ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6653件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/07/09のBlog
[ 22:12 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

昼間はしっかりと晴れるという事はなかったのですが、雨が降る事もなくグランドは湿っていたものの、悪い状態ではなかったししっかりと外での活動が出来ました。

今日も小学生が参加してくれたのと、OBも一緒に参加をしてくれたので積み重ねをしていきました。最初のゲームから一緒に入って少し身体を動かしましたが、みんなうまくなったな~~~という印象!!リフティングに関してはもう【教えてもらう】立場になってきました(笑)

本当に身体を上手に使える子が多く、中でも朔弥くんのボールコントロールはやはり周りとの違いが大きく、やりたい事をすぐに実践出来る【賢い身体】になっていると思いました。
他にも各自の特徴があり、個別に教わりたい要素はたくさんあります!!

でも、コーチが教えてもらって上手になるのは時間的にもったいない(コーチとしては良い環境なのですが・・・)から、もっとお互いにこの頼もしいメンバーに色々聞いたりしていくべきだと思いました!!

たまに一緒にプレーを横でさせてもらったりすると、外で見ている時以上の成長を感じられる事がある。自分は選手との距離感というものは大事にしようと思っているけれど、基本的に【近い】からその利点も、マイナス点もやっぱりあるとは思います。ただ、個人のカラーという事は大切にしたいし、自分だからこそ出来る事をやっていこうと思う。
OB達も一緒にやってくれるけれど、自分達の頃よりも出来る事が多い今のメンバーを素直に評価してくれる。

年々上手になっているのは確か!!だけど、技術がない時にはあった【心の強さ】みたいなものはうまさが優先されると足りなくなってしまいがち。どの時代、どの選手であっても、出来る事と出来ない事はあるし、得意と不得意はある。それを悩むよりも、出来る事、長所を最大限に活かしていく事が最良のやり方に決まっている!!

短所、出来ない部分を修正したがる大人(ほとんどはそれをやる事による自身の見栄えの為に)が多い中で、やっぱり自分は長所を伸ばせる大人になりたいと思う。大きくなっても、自分の出来ない部分を指摘されたり、修正させられたりするとなかなかのストレスになるものです・・・。だからこそ、されて嫌な事はしたくないし、前向きな気持ちで取り組んでもらう為にも自分が前向きに出来る環境作りをしないといけないと思う。
練習の終盤にはOBと話をしました。

今、もう就職しているOBもたくさんいますが、社会に出て色々と気付き、学び、その上でもう一度戻れるならこういう風にしたかったな~っと思う事はあるようです。

でも、一度きりの人生で過去に戻れる事は不可能です。未来は今の積み重ねだから未来を変える事は出来るし、今の変化が未来の変化へ繋がる。こうしてOBと話をすると、自分がファルコの時に関わって伝えてきたものが活きているのかどうか?がよく分かる。

現役の子になかなか分かってもらえる事は少ないかも知れないけれど、大切な事は伝え続けていきたいし、未来にバトンと繋いでいきたい!OBに改めて感謝!と同時に、いつかOBになっていく今の現役メンバーにも感謝!!そんな一日になりました。

関わってくれるみんなにありがとう!!です(礼)
2020/07/07のBlog
[ 23:11 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

一日ずっと雨が降りっぱなしだったので、体育館での練習となりました。そういう中でもサッカーをしたい!もっとうまくなりたい!と小学生も多く参加をしてくれました。

本当にありがたい事です!みんなは今この価値には気付かないかも知れないけれど、人が人と繋がる事が一番大きな力を生むものです。そのきっかけを多く作ってくれるこの場所への感謝とか価値に気付くようになれば、人としてももっともっと成長出来ると思います。今はまだ精神的に幼い子が多いので、自分の事で精一杯という感じですが、ゆっくりでも周りへの気遣いが出来るようになってほしいですね!
小学生と中学生。

混ざってやる事で【得るものはあるの???】と思われる方もいると思います。確かに、どちらかがどちらかに遠慮をするとあまり意味はありません。中学生が小学生をお客さん扱いしたり、小学生が遠慮して自分からやらなければ大した成果は出ないでしょう・・・。

