ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
丹波篠山市民プラザ 「せや! プラザいこっ!!」
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:4270件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2020/09/10のBlog
【 ご利用のご案内 】
◆利用方法 登録制
◆登録資格 市内に拠点を置く、または市内で活動する団体
◆開 館 日 丹波篠山市民センター開館日
 (相談員が不在の場合でも機器使用は可能です。) 
◆開館時間 9:00~17:00
◆住 所〒669-2321兵庫県丹波篠山市黒岡191 丹波篠山市民センター内
◆電話/FAX 079-552-0001
◆e-mail sasayamaplaza@office.email.ne.jp
『丹波篠山市民プラザ』~つなぐ・むすぶ・きずな~
 丹波篠山市民プラザは、市民団体を支援する情報発信基地です。

丹波篠山市民プラザは、丹波篠山市民センター(丹波篠山市黒岡191)内 1階にあります。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

皆様のお越しをお待ちしています。
丹波篠山市民プラザは、ボランティア団体、NPO法人、文化・芸術・スポーツ・研究などのサークル、まちづくり協議会など、様々な市民団体・グループの活動を応援する市民活動創造の拠点です。
 
 活動の輪を広げたい、さまざまな団体や人と交流したい、地域づくり活動を実践してみたい、そんな思いを持つ皆さんにご利用いただく施設です。
活動についての相談や、 登録団体の情報発信
(◆イベント一覧⇒ こちら)、
少人数のミーティングスペースや印刷機、紙折り機等の資機材設置による活動支援などさまざまな支援をさせていただいております。
丹波篠山市民プラザにご登録いただきますと(登録料として初年度2,000円、次年度から更新時1,000円)、各団体ファイルで情報発信、丹波篠山市民プラザブログ・フェイスブックページ・掲示・平置き等による広報発信支援、イベント等の出演機会の紹介、各種相談、機器利用など、さまざまな活動支援をさせていただいております。

ご活動する皆様の私たち「丹波篠山市民プラザ」です。

 どうぞお気軽にご利用ください。

丹波篠山市民プラザ YouTube をご覧ください。

第7回と8回「篠山市民センターまつり」に参加されていた団体さんの活動紹介が見られます。
2019/10/13のBlog
兵庫県丹波篠山市に誕生!

\OZ'S BROADWAY THEATER 「こけらおとし公演」/


〇2019年11月3日~11月24日 土日計6回公演

坂本龍馬の生涯を描くミュージカル

「龍馬も探さんといかんのよ、生まれてきた意味を。」


『RyomA』 作・演出 辻井 奈緒子


なあ、龍馬。

人はみんな死ぬるんよ。


どうせ死ぬんやったら生まれてこんでもええのに、それでも人は生れてくるんよ。

なんで?


・・・みんな、それを探しながら生きていくんやっち思う。

龍馬も探さんといかんのよ、生まれてきた意味を。



《STORY》

嘉永六年、龍馬17歳。

剣術修行に赴いていた江戸・浦賀に、ペリー率いる黒船がやってきた。

アメリカの巨大な蒸気船に、海の向こうの広大な世界を垣間見た龍馬は、憧れと希望で希望で胸を膨らませる。

しかし土佐に戻った彼を待ち受けていたのは、身分差別という厳しい現実だった・・・

「命を輝かせて、今を生きる」

向かいくる困難の最中、龍馬は何を考え、どう行動するのか。

そして次々と直面する友の“死”

武市、以蔵、長次郎-・・・彼等の“生き様”が龍馬にもたらしたものとは-?

