ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6670件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/08/27のBlog
[ 22:17 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

木曜日は少人数になりますが、そういう中だからこそ出来る事があり、高められるものがある。練習前には怪我で全体練習出来ないメンバーと対話。

【自分の武器って分かってる?】というテーマで。

好かれ方には2通りあるという話をしました。

【一つは相手の好みで好かれる方法】と、【もう一つは自分の武器や特徴を活かして好かれる方法】という話。

前者のほうは、相手の都合に合わせ、ヘラヘラ笑ってでも合わせるだけの典型的な【八方美人】と呼ばれる方法。これは、その場凌ぎの方法だから信頼を得る好かれ方には絶対にならないという事。
そんな話をして、怪我をしていても毎日成長出来るし、変われるから行動を変えていこう!という事を伝えて全体の練習をしました。

全体の練習もかなりゆったりのペースでやりました。人が少ない時でもあるので、個別に近い形でゆったりと観る。各自の工夫、各自の色を探る。

練習の中でやるべき事って色々あるだろうけど、自分はやっぱり【個を磨く】事が重要だと思っているし、それを行動で示せるみんなにしたい!その上で、個と個を一緒に磨くような形にしたいと思う。人間関係だって同じだけど、イーブンの関係で話をしないとより良いものって生まれない。どちらかの一方的な意見だけでは改善はしない事は何度も経験してきた。だから、【もっと話をしろ】と言っても出来ないのはそこだと思う!だからこそ、個の成長が必須であり、その為には一人一人が自分を知る事が大切。
要所要所に良い手本がいるから、トレーニングも成果が出てくるのは早くなる。

その手本になる事が積極的に出来る選手はやはり試合でもボールをたくさん触っている子になる。遠慮とか、大人しい性格とか、そんな事を言ってるようでは成長速度を遅くするだけだし、それらは【言い訳】である事を自覚しなければならない。

スポーツは本来楽しむものであり、自らの意思でやるべきものだから、それをやると決めた以上はそこから先は自身の責任でないとおかしい。誰かのせいじゃなく、自分の責任。

うまくなっていく為に、もっと頭の中や心の中を変えないといけない!【こうあるべきだ】という一旦自分が思っている概念から変えないといけない時かも知れない。これまで教えられてきた(与えられてきただけの)ものを正しいと信じ込んでいる全てをリセットしなければ前に進まない子もいる。
今は平日は毎回サッカーをしたい小学生が混ざってくれる。違うカテゴリーの参加は本当にありがたい事なのです!

当たり前に中学生のチームに所属し、当たり前の仲間と練習しているとついつい忘れてしまうような感覚がある。それを思い出せる良い機会。

自分の頭の中をもう一度見直して、【こうあるべきだ】の定義を一回壊してみるのが良いかも知れません。自分のカラーや特徴が分からない子は尚更そうするべきだろう!

自分の成長を妨げる大きな要因の一つに【間違ったものを大事に取っておく選択の誤り】がある。真っ新な自分になってサッカーと純粋に向き合ってみるのも良いかも知れませんね!

自身の成長の為に!!大切な時間をうまく使いましょう!!
2020/08/25のBlog
[ 22:18 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

日々の積み重ねをしていく上で大切なのは、【刺激】です。人間というものは慣れてくるとどうしてもその流れに流されるのが楽だし、すぐに溶け込んでいくもの。

社会の中ではそういった事をするのは時には大切だと思うけど、みんなが今生きている時間はもっともっと【個性を尖らせてほしい】と願います。順応する力はとても大切だけど、順応しか知らない人はそれはもう順応ではなく【従順】です。言われた事に反応するだけの力は順応ではありません。

3年生はこれから各自の進路に向けてがんばる時間となります。ですが、進路先が君達を変えてくれるのではなく、各自、自分自身が切り開いていくものです。どこに行くか?は大事だけどそれが全てではなく、どういう気持ちで、どういう覚悟で行くか?です!
自分を尖らせていくという事は本当に大切な事だと改めて思いました!

自分の中ではずっとこれまで指導している中で、【最後はみんなで!】みたいな気持ちがどこかにありました・・・。一体感とかそういうのが良いものだと思い込んでいました。。。

ですが、今年のチームに関して言えば本当に素晴らしいまとまりを見せた裏で、コーチとして一つにまとめようと思う事はなく、むしろ【各自の個性を100%出してほしい】と思っていました。その先に、まとまりが出たという経験が出来ました。

各自の色。これはこれからもずっと大事にしてほしいものです!
そういう思いを持って今日のトレーニング。

高円宮杯という公式戦に出た子、出れなかった子はいます。出た経験は必ずどこかで繋がるだろうし、出れなかった子の理由は会場でも話をしました。

個を主張出来ないのは、個を自覚していないから。何が出来る、何が出来ない、何が得意で、何が苦手、そういったものを補う工夫などなど・・・。

ずっと考えながら日々を過ごしてほしい。材料は山ほどあるのに、みんなは気が付けば【横へならえ】で安心している。自らの特徴を前面に出すよりも、みんなの影に隠れて目立たないように生活をする。
途中質問したよね?

