ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6766件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/02/05のBlog
[ 22:15 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習でした!!

昼間は穏やかな気温だったのですが、風が強くて、夕方以降は風は収まったものの気温が一気に下がりました。週末はかなり暖かくなるみたいですし、この気温差による体調の変化も大変だと思いますが、みんな毎日元気で過ごしたいですね!自分自身も管理には気を使いたいと思います・・・と言いながらいつも練習が終わるとこの極寒の中、堀金コーチと2時間の談話会(笑) コーチとして、選手として、一人間として・・・話は尽きません。

ファルコの反省が話題ではなく、ほとんどがコーチそれぞれの生き方などの話ですが、本当に奥が深いし楽しいです!
トレーニングのほうは、低い気温の事もありしっかりと身体を温めてからやっていきました!

コーチは何を観ているのか???⇒各自の成長する為に必要な事を探っています。
メニューは何を考えているのか???⇒サッカーをする為、サッカーをうまくする為の方法

に対して、
君達はどういう気持ちでグランドに来ていますか?
君達はどういう気持ちでメニューに取り組んでいますか?
君達はどうしてサッカーをやっているのですか?

を表現してもらいたい。口先で答えてほしいのではなく、行動で示してもらいたい。
行動には、必ず【気持ちが伴う】からです。

グランドの中に入ればそこを細かく観ています。だから声を掛ける子を選びます。全員と話をしたいですが、色々知りたいのですが、それをすべき時とやるべき事を分けます。そもそも【(そこまで目的もないのに)・・・うまくなりたいから】という子にはほぼ声を掛けておりません。

プレーの選び方には、
①【とりあえず】のプレー(考えていない)
②マニュアルなプレー(教えられた、もしくはずっとそうやってきたからという理由)
③自分の描いたプレー(自身の発想)
④相手に合わせたプレー(仲間や相手の動きによって変える)

というのがあります。①、②には本人の意思が存在しません。でも、多くの子はこの①、②です。良いですか?【うちの子をうまくさせてやってください!】と思われるならば、是非日常から③、④を引き出す練習をしてください!
物事の【良くなっていく】というスタートラインは①、②を越えた時だと思うのです。

自分の気持ちで、自分の頭で考え、自分の足で行動する。そこからです!そうすれば、【そもそも論②】で、【うまくさせてください】は自分の口で言うはずです。大人や保護者の思う事ではないという事です。そうやって大人の思いが子供の気持ちを越えている家庭はバランスを失うと思います(色々な失い方があり、反抗期という言葉で片付けようとする事が多い)。

変化も、積み重ねも、目に見えるような量ではないですが、確実にその変化はあります!良くなっている子は目に見えるレベルになってきています!でも、同時に全然変化が出ない子もいます。それは【本人の在り方】です。

一年の終わりを迎えようとしている今、この部分に明らかな差が見える事もある意味成果だと思っています!みんな同じは絶対にない。家庭環境が大きく影響しますから。。。

そういう中で、自分の足で自立を始めた子の成果は大きくなっている事を喜びつつ、そこに到達出来ていない子のサポートもゆっくりやっていきたいと思います。


子は大人の思う通りにはならないが、【大人のしてきた通りになる】です!ずっと自分にも言い聞かせていきます!!!
2021/02/04のBlog
[ 20:48 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

前へ進むには【あれ???】という違和感が大事です。これで良い、このままで良い、と思ってしまえばそれ以上になる事はありません。

しかもこの違和感は他人に感じるのではなく、自分自身に感じられるか?です。今日の序盤のトレーニング。リフティングがメインでしたが、その中で確実に手本となる子が近くにいるのに、全然見ないで自分の事に没頭している子が多い。もちろん没頭と言えば良い言葉に聞こえるが、【出来ていない自分の事も分からずにやっているだけ】では、進歩も何もないのです。
うまくなる為の材料は確実にあります!!

