ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
”長屋のおっちゃん”のブログへようこそ!
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:78件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/12/11のBlog
皆さん、こんばんは!

12月に入って大分寒くなってきましたね! お元気ですか?

さて、前回、「若宮のびのびファーム」で得た収益金を社会福祉協議会に寄付すると伝えましたが、「経済的に困っている子供たち」に使ってもらうことになりました。 遠足や旅行に行くお金が十分でない子供がいる場合、学校の先生が社会福祉協議会に経済的支援をお願いするそうで、この寄付金がその子供たちに渡るのです。もともと、売り上げ・収益金はファームで働いた子供の給料だったので、非常に良かったと喜んでいます。

話は変わって、先日、新しい野菜売り場が笹部の住宅街にできました。写真のとおり、仲間の自宅の玄関先での販売です。近所の奥さん方も「長屋のおっちゃんの活動趣旨」を理解してくれて買ってくれているそうです。品数・数量が足りなくてチョットだけ困っています。来年は沢山作って、子どもたちに寄付するお金を増やします。
2019/11/24のBlog
みなさん、こんにちは!

最近非常に寒くなって、「どうしよう!」と思っていたところ、今日は10月中旬の暖かさとのこと。地球温暖化とかいうけれど、早い話、「お天気もの=コロコロ変わる」なのです。素直に「昨日まで寒かったのに今日はあったかいね!」で終わり。あまり、真剣に、そして、「分かったような顔」で理屈をつけないことです。

さて、僕たちが運営する「若宮のびのびファーム」ですが、サツマイモの収穫で今年は一応終わり。今はチンッゲンサイとサラダ水菜を収穫・販売しています。大根とカブラの出来が今一なので少し困っています。今年から始めた野菜販売ですが、売り上げ・収益金は1万6千円ほど。働く子供に「給料」として渡すのは少なすぎるので、会の基金と社会福祉事務所に寄付することにしました。

子ども・若者が沢山来てくれれば畑・栽培を拡大し、売り上げ増に努めることができるのですが、「その時が来る」のをしばらく、静かに、素直に待つことにします。獲れたサツマイモの写真を掲載しました。鳴門金時と紅あずまです。
2019/11/03のBlog
こんにちは! 大分寒くなりました。 風邪など引いていないでしょうね!

おっちゃんは先日、「良い話」を聞きましたので紹介します。しかし、その前に「ある現実・情報」を共有しておきましょう。おっちゃんは地域の子供たちを守るため(?)、小学校・中学校の放課後、つまり、2時~5時まで回転式青色ランプを点けて安全パトロールをしています。同乗のPTAのお母さんから「ここの中学校には不登校の子供が何人もいるのよ! 友達も寄り付かなく学校も困った、困ったと悩んでいるらしい」「その子供は益々、学校や友達から離れていき、今は・・・」と。
おっちゃんが言う「良い話」とは、おっちゃんの友達の息子さんが中学1年生らしいんだけど、その息子さんは不登校の子供の家に遊びに行って、ゲームを一緒にしたりして、「独りぼっち」にさせないよう、積極的に声を掛け、悩みを聞いたり、会話を続けているそうです。学校の先生はその息子さんに「ありがとうな! 是非、その子(不登校の子)としっかり仲良くなって、関係を続けてほしい…」と、陰ながら応援・見守りをしているそうです。
不登校や家で引きこもっている人(このブログを見てくれている人?)も何とかこころが許せる友人を探し、話を聞いてもらい、一緒に遊んだりしては如何でしょうか!
2019/10/19のBlog
みなさん、こんにちは!

お元気ですか?おっちゃんは年齢にも関わらず、非常に元気にしていますが、「神戸の小学校の先生が同僚教諭をいじめた」というニュースは僕を病気に追いやってしまいそうです。激辛カレーを食べさせる、目に刷り込む、お尻を棒でたたく等、信じられないことばかりです。子どもが一番長く過ごすのは家庭・家族ですが、次に長いのは学校・先生ですよね! その学校・先生が「そのような有様」であったら、不登校になるのも当たり前ですよね! もし、もし、家庭・家族が子供たちに何らかのいじめ・虐待をしたら、子どもたちは八方ふさがり。不登校どころか死にたくなりますね! 居場所がない! 身近な社会が「子供たちの敵」になるのだから…。
社会の虐待より家庭での虐待が後を絶たず、年々増えています。
あ~困った! おっちゃんは病気になりそう!
2019/10/05のBlog
皆さん、こんにちは! 元気に過ごしているでしょうね?

この前の更新から約1か月が過ぎました。しかし、地球温暖化の影響か、涼しくなりません。でも、でも…ですよ! 植物というのか、リンゴ、栗、ナシなどは体内に持った「時計」にあわせて成長し、実らせ、私たちに「秋の幸」を届けてくれます。
おっちゃんはシルバーの仕事で農家の手伝いをしています。今は「栗拾い」がメインで毎日、勾配のきつい山を上り下りしてバケツ一杯、大きな篭一杯の栗拾いをしています。リンゴ狩り、梨狩り…と言いますが、「栗狩り」とは言いませんね! 栗は鋭いイガで包まれた中で熟すまで身を守り、時期が来ると勝手にはじけ地面に落ちます。自分で作った武器・鎧(?)で身を守り、自分で判断して「熟しました! どうぞ、召し上がってください!」と。 
それに比べて人間はダメですね! 親や社会に守って貰っているにもかかわらず、分かったような顔をして屁理屈を並べ、「自分が成長、熟さないのは親や社会のせいだ!」と偉そうに言うのですから…。 ま~そんなことを感じながら栗拾いをしています。 おっちゃんと一緒に仕事をしたい人がおれば、農家の人に頼んであげますよ!