【自分の勝負する為の武器を持ってるか?】と。

ほとんど手が挙がらなかったよね???

努力、根性、頑張り、という言葉で全てをチャラにしようとする風習は日本の良くない伝統とも言える。どんな時代であれ、成功者と呼ばれる人というのは共通して【私はこうだ!】という自覚がある人なんだと思う。

周りの声、環境、人に影響されて自分を見失って、そんな姿で【がんばります!!】と言われても【何を????】ってなるのは当然。でも、ほとんどの大人、ほとんどの人ががんばるという決意じみた言葉をもらうと安心し、納得する。ひどいとその言葉を言うように誘導さえしている。

今日は普段とは違う【パス&コントロール】みたいなものを少し取り入れただけで、みんなは大パニック!!(笑)

たった数メートルの距離をコントロール出来ない未熟さ!よく分かったでしょ?リフティングが出来た、ドリブルが出来た、シュートが決まった、試合に勝った、なんて言っても結局はこの程度なんだよという事が見えたんじゃないかな?

悲観的になれ!という意味じゃなく、サッカーをやる上でまだまだ出来ていない事が多い事を自覚して、それを練習という時間の中でどれだけ向き合ったり、改善しようと出来るか?が価値だと思う。

もっともっと【今の自分】を見つめて、【未来の自分】をイメージして、努力しているみんなの姿勢が観ているこちらにも【そうなりたいんだね】と分かるような【伝わる一歩】を踏み出してほしい。

闇雲の一歩じゃなく、具体的な一歩!!

毎日無駄にしないでね!!口うるさく伝えていきます!!
2020/08/23のBlog
[ 17:23 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からまた滝野中学校さんの会場にて高円宮杯3回戦が行われました。

連日会場当番をされている滝野中さんや社中さんは本当に大変だと思うし、朝早くから夕方まで運営をしないといけない中で本当にありがたい事だと思います。子供達ががんばれる場所がある事、それを作ってもらっているという気持ちは忘れてはいけないし、その中で会場を使わせてもらっているという自覚を持ってやらないといけないと思います。

今日の相手は滝野中さんで、コロナの影響がある前にリーグ戦でも一度対戦させていただいた相手で、その時も強烈な個に翻弄されました。それがみんなの頭の中にも当然残っているし、それを跳ね返そうと思ったらこちらにもそれだけの覚悟は必要でした。
とは言え、連日のこの暑さの中でみんながベストなプレーを常にする事はなかなか難しいし、そこへの挑戦をする事に意義はあると思います。

アップは身体をほぐす事と今日は2試合目だったのでアップをする場所がかなり限られた事もあって、思い切りやるという事までは出来ませんでした。でも、その中で出来る事はやるし、スタメンのメンバーには一人一人今日の役目を最終確認してから試合を迎えるようにしました。思うようにいかない事だらけだとは思うけど、今日も、これまでも、【今持っている力を精一杯出す】事だけが目標なので、その為にも選手の様子を確かめながらアップの時間を過ごしました。
ちょっと緊張の色が濃い3年生が中心でしたが、逆に2年生が良い状態だったのでその空気が変えてくれるだろうと思って送り出しました!!

ここ数試合の中でも一番良い立ち上がりをしたように思います。果敢に相手ゴールを狙うプレーがどんどん続き、守備もファーストコンタクトを緩める事なくやれていたと思います。この大会に初スタメンとして出た龍之介くんも恐れる事なく、強気の姿勢で持ち味を出してくれた事もあり、チームの勢いに後押ししてくれました。

ですが、やはり最後の一本がなかなか出なくて得点を奪う事が出来ずに、時間は容赦なく過ぎていきました。後半に入っても足が止まる事なく、前へ行く姿勢はしっかりと見えたし、相手も覚悟を持ってこの大会を迎えているので、お互いに一歩も引かない展開となりました。いつもなら余裕がない場面でも落ち着いてプレーをしていたし、みんなの内面的な成長はしっかりと観れる試合になりました。
本当によく走っていたと思います!

