ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6689件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/08/20のBlog
[ 22:04 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

たわいもない対話、会話の中にヒントはたくさんあります。

みんなにとっての【日常】がどのレベルにあるのか?どういう意識で毎日を過ごしているのか?が出てきます。トレーニングを日々行うのは【習慣化させる事】は一つの理由にあるだろうけど、それがただの【慢性化・機械化】してしまうだけではある程度で止まってしまいます・・。そうならないように、自分の頭で考えて行動をする習慣を持たせないといけないし、それが習慣化出来ると、必ず【意見の対立や衝突】が出てくるものです。

【自分の意見を言わずにグッと堪える事が良い子】

に思われがちです。子供の話聞いていてもそれがよ~~~く分かります。だって周りには【支配したい大人】が多いから。自分の思う通りにしたい=子供には自分の思うようにさせる=それが教育とすら思っている人が多いから。
大人は自身の矛盾に気付いていません。

【あ~しろ、こ~しろ】と指示する裏側では、【自分だってしてへんやん!】と思われている事が多く、そこに信頼関係は絶対に生まれません。そして、その信頼関係を築くよりも【支配する】事を望む人が多いから一方的な言い分になるという流れ。それが【子供の日常】なんだから、受け身になるのは当たり前。

その環境を正しく変えたいと思う。口だけではなく【子供の意見・子供の意思】を引き出さないといけない。その為に、【子供を信じる】事から入るし、信じる=裏切られても関係ないという覚悟が必要になってきます。そこの覚悟を持つにも随分の時間を費やしましたが、今はそれが出来ます。自分はファルコに関わる子供を心から信頼しているし、自分がされているかどうか?は子供が決める事であり、自分の問題ではありません。自分の問題は【心から信じているかどうか】だけなので。。。
今日はその子供の中身を引き出す事を重視してトレーニングを行いました。

自分の考え、アイデア、伝える、共有する、という事を言いました。なかなかすぐには出来ません。でも、最も大事なのは今すぐに出来ない子にでも【しなければいけない形は理解出来ている】という状況に持っていく事。

【出来ない】と【やらない】は全く意味が違うし、その一つ一つを潰していかないと前には進まない。全体的に、平均的に、という言葉で誤魔化してしまう所だけど、個別に見れば誤魔化せない課題が常にある。そこに各自と向き合って、課題と向き合わせる事がトレーニングには重要だと考える。どんなメニューであれ、目的意識がズレれば成果もズレる。ここは常に考えて伝えていく工夫をしないといけない。
暑くて身体はきつい・・・・だからこそ!!頭をフルに使っていくようにしよう!!

今日のみんなを観て【身体が賢くない】事と【頭を使えていない】事が顕著に出てきた。ある意味設定は大成功だと言える。それが見えたのだから!

ここから改善を繰り返し、失敗を繰り返し、ゆっくりゆっくり前へ進もうと思う。

まだ、ズボンの履き方も知らないメンバー達へ・・・・(笑)

先は長いが楽しみしかない!!!前向きにがんばろう!!
2020/08/16のBlog
[ 21:07 ] [ 試合結果 ]
今日はお盆休み明けの最初の活動という事で、いきなりゲーム形式で行う事となりました!

きつい日差しに、暑さとの戦いもしていかないといけないけれど、年々外に出るには危ない暑さになってきました・・・。地球規模の問題になっている温暖化の影響が目に見えて出てきているのを実感するし、このメンバー達が大人になる頃にはさらにその問題が加速化されていると思います・・・。近い将来、夏場の大会自体がなくなるのでは?と思うぐらい昼間はがんばりたくてもがんばれないような暑さになってきていると思います。それでも今はこの中でやるしかないし、だからこそやるからには良い成果が得られる為の努力をしなくてはなりません。率先して楽を選ぶ事は常に出来ると思いますが、そういう中で【敢えて】大変なほうを選択出来る心の強さを持ってほしい事は最後に話をしました。
今日の狙いと言うか、いつだって同じなのですが【相手ではなく、自分自身を高める事】が全てです。

今日は本当に久しぶりのゲームで、しかも昼間の暑さの中だったのでかなりきつい中での活動となりました。そういう【自身がきつい時=本音が行動に見える時】なので、そこに大きな差を見ました。1年生だから?2年生だから?というレベルの話ではありません。