でもね、この場にいればうまくなる、は絶対にありえません。そこは自分自身で獲得する以外の方法はないのです。うまくなりたいと強い気持ちが出ている子は【抽象的な言葉】を自分なりに解釈してくれる。でも、その気持ちが弱い子は全く理解しない、出来ない、しようとしない、という行動になる。この差はとにかく大きいのです。

不器用な子は良い。不器用だからこそ良い。でも、その子の周りで【きちんと!しっかりと!】をたくさん言われている子はとにかく進歩のペースが遅くなる・・・。自分でやる事が出来ないからです。
大人の言葉って本当に罪深いものです・・・。

良かれと思って簡単に言ってしまう言葉によって子供がつくりあげられる。
正解、成功、結果。どうしてもそこに目を向けてしまう大人に育てられた環境は子供を通して見える。それが悪いのではなく、【そこが最優先になっている事が問題】なのです。

大人が思う【こうなってほしい】という姿の真逆を自分がやってしまっている事にほとんどの大人が気付かないのです(自分もその一人でした。。。)
違和感からのスタート。

自分で自分に違和感を持てた子からちょっとずつ前へ進んでいる事がよく分かります。

進むべき道とその動線。重なっていく子は変化が大きいし、目に見えている。

楽しみです♪明らかな変化が目に見えてきているだけに、今後も楽しみな変化を見守り続けていきたいと思います!
2021/02/02のBlog
[ 21:05 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

緊急事態宣言がさらに延長されて、3月7日まで活動がまた制限される事となりました・・・。その状況も【出来るだけまだありがたい!】と受け止めてはいるのですが・・・

どうしてこうも理不尽に・・・・当たり前に活動しているクラブやチームがあるのを観ると首を傾げます。。。【子供の為に】と言えばそうなんでしょうが、自分達だって交流や試合をさせてあげたい気持ちは同じなのに、全然遠慮もなく活動をする話を聞いたり、見たりするとどうも納得がいきません・・・。

大会ならば仕方がないし、運営している方の苦労も分かる。だけど、お互いの意思で組んだトレーニングマッチならばみんなで一斉に我慢すべきなのでは???と思う。
それぞれの見解や受け止め方があるのは分かるけど、緊急事態宣言が出ているのは【兵庫県】であって、【北播磨とか多可町】ではないのです。それなのに、【自由】の受け止め方が差が大きすぎやしませんか???って話。

しかも、兵庫県内のコロナ感染者の多くも京阪神に集中しているにも関わらず、そちらのほうが活発に行っているとか、平気で県外をまたぐとか・・・子供が勝手に動いた、ではなく大人が意図的に連れていくという感覚に大きな疑問を感じる。それがまた一ヶ月伸びる事が決まっているけれど、そういう方々は同じように何も変えないのでしょうか???

ん~~。。。納得いかない。。。
今出来る事を見つけて、一生懸命に積み重ねようと思うし、やれる事をやろう!と覚悟を決めてやっているだけに、同じルールの中で戦っていない部分はちょっとおかしいと感じる。

もうちょっと全体に浸透した決め事にしてもらわないと子供達同士でも当然納得いかない部分は出てくる事になる。学校単位でも通知は出ているにも関わらず【チームがやるって言うから・・・】って事でみんなが横へならえをしてしまう。。。【個を育てています】って何でしょうかね???
今日の夜は寒い中でしたが、短い時間の中を無駄にする事なくやっていきました!

ボールコントロールに、脳トレ、相手との距離感、感性と取り込んだメニューをやっていき、後半は対人、駆け引き、ゲームという流れでした!ちょっとずつ【観る】が出来るようになり、【判断】が出来るようになってきましたね!

自分のペースで大丈夫です!!自分なりに気付く事、気付くタイミングがあれば良いのです!急がずにやっていく事で自分なりの発見、答えも見つかっていくでしょう!そこまでがんばってやり続けていきましょう!!

小学生達の頭と心、身体も連動してきています!!これからもどんどん良くなっていくと思います!!がんばっていきましょう!!
2021/01/31のBlog
[ 16:50 ] [ 練習の様子 ]
今日は昼間の活動でした!!