でも、積極的な小学生が多く自分を出せる子が多い!!とすれば、後は環境としては中学生のみんなが小学生をお客さん扱いしない事だろうとコーチは思う。ここを多くの子が履き違えて【優しくする】という行為がただの【自分が気に入られるポイント稼ぎ】になっていると思う。本当の意味での優しい先輩になるならば、しっかりとサッカーをやる場所である事を伝えるべきだと思うのです。
その為の原理原則の話を先週の金曜日には一緒にやったし、どれだけの子が理解をしているか?を確認しても、やっぱり頭には入っていない。

聞けば分かった気になるけれど、人間というものは心の動いていない経験は簡単に忘れるものなんです。例えば大切な人との初デート、となれば絶対に忘れないでしょう???心を使った記憶は簡単には忘れないものです。でも、みんなにとってサッカーを学ぶという事が心を使えていないから(恐らく身体を使ったら出来ると勘違いしているから)、すぐに忘れているのです。

勝てるチーム、強いチームとは【当たり前のレベルが高い】という事でしょう!でも、勝てない、弱いチームの思考は【派手な事、目立つ事、一発で何かをしようという考え方】が強いからうまくいかないのです。
今日の対人メニューでも、頭の中に大切な事を全然持っていない子が多く、

【数をこなす】【言われた事だけをやる】という完全に精神の中にこびりついたものがなかなか取れないのです・・・。自分の頭で状況を考えて動くという習慣がやっぱり足りないと感じる・・・。

だからですね、保護者の方々にも理解してほしいのは【育てる為には苦労を経験する】という現実を知ってほしいのです。どうしても子供本人よりもショックを受けてしまう若い親御さんが増えているから目の前の事に一喜一憂し、この大切な経験をさせるべき時期を見失うのです・・・。いつかは、いつかは・・・・・でも、今じゃない・・・って思いたいのだと思うのですが、人間ただでさえ、嫌な思いや辛い経験などしたくないのだから、せめてその経験は【自分が夢中になれる事=サッカー】であるべきではないでしょうか???

嫌いな事、苦手な事でそれを経験するのは本当に酷ですからね。。。
毎日、毎回、練習後にはスタッフと話をします。

【今日】の反省じゃなく、【未来に向けて】の話です。

だから、子供の表情が曇っている日が【悪い日】ではないのです。真剣に考えても分からない・・・今までは考えて、悩む事すらしていなかった、という子だっている訳ですから。

そんな子の一人一人が成長する為のきっかけを毎回真剣に悩みながら向き合っています!正解?答え?そんなの分かりません。

でも、今出来る事を未来の為にやっておく事だけ!!それだけです!

サッカーがみんなにとって本当に大好きなものならば、うまくいかない時期も含めて真剣に向き合ってください!!まだまだ熱量を出せると思いますよ!コーチはそれを待ってます!
2020/07/04のBlog
[ 23:40 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は夕方から八千代小学校の体育館をお借りしてのファルコ親子バレー大会を行いました!!

もう8回目を迎えるこの大会も継続して行う事の価値を色々見出せています!親子の関係のみならず、チーム全体の関係も良くしてくれる大きな行事!!今年度に関しては、コロナの影響により総会も出来なかった経緯もあるので、全員が揃って顔合わせする機会すらがなかっただけに、このバレー大会の価値はより高いものとなりました!!

チームの親子もほぼ全員が出席してくださったのでかなり盛大に行う事が出来ました。
子供達を日頃から預からせてもらっている感謝の気持ちがあるし、それをチームの武器にしていく為にも親睦を深める事は本当に大切です!

チーム、クラブによっては選手との関係性しか重視しない考え方もあるかと思いますが、ファルコというチームは保護者の方も含めてチームだと思っています。だから、温かい空気でチームが前に進めると思うし、もちろん色々な不満はあるかと思いますがそれらもグッと我慢してくださっていると思うから自分の耳にはあまり入ってきません。温かい環境の中で甘えるのではなく、自分に出来る精一杯でお返ししていきたいと思います!

