ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
千里文化センター「コラボ」市民実行委員会
記事一覧
[ 総Blog数:516件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2011/03/03のBlog
[ 00:03 ] [ テーマ型交流カフェ ]
3月のテーマ型カフェのご案内です

大人のための絵本カフェ
3月4日(金)10時から11時半
多目的スペースにて
テーマ「むかしばなし」

多文化カフェ
3月8日(火)10時から12時
カフェスペースにて
ゲスト:高校生の留学生のアレンジをされている方と、
現在ホームステイ中のオーストリアの学生をお呼びします。

エコカフェ
3月15日(火)10時から11時半
カフェスペースにて
テーマ「コーヒーかすの活用法とピンクッション作り」

全て申し込み不要・参加費無料です。
直接会場にお越し下さいね★

定員15人(先着)
問い合わせ:千里文化センターコラボ 06-6831-4133
2011/02/22のBlog
[ 20:36 ] [ テーマ型交流カフェ ]
2月17日(木)2月のテーマ型カフェ、エコカフェを
開催しました。

テーマは、「知って納得!住まいのあかりのおはなし」

当日は、8名の参加者が集まり、パナソニック電工の
中村一雄さんのお話しを熱心に聞いておられました。

内容は、白熱球と蛍光灯の違いなどにはじまり、
生活の中で「あかり」を有効に使う工夫や省エネに
関するおはなしなどなど。
メインは、最近目につくようになってきたLEDについて。

参加された方も、値段や電力、使い方など
疑問点が多かったようで、質問もたくさん
飛び交いました。

最後には、地球温暖化のはなしもおまけに・・
エコな暮らしは、地球にもお財布にも人にも
やさしいことを実感できたエコカフェとなりました。

次回は、3月15日(火)←次回から火曜日に変更。
テーマは「コーヒー粕の活用法とピンクッション作り」です。
10時から11時半。コラボ交流カフェコーナーにて。

申し込み不要、参加費不要です。
是非ご参加くださいね。
(上村)
2011/02/19のBlog
[ 23:20 ] [ テーマ型交流カフェ ]
2月8日火曜日に、今年初めての「多文化カフェ」を開催しました。
今月は、イランから日本に来て6年のアイリーンさんという女性を招き、
森さんによる英語通訳を交えて、
イランの歴史・文化・生活についてお話をうかがいました。

30代から70代まで10名ほどの参加者があり、
イランへの興味がうかがえました。

イランはかつてペルシャと呼ばれた大きな国で、
現在のアフガニスタンやウズベキスタンといった国も同じ国だったこと、
イランの正月「ノウルーズ」は春分の3月21日で、
鏡やにんにくといった7つの縁起物を飾ることなど、
ふだんあまり触れることのない、イランのことを色々知ることができました。

終了後には、図書館が用意してくれたイラン料理や歴史についての本や、
アイリーンさんが持ってきてくれた、手織りの美しい絨毯や
ラクダの骨でできたアクセサリーといった様々なイランの物産を
みんなで興味深く見ました。
伝統的な模様入りのマウスパッドといった小物などを
買って帰られた参加者もいました。

次回の多文化カフェは、3月8日(火)、
高校生の留学生のアレンジをされている方と、
現在ホームステイ中のオーストリアの学生をお呼びします。
ぜひご参加下さい。(宮崎)
2011/02/18のBlog
第10回 千里コラボ大学校のご案内

■大阪万博40周年、人類は進歩したのか、調和したのか 
 古都いけだにおける人間模様

 東京オリンピック覚めやらぬ、日本の高度成長真っ只中、大学
卒業と同時に社会人となり、万博の企業出典に身をおき、まち
づくりの原点を極めて今日に至った生き様を、語って頂きます。

■語り手:浅田 信利さん
■と き:平成23年3月12日(土) 14:00から16:00
■ところ:千里文化センター「コラボ」 2階 健康教育室
■定 員:50人(先着順) 
■申し込み:3/10までに「コラボ」へ(住所・氏名・電話番号をご連絡下さい。)
 Tel:0668314133 Fax:0668324190
 e-mail:korabo@city.toyonaka.osaka.jp