下を向く時間もなければ【切り替えろ!!】なんて言葉を言う必要もないぐらいに足と頭を動かしてくれていました。でも、得点という形まで到達する事なく試合は終了。

1回戦と同じくPK戦へ!!

あの日と同じくキーパーの健くんの好セーブからスタートし、流れも良かったのですが今日はキッカーと相手のキーパーとの波長がピッタリと合ってしまい、最後のPK戦までゴールを割る事は出来ませんでした・・・。本当に相手キーパーを誉めるしかないでしょう!!

色々な思いを胸に、敗戦という結果に終ってしまいましたが下を向いている時間は今も、これからもありません。
みんなはまだこれから長い人生を進んでいく上での通過点にいるのですから。

勝敗という結果は常に出てくるだろうけど、それだけで君達の価値が変わる訳ではありません。自分の価値は今日の経験も含めて、これからまだまだ磨いていくものです。

いつも区切りは訪れます。その度に確認をしてください!進んでいる方向や進んでいる距離。誰かと比べるのではなく、自分自身との戦い。思いはあっても、その通りになるとは限らないし、うまくいかない事のほうがずっとずっと多いはず。

それでも、前を向いて進んでいく人だけが目標に到達していくもの。

終わってから3年生とゆっくり話をしたけれど、達成感や満足感のあった子もいれば反省や悔いで終わった子もいました。何が正解なのか?は分かりません。達成感が良いのか?後悔が良いのか?自分を奮い立たせる材料になればどちらでも構わないと思います。

大切なのは、今後のみんなの人生です!

このメンバーで、この大会を戦えた事は本当に良かったし、めぐり逢いの奇跡に感謝をしたいと思います。

今日はゆっくり休んでまた明日からも続く日々をがんばりましょう!!

二日間お世話になった会場の滝野中さん、暑い中たくさんの応援をしてくださった保護者の皆さん、本当にありがとうございました(礼)

2020/08/22のBlog
[ 14:53 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から滝野中学校会場での高円宮杯の2回戦!!

10日の勝利によって繋がった今回の試合。がんばった分だけ結果になって返ってきている今のみんなのがんばりは日頃の成果と言えます。だけど、それは同時に今出来ていない分は日頃の足りない部分なんだと受け止めてほしい。

【毎日がきっかけの日】

コーチが大事にしている言葉の一つ。人はいつだって、どこだって変化や成長が出来る。でも、それをいかにして気付けるか?という所に差がある。能力じゃない。天才かどうかじゃない。何に気付くか?どう受け止めるか?しかない!
試合前のウォーミングアップの時から1年生と2,3年生の技術が圧倒的な差である事がまずは見えた。

これは成果です!各自の時間にどれだけボールを触ってきたか?どれだけうまくなりたいと思ってきたか?その差なんです!普段一緒にボールを蹴っている時間には差は埋まりません。自分自身で気付き、自分自身で時間を作るしかない!!その話をしました。1年生がどう変化していくのか?本当に楽しみです!真面目って言われても【言われた事しかしない真面目】では通用しません。コーチの目指してほしい真面目さは、【ひたすらに自分の現状と向き合える真面目さ】です。

試合という場に出て気付く事、練習という場で気付く事、サッカー以外の場で気付く事。それぞれのタイミングがある。それが面白いし、だからこそ【気付いたもん勝ち】なのです!!
今日の相手は同じく1回戦を勝ち上がってきた吉川中さん!

1回戦を8得点決めて勝ち上がってきている勢いのあるチーム。そこを相手にどこまで自分達の空気を早く作れるか?が鍵でした!

立ち上がり・・・相変わらずエンジンがかからない・・・(苦笑)

ここでも本当にいつも思う事ですが【自分がされたら嫌なプレーって何だろう???】と自問してほしい。相手の嫌な事をしてほしいと思うのですが、なかなかそれがプレーに出ない。特に前の選手のエンジンのかかりがいつも悪く、後ろもバタバタしながらちょっと重たい空気でしたね。その上で、会場には公式戦丸出しの大きな声があちこちから飛び交うからなかなか平常心を保てないみんな。

こういう全てをひっくるめての【メンタル】が勝負を大きく左右するんだと思います。
我慢の前半を耐えた事で、その合間に出てくるチャンスがゆっくり相手を後ろに下げる事が出来た事もあり、コーナーから1回戦でも貴重な同点ゴールを決めた暖心くんのゴールで先制!!

そこから前半の残り時間は各自の良さが随所に出てきて流れを自分達で引き寄せてきました!

