ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
NPO♪市民事務局かわにし
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:744件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2008/10/19のBlog
[ 23:38 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
「市民事務局かわにし」では、JR福知山線事故のあと
「こころ」「からだ」に怪我をされた方々の支援活動
取り組んでいます。

その中から、10以上の様々な活動が生まれてきました。
それらの活動の一つに「負傷者と家族等の会」があります。
19日は、ブログライターもその会のメンバーの一人として
事故に遭った次女と共に、神戸地方検察庁に行きました。
19日までには、今まで「市民事務局かわにし」に
お問合せくださった方々(100数十件)の名簿整理や、
様々な連絡手段をもっての「負傷者と家族等の会」との
連絡調整もして、結果、15名で地検に行くことができました。

当日、諸事情で都合のつかなかった方や、
まだまだそういう場所に行くこともしんどい方、
また、もう「終止符を打った」という方など、
同行できなかった方々の多くの「思い」も、伝えてきたつもりです。

地検での様子は、詳細に伝えることはできませんが
検察官の方々の熱意は、充分に伝わってきました。
個人的には、とても有意義な活動だったと感じています。

これからも、希望者には面談に応じるとのことですので、
また、集団での面談の機会もあるかもしれませんし、
個別に伺うこともあるかもしれません。
これからの成り行きを、祈るような気持ちで見守っていきたいと思います。

記者会見も終わって、いつものメンバー?!で
JR神戸駅構内のお店で、遅いお昼ご飯を食べました。
私には、本当にホッとできるメンバーです。
事故がなければ出会うこともなかったメンバーだと思うと、
複雑な気持ちがします・・・。

※2枚目の写真は、お店の中にあった展示室?!その昔の様子でしょうか・・・。
 この時代には、「国鉄」の誇りと自負があったことでしょう・・・。
2008/10/18のBlog
[ 23:45 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
当法人の事業活動ではありませんが、深く関係して、
あすは、JR福知山線事故関連で、
「負傷者と家族等の会」のメンバーと、その一員として
神戸地方検察庁へ行きます。
殆どの方は、ご存じない場合が多いのですが、
このブログライターも、あの事故車両に乗り合わせていた
負傷者の一人の「家族」です。
この3年半、色々な思いがあります・・・。
中身の濃い「面談」となりますように、
祈るような気持ちです・・・。
2008/10/17のBlog
このブログでもお知らせしていた、
ダボーズのコンサートへ行ってきました。
会場は、いい感じに、客席いっぱいでした!

日々、いろんなことがあります、が、音楽は本当にいいです!
~♪テニスコートに春がくりゃ~♪~ が、流れてきた途端、
気持ちは、○○年前にタイムスリップ!!!

昔の神戸国際会館でやっていたポート・ジュビリー、
熱心なファンが一杯で、チケットが取れないぐらいだった。
“おませ”な中学生で、友だちと一緒に聞きに行ってたなぁ・・・。

でも、団塊の世代は、やっぱり凄い!!!
いつもいつも、「リーディングエイジ」だねェ・・・。
あの世代のパワフルさに、直に触れた感じがした。

懐かしい曲や、新しい曲や、再結成されてから
チャレンジされた曲など、次々と演奏!
中高生の頃には、この「味」が、まだ分かってなかったなぁ・・・。

こんな“WARM HEARTED”なコンサートが、川西で開催され、
また、主催が当法人も立上げをお手伝いしたNPO法人で、
そして、コンサートの中でも語られていたけれど、
川西市内の別のNPO法人とも新たなつながりができて・・・。
ほんとに嬉しかった・・・。

これからも、NPO法人の立上げのお手伝い、
そして、立ち上がってからのサポートなど、
一生懸命がんばっていきますね!
みんなで共に、励んでいきましょう!!!
2008/10/16のBlog
毎月一回、第三木曜日に大人の井戸端会議、
「つながりカフェ」をやっています。
最近、ちょっと、みなさまのご参加が鈍り気味・・・。

きょうは、いつも進行役をしてくださっている、
当法人理事長の久隆浩先生も初めてのご欠席で・・・。
代わりに、大きな“LISA”が、着席!
でも、やっぱりちょびっと淋しいなァ・・・。

来月は、11月20日です!(午後6時30分~)
みなさん、お話のおみやげ持って来てくださいね!
ワイワイガヤガヤ、秋の夜長を楽しみましょう!!!
2008/10/15のBlog
秋本番、あちこちでステキな企画がいっぱい!
今回のご紹介は、川西音楽家協会企画の
定期演奏会ですが、このたびは、
『音楽と映像で綴る~猪名川ものがたり~』として
開催されます。

猪名川の四季を、音楽と映像とでたどっていくようです。
この映像は、当法人もお世話になっており、また、
毎年の「JR福知山線事故」のメモリアル事業である
「思いをつなぐ連絡会~4月25日は忘れない~」で
記録ビデオ撮影をしてくださっている萩原 敏さんが
撮っておられるもので、とても楽しみです。
また、音楽の方の企画も含め、パートナーの
萩原良子さんが全体企画に携わっておられます。
こころが豊かになるイベントですね!
ぜひ、みんなで行きましょう!
これらの猪名川の写真は、
「わがまち再発見:写真集」から
NPO法人川西再発見さんと川西市都市計画課との
コラボ事業で、今年度も写真展・講演会を開催中です!
2008/10/14のBlog
10月17日(金)午後6時30分~、
往年のファンには、垂涎もののコンサートがあります。
カレッジフォーク全盛のころ、大活躍していた
「ダボーズ」のコンサートです!!!

