ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
シニア文化塾だより
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:646件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2019/09/11のBlog
2019年後期「文学・文芸コース」が、9月5日(木)に始まりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・月日:9月5日(木)午後1時半か~3時半
・会場:すばるホール(富田林市)
・講師:小野恭靖先生(大阪教育大学教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇あらすじ.
・冒頭:「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」で始まる『方丈記』の冒頭は有名。鴨長明(かものながあきら)は、人の世の無常を、絶えず流れゆく河の水や朝顔のはかない露に喩えて『方丈記』を書き始める。
・前半:かつて都で暮らしたとき自ら体験した五つの大災害。…大火・辻風・清盛の福原遷都・大飢饉・大地震が語られ、この世の中そのものが生きにくく、はかないものだと結論づけられている。
・後半:長明の草庵生活とそこでの思索が綴られる。30歳を過ぎてから祖母にの家を出て庵(いおり)を結び、50歳で出家して遁世、60歳で方丈(4畳半ほど)の庵を造り、日野山の奥に隠棲したという。

◆[九]方丈
「さて、六十になって、余生の住まいを設計。新たに作った家は、広さは、一丈四方(約三メートル四方、今の四畳半)で、高さは七尺(約二メートル)にも満たない。地ごしらえもしないで、土台を組み、簡単に屋根を葺いて、部材の継ぎ目には解体・移築に便利な掛け金で留めてある。もし、その土地で気に入らないことがあったときは、たやすくほかの所へ.引っ越すためだ。移築するのは簡単だ。車に積んでたった2台の運び賃を払えば、あとは何の費用もいらない。」

◇[十](境涯…日野山の奥に隠棲。庵を出て周辺を案内して回る。四季折々の自然環境は理想郷である。風雅の世界に没我しているようだが、実際は無意識のうちに環境と境遇にとらわれているのではなかろうか。(以下、省略)
◇[十一](勝地は主なければ)…山の麓に一軒の小屋がある。山の番人が居るところ所なり。そこに男の子がいて、ときどき顔を見せる。長明と相性がよく、子を連れて山野を歩く。彼は十歳、こちらは六十の老人。長明の人柄をしのばせる場面である。(以下、省略)

◆[十二]みずからの心に問ふ
「思えば私の一生も、月が山の端に入ろうとしているようなもので、もう余命いくばくもない。この期に及んで、ああでもない、こうでもないと、いまさら愚痴を言ってみたとて、何になろう。静かな暁、この道理を思念して、自分で自分の心に問いかけてみた。-遁世して山林に入ったのは仏道修行のためだったではないか。そういうはずだったのに、長明よ、お前は風体だけは修行者だが、心は世俗の濁りに染まっている。…それに対して、心はひとことも答えなかった。言えないのである。
建暦二年(1212年)三月の終わりころ、連胤(長明の法名)が、日野の外山の庵にてこれを記し終わる。
2019/09/08のBlog
〇2019年後期講座「歴史コース」が、残暑厳しい中、スタートしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・日時:9月3日(火)am10時~12時
・会場:すばるホール(富田林市)
・講師:天野忠幸先生(天理大学文学部)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦国時代の戦いは、約100年~150年の及ぶ内乱の時代
(1)始まりは、「応仁の乱」(1467年)or「明応の乱」(1493年)
(2)終わりは、小田原攻め(1590年)or「関ヶ原の戦い」(1600年)or「大阪夏の陣」(1615年)
(3)1560年代までは国内の統一戦争→1560年代より他国との戦争、領土拡大の戦い(武田信玄、上杉謙信、今川義元、毛利元就、織田信長)→1580年代より全国統一戦争(豊臣秀吉、徳川家康、長曾我部元親、伊達政宗)