こういうのは【これまでの生き方】そのものですから学年の話ではないのです。自身が疲れた、しんどい時に【当たり前に人に頼る】生き方がベースの子はやはりそれが行動に出ます。人って弱い生き物だから、言い訳が出来るし、その言い訳を【自分都合に正当化する】事が出来るのです。ず~~~っとそれで逃げられる生き方も出来ます!でもね、そうすると、当然ですが自分の周りにもその人間しか集まらない。みんな愚痴って、文句言って、自分は間違っていない、自分は大丈夫、という確認をしたがる。。。これって自分もやってきた道、通ってきた道だからよく分かる。
だから【反面教師として逆に生きなさい】と強要しているのではありません。

自分は大事な各家庭の、自慢の、大事な子供を預かっているという責任なんです。この【本音】の行動を【正す】とかではなく、【戦わせる】事は第三者の自分にしか出来ない事かも知れないと思っています。親なら、当事者ならついつい・・・と思ってしまう気持ちも理解出来るし、甘やかしているという言い方ではなく愛情を持って関わってきたからこそ自分で戦う機会はもしかしたら与えていないかも知れないという事です。子育てが間違っているとかの話じゃなく、自分という立場の人間が成長させる為の場を与える為にすべき事、をやっていくつもりです。

サッカーをやるという事はもちろんですが、それ以前に【一人の人間として】やるべき事や大事な考え方の部分からもうちょっとみんなと考えていきたいと思いました。
暑い中、頭も、身体も、全然動かない子が多かったけれど、それは覚悟していたし、想像の範囲内でした。

ただし、それで良い訳じゃないし、うまくいかないからどうするの?という部分はどの日であれ、考えなければいけない事!その自覚の低さがたくさん見えたし、【やっているつもり】のレベルで止まっている子が多い。悲観的?落ち込む?それすら【甘え】だと言いたい。

やってきていない部分がそのまま出ている訳で、努力が足りない部分が出ているだけ。
僕はダメなんだ・・・という悲観的になるよりも、全然あかん・・・と落ち込むよりも、そんな見た目だけジェスチャーじゃなく、中身を本気で磨きなさい!!と言いたい。

今日、グランドで全てが出た。来て良かったし、観れて良かった!!今のコーチは常に前向きに考える!課題が出た事が前向きな要素だと受け止める。誰が良くて、誰が悪いなんて話は絶対にしない!常に前を向いて努力していくだけ!!その時間は平等にあるはず!自分の為の時間を無駄にしないようにがんばろう!

暑い中、対戦してくださった淡路FCさん、遠い所まで応援してくださった保護者の方々、本当にありがとうございました(礼)
2020/08/10のBlog
今日は朝から高円宮杯の初日が行われる為に会場となる河合中へ堀金コーチと一緒に帯同させてもらいました!!

一つの目標にがんばってきた大会でもあるので、みんなの思いは十分に伝わってきていたし、その気持ちを自分の立場としてはどれだけ引き出せてあげられるか?だと思っていました!!

【大事な大会だよ】という意識付けをしてしまうと過度の緊張をしてしまうし、良いパフォーマンスが出ないので、近年はどれだけほぐしてあげられるか?を最大のテーマに考えていました。今大会は色々因縁深いものがあり・・・・

昨年同じ会場で、対戦したFC志染さんのメンバーが今年は同じ会場でまさかの同じチームとして戦っているという事。そして、昨年PK負けをして悔しい思いをさせられた小野中さんが対戦相手という何かがあるような大会でした。。。
それでも、いつも通り変わらずいきたかったし、今日までの準備という上でも3年生がどんどん一つにまとまってくれているのが目に見えて分かったし、自分達でやってやるんだ!というのがとてもよく見えたので、今日は楽しみが一番強い感情でした!こんな気持ちで大会を迎えられる事はコーチとして本当にうれしいし、そういう気持ちにさせてくれるみんなに心からありがとうを言いたい気分でした。

アップは気持ちと身体をほぐす程度!みんなの力を信頼しているから今から何かを付けようとか、気合いを入れよう、なんて事はするつもりもなかったので心と身体のほぐす事だけを重視してやりました!