後半は疲れや疲労が見え始めた相手に対し、やっぱり気力の部分で強さを持っている今年のチームは元気いっぱいに躍動し、後半だけで4ゴールを追加。見事に2回戦も勝利してくれました!各自の良さが出た上に交代したメンバーもそれぞれの【現時点】が見えたと思う。また出ていなかった1年生にも話をしたし、そのメンバー達も自分の時間を作りながら努力の一歩を踏み出した。確かな一歩(土台)が出来ればその上に乗っかるものも大きくなっていく!!これからがまだまだ楽しみなチームです!!
本当に今日も暑い中でしたが、みんなよく走りがんばってくれました!!

そんなみんなのプレーには何も不満はありませんが、やっぱり【ズボンの履き方】から勉強していかないといけませんね(笑)

ついに公式戦の会場でも飛び出してしまいました(笑)

こういうちょっと抜けてるんだよな~~~。。。って部分も含めてファルコらしくて良いと思います!!!コーチはそういう所が大好きなんです♪

さて、明日にまた繋げてくれました!!明日も精一杯ファルコらしいがんばりを見せてください!!

会場を整えてくださった滝野中さん、対戦してくださった吉川中さん、暑い中たくさんの応援してくださった保護者の方々、本当にありがとうございました(礼)
2020/08/21のBlog
[ 23:27 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習はエリート塾とファルコの合同をいつもやっているけれど、今回は2,3年生は休みで1年生とエリート塾生のみでのトレーニングとなりました!

とても新鮮な設定の中、いつもは一番学年が下になる1年生が色々気配りをしてくれて最初の時間を作ってくれました。エリート塾生に声を掛けて一緒にゲームを始めるスムーズな動きはファルコ入会からの半年も活動をしていない中で、精神的にも大人になったな~と感心させられました。

ところが、そこから先が良くなかった(笑) 自由に参加するはずのゲームの中で【公式戦でもやってるの?】というようなギスギスした空気・・・。ついつい1年生からも厳しい声が飛んでしまうシーンを観て、少しだけ1年生に話をしました。
せっかくスタートはみんなを集めてうまく始めたのに、この空気じゃ遠慮する子のほうが多いし、お互いに良くないよ、と。

どういうゲームがしたいのか?みんなどんな目的を持っているのか?を最初に集めた時に話してからスタートしたら良かったね!という事を伝えて1年生がまずは目的を持ってやる事を意識してもらいました!

そこからはちょっと柔らかい雰囲気にはなったし、こういう経験を重ねて相手の気持ちや、全体の空気も分かってくる、感じれるようになっていくんだと思います。今日の成果は1年生がこの雰囲気に失敗した事よりも、自分達だけで動いて積極的にエリート塾生をまとめようとアクションした事です!!失敗よりも大きな成果を残したと思います。
そこから全体でボールを触りましたが、【この場に来ればうまくなる】と勘違いしている子も中にはチラホラ感じます・・・。

そもそもうまくなる、という事は自分自身で行動しないといけない事なのですが、どうしても【指示待ち人間】になってしまう。そして、いつしか【努力・練習をする】という言葉だけで片付けようとする子が出来上がるのです。そうじゃなくて、【夢中になった結果自然と努力をしていた】というような形になった人間がうまくなっていくのです。

努力は意識してやるものではなく、自然とやっているというものであり、そこに人間は伸びる可能性があるんだと思います。だから、我々の指導する立場としては【いかに夢中にさせられるか?】だと思うし、その為の設定作りなんだと思います。
今日は一人一個のボールを触る時間を多くしてもらったのですが、そこで見える差は明らかに大きいのも分かります。

でもね、誰かとの比較がその子の評価ではないので、その子その子に目を向けて【これだけ出来るようになったね!】という成果を見つけていきたいと思う。途中子供にも話をしたのは【一回の練習で何かを発見しなさい!】という事は自分自身に言ってるのと同じ。

みんなの良い部分、工夫している部分、やろうとしている部分などを発見していきたいと思う。前向きな姿勢はとても多く、1時間半の時間はあっという間でした。みんなの前向きさはとても自分にとっても大きなエネルギーになるし、この大切な気持ちを常に忘れないように現場で精一杯がんばっていこうと思います!