幕末という激動の時代、葛藤を抱えながらも己の心のまま真っ直ぐに生きた坂本龍馬。
彼の波乱の生涯を全24曲で綴るOZmateの原点、渾身のオリジナルミュージカル!
〇2019年11月3日~11月24日 14:00開演(各回30分前開場) ※全席自由

〇料金:一般3,000円(当日3,500円)、学生(U-22)2,500円(当日3,000円)

〇お問合せ

スタジオOZ:0797-85-1106(14:00~21:00/土・日・月曜休み)

OZ’s CAFE:079-506-6200(11:30~16:30/月・火曜休み)

http://ozmate.net/ 

【OZmate】で検索!
令和元年度新規登録団体「一般社団法人OZways」(オズウェイズ)
令和元年度新規登録団体「黒岡ゆる体操」
[ 13:37 ] [ 丹波あかりの会 ]
\第6回「丹波あかり展」開催/

〇11月16日(土)~24日(日) 兵庫陶芸美術館 コミュニティギャラリー
作品の制作が進んでいます!

9月23日までに事務局に寄せられた作品の写真です。

※第6回丹波あかり展の作品を募集中です

出品を希望される方は、本会事務局までお問合せください。

℡:079-552-0257 メール:tbakari1606@yahoo.co.jp
「丹波の灯り」2019年秋 14号 


〇10月29日 丹波あかりの会特別講演

〇ニュース

丹波篠山デカンショまつり、丹波あかりの会 創作灯り教室

丹波あかりの会 産業高校の授業に参加

〇催し案内

ハンドメイドクラフトフェス 兵庫陶芸美術館、アート・クラフトフェスティバル in たんば

実りの秋は丹波各地で味覚の祭典

〇第6回丹波あかり展を開催します

〇第5回丹波あかり展から多彩な灯り(その3)

〇連載コラムⅣ 「あかり」 あれこれ④ ~色と人の性格~ 前川 進


◇発行:丹波あかりの会 令和元年9月25日 ℡:079・552・0257



「灯り作品と図書展」開催中

令和元年10月2日(水)~30日(水)13時~17時

会場:丹波篠山市立中央図書館 展示ホール


【第6回丹波あかり展を開催します】

11月16日(土)~24日(日) 兵庫陶芸美術館 コミュニティギャラリー

※第6回丹波あかり展の出品作品を募集中です

出品を希望される方は、本会事務局までお問合せください。

TEL:079・552・0257 メール:tbakari1606@yahoo.co.jp

《催し案内》

〇ハンドメイドクラフトフェス @兵庫陶芸美術館 10月19日(土)、20日(日)

〇アート・クラフトフェスティバルin たんば @丹波年輪の里 10月5日(土)、6日(日)

《実りの秋は丹波の各地で味覚の祭典》

〇丹波篠山味まつり @篠山城三の丸広場 10月12日(土)~14日(月)

〇味覚フェア楽市楽座 @草山温泉 やまもりの湯(丹波篠山市遠方) 10月13日(日)

〇丹波丹南味まつり @丹波篠山市中央公民館 10月19日(土)、20日(日)

〇城東味まつり @丹波篠山市城東公民館 10月19日(土)、20日(日)
\10月29日 丹波あかりの会「特別講演会」開催/

丹波篠山市立中央図書館 視聴覚ホール 入場無料


丹波あかりの会は、10月29日(火)13時から丹波篠山市西吹の市立中央図書館で、照明デザイナーの村岡治彦氏と舞台・テレビ照明家の中西 正人氏を招いて特別講演会を開催します。
『アロマ&シェイプボクシング』
からだを動かしながらアロマの効能で健康づくりアップ体験

〇2019年10月19日(土)
〇場所:丹波篠山市民センター(丹波篠山市黒岡191)1階多目的ルーム2.3


《申込》丹波篠山市民プラザ:℡/fax079-552-0001(8:30~17:15)

《申込またはお問合せ》℡:090-2062-1241(ヨシタケ) ※締め切りは9月4日

【アロマ体験される方】

参加費500円 ※トリートメント(ハンド・肩・フット)何回でも)

〇13時00分~14時00分 アロマ体験(トリートメントでリラックス)
〇14時00分~15時00分 シェイプボクシング(協栄ボクシングジムインストラクターMEGU)
〇15時00分~16時00分 アロマ体験(トリートメントでリラックス)


参加費:大人1,000円、中高校生500円、小学生無料
 (小学生は3年生から参加できます)

持ち物:水分、汗拭きタオル、バスタオル、シューズ、運動できる服装

有酸素運動と無酸素運動の繰り返しでシェイプアップの効果があります。

インストラクターは楽しく優しいMEGU先生!