非常に暑い中、ピッチで躍動するみんなの姿はとても素晴らしかったし、この場で一緒に戦える事が誇りでした!
試合はグランド環境を考えても細かく繋いで、丁寧に、という事は現実難しかったので、シンプルに武器を使っていく事を話しました。

緊張の色が濃く、どうしても身体が重たいみんなの立ち上がりでしたが、昨年悔しい思いをしたOBやその保護者の方々まで応援に駆け付けてくださった力も借りたりして、みんなの動きや集中はしっかりと途切れずに保てていました!大会前に骨折した柊真くんも大会ちょうどに間に合ったという感じで、そのプレーと存在感は休み期間を感じさせない見事なものでした!その間に柊真くんの不在を埋めながらがんばってくれていた龍之介くんも大会直前までハプニングがありましたが、その分気合いも十分でサポートしてくれました。

色々な人の思いがあってこの舞台が成り立っている事への感謝を今日一日しみじみと感じました。
前半はお互いチャンスはありながらも、もう一歩の所で届かず0-0。

後半に入って急に台風の影響でもある強い風が吹いてきた上に向かい風だったので、かなりしんどい状況の中、その風を味方につけた相手のシュートが5分間で2発突き刺さり、0-2の状況・・・。

でも、みんなの表情を観ていて、不思議と【この子達負けないよ】と思えたんです。ベンチでもそんな話をしていたのですが、負ける気配がない(会場の保護者の方々は負けたと思ったかも知れませんが・・・)中、後半の給水タイムで確信出来る出来事が・・・。

本来、3分間テントの中に入ってコーチからの指示やアドバイスを聞くみんなが、自分達だけで話をして、そのまますぐにグランドに出て行ったのです!暑い中、ギリギリまでテントの中にいる相手チームよりも先に・・・。その背中にたくましさと言うか、頼もしさを感じた自分は【いける!】という自信が確信に変わったのです。

そこから圧倒的に相手コートに押し込み、どんどんとチャンスを得て、瑛星くんのシュートがポストに嫌われたけれども、そのシュートをしっかりと狙って詰めていた暖翔くんの諦めない姿勢がさらにチームを活性化!!【もう俺、攻めるから!!】と後ろに話をして、そのままゴールへ向かう強い気持ちを出してくれた暖翔くんの執念のゴールが実り、1-2に。そこから押せ押せムードがさらに加速し、右サイドバックの暖心くんが、自分の判断で高いポジションを取り、見事な守備からそのまま前へ!焦った相手のミスも誘い、これまた執念のゴール!!2ゴール共に、綺麗ではなかったですが気持ちの入った最高のゴールでした!!そのゴールが決まってからすぐに試合終了!!
勝負は昨年と同じくPK戦へ!!

でも、今年の雰囲気は全く負ける気がしなくて、キーパーの健くんも強気だったので安心出来ました。キッカーはコーチが選び(水田くんは11番目!!!(笑))、そのメンバーもしっかりと冷静に決めていき、何よりもキーパーの健くんが素晴らしいセーブの連発で、3人をストップ!!!勝利に導いてくれました♪

今日は子供達のがんばりに暑い中ではあったと思いますが、会場に足を運んでくださった保護者の方々の心にも響く良いゲームだったと思います。諦めない気持ち、信じる気持ち、という事において勝利出来た結果だったと思います!

これで2回戦へ繋ぐ事が出来ました!このメンバーと一緒にやれる幸せを噛み締めながらまた良い準備をしていきたいと思います。

対戦してくださった小野中さん、会場を準備してくださった河合中さん、そして今日までの準備など全てに関わってくださった保護者のみなさん、本当にありがとうございました(礼)
2020/08/08のBlog
今日は朝から西猪名公園グランドにてアリバさんとのトレーニングマッチを行いました!

年末に一度試合をさせてもらってから半年後となる今回のゲーム。アリバさんは目標を常に高く持ってがんばっておられる事もあり、チームもさらに進化されていました!個々の能力に加えてチームとしても狙いや意図がとてもハッキリ伝わってくるし、選手同士のコミュニケーションや狙いも全て素晴らしいものでした!!