ブログライターもその昔(中学生だったと・・・)、
ポートジュビリーというコンサートに行ったりしたなぁ・・・。
確か、ダボーズのみなさんは、大学卒業と同時に、
活動終了されたような記憶が・・・。

そのダボーズが活動再開?!川西にやってくる!
このコンサートは、川西市内でがんばっておられる
小規模作業所で、今春、めでたくNPO法人になられた
「NPO法人あいらんど」さんの設立記念コンサート
でもあるのです。

みなさま、このコンサートに行くことで、
楽しみながら、NPO支援もできるのです!!!
秋の週末を、ぜひ、懐かしいフォークソングで!!!
♪詳細は、以下を参考に♪
2008/10/08のBlog
[ 23:13 ] [ 想い・・・(haruko~ne) ]
ぼーっとしたくて・・・
San Franciscoでの「カラリ感」、
どんどん薄れていく・・・
広いところ、空が見えるところで
忘れそうなことを、思い出しに・・・
2008/10/07のBlog
当法人は、中間支援NPO法人ですが、
今年度事業として、「まちづくり」の「匂い」の濃い
プロジェクトをやっています。
各分野の方々と一緒にコンソーシアム型連絡会を設立し、
その2回目のミーティングをしました。
2時間強の予定が、3時間近くになりました。
が、贅沢すぎるぐらいのメンバーの皆さんや
自ら起業している若い方々の参加もあって、
話の中身が「知恵」の結集みたいで、
非常に興味深いミーティングでした。
次回も楽しみです。
2008/10/04のBlog
[ 23:48 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
悲しく、辛いニュースの翌日でしたが、
第36回「つどい」を予定通り開催しました。

当法人の都合で、9月度の「つどい」を8月末に
繰り上げたためか、また、悲しいニュースのことが
あってか、10月度の今回は、久しぶりの方も含め、
約20名の方々が参加されました。

最初に、みんなで黙祷をし、ご冥福をお祈りしました。
その後も、PTSDのこと、この時期の過ごし方、
家族も、どのように対応していけばいいかなど、
臨床心理士の堀口節子さんからアドバイスを
受けたり、また、神戸地検の動きの話などをして、
約3時間ほどを、みなさんで共有して過ごしました。

このような日は、いつもに増して、アロマセラピスト
みなさんのハンドマッサージがありがたかったです。
こころがほわっとなる、アロマの香りが、みなさんの
強張りがちな「こころ」を和らげてくれます。
シリアスな話など、いくつかの話し合いの「場」を
絶妙のバランスで「つないで」くださっています。
いつも本当にありがとうございます。

次回、第37回「つどい」は、11月1日(土)午後1時30分~ 
パレットかわにしで開催予定です。
※万が一、総選挙が11月2日になった場合は、
 会場がみつなかホール(川西市)に代わります。
[ 02:06 ] [ JR福知山線列車事故被害者支援 ]
昨日、大変痛ましいニュースがありました。
本当に無念です・・・。
こころからご冥福をお祈りいたします。

いま、JR福知山線列車事故に関して、
非常に重要な局面を迎えていると思います。

あす(10月4日)は、予定通り、第36回目の
「つどい」を開催します。
「あかり」は、灯し続けています・・・。
2008/10/03のBlog
きょう(10月2日)、事務局に若い学生さんが
来てくださいました。現在2回生のT本さん!
UNN関西学生報道連盟でも活動中です!
(右は当法人事業マネージャーの小柳です!)

きっかけは、当法人が本来事業とは別に
取り組んでいる、JR福知山線列車事故の
被害者支援での取材がご縁です。

最初は、現在3回生の西田健悟さんが
取材に来てくださっていて、その後、
T本さんへとつながっています。

そして、これからは、嬉しいことに!!!
事務局へちょくちょく来て、広報紙づくりなど、
お手伝いいただけることになりました!!!