保育を希望される方は、子どもの名前・年齢も記入。
1人200円。1歳から小学3年生が対象。
第8回 千里コラボ大学校講座が開催されました。

2月12日(土)「ボランティアが体験した、イスラム教の国
パキスタン」と題して、濱崎定也さんにご講演頂きました。 

今回もボランティアでご出演頂いた川上時子さんによる、
バッハとモーツァルト作曲の2曲のビアノ演奏を楽しみました。
開始と共に、「スウー」と現実世界から抜け出られる様な感覚を
楽しみながら、受講者の皆様方は聞き惚れていました。

 時あたかも、今朝の新聞・テレビのトップニュースは、「エジブトの
ムバラク政権崩壊」でした。当分イスラム教の世界から目が離せ
ない状態の中で、受講者の期待の高まりを感じながら、講演会は
開始されました。

 濱崎さんは、自動車部品の生産指導のために現地に赴いたこと、
滞在期間中の印象として、世界がグローバル化している現状から、
この地は「農業立国」を目指すのが適当ではないか。その為には、
水資源の確保が必要とも語られました。
ジハートで死んだ人は天国に行ける。死は新生・復活である。
それは、沈んだ太陽が夜明けと共にまた昇る、とのイメージである。
そして人間は人間として生き返ってくる、とも話されました。
この点での仏教との違いを、興味深くお聞きしました。

 ラマダン月の断食については、人間の本能を押える訓練であり、
食物への感謝の気持を感じる機会に併せて、満足に食事が摂れない
人々の気持への理解、とのお話でした。日本人が忘れかけている
この考え方、もう一度思い返す必要を感じながら、お聞きしました。

 第2位のK2や、指を1本立てた様なレディースフィンガー等の
ヒマラヤの山々・磨崖仏・氷河等の珍しい映像を紹介して頂き、
パキスタン旅行をさせて頂いている様な気分に浸っていました。
併せて、フンザ地方の結婚式の模様も紹介され、古今東西
お嫁さんを貰うことの大変さを味合いながら、楽しい時を過ごさせて頂き
ました。(原)
2011/02/12のBlog
大阪に久しぶりの雪が積もった2月11日(祝)。
コラボの多目的スペースにて「千里文化センターフォーラム」が
催されました。

昼には止むと言われていた雪でしたが、お昼を過ぎても
降り止まず・・・
参加者が減るのでは?と心配されましたが、来てくださった
方々は申し込みを超える40名近く!!

実行委員やサポーターはもちろん、運営委員さんや
数々のプロジェクトで関わってくださっている市民のみなさん
司書さん、施設長など多彩な顔ぶれとなりました。

まずは、赤井実行委員長より市民実行委員会が
立ち上がるまでの流れを説明していただきました。

その後、各分科会長から今年度のとりくみについて
報告。

その後、この実行委員会が市民活動デビューという
5名の委員に感想や報告をしてもらいました。

市外から引っ越してきて初めて、地域とのつながりが
出来たという方や、仕事や子育ての傍ら社会参加が
したかった方、会社をリタイアして何かをはじめたかった方・・
などなど、率直な感想をそれぞれの言葉で述べてもらいました。

その後、私から来年度について説明を・・
最後は、グループごとに意見交換。

とりあえず、来てくださった方に、何かしゃべって
帰ってもらおう!ということで、感想や意見など
いろいろと発言してもらいました。

グループごとにさまざまな意見が寄せられ、
実行委員会としても貴重な機会となりました。

寒い中、参加してくださったみなさんありがとうございました。
そして、実行委員会のみなさん、準備してくださった
事務局の皆さん、おつかれさまでした。
(上村)
2011/02/05のBlog
[ 07:43 ] [ テーマ型交流カフェ ]
2月4日金曜日、年明け初のテーマ型カフェである
「大人のための絵本カフェ」を開催しました。