楽しく体を動かしスカッとするととってもよい時間になります!
2019/10/11のBlog
VOL.7「元気が出るコンサート」

in 真冬の市民フェスタ(第10回丹波篠山市民センターまつり)


〇令和2年1月25日(土)丹波篠山市民センター

〇開演14:00(開場13:30) 全席自由席 ※入場無料


〇出演:Joseph Nkosi-歌/マリンバ/ジェンベ
 Tomomi -歌/マリンバ/ジェンベ
 荒田 健司 -ピアニスト
 後藤 浩戸 -書家
 山内 直子 -和太鼓/篠笛
 泉水 真季 -和太鼓
 泉水 雄太 -和太鼓



《お問合せ》

丹波篠山市民センター ℡:079-554-2188(丹波篠山市黒岡191)

丹波篠山市民プラザ ℡:079-552-0001

元気が出るコンサート実行委員会 ℡:090-2595-1501(センスイ)
 
◇主催:元気が出るコンサート実行委員会/丹波篠山市民センターまつり実行委員会
◇後援:篠山城下町づくり協議会・一般社団法人ウイズささやま
 吉野ゴム工業株式会社・丹波篠山市

※この事業は丹波篠山市民活動助成を受けて実施しております
「丹波木綿機織り体験ワークショップ」 in 丹波並木道中央公園

『植物のちからを活かし、布に仕立てる。』

インタビュー「丹波木綿保存会」


丹波並木道中央公園で11月9日、10日開催予定の「丹波木綿機織り体験ワークショップ」で講師をつとめる「丹波木綿保存会」さん(活動場所:公園より車で20分、栗柄地区内《創作館》〔以下、館〕)を訪ねました。

丹波篠山市栗柄地域に約300年前から伝わる「丹波木綿」。
その技術を継承するために活動するのが「丹波木綿保存会」です。1973(昭和48)年頃、家々にあった機織機などの道具を持ち寄り、昔ながらの製法による手織木綿を復活させたのが会の始まり。

「この地域では昔から、女の人が機織りの仕事を家でしていましたね。それも昭和30年ごろから徐々にしなくなってきてね。このままでは伝統が途切れてしまう、と地域の方々が始めた活動だと聞いています」「昔は木綿布を織って家族の衣服を作ったり、紡いだ糸を河原町にあった紺屋さん(愛染工場)へ卸して現金収入にしたり・・・女性の冬仕事でした。男性は冬の間、出稼ぎや藁仕事をしていました」。口々に丹波木綿の由来を教えてくださるメンバーの方々。13名のメンバーは栗柄地区のある西紀エリアに住んでいる方もいれば、市内の別エリアから、また、神戸から通われる方もいるといいます。

保存会では丹波木綿の技術を伝えていくために『研修』と『体験』の活動を行っています。『体験』は電話で受け付けて館でするものもあれば、今回の公園で実施されるような“出張型”も。「以前、関東から創作館へ体験に来られたご夫婦もいました。他にも各地の織物の産地を訪ね歩いている方など、いろいろな方が来られますよ」。「『出張型体験』は2009年の篠山城築城400年祭の時に行われたのが最初。わたしもその時に初めて『丹波木綿』を体験して、そこで虜になって研修から始めたんです」とメンバーのおひとり。今回、公園で体験できるのは『コースターづくり』。1人1枚、大体30分程度でコースターが織り上がるという。「いつも軽トラックに機織り機を乗せて、体験会場に向かいます。縦糸はあらかじめセットしておきますが、横糸はお好みのものが選べますよ。色選びでコースターの表情も変わります。地元の小中学生も体験に来ますが、みんな集中して上手に織っていますよ」。

館を見渡せば、ワタから種を取り除く道具、糸紡ぎのための道具など「ワタから糸へ、糸から布へ」・・・その作業を支える道具たちが所狭しと並べられています。中には、会設立当時に「持ち寄った」といわれる古い道具の姿も。
館からすぐの畑では、棉と藍を栽培中。「ここで育てたワタを使って丹波木綿を作っています。藍も藍染の材料の一つです」。まさに「0から木綿布を作る」ことを日々、実践している保存会。ひとりひとりが時に寡黙に集中し、時折目線をあげて談笑する。リラックスした雰囲気の中でうみだされる『丹波木綿づくり』がそのまま、公園のかやぶき民家でも体験できるチャンス!