今日に合わせてスタッフミーティングを重ね、準備も全体が集まる2時間前から念入りに始めたものの、開始にギリギリだったという事もありました(今後の課題ですね)。

今日の流れは、①ウォーミングアップ②バレー大会(予選)③自己紹介ゲーム④バレー大会(決勝)⑤記念撮影

という形でした!今までのバレー大会とはまた違った形にんはなりましたが、みんなにとって思い出の一つになればいいな、と思いました。保護者の方々も年々バレーが上手な方が多く、子供達もなかなか慣れない競技ではうまくいかない事もあり、最初のゲームは全学年保護者チームに完敗しました(笑)

でも、柔らかい子供達は自分達の試合の合間に練習(遊び)をする事で、2試合目は全学年保護者チームに勝利するという逆転の結果となりました♪
試合も白熱したし、その合間の自己紹介ゲームでは、思いもよらない運動量を強いられた方も出てしまいましたが(笑)、

その場を楽しんでくださいました!大人と子供が入り混じって一緒に楽しめる時間は子供の成長によりどんどん減っていくと思います・・・。ですが、ファルコの中にいる時間ではお互いに尊重出来る関係を学び、ずっと親子としての絆が続いていく事を望みます。

決勝の選抜対決(子供、保護者の各学年チームから選抜したメンバーで戦う)は最終的に子供チームの勝利で終わりました!学年が上がるにつれて、みんなうまくなっていたし、たかがバレーと言えど、本当にこの時間で色々なものが見えました。
特に子供達の【今】を作っているのはやっぱり各家庭の保護者の方なんだという事。

大人の立ち居振る舞いにより、子供達は決まっていくんです。全力でがんばる事、出来なくても諦めない事、気を配る事、周りを観る事、子供にはきっと求められるはずです!!

しかも【求める時の期待値は大きく】になっていませんか???

仮にその期待値に沿うとすれば、それは日頃から保護者の方々が【姿勢】で証明しているからだと思います。【反面教師】という言葉は大人の勝手な都合で作った言葉。子供は自然と親を真似しています。仲間を楽しませる事、自分が楽しむ努力をする事、がんばる事や助ける事、などなどが全て出ていた時間だったので、本当に良いものが見れました!!

今後のファルコが良くなっていく為にも、関わる大人みんなが成長しながらがんばっていきましょう!!忙しい時間の中、子供達の為、ファルコの為に参加してくださったみなさん!!本当にお疲れ様でした♪これからもよろしくお願いします(礼)

2020/07/03のBlog
[ 23:18 ] [ エリート塾 ]
今日は雨により、グランドが使えなかったのでファルコとエリート塾の合同練習会はミーティングをやりました!

座学は初めてになりますが、やはりみんなボールを蹴りたいだろうし、面白いものではないでしょう・・・が、サッカーをやる!と決めた以上は知っておかないといけないものがあるという話。

前に1年生には少し話をした【サッカーの原理原則】をより深く、と言いますかより根っこの部分からの話をする事しました。幸い小学生も多く参加をしてくれているし、チームもバラバラなので、【サッカーの何を教わっているのか?】を理解する事も出来ました。
子供達にとってのサッカーの入口はほとんどが【少年団(少年サッカー)】です。

そこで教わる最初になるのですが、【そんなの当然でしょ?】みたいに分かった(フリ)した大人に言われるがままになって、本当の所分かっていない、知らない事がたくさんあるという事です。今日の少しの時間だけでもそれがよく見えたし、試合中に動きを止める、動かない、大人がよく言う【サボっている(ように見える)】のは何故なのか???

それは、【サッカーというスポーツを理解していないから】です。体力がないから動かないのではなく、何も考えていないという訳でもなく、【どのようにしたら良いのか分からない】が本音。その解決法を教えるべき人間が【そんなの当然だから】みたいにしてきちんと伝えていないツケは必ず出てきます・・・。
本来は、【相手よりもより多くのゴール(得点)を決めたほうが勝つスポーツ】である、サッカーなのに、ドリブルだの、パスだの、リフティングだの、トラップだの・・・【手法】が最初になっているから子供達は試合形式になると分からなくなる・・・。ドリブルの練習、リフティングの練習と切り取ってやればそれなりに出来るけど、試合形式になると全然出来なくなってしまう・・・。これが現状の多くの課題。