そんな相手に対して正直、食らいつくのが精一杯・・・という状況ではありましたが、うちはうちなりの粘り強さでしっかりと我慢をしてくれました。今、ファルコとして強い気持ちを持つとか出す事を求めていたのですが、それを観るのに絶好の相手だったと思います。
やりたい事がなかなか出来ない、出せないという相手に対してうまくいかないからこそ出てくる各自の本音という部分で、チーム内での圧倒的な差をまずは感じました。

最初の1本目に出たメンバーと2本目のメンバーとの差がすでに大きく、話をしたように【自分がしんどい時に仲間の為にがんばれない】という差が如実に出ました。ここは【がんばれ】とか【踏ん張れ】とか言うのは簡単だけど、そんなものでは解決しない【その子が持っている本来の力⇒仲間への思いやりの部分】だから、強要もしないし、促そうとも思いません。ただし、逆に言えば【そんな事をするまでもなく、差として出てしまっている現実】はよく分かったと思います。悪い部分とか、短所、なんて言葉ではなく【現時点での自分】です。

誤魔化しが通用しない相手だったからこそ全てが出た試合。

満足出来た選手は一人もいなかっただろうし、それは同時にうまく出来た選手もいなかったはず。ただし!!【うまく出来なかったという収穫】を得た子は多い!!チーム内だけではなかなか出てこない部分だから、相手を通して見えたのは良い事なんです。

良いチームとの対戦だからこそ出てくる部分に感謝をしよう!君達はこの先もず~~~っとうまくなっていくしかないんです!!今が頂点じゃなく、これからも頂点などない山道を登り続けるだけなのです。それを楽しまずに進むと辛さしか出ません。せっかく進むべき道を楽しめるように、下り坂を見つけるのではなく、上り坂を楽しめる方法を考えよう!気の持ち方一つで大きく変わるよ!!
ショートパス、中央突破。

こちらの【粘り・がんばり】を【一瞬にして無力にする】うまさが相手にはありました。見習おう!!良さは盗めばいいし、悔しい気持ちも大事だけどそれで誤魔化すのもやめにして、純粋にうまくなっていく道を探そう!

今日、目の前で全然うまくいかない、通用しないというゲームを見ながらもコーチはこのチームを観れる喜びでいっぱいでした♪がんばる可能性がいっぱいあるから楽しい!変化と成長しかない!悔しさが原動力になっていく選手もたくさんいる。その力と可能性を信じて少しでも多く引き出せるように自分もがんばろうと思う。人生の中でうまくいく事は多くないかも知れない。だけど、そういう中でうまくやろうとするみんなの姿が一番キラキラしている。

良いトレーニングマッチが出来た事。そこから出てきたたくさんの課題と可能性。
引き出してくれたアリバさんに感謝しよう!!そして、2日後の高円宮杯ではチーム全員で戦おう!!良い準備が出来ました!!アリバさん、ありがとうございました(礼)
2020/08/07のBlog
[ 23:31 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習はファルコとエリート塾の合同練習です!

新たな正式入会のメンバーが参加してくれた事と、OBが参加をしてくれた事もありグランドには珍しく50名近くのメンバーが集まった形となりました。

活気があるのは良い事ではありましたが、その中に簡単に埋もれていく子もいます・・・。少ないほうが見られている感覚を持つだろうし、その中で手抜きはあまりしないものですが多くなるとその中で【ついつい】という気持ちで手抜きをするメンバーがいました。最初から厳しい話をしないといけないスタート。

ここへ来る目的は何なの???とという問いかけから。
OBだろうが、小学生だろうが、グランドの中では100%を尽くす事だけを考えてほしいという事。

うまくなる、強くなるのに、【順番待ち】などありません。そういう子には一生チャンスは巡ってきません。そして、それを言い訳して【俺には合わない】と言って終わる人生にするのか?自らの努力、行動でチャンスをもぎ取るのか?この選択の繰り返しだと思ってほしい。ずっとその選択が来る度に【全力】を選ぶのは当然大変でしょうが、それをやり続ける人間だけにそれだけの光が当たる訳であり、結果も出るという当たり前の話なのです。

平等じゃないとか、恵まれていないとか、言い訳して逃げる人間は常に【そう思いたい】だけであり、自分の都合で周りのせいにしているだけなんです。
だから、ここでは遠慮はいらないから全力で取り組んでくれ!という話をしました。

実際、この言葉を【言わないといけない環境】にしている自分の甘さにあると思っているけれど、このタイミングで変わる子、変わるきっかけの子も出てくると思っています。だから言い続ける必要があるし、全体を一斉に!なんて思っていません。