この日のテーマは、「お菓子の出てくる絵本」

ぐりとぐらのカステラをはじめとして、お菓子の登場する
絵本を読み合ったり、図書館司書さんからたくさん紹介
していただきました。

参加者からも絵本に出てくる思い出の食べ物や
お菓子をいろいろと紹介してもらい、とても盛り上がり
ました!やはり女性は甘いものが大好きなんですね
絵本を読み終えた後は、お菓子タイム。

講師のお母さんが作ってくれた「かぼちゃのプリン」と
「イチゴジャムのロールケーキ」をみんなでいただき
絵本カフェを終了しました。

お腹も心もいっぱいになった「絵本カフェ」でした。

次回の絵本カフェは、3月4日(金)
テーマは「むかしばなし」です。
次回は、申し込み不要です。お気軽にご参加下さい。(上村)
2011/02/04のBlog
★ 第6回千里文化センターフォーラム ★

           

 [日時] 2月11日(金)14:00~16:00
 [場所] 多目的スペース (千里文化センター2階)

           

千里文化センター市民実行委員会が立ち上がって約1年が経とうとしています。

コラボカフェの運営や屋上庭園での活動、その他コラボ大学校やテーマ型カフェなど、
たくさんの事業を行ってきました。
1年間の報告を行うと共に、参加者との意見交換会を予定しています。

 第1部:コラボへの道
 実行委員会が立ち上がるまでの経緯を簡単にお伝えします。

 第2部:活動報告
 実行委員会の活動報告と体験談をお話します。

 第3部:意見交換会
 グループに分かれて、ざっくばらんに参加者と意見交換を行います。

ご関心のある方、ぜひぜひお越し下さい 
2011/01/28のBlog
第7回 千里コラボ大学校講座が開催されました。

1月15日(土)「社会で生きる七つの力」と題して、「サントリーで学んだ社会人の心構え」の著者である、杉森民博さんにご講演
頂きました。

人は生まれ育った環境によって、成長の仕方が変わってくる。
しかし、その評価は社会人になって始めて為される現状である。
その社会には壁があり、自分の中にも壁がある。この二つの壁を
自分自身の努力で乗り越える必要がある、と話されました。

品格・幸せな家庭・地位・人脈・健康管理等、社会人に求められる各種の質があるが、これらが高位置でバランス良く組合された人を社会は求めている。


良好な人間関係を築くには、聞き上手になることが大切である。
① 相手の話を聞くことに集中する。
② 相手の話が終わって暫く経ってから、こちらで話し始める。
じっと聞いているということは、心の力(忍耐)が必要です。
この様にすれば、良い会話が成立します、と話されました。良好な人間関係を築く礎となる会話、多くの皆さんに実践して頂きたいものです。

現役時代から現在に至るまで一貫して、現場で人を育てることに
関わってきた講師の言葉には、説得力がありました。受講者からのアンケートにも、「孫との遣り取りをする時、参考になる」「自分の生き方を見直す切っ掛けとなる」といった、多くのご意見を頂いて
おります。

また、杉森さんご自身による、ギター演奏がありました。メリハリが利きしっとりとしたメロディーが室内に流れ、皆さんはうっとりと聞き惚れていました。(原)
2011/01/26のBlog
[ 22:10 ] [ テーマ型交流カフェ ]
コラボカフェでは、3つのテーマについて、毎月みんなで楽しく話し合ったり、ちょっとお勉強ができる「テーマ型交流カフェ」を開催しています。
コーヒー片手に気軽に参加してみませんか?