だから、この課題を目の前にしているコーチがいらっしゃるのであれば、是非とも初心に戻りサッカーとはどういうスポーツなのか?から思い出せば良いと思います。得点をより多く奪う為に、色々な攻撃があって、それを阻止しようとする守備がある。その表裏一体の形もサッカーの代名詞とも言える。戦術とか、言葉優先になってしまい、中身が全くないものがいくら増えてもやっぱり意味がない。高度な戦術をさせている、というよりも、【そんなやり方を知っている自分】をアピールしているコーチのほうが多いような気がします・・・。言葉優先になっていた時の自分も、掘り下げればその思考に支配されている時だったと認識しています。。。
今日は、サッカーの入口を伝えましたが、これから色々な人、仲間、コーチに出会っていく中で、またサッカーを見失ったら思い出してほしいと思います!どこで、どんなサッカーをしても、変わらないものがあるという話をしました。

うまくいかない時も、うまく出来た時も、原因が自分で分かるといいし、そのきっかけになれば、と思います。今日の話が全てではなく、今日がサッカーのスタートという感じで受け止めてください!!そして、自分の力で楽しみ、今日の話の上に【自分の色】を積み重ねてください!!
2020/07/02のBlog
[ 22:14 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

カメラを持っていくのを忘れ、今日の写真はありません。。。

ですが、自分の頭の中、目には多くの良いものが残っているので本当に良かったです!木曜日は休む子が多いのですが、サッカーに一生懸命時間を注いでいる子にはそれだけの良い思いがあると思います。

全て考え方の問題です。サッカーをやる時間が勉強の邪魔だと考えてしまうならば、結局サッカーにおいての本当の努力はしないはずです。がんばっている【風】に見えても中身までは動かない・・・そういう子もたくさん見てきました。やっている子供達がそれだけ確実に一歩一歩進んでくれるように今日の時間も大切にしました!!
今日はトレーニングの内容は【自分の身体を意識して使う】事でした。

守備の事、ボールと一緒に、というメニューの中でどのように使えるか?を考えてもらったのですが、ちょっとずつ頭は柔らかくなっていったと思います。こちらが待つ事で引き出せる事もたくさんあるし、教え過ぎないという加減は自分の中でもまだまだ手探りですが、考えながらやっていこうと思います。

遊びの要素を入れたメニューをやると、みんなの遊び加減がこれまた中途半端になる。これ、大きな課題!!要するに、みんなが本気になっていないという事。遊びも本気、がんばるのも本気!両方じゃないとうまくならないって事がよ~く分かる。

うまいチームは遊び方が本当にうまい!この辺りに大きなヒントがありそうな気がするね!

最後のメニューはきつい事もがんばってもらったけど、そんな中で変化の出てきた、見えた子もいたのは良かったし、がんばれる、踏ん張れるという力は自分の最後の支えになります。

この底になる土台の力を高める事も一人の人間として、選手として大切!楽しい事、楽な事だけで前へ進めるなら誰だってそうする。それが出来ないからこそ、みんな苦しい事も逃げずに向き合う。その向き合い方で決まる!!みんなのこれからの変化を楽しみにしているよ!!

今日も本当によくがんばってくれたね!ありがとう!!!みんな!!!
2020/06/30のBlog
[ 23:31 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

ムシムシとする中での室内活動は本当に大変ではありますが、活動が出来る喜び、感謝はずっと忘れてはいけないと思います。

今日は練習前に体験に参加をしてくれた小学生のお父さんとゆっくり話せる時間がありました。選手それぞれに背景があり、思いも様々です。我々が預かってる【人】には【心】があるという事で、それを無視した指導は指導ではないという事でしょう・・・。正解はどれなのか?は分かりません。ですが、間違っている事は分かるものです。人の人生に土足で上がって勝手にコントロールしてしまう事は違うのです。人にはそれぞれの人生があるという事を理解し、一人一人に敬意を持って接する必要性を改めて感じました。
こうした体験者達の繋がりのおかげで、ファルコの中学生も随分と成長してきました!