気付く子、気付く努力をする子、にしか正直自分の話は入っていきません。これは誤魔化しようがない事実なのです。先生であれ、親であれ、大人はみんなに当てはまる事。受ける側の子供にその気がない時にいくら響くような言葉を言ったり、長々と説明しても絶対に入らないと割り切ったほうが賢明でしょう!!それよりも、逆に【この子には今日は入っていく】という子を見つけて、そちらにアプローチするほうが全てにおいて有意義な結果となるはずです。我が子しか見れない親であれば後日にするとか、タイミングは常に考えないといけないと思います。
今日は身体の使い方や足の運びについて取り組んでもらいましたが、普段の癖にはなかなか勝てない事が分かったと思います。

でも、細かい部分でも今日のような所の差を積み重ねた結果、目に見えて分かる同じ失敗を何度もしている事にそろそろ気付いてくれたらいいな、と思います。何の為に動き、何の為にフェイントをするのか?目的を整理していかないとトレーニングをしても効果が薄くなるのは当然の事ですね!

どうしてコーチがエリート塾生に入会時に【目的は何ですか?】を聞いているのか?は、グランドに答えがあるからです。君の動きは考え方から来るものであり、本音が出るのです。いくら目的を綺麗事並べて答えても、実際の動きこそが【あなた】なのです。その誤魔化せない部分で【僕はサッカーが本当に大好きなんですよ】というものが出てくるようになるとうれしいですね!言葉だけ、雰囲気だけ、見せかけだけ、を卒業しましょう!!


【本気】しか周りには伝わりませんよ。【つもり】はつもりで終わる。本気の後には【本当の喜びや悔しさ】が残り、つもりの後には【後悔】が残る。どちらを選びますか???

君達が決めてください!その決意と覚悟をグランドの上で待っています!
2020/08/06のBlog
[ 22:24 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!!

物事にはやはり【順序】があります。この地域の子にサッカーを指導していく際に、まず一番大事にすべき事は【一人に一個のボールを身近なものにする事】です。

よく観察してみてください。

あちこちの少年団の練習があるとして、その練習前の時間に子供達は何をしていますか?

この地域の多くのチーム、子供は、ゴールに向かってシュート(キック)をしています。キーパーを置いて、ひたすらキック!!という形です。でも、そういう子に限って、いざ試合でフリーキックの場面が来たら????【他人に譲る⇒少なくとも俺が蹴る!とは言わない】という事が起きるのです(笑)
つまり、日頃からの遊びは【遊びの為の遊び】なのです。

この感覚がとにかく根強い地域!だから、サッカーがうまくなるという事に対しての意識がどうしても低いと思います。メディアもそうです。日本はサッカーのうまさを【ボールを触った人のプレー】ばかりフォーカスしますから・・・。

でもね、サッカーの一つの試合であなたが触る時間、回数が一体どれだけありますか???って話。だからね、もちろん少ない触る回数で勝負を決められる技術は必要だから、とことんトレーニングしなければいけません!でも、サッカー全体を考えた時に多くの時間はボールに触れていない時間だから、その時間の質が結構問われると思うのです。

どこにいるか?どの向きをしているか?どのタイミングに、どの方向へ動くか?などが【サッカーのうまさ】だと言えるのです。
それを今、自分も兵庫の代表チームでプレーさせてもらって実感している所。

無駄に動き、それを【運動量がある】と評価されても結局は【サッカーがうまい】とは言われないって事。だから逆にサッカーがうまいと言われる人は、立っている場所、動くタイミングなどが非常に良い人の事を言うのだと思います。

何故かチャンスにフリーになれる人。何故か、ピンチに必ず救ってくれている人。周りにいませんか?そういう選手はサッカーを全体で観れる人には評価されるけど、技術目線しか持てない人には好かれない(笑)

こんな長い前置きになりましたが(笑)、今日のトレーニングはそういったボールに触れていない時間の動きをやりました。とにかく半分以上の子がパニクってました(笑)

パニクった子の理由は【サッカーの中の動きを陸上的な動き(直線的に決められた方向へ動く)しか出来ない】からだと思います。いきなりの変化は難しいでしょうが、今日をきっかけに何かが伝わればいいと思います!
レベルがあまり高くない所ではパスミスが出た際に【出し手のミス】のように言われますが、高いレベルになっていくと【受け手の動きの質の低さ】を指摘されるようになります。

この違いに気付いてきた子から大きな変化をすると思います!スペースに出しておけばナイスパスだと思ってはいけません!相手の事、受け手の事まで考えられたパスになるように、個の技術+しっかりと身に付けていきましょうね!!