若い方の参加、大歓迎!!!
T本さん、お仲間、ゾロゾロ連れてきても、OKだよ~ん!!!\(^o^)/
2008/10/02のBlog
川西市では、現在、「協働のまちづくり」の
基本的なルールを定める、
「(仮称)市民参加条例」の策定に向けた検討を
進めています。

そこで、その検討過程において、広く市民の意見を
反映させ、「協働のまちづくりを進めるために、
「何ができるのか、どんな仕組みが必要なのか」を、
市民と行政が一緒に考えるワークショップを開催しています。
この日は第2回目で、全体アドバイザーで
甲南大学文学部社会学科准教授の宮垣 元先生や
ファシリテーターの川中大輔さんのリードの元、
みんなで「協働」について、考えを出しあいました。
一口に「協働」といっても、漠然として掴みどころがない。
この日は、ひょんな質問から、会場からの発言などが
どんどん出てきて、このワークショップそのものに
ついても、どう考えるか・・・など拡散していきました。




さて、全8回の日程ですが、32名で構成される
「協働のまちづくり」号は、これからどのような
航路をとり、どのような目標地に立ち寄り、
どんな目的地に辿り着くのか?!
毎回、毎回が貴重で、ある意味「真剣勝負」です?!
2008/10/01のBlog
10月1日、いつも大変お世話になっている
佐藤等史さんに、委託事業について、お話を
伺うため、三田市まちづくり協働センター内、
「市民活動推進プラザ」を訪問しました。
いつもは関連事業の打合せなど、いきなり「本題」でしたが、
今回は、視察ということで、改めて、「委託内容」、「仕様書」、
また、行政との「協働」関係(といえば美しいですが、
実際のやり取り状況など)を詳細に教えていただきました。
いつもながら、痒いところに手が届く、佐藤さんの
行き届いたご配慮に敬服です!また、
交渉の仕方など、とても勉強になりました。
佐藤さん、本当にありがとうございました。
私たちも、がんばっていきますね!
そのあと、一緒に視察に行ったみなさんで
三田のCaféでちょっと一息、ブレイクタイム。
そして、大好きな三田⇒猪名川⇒川西の県道を
ドライブして、秋を感じながら帰りました。
日が暮れるのが、ずいぶん早くなった・・・。
2008/09/29のBlog
JR福知山線列車事故「あの場所を忘れない・・・」の
第3回目のワークショップが無事に終わりました。
今日のワークショップは、今までの2回に比べると、
季節の加減でしょうか、落ち着いた雰囲気がしました。
ワークショップというのは、不思議です。
毎回、同じ3つのテーマで話しあいますが、
その時の場所、メンバー、状況などによっても
違ってくるし、「変化していく自分」に気づくことも・・・!
20人が3つのグループに分かれて話しあいました。
それぞれのテーブルによって「色合い」があり面白いです。
また、今回も、高校生や大学生の方の参加があり、
このワークショップの裾野は広がり続けているようです。
最後の発表で印象的だったのは、各グループとも、
この事故のことや、現場のことは、まだまだ話しあいが
必要だと感じており、その意見が共通していたこと。
たくさんの「思い」を聴きあいたいということでした。
全体コーディネートをしていただいている、
近畿大学理工学部の久隆浩先生の総評の中で、
政治学者、シャンタル・ムフの言葉を引いて
物事の決定の仕方についてのお話がありました。




色々な意見を出しあうことも重要だが、いつかどこかで、
一つの意見に集約しなければならない時期が来る。
そういう時の一つの手段に多数決がある。しかし、多数決は、
一つの答を導くのに、多くの答を捨てていく作業でもあると・・・。




このワークショップで扱っているテーマについても、
今はまだ遠いいつの日か、そういう時期が来るのでしょう。
その時に、その一つの意見の裏に、どれだけ多様な
捨て去った「意見」や「思い」が出されていたか・・・。
その多様さの上での選択が重要だということ・・・。




まだまだ、「時をつなぎ続ける」必要を感じます。
そして、今回もその貴重な一回でしたが、
多様さ、拡がりには、もっともっと多くの方々の
ご参加が望まれます。



「私なんか(僕なんか)が行っても、ホントにいいんですか???」
高校生や大学生の方たちが、最初はそう言いながら遠慮がちに参加くださいます。
でも、帰り際は、たいがい、「来てよかった、次も参加したい!」と言って、
その後は、ワークショップの企画そのものから、
「参画」するようになっていってくれるのが、本当に嬉しいです。
このワークショップ開催の意義は大きいのでは?!と思います。
2008/09/28のBlog
【ご案内】~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~
「4・25あの場所を忘れないワークショップ
実行委員会」の企画です。
~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

二度と起こってほしくない・・・、脱線事故。
そして、この事故のことを決して忘れない・・・。

今年の4月27日に、
第1回「4・25あの場所を忘れないワークショップ」
尼崎を会場として開催されました。

第2回は、7月21日に伊丹で、
第3回は、9月28日に川西を開催地として
以下の通りに実施されます。
このあとも2、3ヶ月ごとに、この沿線を回って開催予定。

●9月28日(日)午後1時30分~4時30分
●川西市「みつなかホール」文化サロン
●お問合せ・お申込み
mail:4.25remember@gmail.com
tel:090-8825-0425