〇下剋上とは…室町時代において、社会的に身分が低いものが、身分の上位の者を実力で倒す風潮をいう。
戦国時代の下剋上
・戦国時代の各地の勢力は、その多くが鎌倉・室町以来の守護家・有力領主であり、新勢力として勃興した家も、大部分が守護代家やそれに準じる家からの権力を確立している。
・多くの場合、守護家の人間を立てて戦う。せいぜい守護代家が代わる。それ以下の身分からの乗っ取りはきわめて少ない。主家に代わると、室町幕府体制に位置付けを望む傾向。

●各地の下剋上の例:西国 陶晴賢・毛利元就と大内氏
・西国の覇者-大内氏…周防・長門・豊前・筑前、石見、安芸・備後を勢力下に。
・1551年(天文20年)、当時西国で最強の大名であった大内氏の当主義隆が、重臣陶晴賢のクーデターによって命を落とした。享年45。→しかし、その後の晴賢が主家にとって代わったかと言うと、必ずしもそうではない。大内氏の血統を護持、将軍の承認、室町の家格秩序を守る。→毛利氏の台頭。 (以下、省略)

2019/08/19のBlog
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
受講生の皆様、
残暑お見舞い申し上げます。


*シニア文化塾(南河内シニア文化塾)は、2010年1月に設立し、10年目を迎えています。
*受講生は、富田林市、河内長野市、大阪狭山市、河南町、千早赤阪村、橋本市、羽曳野市、松原市、柏原市、堺市(北区・南区・東区・西区・堺区・美原区)、岸和田市、東大阪市、守口市、大阪市(生野区・住吉区)、奈良県(橿原市)…から参加です。

〇右上の写真は、今年4月9日(火)の講義風景です。演題は、「ヤマトタケルの白鳥伝説が語るもの」、講師は白石太一郎先生です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月3日(火)から「歴史コース」(後期講座:9月~1月)が始まります。

・曜日/時間 :火曜日、am10時~12時
・会場 : すばるホール「会議室3」(富田林市)

*尚、「後期講座」(歴史コース)の受講生募集は、定員になりましたので締め切りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎9月5日(木)から「文学・文芸コース」(後期講座:9月~1月)が始まります。

・曜日/時間: 木曜日、午後1時半~3時半
・会場: すばるホール(会議室3など)(富田林市)

*尚、「後期講座」(文学・文芸コース)の受講生募集は、定員になりましたので締め切りました。

2019/08/10のBlog
連日の酷暑、お見舞い申し上げます。
(右の写真は、2019年8月8日午前11時頃の原爆ドーム)

被爆74年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月日:8月8日(水)午前9時半~11時半
場所:広島平和記念資料館(広島市中区)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・1945年(昭和20)8月6日午前8時15分に原爆投下。今年は、被爆74年になる。
私(常本)の母も、原爆死没者名簿に記載されている。…私は当時2歳。原爆については何も覚えていない。ただ、小中学生のときは、大人で男女問わず、よくケロイドの人を、見かけたことは、忘れることはない。
・最近は、広島に帰省したら、できるだけ「広島平和記念資料館」を見学するようにしている。今年は、4月に本館リニューアルされ、、被爆の悲惨さを、新たな角度から「実物資料」を展示し、伝えようとしています。→皆様に、機会がありましたら、この平和記念資料館の見学をおすすめします。

2019/07/31のBlog
第一回:小説 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』の問い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・日時:令和1年7月18日(木)午後1時50分~3時半
・会場:すばるホール(富田林市)
・講師:吉村 稠先生(園田学園女子大学名誉教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇1985年8月12日、日航ジャンボ機が群馬県御巣鷹山に墜落。乗客・乗員をあわせて520人という世界最大の航空機事故。…著者・横山秀夫は地元群馬の上毛新聞の記者。小説の主人公は、編集局のトップとして、最前線に立って報道に臨む。地方紙の世界が写し出され、大スクープを抜く現場に直面したが…。(以下、省略)。
*クライマーズ・ハイとは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態のことをいう。