大人のための絵本カフェ 
☆2月4日(金)10時から11時半
☆テーマ 「お菓子の出てくる絵本」について
☆絵本に出てくるお菓子を食べながら、絵本を楽しみませんか?
<参加費>300円
<申し込み>千里文化センターコラボ 06-6831-4133

多文化カフェ 
☆2月8日(火)10時から12時
☆イランの文化や生活について
☆外国人の方を招いて現地の生活や文化をお聞きします。

エコカフェ 
☆2月17日(木)10時から11時半
☆テーマ「知って納得!住まいのあかりのお話し」人と地球にやさしい
 講師:パナソニック電工(株)中村一雄さん
☆会場:千里公民館3階 第一会議室
☆参加費無料・事前申し込み不要

☆多文化カフェ、エコカフェは申し込み不要です。(飲み物代実費負担)
直接会場にお越し下さい。お待ちしています。(上村)
2011/01/22のBlog
1月21日(金)18:30~20:00、コラボ大学校の語り手募集説明会を開催しました。

コラボ大学校は、いろいろな経験や知識、能力をもつ千里の住民が講師となって、学び合い、交流しましょうと、昨年の6月にスタートしたものです。これまで7人の講師によって、市民の目線での多彩な講義が行われ、参加者に喜ばれてきました。説明会は、より充実した大学校をめざして、新たな講師を募集しようと開催されたものです。参加者は合計10人(既講演者4,新規応募者3,コラボ職員3)でした。

まず、既講演者4人が講演の内容や感想を語りました。ついで、新規応募者が自身や得意分野の紹介を行いました。「金融について分かりやすい話をしたい」「高齢者を元気にする活動の話をしたい」など、いろいろな気持ちをもっておられました。
「これまでの経験を話せるかもしれないけど、いきなりはちょっと・・」と話される方には、「しばらく準備側のスタッフとして参加いただき、慣れた頃に登壇いただいては・・・」となりました。

また、「千里にはいろいろな知識、経験をもった方が多い。コラボ大学校のほかにも、ざっくばらんに雑談できる場があってもよいのでは?」との意見が出されました。コラボでは、このような意見を活かした新しい交流の場を具体化していきたいと考えています。(山)
2010年7月10日、第2回コラボ大学校「私が歩いた山々と高山の花たち」(講師:山本茂)を開催しました。

1 私と山とのつきあい
2 最近歩いた山々と高山植物
 幌尻岳・カムエク山・トウムラウシ岳(北海道)、大普賢岳(奈良県)
 氷ノ山(兵庫・鳥取県)、朝日岳~白馬岳(長野・富山県)
3 山は、私にとって何だったか・・・
Photo:幌尻岳からカムエク山を望む
参加者は約40名、男:女=1:2、大半は60・70代、山が趣味の人は約1/2。約150枚のスライドを用いて、まず山とのつきあいの話・・・

少年期に山を眺めながら成長したことがその後の生き方に影響している/20代後半に山を始め、社会人山岳会にも参加してオールラウンドに山を経験した/40代は山から離れたが、50代から再開し、山の相棒と全国の山へ出かけている。
Photo:チングルマの群生(トムラウシ岳付近)
ついで印象に残った山の話をしました。

平成の大雪の年に登ったカムエク山では、標高差1000mの残雪を前にして、逃げるように降りてきた/翌日のトムラウシ岳では、雲上の楽園のようなお花畑に酔いしれた/日帰りできる大峰山系も、季節・コースによって色々楽しめる/厳冬期の氷ノ山は、夏山とは違う山の厳しさと魅力を教えてくれる/朝日岳~雪倉岳~白馬岳は雪渓・お花畑・大パノラマを楽しめるアルプスならでのお勧めコース
Photo:厳冬期の氷ノ山
最後に、「山は私にとって何だったのか」を語りました。

仕事でバランスを崩しやすい心身のリフレッシュと体力づくりの場/日々の生活を豊かにする山・まち・人との出会いの場/現代の日本では失われた、伝統的な地域の風土・文化を知ることができる場/都市の源流にある山岳・農山村を含む地球規模で環境を考えることができる場/かけがえのない友人を得ることができた場
Photo:白馬岳から後立山連峰を望む
話のあと意見交換の時間をもち、次のような意見が出ました。

