ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
”長屋のおっちゃん”のブログへようこそ!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:82件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2025/02/21のBlog
今から70年も前のことですが、戦後の長屋の通りには年配のおっちゃんが長椅子にデンと座り、通る人・子どもたちに何かと声をかけ、まるで友達のように接していました。子ども・若者は「地域の宝、日本の宝」だと思っているおっちゃんは、傾聴、アドバイスだけでなく、「親代わり」や「頼れる友達」などの役割を担っていたのです。時代は順繰り、今度は私たちの番だと思い、「心に傷や悩みをもった」子どもや若者たちの力になろうとグループを立上げ、BMAを目的に活動しています。そして、のびのびできる「体験農場」もやってます。
B=Being・・・・存在(ありのまま、考えていること)を認め、
M=Mission・・・役割(やりたいこと、やってもらうこと))を一緒に探し、
A=Action・・・・行動(役割の実現)のお手伝いをする。

長屋のおっちゃんは川西市市民活動センター「パレット」に座っていましたが、事情が
あって、平成30年10月からはネット、電話、訪問で相談を受け付けることにしました。気軽に声を掛けてください。2020年2月から東谷、グリーンハイツ、日生、清和台に相談室を設けました。
更新内容もみてくださいね!
連絡先:井関義弘(090-5905-6011)
谷口 清(080-4490-1456)
小柳 教子(090-7756-9582)
大屋敷 信彦(090-7487-5591)
e-mail: kt626522@hotmail.co.jp
2020/10/14のBlog
皆さん、お早うございます。お元気ですか!

10月も半ばになると、やはり「秋」を感じます。長袖やジャケットなど、「羽織るもの」が必要になってきますね! 「収穫の秋」とも呼ばれ、日本の伝統文化である「農業の神々に感謝する季節」でもあります。「長屋のおっちゃん」が運営する「若宮のびのびファーム」でもさつまいも、黒枝豆、小芋(里芋)が立派に育ったので「収穫祭」を催すことにしました。神々に感謝、自然に感謝、そして、見事に育ってくれた野菜に感謝して、皆さんと一緒に収穫し、その場で楽しくご馳走になろうという企画です。是非参加してください、そして、お友達も参加してください。一緒に秋を楽しみましょう。
日時:10月25日(日)午前10時~13時?
場所:若宮のびのびファーム(けやき坂ゴルフクラブ入り口近く。写真のような幟がたっています。
費用:無料
服装など:軽装、汚れてもよい軍手。そして、収穫を持って帰る袋。水筒など
分からないことがあれば、お電話をください。トップページに名前、電話番号を書いています。沢山の方々のご参加をお待ちしています。お父さん、お母さんなどと一緒でも構いません。当日は良い天気でありますように・・・・。
2020/10/01のBlog
皆さん、お早うございます。お元気ですか?

今日から10月です。月日の経つのは早いもの! 何もしなくても、生きている限り時間は過ぎていきます。今年は1月から「新型コロナ」が話題になり、その後、猛威を振るい、いまだに感染・自粛に明け暮れています。 おっちゃんはへそ曲がりなので、「だからと言って、家から出ない、何もしない」という人には「言い訳して甘ったれるんじゃない!」と言います。あるとき、40歳を過ぎた「軽度のひきこもり」男性に「おっちゃんは2年にわたって相談させてもらった!君は素晴らしい知識と頑強な身体を持っている。約30年間、この状態で過ごしているようだが、もったいない! もう、そろそろ仕事や社会との交わりを積極的に始めたら!さ~どうする?」と言ったことがあります。しかし、彼は「また、さ~どうする?か。 聞きたくない…」と言って離れていきました。長い間、引きこもっていると、「何が自分に問題なのか、何故引きこもっているのか」分からなくなって、ズルズル時間が過ぎて行っているのではないですか? さ~、あなたはどうする!
2020/08/29のBlog
お早うございます。お元気ですか?
8月も終わりに近くなって、一昨日はやっと雨が降ってくれました。「のびのびファーム」の野菜も「生き返ったような顔」をして喜んでいます。

ところで、皆さんは「アダルト・チルドレン」という言葉を聞いたことがありますか?アルコール中毒に侵された両親に育てられた子供は大人になって親の酒癖、性癖を引継ぎ、「酒乱」「虐待」「暴力」「ネグレクト」を繰り返すという(アメリカでの研究成果)で使われた言葉です。その結果、もたらされるのが「機能不全家族(精神科医斎藤学さんが命名)」です。つまり、家族・家庭は「子どものこころが一番落ち着くところ=家庭団らん」にも拘わらず、一種の「人間関係崩壊の場」になってしまう=ひきこもりの原因」になる現象(家族がバラバラ、非・反・脱社会的養育方針など)を指しています。今や、アルコール中毒とは関係なく、単に「機能していない家族」の意味で使われています。
1942年生まれのおっちゃんからすれば最近の親御さんの養育を見ると、空恐ろしいものを感じる時があります。子供の名前の付け方、学校や社会における親の振舞い(別名、モンスターピアレント)、或いは他人に責任転嫁など。素直に生まれた子供を毒しているのは「親ではないか?」と。 アダルト・チルドレンの昨今の意味は「身体は大人だけど、やっていることは子供だね!」らしいです。純粋な子供に「失礼」だと思いませんか!
2020/08/18のBlog
[ 09:05 ]
毎日暑い日が続きますが、お元気ですか?
8月も半ばが過ぎ、セミの声も心なしかむなしく、寂しく聞こえるようになりました。

世の中、「コロナ、コロナ!」で夏休みはおろか、友達との接触、親兄弟、親戚との接触も自粛を迫られ、日本全体、世界全体に「非社会的活動」が求められています。
「脱社会」「反社会」という言葉を聞かれたことはあると思いますが、「非社会」とは何を意味するのでしょう。社会では「当たり前」と考えられていることをしてはいけない、慎みなさい、ジ~と傍観していなさい、という意味です。学校に行くのをやめなさい、親や友達と会話するのをやめなさい、先生や会社の上司の言葉に耳を貸さないようにしなさい・・・など、「巣ごもり」「ひきこもり」を示唆するのがこの言葉です。寂しいですね!

たとえ暑くても、たとえコロナの感染が心配されても、アルフレッド・アドラーのように、社会から嫌われても、前に進む(外で活動する)社会人になりたいものです。
前のページ   |   次のページ