出し手と受け手が重なればチームはものすごく活性化されると確信しています。その為にも、今日トレーニングした事をよく頭に入れておいてください!!がんばろう!!
2020/08/04のBlog
[ 22:20 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

ちょうど半分のメンバーがテスト休みだったので残りの半分での練習となりました。そこへ小学生が数名参加をしてくれたので一緒にがんばりました!!

今日は朝早い時間からすでに蒸し暑かったし、夕方以降になってもその湿度は一向に下がる気配はありませんでした・・・。なので、動いているとまとわりつくような汗が吹き出るし、この時期のプレーはすごく身体に堪えます。。。

だからこそ、【疲れを溜めない】事が最重要な事であり、その為に最近はプロテインを始めている子も多いし、回復力を高める事も考えてほしいと思います!
週末は土日と連日試合をさせてもらった中で、各自なりの課題は当然見えたと思う。

各自の課題については各自で取り組むしかないのですが、チームとしての部分は全体で考えないといけない事はたくさんある。仲間を意識したプレーをしていますか??という問いにはあまり手を挙げられないのではないだろうかな?

自分の事で精一杯だったり、余裕がないのだと思うし、最初は自分の事から入っていくのは分かるから今出来ていない事は理解は出来る。ただし、そのままで良いという訳にはいかないのがサッカーの難しさであり、面白さ。

どの種目であれ、素人の目線では分からない奥深いものがある。サッカーも素人が観た際には、【何で前に行かないの?ゴールはあっちやん!】みたいな事がありますが、そこには当然色々な駆け引きがあってそうなっている事はなかなか理解はしてもらいにくい。
でも、プレーをしている側のみんなはここを理解していかないといけない。

仲間がいて、相手がいて、その中にスペースがあって、そのスペースを活かしたり、消したり、そういうものがサッカーの中には起こってくる。足が速い選手が有利だと思われがちだけど、頭が良い(全体を理解している)ほうが選手としては価値が大きくなっていく。

無駄に動くのではなく、状況を観て動く。それが分かるとサッカーの難しさに直面するだろう・・・。みんなはまだそこまで考えた事もないだろうし、今は個の事で必死な部分も分かるからなかなか全体への話には広げていけないけれど、自分以外のもう一人、二人、ぐらいの関係性は分かる、見えるようにはなってほしいと思う。
これは学校生活においても同じです!

友達関係をいかに確立させていけるか?信頼関係によって結ばれているのか?表面的なものだけなのか?そこに人間性は出る。信頼する事と、される事の両方がある選手じゃないとどう考えてもピッチの中でもうまくはいかない。

そういうボールが繋がる楽しさを理解出来るようになるとサッカーはもっともっと面白くなる!楽をしなさい、という言い方はおかしいけれど、ボールはいくら動かしても疲れないという本質から考えても、人が無駄に走るよりボールが動くほうが効果的であり、効率的であるという事。

だから個人の技術は絶対に高めていく事と同時に、仲間との関わりにも目を向けて普段の生活でも、人を信頼し、信頼されるように行動していけるように心掛けていきましょう!!
2020/08/02のBlog
[ 16:55 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から久しぶりのサンブロススポーツフィールドにてフォルテ新宮さんとのゲームを行いました!!

梅雨が明けて、一気に夏が来た感じです。今年に限ってはコロナの問題があり、満足な活動が出来ないままにこの夏を迎えた事やマスク着用による熱中症予防の事などサッカー以外の部分でかなり気を使わなければなりません・・・。ですが、それをしてでもサッカーをやりたい子供がいる事やそれをさせてあげたい我々の気持ちがあるからこそ辛い状況の中でも強くなっていけます!もちろん度を越えた無茶をして色々なものを壊してしまうと意味がありませんが、成長という過程の中に【努力をする】というものは絶対に外せない事です。

楽をして、笑って、楽しんで・・・は成長の中の一部としてはあると思うけれど、それが100%になる事はありません。自分達の目標にしている大会が行われるありがたい中、精一杯の努力をしようではありませんか!!

そういう気持ちで今は3年生と強く、前向きにがんばる決意を持っています。
昨日との連戦になるので、今日のアップは動きは軽めに、でも技術という部分へのこだわりは持ってやるようにしていきました!