ぜひ、たくさんのご参加をお待ちしています。

※研修1日4時間、糸紡ぎだけで24回、染と機織りで24回。週に一度通えば1年間で終了するコース


〔丹波木綿保存会〕

〒669-2711 兵庫県丹波篠山市栗柄1319 ℡:079-533-0922
活動日:月曜日から金曜日 9時から16時(祝祭日は休み)
※お越しの際は事前にご連絡ください。
【PARK CALENDAR 2019 autumn】

〇11月9日(土)、10日(日) 『丹波木綿機織り体験ワークショップ』


兵庫県伝統的工芸品「丹波木綿」のコースターをつくります。

作品展示、小物の販売も同時開催。

《時間》10:00/10:30/11:00/11:30/13:00/13:30/14:00/14:30

《場所》かやぶき民家

《料金》コースター1枚1,000円

《定員》各回2名

《申し込み受付》予約優先制

《講師》丹波木綿保存会のみなさん
【お問合せ】

兵庫県立丹波並木道中央公園 管理事務所

〒669-2221 兵庫県丹波篠山市西古佐90番地

℡:079-594-0990 (8時30分~17時30分)、fax:079-594-0991

HP:http://www.hyogo-park.or.jp/tanba/
2019/10/10のBlog
[ 16:54 ] [ 篠山で楽しく暮らしたい(隊) ]
仲間を募ってます!篠楽の「丹波篠山歴史文化浪漫隊」

〇市内をぶらり散歩

〇座学でロマンを語り合う

〇イベントに参加

〇山に登り、眼下の景色を

〇美味しい食事に、お茶に

〇時には地元活動の応援も

〇市外へ電車で、バスで、車で


※参加条件:1年に最低1回は「篠楽」の集いに参加

入会金100円、年会費100円、参加費 実費


毎月10日の集いの後、ぶらり散歩。

第4日曜日に定例会。

みんなで提案して検討、実行。

【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】連絡先:森田(090・9985・3193)

毎月10日は『篠山で楽しく暮らしたい(隊)』の集いの日。どなたでも自由に参加可能です。

参加費は家族単位で100円
[ 13:38 ] [ NPO法人 風和 ]
「風和通信」198号 2019年10月1日発行

〇小さなひと針からはじめませんか 熊谷 喜美子

6月から毎週金曜日の午後一時半から手しごと工房を開催しています。

座布団カバーのオーダーも無事仕上がり「丁寧に作って貰い嬉しいです」と言って喜んでもらえました。

自分たちが作った物を買って貰ったものも初めてで、嬉しいような、心配なような(笑)気持ちです。

今は色々な大きさの巾着袋を作っています。

一緒に仕事している皆さんからのアイデアを頂きながら、これからは、エコバッグやランチョンマット、コースターなど、小さな生地ではアクセサリーなど作れたらと思っています。

ついたち市でも出店していきたいです。

風和にあるお気に入りの生地を見つけて、おしゃべりや懐かしいレコードなど聴きながら小さなひと針からちくちく始めませんか。

ミシンもありますので、気軽に来てくださいね。

年齢や性別は問いません。ぜひ、お待ちしています!!