二部構成にして、まずはミーティングで全体の共通理解を深める事に時間を割きました。ミーティング前には堀金コーチと先に打ち合わせをして何を?どのように?進めていくか?の確認をしました。

今日のミーティングでは、答えのないものをみんなで考えて出し合ってもらう事からスタートしました!こちらでの答えを用意はしていましたが、それを教えるのではなく、またこちらの答えが正解というものではなく、みんなの考えはどうなのか?3人グループにしてそれぞれのグループで意見を出し合ってもらいました。
グループはポジション別に分けていきましたが、ものすごくカラーが見えました。

そして、最大の成果は【自分が普段子供達に伝えている事】がそのまま出たという事でした。みんなの言葉のようで、自分が子供に伝えている事がほとんどだったし、それはやっぱり対話の中で個別に話した事は相手の中に残っていくんだという事が改めてよく分かりました。だからこそ、自分が個別に伝える事は重要だし、伝え方は本当に大切になってくるという事が身に染みました。

お互いに、真剣に、言葉を選びながらしっかりと考えてくれた事。これまでのミーティングとは全く違った【彼等が作り上げたもの】だった事が良い形として残りました。
そこからグランドに移動し、トレーニングで積み重ね!

随分と出来る事、出来ない事を出来るようにしていく事が増えてきたと思います。やっぱり考え方で人は変われるという事。技術レベルという言い方をすれば今も、これまでも大して変わりはありません。でも、その【使い方】に大きな差を感じます。言われて、与えられて使うものと、自分の意思で自らが使うもの。全く違うこの差を歴代のメンバーを思い起こして感じる事が出来ました。良い、悪い、ではなくこのメンバーにきっと合っている形になっているんだと思います。
序盤は、ボールを使って【身体の扱い方・ボールとの距離・人との距離】をテーマにやりました。

タイミング、決断、表現、が一体となってきていたし、良い形として出てきました。リフティング形式の形でやる事が多いのですが、かなりプレー全体に繋がってきた印象です!これまでのファルコってリフティングはリフティングという切れ方をしていたけど、今はしっかりと繋がってきている事を感じられます。
後半はグループの中での考え方という事をテーマにやっていきましたが、少しずつ良い影響が見えてきました!

一緒に活動してくれた小学生達の中にも確かな変化が見受けられるぐらい、みんなの空気が良い方向へ影響している事を確認出来ました。前半のミーティング活動には参加していない小学生達がトレーニングの中でどう取り組めるか?はみんなの姿勢や態度が一番大きい影響を受ける事になるし、それがしっかりと出来ていたという事はみんなの姿勢が良かったと言っても良いでしょう!!もちろん参加してくれた小学生の意識の高さもあるけれど、良い影響を与えられる選手になってきた事も確実に分かる。

お互いにとって、これからも多くの学びを得られるようにこれからもがんばっていきましょう!!
2021/01/29のBlog
[ 21:01 ] [ エリート塾 ]
今日はナイター練習でファルコとエリート塾の合同練習!!

かなり夜は冷え込んだので空気も冷たかったですし、ちょっとここに来て体調を崩す子が増えてきています。気を付けていてもどうしても風邪などは引いてしまうものです・・・。仕方がない部分もあるし、自分で予防出来る部分もある。

エリート塾のメンバーに多く見受けられるのが【着替えない子】です。来たままの格好で帰ってしまう子が結構目立ちます。この時期、一番の大敵は【冷え】です。汗をかいた時は良いですが、終わると一気に冷えてくるし一旦汗をかいた状態で冷えるのが一番身体には良くないのです。着替えを軽視していると色々な面で本当に雑になる事を、当然ですが、気付いておられないようです。生活習慣が一番大事だって事はゆっくりでも学んでほしいと思います。
今日も時間の半分は【遊べる子は遊べる】というような内容。

ボールと友達になる事。人を大切に出来る事。それがあれば明らかに楽しめる状況!でも、大半の小学生はこのエリート塾へ来ている時間の中に【チャレンジ】がありません。そもそも中学生と一緒にやる=上のカテゴリーとやるのですからミスのほうが多いのは当たり前です。なのに、人の後ろに隠れる、右へならえで安心する、では全く成果は残りませんよ。