それは技術面だけではなく、内面に変化が大きく出ています。教える為に努力をしてくれる姿が増えたし、学年が上だから必ずしも上ではない。努力をして、技術も、人間性も上になってこそ教える価値が出てくる。

偉そうにするのと意味が違うし、対人間という関係性においては一緒に学べる器量がないと本当に教える事なんて出来ないんだと思います。人の心は道具じゃないから、思うようにはいかないし、不慮の事だって起きる。そんな予測不能なもの(心)に対して予めの準備をするのは不可能だから、構えるよりも見極める、探る、という事をやり続ける事で、コーチとしての目が確かなものになっていくんだと思います。
真っ直ぐにがんばろうとする子が多いこのチームでは、不器用さがもちろん強いです。

ですが、その不器用さも含めて愛される人間であってほしいのです。無理に隠したり、強がったり、意地を張ったりするのではなく、さらけ出し、向き合い、自然な姿で人に接する人になってほしいのが願いです。

弱くてもいいし、うまくなくてもいい。でも、自分の心や相手の心を大切に出来る人になってほしいのです!サッカーはそれらを教えてくれる最高のスポーツです!一つの型にはまらない良さが魅力なんです。だから世界競技人口が一番多いスポーツなんだと思います。

サッカーというスポーツを通した一人一人の成長や努力。

それらを観れるこの仕事は本当に幸せな気持ちでいっぱいになります!一つのきっかけで関われる子が増えている事に感謝をして、これからもこの魅力いっぱいの選手達と一緒に、サッカーを楽しみ、サッカーをがんばる事を大事にしていきたいと思います!!

ファルコらしさ???

ちょっとずつ見えてきました♪
2020/06/27のBlog
[ 13:04 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝から紅白戦!!

グランドに自分が到着をしたのが集合時間の40分前。その時間にはすでに3年生がみんなで集まって準備をしてくれていました。

昨日の練習でこの3年生達は自分達で話をしました。そして彼等なりに出した答えが『誰かに押し付けないように全員がリーダーとしてやります!』という事でした。素敵な事だと思うし、それを応援したいと思います。でも、口だけでは誰だって言えるし行動に移してこそ価値が出る話はいつもしています。今日はその行動で示してくれた事で、後に続く1,2年生達の行動にも変化が生まれました。

いつもなら集合をしてからダラダラと着替え、ゆっくりとボールを触るのですが今日は何と言ってももう最高学年の3年生達が準備を率先しているのですから・・・これ以上の説得力はなく、自然と1,2年生も各自ですぐに準備を手伝っていましたよね?
この自然な行動こそが【空気】だし、大切なんだよ、と3年生には話しました。

そんな行動をしてくれた事もあり、準備はあっという間に出来上がっていたので、今日の最初のトレーニングは『キックベース』でした。良いプレー、表情が出ていました!球技というものはセンスが大事!実はサッカーだけが得意で、後は全くダメ、なんて人はいないんです。球技とは通じるものがあり、考え方によって出来る子は何をやってもうまくやれるし、出来ない子は何をやっても出来ない、という事なんです。

みんな上手にやれていたし、思っている以上にうまかったのでコーチのほうがビックリしました。何よりも楽しみながらやれた事、遊びこそが自分を最終的に活かす一番の力になる事も分かってきているからこそ、みんなには一生懸命遊べる人間になってほしいと思います!
ゲームは今日は自分の中ではメインにはなっていなくて、それよりも3年生を鍵と考えていたので、一人ずつ対話をする時間を作りました。

各自の考えや思い、悩みも含めて聞ける事。話せる仲間がいる事。こんな良い環境はありません!

近年『良い環境』を勘違いし【我が子が嫌な思いをしない事】が良い環境と思っている人が結構いると思う。そして、その嫌な思いをした子以上に大人(親)のほうがショックを受け、我慢出来ない人が多い。だから育たないというのがよく分かってきた事実。子供に任せられない、子供を信じてあげられない、子供の判断を待てない大人の元では【らしさ】が育たない事を自分は知っています。

一日の時間というものは同じ。

でも、使い方は全然違う。君が甘えている時に努力をしている人がいる事。遊んでいる時にがんばっている人がいる事。その差が積み重ねれば大きな違いになっていくのは当然の事。

どうか平等を勘違いしないでください!がんばっている人にはそれだけの事が返ってくるし、やっていない人にはそれだけの事しか返らないという事を理解してほしいと思います。

各自のペースで、自分の歩幅で、しっかりと一歩一歩積み上げていきましょう!!
2020/06/26のBlog
[ 23:50 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習会でした!!