自分を動かす自分になれ!!!この時期の暑さに負けない熱量の思いを持って!!
2020/08/20のBlog
[ 22:04 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

たわいもない対話、会話の中にヒントはたくさんあります。

みんなにとっての【日常】がどのレベルにあるのか?どういう意識で毎日を過ごしているのか?が出てきます。トレーニングを日々行うのは【習慣化させる事】は一つの理由にあるだろうけど、それがただの【慢性化・機械化】してしまうだけではある程度で止まってしまいます・・。そうならないように、自分の頭で考えて行動をする習慣を持たせないといけないし、それが習慣化出来ると、必ず【意見の対立や衝突】が出てくるものです。

【自分の意見を言わずにグッと堪える事が良い子】

に思われがちです。子供の話聞いていてもそれがよ~~~く分かります。だって周りには【支配したい大人】が多いから。自分の思う通りにしたい=子供には自分の思うようにさせる=それが教育とすら思っている人が多いから。
大人は自身の矛盾に気付いていません。

【あ~しろ、こ~しろ】と指示する裏側では、【自分だってしてへんやん!】と思われている事が多く、そこに信頼関係は絶対に生まれません。そして、その信頼関係を築くよりも【支配する】事を望む人が多いから一方的な言い分になるという流れ。それが【子供の日常】なんだから、受け身になるのは当たり前。

その環境を正しく変えたいと思う。口だけではなく【子供の意見・子供の意思】を引き出さないといけない。その為に、【子供を信じる】事から入るし、信じる=裏切られても関係ないという覚悟が必要になってきます。そこの覚悟を持つにも随分の時間を費やしましたが、今はそれが出来ます。自分はファルコに関わる子供を心から信頼しているし、自分がされているかどうか?は子供が決める事であり、自分の問題ではありません。自分の問題は【心から信じているかどうか】だけなので。。。
今日はその子供の中身を引き出す事を重視してトレーニングを行いました。

自分の考え、アイデア、伝える、共有する、という事を言いました。なかなかすぐには出来ません。でも、最も大事なのは今すぐに出来ない子にでも【しなければいけない形は理解出来ている】という状況に持っていく事。

【出来ない】と【やらない】は全く意味が違うし、その一つ一つを潰していかないと前には進まない。全体的に、平均的に、という言葉で誤魔化してしまう所だけど、個別に見れば誤魔化せない課題が常にある。そこに各自と向き合って、課題と向き合わせる事がトレーニングには重要だと考える。どんなメニューであれ、目的意識がズレれば成果もズレる。ここは常に考えて伝えていく工夫をしないといけない。
暑くて身体はきつい・・・・だからこそ!!頭をフルに使っていくようにしよう!!

今日のみんなを観て【身体が賢くない】事と【頭を使えていない】事が顕著に出てきた。ある意味設定は大成功だと言える。それが見えたのだから!

ここから改善を繰り返し、失敗を繰り返し、ゆっくりゆっくり前へ進もうと思う。

まだ、ズボンの履き方も知らないメンバー達へ・・・・(笑)

先は長いが楽しみしかない!!!前向きにがんばろう!!
2020/08/16のBlog
[ 21:07 ] [ 試合結果 ]
今日はお盆休み明けの最初の活動という事で、いきなりゲーム形式で行う事となりました!

きつい日差しに、暑さとの戦いもしていかないといけないけれど、年々外に出るには危ない暑さになってきました・・・。地球規模の問題になっている温暖化の影響が目に見えて出てきているのを実感するし、このメンバー達が大人になる頃にはさらにその問題が加速化されていると思います・・・。近い将来、夏場の大会自体がなくなるのでは?と思うぐらい昼間はがんばりたくてもがんばれないような暑さになってきていると思います。それでも今はこの中でやるしかないし、だからこそやるからには良い成果が得られる為の努力をしなくてはなりません。率先して楽を選ぶ事は常に出来ると思いますが、そういう中で【敢えて】大変なほうを選択出来る心の強さを持ってほしい事は最後に話をしました。
今日の狙いと言うか、いつだって同じなのですが【相手ではなく、自分自身を高める事】が全てです。

今日は本当に久しぶりのゲームで、しかも昼間の暑さの中だったのでかなりきつい中での活動となりました。そういう【自身がきつい時=本音が行動に見える時】なので、そこに大きな差を見ました。1年生だから?2年生だから?というレベルの話ではありません。

こういうのは【これまでの生き方】そのものですから学年の話ではないのです。自身が疲れた、しんどい時に【当たり前に人に頼る】生き方がベースの子はやはりそれが行動に出ます。人って弱い生き物だから、言い訳が出来るし、その言い訳を【自分都合に正当化する】事が出来るのです。ず~~~っとそれで逃げられる生き方も出来ます!でもね、そうすると、当然ですが自分の周りにもその人間しか集まらない。みんな愚痴って、文句言って、自分は間違っていない、自分は大丈夫、という確認をしたがる。。。これって自分もやってきた道、通ってきた道だからよく分かる。
だから【反面教師として逆に生きなさい】と強要しているのではありません。