このエリート塾には【入塾の目的は?】というレポートがありますが、自分の中にはそこに基準があり、【年上の人とやるので学んでいきたいです】とか簡単に書いてしまうだけの子がいるし、そういう【書いているだけ】の子にはあまりアドバイスをしません(するタイミングにないからです)。

でも、書いている事へのチャレンジだったり前向きな姿勢に対しては必ずサポート、声掛け、アドバイスも考えてやるようにしています。
我が子がどういう気持ちで参加をしているのか?一度、真剣に話し合ったほうが良いと思います。

忙しい家庭状況の中、平日にトレーニングの様子を観る事は出来ないでしょうが、どんな成果を残せたのか?を聞く事は出来るはずです!【こんな練習をした】という【あらすじ】ではなく、【こういう事で、こう思った】とか【自分の感想】が出るような形にはなりたいものです。

やはり近年、好きな事であっても【自分がやりたい!!】よりも【習い事感覚】が強いと感じます。どうあろうが、とりあえず楽しそうならいい・・・みたいな。関心がない、と任せている、見守っている、とは全く別なんだという話。
最近は、中学生に【あそびがある・ない】という話をよくします。

限界まで、ギリギリまで、思い切り、というのが好まれるケースが多いこの地域。でも、うまくなっている子の共通点は常に【あそびがある状態】なのです。限界ギリギリは【強くなる】であって【うまくなる】ではないのです。

身体が賢く動くようになると色々変わってきます!まずはそこなんです!!身体が賢くなる為には、【こう動かしたい(欲求)】が必要になり、考えるとかイメージする事も大事になるのです。だから、常に頭が先行して動く事がスタートラインです!身体だけ預けておけばどうにかなる、何とかなる、は違うと思っています。どうなりたいか?どうしたいか?をまずしっかりと整えてからがんばっていきたいですね!
工夫が必要な最後のゲームで【効果的な工夫】がほとんど見られなかった事。

現状ですよ!日々の成果がそのまま出ました。まだまだ練習用の練習になっているという事です!サッカーから切り離さない!!ボールと人との距離感!大事な事は日々伝えています!こうしてうまくいかないからこそ、何度も何度も伝えます!!

変化、成長は自らの頭の中から始まります。

少しずつでも積み重ねていける毎日にしていきましょう!!

あ!!ちなみに、練習前の時間に多くの中学生に変化が出てきていますよ♪意識、行動に変化が出てきました。今後が楽しみです♪
2021/01/28のBlog
[ 20:55 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

慌ただしい時間の中、貴重な時間を良いものにしていく為にも集中したトレーニングをする必要があります。でも、よく耳にする【集中する】って何だろうか???って事。

口にするのは簡単!【集中しろ!】ってね。でも、それを行動として具体的にどうするのか?はみんな違うような気がします。こういう言葉のズレとか、日本語はとても曖昧に言い回しが利くし、だからこそ適正な言葉を使うというのは本当に難しい・・・。言葉をいかにして使うか?はコーチの資質にもなってくるだろうし、選ぶ言葉は考えないといけない。

短い時間の中で、頭と心、自分自身をフル回転させてもらえるようにしたいと思っています。毎回トレーニングの中には【感じる力】を各自に出してもらうメニューを取り入れます。だからこそよく見える【個の感覚】。

やらされている個、見た目だけを気にする個、設定に追われてしまっている個、などなど。それらは当然試合の中でもそのまま出ます。だからね、いつ気付いて、いつ改善するのか?なんですよ!日々の時間の使い方って。

家でまったり、家でゴロゴロ・・・学校で先生に逆らったり、反抗したり・・・

構いませんよ!今のコーチはそういう事を束縛しようとも思っていないしむしろ好きにやれば良いと思っています。そう言うとこれを聞いた大人からは【無責任だ!】と言われるかも知れません。でもね、束縛しようとするから反抗するんだという自然の流れを理解しておくべきだと思います。大人だって一日の全ての時間きちんとしている訳ではないでしょう?自分に出来ない、自分がやらなかった事を子供にだけ押し付けるのは良くないし、やるはずがありません。じゃあ、好き放題やらせるだけですか???って質問になりますね!