疲労の様子を見ながら、毎回の練習や試合で何かを掴む子、変化をする子もいるので無茶をさせられないこの大変な時期、季節の中でがんばる気持ちが本人から湧き出るようにしていきたいとは思っています。

フォルテさんとは久しぶりのゲームになりましたが、やはりフォルテさんらしかったです。強い心を持った選手が多く、自分がフォルテさんに大きな影響を受けた時の選手が今はコーチとなって戻ってきている姿にも色々深く思う部分がありました・・・。チームのカラー、伝統、子供は変わってもそのスタイルは変わらない。。。強いチームには共通してそれがあると思います。
かなり暑い中ではありましたが、選手は連日の疲労とも戦いながら一生懸命プレーをしてくれました!!まずは、自チームの選手のがんばりに敬意を払いたいと思います!

その上で、フォルテさんの選手の強い心にはまた大きな影響を受けました。どれだけやられても心を絶対に折らない強さを持っていました。終盤など、どちらが勝ってるの?というのも分からないぐらいに相手のほうが強い気持ちを前面に出してきました。それを【受ける】形になったみんなの表情には余裕がなく、当然その思考の時には【しんどい表情】になります。ここを打開出来る強い選手が今のチームには出てきません・・・。

何度も言いますが、コーチはみんなのがんばりには敬意を持っています。いつもがんばっている事はずっと見ています!だけどね、戦う姿勢や強い気持ちに関しては別問題。ずっと何十年もサッカーをやっているコーチから見ても【弱いし、物足りない】となります。目標を掲げる事も口にする事も自由。そこまでは誰にでも出来ます。
ただ、そこから先の【行動に示す】事から価値として出てくるのです。

相手の空気に圧倒され、自分達で助け合わずに苦しみ合う姿は誰が見たって【苦痛】です。【よくがんばったね】じゃなく、【もっとがんばろうと思える空気】にしてみてはどうだろうか?これはコーチからの提案になるけれど、みんなで前向きにやる事は絶対に必要だと思います。

チームとは一つの生き物だから、どこかに歪みが出てくると全体に蔓延する事がある。逆に言うと、一箇所の歪みを全体でカバーする、修復する事も出来る。それがチームというものの良さだろう!でも、それを利点として活かすかどうか?はみんな次第。仲間の事を観て、もっと一緒に戦えるチームになってほしいと願う。その為の手助けはしていきたいが、最終的にはみんなが心からそうなりたいと思うしか方法はないはず!

心のない行動は何をしても変化に繋がらない。心が全てを決める!口先ではなく、心を使える選手に、人間に!!!

対戦してくださったフォルテさん!学びの多い時間をありがとうございました(礼)
2020/08/01のBlog
[ 16:52 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からトレーニングマッチをさせてもらいに西播磨の播磨光都グランドに行きました!

良い環境で迎えてくださったのは交流の深い津田SCさんです。なかなかトレーニングマッチを芝生のグランドで行う事は数が少ないので、今日のようなこの環境で出来る事は本当にありがたい事です。とは言え、梅雨が明けて一気に日差しが強くなってきたので芝生の照り返しは想像以上にきつく、普段ナイターでトレーニングを行っているうちにとってはなかなか厳しい状況にはなったと思います。

でも、だからこそ強くなるとか今を越える一歩を出すには良い環境とも言えるので、今日という時間をまた大切にしてほしいと思いました!
前日のナイター練習を行った後なので、当然疲労はあると思っていました。

今日も数人と話したのですが、【テスト期間で体力が落ちた】と思っていたようですが、そうではなく、純粋に疲労感だと思います。前日の夜にトレーニングをして、今日みたいな早朝からの出発をすれば身体が疲労回復する前にゲームなので重たいのは分かっています。それらを考慮しながら見させてもらったのですが、それでも3年生のメンバーの入り(立ち上がり)がとにかく良くなかった・・・。動きの重たさとかではなく、頭の重たさが目立った。要するに【考えていない】事が多く、序盤はとにかく攻撃も守備も狙いがバラバラでした・・・。

個の能力だけで何とかしていたのですが、常に危なっかしいし、攻撃も関わりで崩すものはほとんどなく、個の打開のみでした。
1本目を終えてからはちょっとずつ慣れてきた感じもあり、プレーに余裕も出てきました。

サブ戦でも1年生の面々が良いプレーを出せていたのは大きな成果だったと思います。まだまだプレーそのものは雑だし、軽いプレーが多いけれど、そういう中での特徴みたいなものがしっかりと出せるようにはなってきています!

