元の悪い中、かなりの数の人が集まってくれたのです!!本当にうれしかったですね!過去の中でもファルコ生以外でここまで参加をしてくれた年はなかったかも知れません。それぐらいに会場は子供の素敵な笑顔でいっぱいに包まれて、当然そんな笑顔に包まれたらその親もみんな笑顔でした♪
小さな子(ファルコ生やスクール生の兄弟)も多くて、そんな子供達も退屈しないような『ボールすくい』を企画してくださった事もあって、イベントの最初から最後までこのブースはお客さんがゼロになる事はありませんでしたね!!(本日最強のお店でした♪)

スタッフが振舞うかき氷も、例年に比べてたくさん食べていただけました!!その理由は①みんなの熱気によって暑かった事②味の種類が豊富だった事(4種類)③堀金コーチの呼び込みが巧みだった事です(笑) 特に堀金コーチの呼び込みは子供にとって脅威だったと思います(笑)

空気の読めるスタッフ達、そして盛り上げてくださる保護者のおかげで本当に楽しい時間となりました!!
ゲームを自由にしてもらってからは卒業生の波琉くんに特別ゲストとして来てもらっていたので、みんなの前で圧倒的な技術を駆使したフリースタイルを披露してもらいました♪

異次元に近い動きをするそのプレーには小学生の目はキラキラになっていました♪人前であまり見せる機会がなかったであろう波琉くんと、せっかくリフティングに興味を持ち始めている子供達との気持ちが一致した事もあり、この時間も会場は盛り上がったし、その後もずっと個別に色々練習している姿が終わる時間まで続いていたのを見てもその『惹きつける力』を発揮した波琉くんには脱帽だし、そんな卒業生がいてくれて誇りに思います!
悪天候だったとは思えない会場の雰囲気!!

みんなの笑顔は本当にコーチにとっての宝物です!昼間はアミーゴの試合をしたり、育成についてずっと毎日悩みっぱなしだけど、この笑顔を見れた事で気持ちは大きく晴れました♪悩みに終わりはありませんが、こんな素敵な笑顔を見せてくれる子供達と繋がっている事に幸せと思わない人間はいないでしょう!!

この場を作ってくださったのは企画、運営を中心でやってくださった3年生の保護者の方々、そしてその気持ちに応えるかのように参加してくださった1,2年生の保護者の方々、さらにはスクール生、エリート塾生の選手とその保護者の方々、この一人一人の関わってくださる力によって盛大なものとなった事に感謝の言葉では伝えきれない気持ちでいっぱいです!!これからもファルコに力を貸してくださるように、こちらも、貸したいと思われるチームになれるようにがんばりたいと思います!!

皆さん、本当にありがとうございました(礼)