【それが今のその子の感覚なんです】

というのが答えになるでしょう!コーチは子供を【変える】のではなく、【変わるきっかけを用意する】のです。【変わる】のは絶対に自分にしか出来ないのです。きつい言葉、重たい空気、威圧でやらせている事に満足している大人達。それを【変えた】と錯覚している大人達。自分もその中の一人でした。

だからこそ今、【好きにやらせます】というスタンスになる。無責任でも、適当でもなく、それが自然な形のコーチとしての関わり方なのです。気付いた時、子供達のタイミングで変わっていきます!それがすでに目の前で毎日起きているのです。だから急がない事!急がせない事。その上で、【その子には何が必要か?】を真剣に考え提供していく事。無責任ではない。無責任とは、自分の感情だけで子供に物事を押し付ける事なんです。


全体に伝える事!個に伝える事!根っこの部分を育てる事!

まだまだ伸びしろだらけ!自分も、子供も♪♪
2021/01/23のBlog
[ 16:44 ] [ 練習の様子 ]
今日のトレーニング!!

日々積み重ねる事の大切さをしっかりと話しながら、確認しながらやっていきました!

今週もずっとトレーニングでのテーマは細かい部分に向いているのですが、今日もそこを細かく修正しました。本人の感覚の話から、人との距離感、ボールとの距離感、相手を観る、感じる、合わせる、という事を意識しながらトレーニングを行いました!

頭を、意識をフルに使うと時間の経過も早く感じるものです。集中して頭が疲れる・・・という事もトレーニングの要素には必要な事だと思います。
手足を同時に使う、バラバラに使う、ボールを扱う場所、メニュー一つ一つに意味もあるから、意識して行ってほしい事も伝えながらやっていけた事もあり、かなり集中してやれていたと思います。初めてやるようなメニューが多い中でも、なかなか早く対応出来るようになってきた事。自分の頭で考えるから行動が早いという当たり前の結果。

分からないのに、分かったフリをすると全てが遅くなる。サッカーは瞬時の判断が多く求められるスポーツで、それが一歩遅くなるだけで後手になってしまう。自分が先手でプレーが出来る選手に!その為には、準備とか、相手や仲間との距離感、ボールを大切に出来る距離感、そういった準備が本当に必要になってくるんだと思います。
相手(敵)を入れたトレーニングも間違いなく大事なのですが、それによってプレッシャーが掛かるなどして他の事が考えられなくなるとトレーニングしている意味ごと消えてしまう事が多々あります。

それよりも、相手がいない中でも考えるというプレッシャーのほうが効果的な時があるという事を今日も気付かされました。運動量が多いメニューじゃなくても、動く質で全然違ってくる。立ち位置、角度、タイミングでほとんどが決まる。勝負をする以前に、勝敗がほぼ決められる事はたくさんある!その重要性に気付いていない子が多いから【まずトラップ】【まずドリブル】【まずパス】というような【とりあえず】のプレーが多くなる。
実は設定を作っている大人も薄々感じている人は多いと思います。

自分のプランの甘さや軽率さをプレーする子供(選手)のせいにしているという事・・・。

メニューの目的をしっかりとテーマとして伝えておけば、そこから先は選手自身が作るものだと大人側が理解出来ればトレーニングの場は大きく変化していくと思います。

目に映りにくいものが多い成果の部分ですが、かなり上がってきている感じは見受けられます。感覚が柔らかくなると、同時に身体を柔らかく使う意味も理解してくれます。
実は大勢の中で【埋もれている】事に気付いてもらう為の最後のゲームでもよく分かったのではないでしょうか?

自分の頭と判断で動いている子と、ミスをしたくないなどの不安で動いている子の差。うまさ、強さ、だけでは計れない差が多くあります。【違い】は歓迎ですが、【差】は努力しないといけない部分です!やるべき事と自分の特徴とをしっかりと見極めて努力の仕方から変えていきましょう!!
2021/01/22のBlog
[ 22:39 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との練習でした!!

室内での活動になったので、狭いエリアの中で有意義に活動をする為には中身の質にこだわるしかありません!狭いという言い訳じゃなく、狭いからこそ出来る事、室内だからこそ出来る事を考えてやっていこうと思いました!