若い頃のようにもう一度山に登りたいと思った/かつては山に住む人が多かった話しに興味を持った/近年行った利尻島・礼文島の花がきれいだった/高山にある温泉巡りは楽しかった/中国の高山が観光開発されているのに驚いた など

記入いただいたアンケートには次のような意見がありました。

山歩きの豊かさを学びました/山を知らないが、山の美しさ・怖さを教えていただきました/成功した話しだけでなく、断念して下山した話しもあり参考になりました/苦しいときの達成感やリスクへの対処など、さりげない話に共感できました など

「市民の企画立案によるコラボ大学校は、コラボカフェと同様に他の街にない千里の宝ものです」とのご意見もいただき、実行委員一同大いに励まされました。

Photo:飯田市上村下栗の里
2011/01/17のBlog
[ 23:58 ] [ コラボ大学校 ]
第9回 千里コラボ大学校のご案内

■「大阪大学千里研究発表会」
 大阪大学では、千里地域に関する多くの研究が行われています。
 今年度の研究成果を地域の方々に発表し、地域社会を豊かにする
 ための交流会を開催いたします。発表内容は次のようなのを考えて
 いますが、代わることもございますのでご了承下さい。
・ 千里ニュータウンの府営住宅における住いの記録
・ 公共集合住宅団地の建て替えによる団地内集会場の変化
・ 佐竹台スマイルプロシェクトの試み
・ 公共図書館の居場所機能の評価 ほか
 
■発表者:大阪大学有志の学生・教員の皆さん

■と き:平成23年2月27日(日) 14:00-16:30

■ところ:千里文化センター「コラボ」 2階 第4講座室

■定 員:40人(先着順) 

■申し込み:2/24までに「コラボ」へ(住所・氏名・電話番号をご連絡下さい。)
 Tel:0668314133 Fax:0668324190
 e-mail:korabo@city.toyonaka.osaka.jp
[ 23:54 ] [ コラボ大学校 ]
第8回 千里コラボ大学校のご案内

■ボランティアが体験した「イスラム教の国 パキスタン」
 パキスタンで一年半のボランティア活動。この間、世界最大の
宗教となったイスラム教の人々と生活を共にして、ご自身が目で
見て肌で感じた体験談を語って頂きます。
礼拝や断食等、イスラム教の教義に関わることも、お聞きし
ます。また、フンザ地方の結婚式の模様も紹介して頂きます。

■語り手:濱崎定也さん

■と き:平成23年2月12日(土) 14:00から16:00

■ところ:千里文化センター「コラボ」 3階 第1講座室

■定 員:50人(先着順) 

■申し込み:2/9までに「コラボ」へ(住所・氏名・電話番号をご連絡下さい。)
 Tel:0668314133 Fax:0668324190
 e-mail:korabo@city.toyonaka.osaka.jp

保育を希望される方は、子どもの名前・年齢も記入。
1人200円。1歳から小学3年生が対象。
2011/01/10のBlog
第7回 千里コラボ大学校のご案内


■「社会で生きる七つの力」
 バランスのとれた社会人は、幸福な人生を歩めます
急激に変化する社会、老いも若きもそれへの対応能力を備える
ことが必要です。
今回は、ご自身の著書「サントリーで学んだ社会人の心構え」を
起点として、出席された皆様との意見交換を交えながら、この社会
を生きていく術を、一緒に考えてみようではありませんか。

■語り手:杉森 民博 さん
■と き:平成23年1月15日(土) 14:00から16:00
■ところ:千里文化センター「コラボ」 3階 第1講座室
■定 員:50人(先着順) 
■申し込み:1/13までに「コラボ」へ(住所・氏名・電話番号をご連絡下さい。)
 Tel:06-6831-4133 Fax:06-6832-4190
 e-mail:korabo@city.toyonaka.osaka.jp

保育を希望される方は、子どもの名前・年齢も記入。
1人200円。1歳から小学3年生が対象。