自分は大事な各家庭の、自慢の、大事な子供を預かっているという責任なんです。この【本音】の行動を【正す】とかではなく、【戦わせる】事は第三者の自分にしか出来ない事かも知れないと思っています。親なら、当事者ならついつい・・・と思ってしまう気持ちも理解出来るし、甘やかしているという言い方ではなく愛情を持って関わってきたからこそ自分で戦う機会はもしかしたら与えていないかも知れないという事です。子育てが間違っているとかの話じゃなく、自分という立場の人間が成長させる為の場を与える為にすべき事、をやっていくつもりです。

サッカーをやるという事はもちろんですが、それ以前に【一人の人間として】やるべき事や大事な考え方の部分からもうちょっとみんなと考えていきたいと思いました。
暑い中、頭も、身体も、全然動かない子が多かったけれど、それは覚悟していたし、想像の範囲内でした。

ただし、それで良い訳じゃないし、うまくいかないからどうするの?という部分はどの日であれ、考えなければいけない事!その自覚の低さがたくさん見えたし、【やっているつもり】のレベルで止まっている子が多い。悲観的?落ち込む?それすら【甘え】だと言いたい。

やってきていない部分がそのまま出ている訳で、努力が足りない部分が出ているだけ。
僕はダメなんだ・・・という悲観的になるよりも、全然あかん・・・と落ち込むよりも、そんな見た目だけジェスチャーじゃなく、中身を本気で磨きなさい!!と言いたい。

今日、グランドで全てが出た。来て良かったし、観れて良かった!!今のコーチは常に前向きに考える!課題が出た事が前向きな要素だと受け止める。誰が良くて、誰が悪いなんて話は絶対にしない!常に前を向いて努力していくだけ!!その時間は平等にあるはず!自分の為の時間を無駄にしないようにがんばろう!

暑い中、対戦してくださった淡路FCさん、遠い所まで応援してくださった保護者の方々、本当にありがとうございました(礼)
2020/08/10のBlog
今日は朝から高円宮杯の初日が行われる為に会場となる河合中へ堀金コーチと一緒に帯同させてもらいました!!

一つの目標にがんばってきた大会でもあるので、みんなの思いは十分に伝わってきていたし、その気持ちを自分の立場としてはどれだけ引き出せてあげられるか?だと思っていました!!

【大事な大会だよ】という意識付けをしてしまうと過度の緊張をしてしまうし、良いパフォーマンスが出ないので、近年はどれだけほぐしてあげられるか?を最大のテーマに考えていました。今大会は色々因縁深いものがあり・・・・

昨年同じ会場で、対戦したFC志染さんのメンバーが今年は同じ会場でまさかの同じチームとして戦っているという事。そして、昨年PK負けをして悔しい思いをさせられた小野中さんが対戦相手という何かがあるような大会でした。。。
それでも、いつも通り変わらずいきたかったし、今日までの準備という上でも3年生がどんどん一つにまとまってくれているのが目に見えて分かったし、自分達でやってやるんだ!というのがとてもよく見えたので、今日は楽しみが一番強い感情でした!こんな気持ちで大会を迎えられる事はコーチとして本当にうれしいし、そういう気持ちにさせてくれるみんなに心からありがとうを言いたい気分でした。

アップは気持ちと身体をほぐす程度!みんなの力を信頼しているから今から何かを付けようとか、気合いを入れよう、なんて事はするつもりもなかったので心と身体のほぐす事だけを重視してやりました!

非常に暑い中、ピッチで躍動するみんなの姿はとても素晴らしかったし、この場で一緒に戦える事が誇りでした!
試合はグランド環境を考えても細かく繋いで、丁寧に、という事は現実難しかったので、シンプルに武器を使っていく事を話しました。

緊張の色が濃く、どうしても身体が重たいみんなの立ち上がりでしたが、昨年悔しい思いをしたOBやその保護者の方々まで応援に駆け付けてくださった力も借りたりして、みんなの動きや集中はしっかりと途切れずに保てていました!大会前に骨折した柊真くんも大会ちょうどに間に合ったという感じで、そのプレーと存在感は休み期間を感じさせない見事なものでした!その間に柊真くんの不在を埋めながらがんばってくれていた龍之介くんも大会直前までハプニングがありましたが、その分気合いも十分でサポートしてくれました。

色々な人の思いがあってこの舞台が成り立っている事への感謝を今日一日しみじみと感じました。
前半はお互いチャンスはありながらも、もう一歩の所で届かず0-0。

後半に入って急に台風の影響でもある強い風が吹いてきた上に向かい風だったので、かなりしんどい状況の中、その風を味方につけた相手のシュートが5分間で2発突き刺さり、0-2の状況・・・。