揃うタイミングがまたバラバラだったので、最初は来ているメンバーからストレッチとリフティングを織り交ぜた事をやってもらいました!
そこから今日はメニューの的は絞ってやるようにしました!

あれこれやるのではなく、また順番待ちになるのではなく各自で常にトレーニング出来る中で考えてやってもらう事を設定で作るようにしました!

狭い局面の中での1対1プラス1という形でやるようにし、最初はフリーで流してやってもらっていたのですが、途中からメニューに慣れてきた頃に少しずつ意味を話していきました。
みんなの頭の中にある【良い選手】という価値観はそれぞれだろうけど、その形すら実は全然言えないレベル・・・。

みんなの今の生活もどうだろうか???漠然と【良い人間・良い大人】を目指し、実際は何をやっていくべきか?どうすればなれるのか?など考えていない事が多くないだろうか?

漠然にしか思っていない事は当然、漠然とした形にしかならない。強い思いになれば行動にも出るし、変化も出てくる。
そこを話して、確認を入れながらやりました!またトレーニング中には各自に声を掛けて、それぞれのレベルで今やるべき事や向き合う事を要求したり、アドバイスしたりしていくようにしました!

順調になっている子、成長のきっかけに入っている子、それぞれの立場があるから全員に同じ事を言っても伝わらない事が多い。だから、それぞれのタイミングを見計らって声を掛けていく工夫はしていきたいと思います。最近の練習でのみんなの変化が色々ある事に気付いてきました!全体を眺めてしまうとなかなか見えなかった部分だと思う。ちょっとした動き、考え方、声掛けなど、それぞれが出来る事が増えている事もよく分かるようになってきました!
人との繋がり、その為に必要な事、考え方、接し方、離れ方、距離感、タイミング・・・。

本当に【ちょっとした】部分なんです。全ての要素はちょっとした事だけど、それらがちょっとずつ・・・が繋がり大きな成果になるのです。その成果を細かく逆算して見てみると、そういう細かい部分になっていくという事です。だから、チャンスはあるけど決められないとか、惜しいけど・・・ってのは【運】じゃなく、こういう細かい部分の改善とか修正のような気がしてきました。

自分を変化させる事は出来るのです!立っているだけの動作を歩くに変える事は出来ます。意識をすればダッシュにだって出来ます!そういう各自の中の意識を芽生えさせる、動かせる事が自分の楽しみになってきました♪こういう成長に関しては絶対にバラバラのタイミングだと思いますが、一人一人がゆっくりでも前へ進めるようにこれからも考えて接していきたいと思います!
2021/01/21のBlog
[ 21:17 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

集まる時間がバラバラなのは仕方がない事なので、集まった面々から今日はシュートゲームをしてもらいました。

【観る・感じる】という要素を取り入れた形だったので、シュート側も、キーパー側も、両方に意味が出ました。相手を観る・・・そこから先に【駆け引き】が始まるという事。見えもしないのに駆け引きは出来ないという事。考えないと駆け引きは出来ないという事。

ファルコはずっと真面目という部分を一つの【ウリ】にしていましたが、それは逆に言うと短所でもある事に気付かされました。
だから、そこからは考え方ややり方は随分と変化しました!

どうしても自分自身に余裕がなくてやらせてしまう、押し付けてしまう部分が多かったのですが今は【感覚】の話が多くなり、答えは子供が決められるようになりました!自分も大事な部分を観ようとしていなかったので、余裕のない自分の目は常に【出来ていない部分】に向けられていました・・・。当然、子供達は同じく余裕がなくなり、プレーを考える事は出来なくなります。そういう押し付けを未だに指導としてやっている大人は多いと思いますが、

【考えろ!!】

という言葉だけで相手のせいにしている事が多々ありました。
だからこそ、今は本当の意味で考えてもらうように心掛けてはいるのですが、なかなかそれも簡単ではありません!