人同士の繋がりが出てきたおかげもあって、毎週体験に参加してくれる子が出てきたりして全体の人数も活気が出てくるのですが・・・その中にあって、一人一人の意識がボケないようにしてほしいのです。【全体】というのは時にデメリットもあって、【自分一人ぐらいまぁいいか・・・】という意識が出やすくなります。目立たないからね。

でも、それを許したくないし一人一人みんなに目的や思いがあるからこそ違いを明確に出してほしいと願います。
ですが、ファルコの中学生にとっては年上のカテゴリーになるので小学生からしたらどういう存在になるべきか?をまだ考えてはくれません。

中学生にとっても学びの時間だし、自分の成長に繋げられるのに小学生をゲスト(お客さん)として扱ってしまう時点で考え方が違うよ、って話もしました。

その上で3年生には今真剣に考えてほしい課題を与えました。チーム(組織)の中で必要な事を考えてもらい、今自分は何をすべきか?を真剣に考えてみてくれ!とお願いをしました。全体に埋もれ、誰かがやってくれる・・・という期待感で日々過ごすなんてもったいない!!自分が出来る事を、出来るだけやってみる、それしか楽しみや成長に繋がるものはないのです。その事を話した上で3年生だけでの話が延々と続きましたが・・・・

どうなるのか?はこれからの彼等次第ですね!
残りの1,2年生と小学生にはボールリフティングをしてもらってから、4対4のゲームをメインにやってもらいました!

その時にも【空気】の話を全体にしました。遠慮?お客さん?そんなのいらないよ!という事。それらは空気の中で生まれるし、『遠慮するな!』と言われても空気がそうさせてしまうのです。だから、そんな言葉ではなく実際にそうならないような空気作りを考えないといけないのです!今日は敢えてチーム変えを行わずに、その出会ったメンバーと時間、回数を重ねてチームとしてより良くなっていく為の努力をしてもらうようにしました!

小学生達も積極的なプレーをしているのが目に映ったし、それを引き出せていた中学生の空気も良かったとは思います!ですが、満足いくという所まではなかったし、もっとみんなで切磋琢磨しているような状況を作り出せると、ここでの時間(エリート塾)に価値が出てくると思います。

自分が主役!常にそれを忘れないように自分が今出来る事をとことん考えて、行動に移していきましょう!!
2020/06/25のBlog
[ 21:57 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

ようやく週に3回のナイター練習が復活しました!とは言っても木曜日は塾や違う習い事で休む子が多いので全員は揃いませんが、その分個別の対話をさらに深く、ゆっくり出来るので利点を活かしていきたいと思います!

今日は2,3年生はひたすらゲーム形式の中で考えてもらうようにしましたが、1年生には【授業】をしました(笑)

今年度は最初の活動がコロナの影響によって出来ないままスタートし、ようやく今スタート出来ているような段階。だから11人制、中学校のサッカーという事が小学生の頃とは【違う】という事だけは分かっているような状況。そこから一歩ずつ進んでいきたいと思います。
今日1年生と話をした事は、

【サッカーの原理原則】についてです!