でも、みんなの表情を観ていて、不思議と【この子達負けないよ】と思えたんです。ベンチでもそんな話をしていたのですが、負ける気配がない(会場の保護者の方々は負けたと思ったかも知れませんが・・・)中、後半の給水タイムで確信出来る出来事が・・・。

本来、3分間テントの中に入ってコーチからの指示やアドバイスを聞くみんなが、自分達だけで話をして、そのまますぐにグランドに出て行ったのです!暑い中、ギリギリまでテントの中にいる相手チームよりも先に・・・。その背中にたくましさと言うか、頼もしさを感じた自分は【いける!】という自信が確信に変わったのです。

そこから圧倒的に相手コートに押し込み、どんどんとチャンスを得て、瑛星くんのシュートがポストに嫌われたけれども、そのシュートをしっかりと狙って詰めていた暖翔くんの諦めない姿勢がさらにチームを活性化!!【もう俺、攻めるから!!】と後ろに話をして、そのままゴールへ向かう強い気持ちを出してくれた暖翔くんの執念のゴールが実り、1-2に。そこから押せ押せムードがさらに加速し、右サイドバックの暖心くんが、自分の判断で高いポジションを取り、見事な守備からそのまま前へ!焦った相手のミスも誘い、これまた執念のゴール!!2ゴール共に、綺麗ではなかったですが気持ちの入った最高のゴールでした!!そのゴールが決まってからすぐに試合終了!!
勝負は昨年と同じくPK戦へ!!

でも、今年の雰囲気は全く負ける気がしなくて、キーパーの健くんも強気だったので安心出来ました。キッカーはコーチが選び(水田くんは11番目!!!(笑))、そのメンバーもしっかりと冷静に決めていき、何よりもキーパーの健くんが素晴らしいセーブの連発で、3人をストップ!!!勝利に導いてくれました♪

今日は子供達のがんばりに暑い中ではあったと思いますが、会場に足を運んでくださった保護者の方々の心にも響く良いゲームだったと思います。諦めない気持ち、信じる気持ち、という事において勝利出来た結果だったと思います!

これで2回戦へ繋ぐ事が出来ました!このメンバーと一緒にやれる幸せを噛み締めながらまた良い準備をしていきたいと思います。

対戦してくださった小野中さん、会場を準備してくださった河合中さん、そして今日までの準備など全てに関わってくださった保護者のみなさん、本当にありがとうございました(礼)
2020/08/08のBlog
今日は朝から西猪名公園グランドにてアリバさんとのトレーニングマッチを行いました!

年末に一度試合をさせてもらってから半年後となる今回のゲーム。アリバさんは目標を常に高く持ってがんばっておられる事もあり、チームもさらに進化されていました!個々の能力に加えてチームとしても狙いや意図がとてもハッキリ伝わってくるし、選手同士のコミュニケーションや狙いも全て素晴らしいものでした!!

そんな相手に対して正直、食らいつくのが精一杯・・・という状況ではありましたが、うちはうちなりの粘り強さでしっかりと我慢をしてくれました。今、ファルコとして強い気持ちを持つとか出す事を求めていたのですが、それを観るのに絶好の相手だったと思います。
やりたい事がなかなか出来ない、出せないという相手に対してうまくいかないからこそ出てくる各自の本音という部分で、チーム内での圧倒的な差をまずは感じました。

最初の1本目に出たメンバーと2本目のメンバーとの差がすでに大きく、話をしたように【自分がしんどい時に仲間の為にがんばれない】という差が如実に出ました。ここは【がんばれ】とか【踏ん張れ】とか言うのは簡単だけど、そんなものでは解決しない【その子が持っている本来の力⇒仲間への思いやりの部分】だから、強要もしないし、促そうとも思いません。ただし、逆に言えば【そんな事をするまでもなく、差として出てしまっている現実】はよく分かったと思います。悪い部分とか、短所、なんて言葉ではなく【現時点での自分】です。

誤魔化しが通用しない相手だったからこそ全てが出た試合。

満足出来た選手は一人もいなかっただろうし、それは同時にうまく出来た選手もいなかったはず。ただし!!【うまく出来なかったという収穫】を得た子は多い!!チーム内だけではなかなか出てこない部分だから、相手を通して見えたのは良い事なんです。

良いチームとの対戦だからこそ出てくる部分に感謝をしよう!君達はこの先もず~~~っとうまくなっていくしかないんです!!今が頂点じゃなく、これからも頂点などない山道を登り続けるだけなのです。それを楽しまずに進むと辛さしか出ません。せっかく進むべき道を楽しめるように、下り坂を見つけるのではなく、上り坂を楽しめる方法を考えよう!気の持ち方一つで大きく変わるよ!!
ショートパス、中央突破。

こちらの【粘り・がんばり】を【一瞬にして無力にする】うまさが相手にはありました。見習おう!!良さは盗めばいいし、悔しい気持ちも大事だけどそれで誤魔化すのもやめにして、純粋にうまくなっていく道を探そう!