※オーダー頂いた橋田さんからのメッセージです。
「座布団カバー、ありがとうございます。早速使い始めています。贅沢な希望を聞いてくださり恐縮です。丁寧に作ってくださったお座布団、大切に使います。」
〇10月の予定

 1日(火)10~13時頃 ついたち市(波々伯部神社)

 4日(金)1時30分~ 手しごと工房

11日(金)1時30分~ 手しごと工房、皮のミニポーチ作り、ワークショップ

18日(金)1時30分~ 手しごと工房

25日(金)1時30分~ 手しごと工房

〇ついたち市(出店者などの詳細は裏面をご覧ください)

と き:10月1日(火)10時~13時頃

ところ:波々伯部神社境内

小さな音楽会:高橋健一郎さん(音楽家)ギターと共に子どもから高齢者までのこころ に優しく響きます

〇皮のミニポーチ作りワークショップ(手しごと工房)

と き:10月11日(金)午後1時30分~(1時間程度で完成)

雲部工房にてお店のある皮工房mimiさんと一緒に簡単なミニポーチを作ります。

1時間程度で仕上がるので誰でもお気軽にお越しください。(予約先着6名)

予約はメールかfaxでお願いします。

参加費:600円(材料・お茶代)
〇まちライブラリーの本棚から ④ つどい場お茶の実 原 美由紀

前回に引き続き、認知症に関する本を紹介させていただきます。

『誤診だらけの認知症』 2016年 (幻冬舎) 著者/座間 清


〇お礼~ありがとうございます~

お裁縫道具、お菓子などいただきました。

大山寺様よりお菓子いただきました。

寄付金、賛助会費をいただきました。

〇風和通信200号記念にぜひ、寄稿をお寄せください。

風和開設から、11月で17周年を迎え、18年目に入ります。

毎月発行しているこの風和通信ももうすぐ200号です。

そこで、ぜひ、この記念号に皆さまの想いをお寄せください。

原稿は、郵送、メール、faxでお願いします。

文字数は400字から800字程度。締め切りは10月末日です。

〇ふうわなくらし130

時刻表を見るのが大好きな息子は、夏休みに「青春18きっぷ」で、在来線を乗り継いで北海道まで行く計画を立てていました。

北海道に到着するのは、篠山口を出発してから、なんと4日目!

結局、今回、息子の計画は実現できなかったものの、初めての北海道家族旅行。

初めて行った土地で「ひとり自由行動がしたい」という息子はガイドブックを片手に札幌や小樽の町を一人で歩いて、満足そうでした。

「子育てはひとケタ(9歳)まで。」と言ってくださった先輩母さんの言葉をふと思い出し、

ひとケタ最後の;夏休み、とても暑かった夏を想っています。(千尋)
〇令和元年度NPO法人風和賛助会員、協賛広告ご支援よろしくお願いします。

賛助会員1口1,000円(3口以上幸いです)

協賛団体1口3,000円

協賛広告12回分5,000円 ※郵便振込または風和までお申し出ください。

《振込先》

名義:NPO法人風和 番号:14380-70801431



発行:NPO法人風和 〒669-2414 丹波篠山市宮ノ前264 

https://www.npofu-wa.net/

℡790-506-2258 fax 079-506-1618 


2019/10/08のBlog
[ 15:41 ] [ NPO法人篠山国際理解センター ]
国際フォーラム2019 ふれあい地球村

食と文化の交流広場「ふれあい地球村」を開催します。今回は市内の外国人住民自慢の料理と丹波篠山の伝統文化「デカンショ節」、篠山ならではのデカンショ交流です。同じ地域に住む者同士、外国人も日本人も一緒に食べて踊って語り合いましょう。どなたでも参加いただけます。皆様の参加をお待ちしています。

【日時】2019年10月27日(日)13:00~16:00

【場所】丹波篠山市民センター ギャラリー

【内容】
◇13:00~16:00 地域の国際交流団体の活動紹介(パネル展示) 
◇13:00~14:00 外国の料理(韓国、タイ、ベトナム、中国、ブラジル、ミャンマーなど) の試食
◇14:00~15:00 デカンショ節保存会によるワークショップ(和楽器体験)
◇15:00~16:00 デカンショ踊り講習 総踊り