サッカー自体のスタイルはたくさんあります。ドリブル系、パス系、キック&ラッシュ系などなど。どれが正解、じゃなくどれも正解です。スタイルはそれぞれですから!服装にしてもみんな私服には興味や好みがバラバラですから一つにまとめる事は出来ません。

だからスタイルは自由で良い!ただし、押さえるべき点は絶対に必要というのが原理。絶対に守らなければならない約束事が原則。この事を理解してようやく【サッカー選手】と呼べるのではないでしょうか???という観点からのお話をしました。分かっているようで分かっていない事だらけ・・・だったよね??
みんな覚える最初に、意味と狙いなどをきちんと学ばないといけないのに、最近の少年団などでは言葉優先になってしまっている事が多いから、【マークしろ!】とか言われても、マークがどういう事なのか?どうしてそうすべきなのか?の話はほとんどありません。知識と答えばかりで言われるから何となくでしか覚えられない・・・。

その曖昧さが【大体のポジション】となり、適当に立ってしまっているという事になります。そこから整理し、どうしてポジションというものがあり、その役割は何なのか?自分は何をすべきか?どうやるべきか?をゆっくり話しました。1年生達の頭の中が混乱しないように言葉を選び、噛み砕いて話をしていきましたが、まだまだ上手な説明が出来ていない所はあると思います。ですが、【伝えたい気持ち】がまずは大事で、その上で【教えたい】じゃなく、【分かってもらいたい】という気持ちが乗っかれば良いと思っています!

子供の中にいかに残せるか?が大事で、その事を意識しながら1時間ぐらいの時間を費やして伝えました。その後にゲーム形式でその成果を見せてもらいましたが、確かな変化があちこちに見えました。意識をする事、それを行動に移す事というのは簡単ではありませんが、それが出来る1年生だったという事です!!これからが勝負ですね!!

ゆっくり、ゆっくりと良いサッカー選手になれるようにがんばっていきましょう!!
2020/06/23のBlog
[ 22:22 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

昼間は真夏日に近いような気温の高さだったのですが、夕方以降はかなり涼しくて過ごしやすい気温になりました!

小学生も参加してくれたし、卒業生も二人来てくれました♪卒業してからどんな人間になっているのか?はクラブとしても非常に興味深く、意味があると思っています。今日の二人はとても穏やかに、そして一緒に入ってプレーをしてくれましたが、現役にしっかりと自分から歩み寄って溶け込んでくれるなど成長した姿を見せてくれました!

これからもこうした卒業生や小学生の参加は本当に意味と価値があるので大切にしたいと思います!
今日も練習しながら色々と観察をします。

自分が観るべき事は何なのか?を整理しながらやっていくのですが、毎回様々な疑問が出てきます。この仕事(コーチ)は終わりがないし、完成形もありません。どこまでやれるか?の挑戦しかないからこそ、毎回真剣に向き合っていく必要があります。その日、その時間さえ過ごせば良いと考える人もいますが、自分はこの大切な時間を後悔したくありません。たとえ、やっている事が仮に間違っているとしても自分は後悔だけはしないようにしています!

明日コーチを辞めるという事になっても今は正直悔いはありません!やりたい事はもちろんいくらでもありますが、やり残したと思う事はないぐらい毎回真剣に今は向き合っているからです。
選手のみんなはどうでしょうか??

今日という二度とない日を後悔しないように努力は出来ていますか?もっとやれた?やり残した?はありませんか??

最初のゲームを早めに止めた理由は話しました。【いつも通り】は良い時もありますが、今ではない。今は日々進化していく事に全力を注がないといけないのです。せっかくの日曜日のゲームで出た課題をもう忘れてしまっている。課題を引きずる事が良いのではなく、課題を持ってトレーニングを行う事は大切な事なのです!
今日またコーチとして大きな事に気付きました。

終ってから今中代表と話しながら整理出来ました。自分の悩み、自分の思いを聞いてもらって次からやるべき事を整理しました。毎回課題が出るのは選手だけじゃなく、コーチも同じなのです。

うまくいった??なんて日はありません。上手に出来た、なんてコーチの自己満足。そんな日はありません。でも、同時に悲観的にもなりません!何が悪かった、じゃなく【次はもっとこうやったら良くなるはず!】と考えます。前向きに、という選手への言葉は、自身の前向きさで決まるはず。子供に届かないのは、大人の重みがないからです。経験や体験、説得力がないからです。だからこそ、自分が大切な選手に伝える事は自分の経験が大きいので、これからも失敗をたくさんしながらも前向きにやり続けていきます!!

最近、一人一人の【背景】まで観れる、観ようとする余裕が出てきました。もっと深く、もっと大切に関わっていけるようにこれからもがんばります!!