第二回:ノンフィクション 青山透子『日航123便 墜落の新事実』の問い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・日時:令和1年7月25日(木)午後1時半~3時半
・会場:すばるホール(富田林市)
・講師:吉村 稠(よしむら しげる)先生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇ノンフィクション著者、青山透子は、元日本航空国際線客室乗務員。…事実を追及していく(作為的であってはならない)。…「事故ではなく、事件か!」-墜落現場特定と救助はなぜ遅れたのか。「小さな目は見た」という文集-墜落前の目撃証言から真相にせまる。
*あれから33年経過しても,いまだに疑問点を解明できない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*********************************************************************************
2019年(令和1年)前期講座(文学・文芸コース)(3月~7月)は、7月25日で終了しました。講師の先生並びに受講生の皆様に厚く御礼申し上げます。
*********************************************************************************
2019/07/27のBlog
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・日時:7月16日(火)am10時~12時
・会場:すばるホール(富田林市)
・講師:森岡秀人先生(関西大学大学院文学研究科非常勤講師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇経緯・経過
・仁徳天皇陵と伝わり、宮内庁呼称では「百舌鳥耳原中陵」とされる大山古墳の発掘調査が、昨年11月22日から実施された。(森岡先生も参加)。
・調査は、宮内庁書陵部と堺市文化財課の共同で発掘調査で、大山古墳の墳丘や周濠・外堤などの保全工事に際しての堤上での遺構の残上状態に照らした工法選択などに供する事前調査。…三重の濠の内側にある第一堤の南側2m×30mほどの調査区3ヶ所を発掘。→埴輪や石敷きを発見。(以下、省略)。

**世界遺産登録**
〇2019年7月6日、「百舌鳥・古市古墳群」は、ユネスコの世界文化遺産に登録された。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
**************************************************************************************
2019年(令和元年)前期講座(歴史コース)(3月~7月)は、7月16日で終了しました。講師の先生並びに受講生の皆様に厚く御礼申し上げます。。
**************************************************************************************
2019/07/01のBlog
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇2019年「後期講座」(歴史コース)のご案内
・期間:令和元年9月~令和2年1月
・開催日:火曜日
・時間:午前10時~12時
・会場:すばるホール(富田林市)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇講義日程表(*右の日程表をご覧ください)
・古代史から中世史・近現代史など、バラエティに富んだ「歴史講座」です。
・講義回数:全14回講義
【縄文時代】:1講義
【古代史】:5講義
・白石太一郎先生の著書『考古学と古代史のあいだ」を学ぶ講座もあります。
【奈良・平安時代】:2講義
【中世・戦国時代】:1講義
【江戸時代】:2講義
【幕末維新史】:1講義
【現在の国際政治】:1講義
[現地見学会]:(11月19日)和気清麻呂大和川付け替え痕跡、難波大道などを散策。
**講師:13名…各分野でご活躍の先生方です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★受講生募集
・定員:60名(7月中旬、定員になりましたので、締め切りました。)
・受講費用:14,000円(受講料1000円×14回講義)
☆申込方法
・往復はがきに住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、下記宛に申し込み下さい。
【申込先】:〒584-0062 大阪府富田林市須賀3-11-15 「シニア文化塾」事務局 常本宛
【問合せ」:シニア文化塾・事務局 常本(つねもと) 携帯:090-3990-3907
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019/06/14のBlog
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★連絡事項(1)
白石太一郎 名誉館長 特別講演会
「百舌鳥・古市古墳群の語るもの」
(主催 大阪府立近つ飛鳥博物館)

・日時:令和元年 7月14日(日)13:30~15:00
・会場: 大阪府立近つ飛鳥博物館 地階ホール
・定員: 200名
・入館料: 一般 310円 / 高大生・65歳以上 210円
*当日受付にて、午前10時より整理券配布(事前申込不要)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★連絡事項(2)
天野忠幸先生より連絡あり。…「来週の歴史秘話ヒストリアで、三好長慶が放送されそうです。」
・6月19日(水)「歴史ヒストリア」(午後10時30分~)-《信長より20年早かった男 最初の天下人”三好長慶”》-(NHK番組表)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・