前向きにやっている子が多かったので得点もしっかりと重ねながらやれていたし、守備も対人プレーを中心に相手以上に強い気持ちで奪えていたと思います。ただ、人と人の絡みという点で、ズレがたくさんあったにも関わらず、改善しようとする行動がなかった事(まぁいいいや、仕方がないで済ませていた事)は変えていくべき点だと思います。
相手がどうこうではなく、自分がどうなのか?

もっとやれる事はないだろうか?うまくいかなくて落ち込む時間も含めて、もったいなく過ぎている時間が多いし、長い。そんな暇すらも努力をする時間に変えられないだろうか?

過去はどうしようもないけれど、未来は自分の力で変えられるのです。もっとチーム全体を引っ張ってくれるような3年生の意識と行動を期待したいと思います。コーチは他人に期待をするという言葉は普段は使いません。期待をすると、裏切られたらショックを受けるからです。勝手に期待し、勝手にショックを受けるのはコーチとしてやってはいけない事だと思うから、期待はしない事が大切。

でも、自分は3年生の面々を知った上で期待をします!わざとします!!そうやって責任を感じながら、背負いながらがんばってほしいというコーチからのエールです!!

自分が自分の為に出来る事を増やしていく事!これからもずっと自分との勝負はやめないようにがんばりましょう!!

良い環境で対戦してくださった津田SCさん、ありがとうございました(礼)
2020/07/31のBlog
[ 23:00 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習で、ファルコとエリート塾の小学生との合同練習でした!!

テスト休みのメンバーも大半が復帰してきたのですが、まだ終っていないメンバーもいるので全員が揃うのはもうちょっと先になりますね!

今日は小学生もたくさん参加をしてくれたのですが、卒業生も一人参加をしてくれたので、余計に幅があって良い環境となりました。誰が誰に憧れる?なんかは分かりません。人の繋がりはどこから生まれるか分からないからです。そういうきっかけになるタイミングはこういう身近に常にあるものです。それをどう活かすか?だけの話なので、各自なりに掴むきっかけにしてほしいと思います!
小学生達も、いつもと違うメンバーとの関わりはとても刺激になると思います。

自分との【違い】は自身が他人との違いでもある事に気付かされるはずです。みんなと同じ、違ったらいけない、ズレてはいけない、そういう風な風潮で育てられる環境の中、【自分】を維持する事は簡単ではありません。実際に、今日来てくれた高校生も、そういう悩みの中でがんばっているからです!

人は弱っている時ついつい【周りとの比較】によって落ち込んでしまうものです・・・。自分ってダメなんだ・・・ってね。

でもね、そうじゃなくて人と違うという事が個性であり、それを発揮させてもらえる環境こそが【最高】なのです。その最高の環境作りの為に大人が動けるか?なんだと思う。自分もこのチーム、この雰囲気を大切にしていく為に色々悩む毎日ですし、答えなど見つからないですが、自分と仲間を信じてやっていきたいと思います。
卒業生の悩みはとても自分にとっても学びになります。

自分が伝えてきた事は間違っていないのか?を知る意味でも参考になる事ばかりです。
真っ直ぐで、純粋な高校生の悩みを聞いて、改めて【子供一人一人を大切にしないといけない】という強い気持ちに火が点きました。

人生を振り返った時に、良かった、楽しかったと思う思い出はほとんどありません。何故なら、そういうのは残らないからです。残る思い出は強いインパクトのあるものです。それはうまくいかなかった事を乗り越えた時とか、本当にうれしい時や悔しい時に残っていきます。良くも悪くも、若いうちにはこの両方をたくさんたくさん経験しておいてほしいのです。その悔しいとうれしいの振り幅が広い人間性を持った人は誰からも愛される(愛されやすい)人になるのではないでしょうか???と思う。自分からヘコヘコしたり、媚びを売って好かれるのではなく、自然体で愛される人間性を持てれば一番良い人生を歩めると思っています。


その為の今日という時間がみんなにとってのまた大切な出会いや気付きになったら良いですね!良いチームや良い選手、という事も大事ですが良い人間、愛される人間になってほしいと強く願います!

自分もその力になれるように精一杯がんばります♪