どうしてか?は人によって違うけど、自分が発見出来た事の一つに【見ていない・見えない】から考える要素も見つからない子がいる事に気付きました。そういう子にいくら【考えてごらん?】とか優しく問いかけても無意味になってしまう事が分かったのです。

その子その子の状況、タイミングに合わせて出来る声掛けこそがコーチとしての大事な力だと思うし、それがまだまだうまく出来ない自分です・・・。とは言っても時間は止まってはくれません!自分が大事に使う事と前に進むしかないのです。だから反省はするけれど、立ち止まっている暇はないのでがんばりたいと思います!
今日はちょっと難しい事も要求しながらになりましたが、最近みんなの頭が敏感に動くようになってきたな~って実感しています。

うまく出来る、出来ないとかじゃなく色々情報を集めるとか、観るとか、選択肢が明らかに増えているという事です。だから難しいと思うような事でも可能になっていくし、形になってきた!木曜日に参加出来ない子は【塾】ですが、逆に参加している子の頭、心はどんどん柔らかくなっている事が確実に分かるようになってきました!

活動する時間の質、していない時間の質。どうやって高めるか?の工夫が各自に必要な時だと思います!自分の目で観て、心で感じて、どうすれば良いか?各自なりの工夫をしてみてください!!その変化を楽しみにしています!
2021/01/19のBlog
[ 20:56 ] [ 練習の様子 ]
今夜は今年一番の寒さだったと思います!!(グランドでのトレーニングの中で)

かなり冷え込んだし、練習前には雪がやや吹雪いていました(笑)

体調を考えないといけないこの時期なので、外でやるかどうか?も悩みましたが、やっぱり活動自体が制限されている中、出来る時は出来るだけ外で思い切り発散させてあげたいと考えました。だから寒いのはあったけど外でがんばる事にしました。

開始を前倒しにしているので、揃うタイミングはバラバラになりますが、各自なりに身体を温めてもらって、全体が大体揃った所からスタートさせます。全体のスタートまでの時間も、もっと各自でやれる事はあると思いますよ!でも、それを言うとやらせてしまうので見守る中で気付いてほしいと思います。
今日は最初にリフティング、ドリブルを使ったドリブルからそのまま対人に入っていく流れでした!

この時期に自分は上げておきたい大きなテーマの中に【精神面】というのがあります。暑い時期にはそれはなかなか強要出来ないけれど、寒いこの時期は頭を使える余裕が出てくる時期でもあるし、自分の弱さを追い込むというような事をがんばってほしいと思うから、まずはそこと向き合う自分になってほしい!こちらとしては設定の中に、そのがんばる事とか考える要素を取り入れる形にしたいと思っているし、設定、声掛け、雰囲気作り、だと思います。
短い全体練習の時間になってしまうので、無駄を出来るだけなくす事を考えて合間の時間をあまり作らない事。各自が休む時間を短くする事。集中して行える事。を考えてやっていきました!

プレーで言うと自分の力で1対1の局面は打開する事、そして逆に守備は自分の力で奪う、プレッシャーを掛けるという事を意識的にやってもらいました。失敗は練習でするもの!そこから気付き、学び、改善してほしいと思います!それこそが一番大事な事であり、失敗しない事が大事なのではないのです。
そこから関わる人数を増やしながらゴールを意識してもらいました!

攻守にわたってがんばる子が目立っていたし、小学生も非常に強い気持ちとプレーでアピール出来ていたと思います。中学生のカテゴリーの中で日頃は味わえないプレッシャーを受けながら逃げない自分になる事で、同じ小学生とのカテゴリーの時に余裕も生まれてくると思います。

中学生のほうは各自なりの【ここは譲ってはいけない部分】というのが明確になってきているだけに、そこへは厳しく要求もしていこうと思っています。将来はそこがきっと武器になっていくんだろうし、各自が自信を持ってやらないといけない部分だから。

みんなに良さがあり、みんなに特徴がある。
同時に苦手があり、ミスの仕方にも特徴がある。

良さを出し合っていく事と同時に、苦手を補い合っていく。それがサッカーだと思う!良いスポーツだから、人と人の関係性に直結している。自分一人でサッカー選手としての自分を磨くには不可能です。サッカーの良さをそのまま、自分という人の良さに繋げていけるように自分をどんどん磨いていきましょう!!