今日、目の前で全然うまくいかない、通用しないというゲームを見ながらもコーチはこのチームを観れる喜びでいっぱいでした♪がんばる可能性がいっぱいあるから楽しい!変化と成長しかない!悔しさが原動力になっていく選手もたくさんいる。その力と可能性を信じて少しでも多く引き出せるように自分もがんばろうと思う。人生の中でうまくいく事は多くないかも知れない。だけど、そういう中でうまくやろうとするみんなの姿が一番キラキラしている。

良いトレーニングマッチが出来た事。そこから出てきたたくさんの課題と可能性。
引き出してくれたアリバさんに感謝しよう!!そして、2日後の高円宮杯ではチーム全員で戦おう!!良い準備が出来ました!!アリバさん、ありがとうございました(礼)
2020/08/07のBlog
[ 23:31 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習はファルコとエリート塾の合同練習です!

新たな正式入会のメンバーが参加してくれた事と、OBが参加をしてくれた事もありグランドには珍しく50名近くのメンバーが集まった形となりました。

活気があるのは良い事ではありましたが、その中に簡単に埋もれていく子もいます・・・。少ないほうが見られている感覚を持つだろうし、その中で手抜きはあまりしないものですが多くなるとその中で【ついつい】という気持ちで手抜きをするメンバーがいました。最初から厳しい話をしないといけないスタート。

ここへ来る目的は何なの???とという問いかけから。
OBだろうが、小学生だろうが、グランドの中では100%を尽くす事だけを考えてほしいという事。

うまくなる、強くなるのに、【順番待ち】などありません。そういう子には一生チャンスは巡ってきません。そして、それを言い訳して【俺には合わない】と言って終わる人生にするのか?自らの努力、行動でチャンスをもぎ取るのか?この選択の繰り返しだと思ってほしい。ずっとその選択が来る度に【全力】を選ぶのは当然大変でしょうが、それをやり続ける人間だけにそれだけの光が当たる訳であり、結果も出るという当たり前の話なのです。

平等じゃないとか、恵まれていないとか、言い訳して逃げる人間は常に【そう思いたい】だけであり、自分の都合で周りのせいにしているだけなんです。
だから、ここでは遠慮はいらないから全力で取り組んでくれ!という話をしました。

実際、この言葉を【言わないといけない環境】にしている自分の甘さにあると思っているけれど、このタイミングで変わる子、変わるきっかけの子も出てくると思っています。だから言い続ける必要があるし、全体を一斉に!なんて思っていません。

気付く子、気付く努力をする子、にしか正直自分の話は入っていきません。これは誤魔化しようがない事実なのです。先生であれ、親であれ、大人はみんなに当てはまる事。受ける側の子供にその気がない時にいくら響くような言葉を言ったり、長々と説明しても絶対に入らないと割り切ったほうが賢明でしょう!!それよりも、逆に【この子には今日は入っていく】という子を見つけて、そちらにアプローチするほうが全てにおいて有意義な結果となるはずです。我が子しか見れない親であれば後日にするとか、タイミングは常に考えないといけないと思います。
今日は身体の使い方や足の運びについて取り組んでもらいましたが、普段の癖にはなかなか勝てない事が分かったと思います。

でも、細かい部分でも今日のような所の差を積み重ねた結果、目に見えて分かる同じ失敗を何度もしている事にそろそろ気付いてくれたらいいな、と思います。何の為に動き、何の為にフェイントをするのか?目的を整理していかないとトレーニングをしても効果が薄くなるのは当然の事ですね!

どうしてコーチがエリート塾生に入会時に【目的は何ですか?】を聞いているのか?は、グランドに答えがあるからです。君の動きは考え方から来るものであり、本音が出るのです。いくら目的を綺麗事並べて答えても、実際の動きこそが【あなた】なのです。その誤魔化せない部分で【僕はサッカーが本当に大好きなんですよ】というものが出てくるようになるとうれしいですね!言葉だけ、雰囲気だけ、見せかけだけ、を卒業しましょう!!


【本気】しか周りには伝わりませんよ。【つもり】はつもりで終わる。本気の後には【本当の喜びや悔しさ】が残り、つもりの後には【後悔】が残る。どちらを選びますか???

君達が決めてください!その決意と覚悟をグランドの上で待っています!