【参加費】無料

【参加申込】10月25日(月)までに電話、ファックス、e-mailで申し込んでください。

【主催】 特定非営利活動法人篠山国際理解センター

【後援】 丹波篠山市、丹波篠山市教育委員会

【申込・問い合わせ先】特定非営利活動法人篠山国際理解センター
 〒669-2734 丹波篠山市宮田240 丹波篠山市西紀支所3階
 電話079-590-8125(月・水・金9時~16時) FAX079-590-8126
 e-mail sasayama.kokusairikai@gmail.com
 
2019/10/05のBlog
[ 10:01 ] [ 丹波篠山市民プラザ ]
秋期企画展 「市民活動展」

丹波篠山市では、ボランティア団体、NPO法人、各種サークルなど、地域づくりに取り組む様々な市民団体・グループが活動されています。
中央図書館では、こうした活動を市民の皆様に知っていただこうと「市民活動」をテーマにした秋期企画展を開催します。
環境やスポーツ、文化や福祉などの分野で活躍する団体の活動をパネルなどで紹介しています。

【期間】10月2日(水)~10月30日(水)

【会場】丹波篠山市立中央図書館「展示ホール」

≪出展団体≫
◇元気がでるコンサート
◇手話カフェ@ささやま
◇丹波木綿の会
◇丹波あかりの会
◇日本茶を楽しむ会Tan-Te
◇フラワー桶っとサークル
◇楽らく美香草
◇One up Musiclub

【問合せ】丹波篠山市立中央図書館 TEL:079-590-1301
2019/10/03のBlog
[ 11:30 ] [ 丹波あかりの会 ]
「丹波の灯り」2019年秋 14号 


〇10月29日 丹波あかりの会特別講演

〇ニュース


丹波篠山デカンショまつり、丹波あかりの会 創作灯り教室

丹波あかりの会 産業高校の授業に参加

〇催し案内

ハンドメイドクラフトフェス 兵庫陶芸美術館、アート・クラフトフェスティバル in たんば

実りの秋は丹波各地で味覚の祭典

〇第6回丹波あかり展を開催します

〇第5回丹波あかり展から多彩な灯り(その3)

〇連載コラムⅣ 「あかり」 あれこれ④ ~色と人の性格~ 前川 進



◇発行:丹波あかりの会 令和元年9月25日 ℡:079・552・0257
10月29日 丹波あかりの会「特別講演会」開催

丹波篠山市立中央図書館 視聴覚ホール 入場無料


丹波あかりの会は、10月29日(火)13時から丹波篠山市西吹の市立中央図書館で、照明デザイナーの村岡治彦氏と舞台・テレビ照明家の中西 正人氏を招いて特別講演会を開催します。


「灯り作品と図書展」開催中

令和元年10月2日(水)~30日(水)13時~17時

会場:丹波篠山市立中央図書館 展示ホール



【第6回丹波あかり展を開催します】

11月16日(土)~24日(日) 兵庫陶芸美術館 コミュニティギャラリー

※第6回丹波あかり展の出品作品を募集中です


出品を希望される方は、本会事務局までお問合せください。

TEL:079・552・0257 メール:tbakari1606@yahoo.co.jp
《催し案内》

〇ハンドメイドクラフトフェス @兵庫陶芸美術館 10月19日(土)、20日(日)

〇アート・クラフトフェスティバルin たんば @丹波年輪の里 10月5日(土)、6日(日)

《実りの秋は丹波の各地で味覚の祭典》

〇丹波篠山味まつり @篠山城三の丸広場 10月12日(土)~14日(月)

〇味覚フェア楽市楽座 @草山温泉 やまもりの湯(丹波篠山市遠方) 10月13日(日)

〇丹波丹南味まつり @丹波篠山市中央公民館 10月19日(土)、20日(日)

〇城東味まつり @丹波篠山市城東公民館 10月19日(土)、20日(日)
篠山の町を良くするしくみ

「おいしいランチを食べて社会貢献」おなかも心も満腹プロジェクト


《募金百貨店プロジェクト》 赤い羽根共同募金


『クリエイティブカフェ』(一般社団法人ウイズささやま)



クリエイティブカフェのランチを食べていただくと、赤い羽根共同募金へご協力いただいたことになります。

この機会に、クリエイティブカフェのおいしい日替わりランチをご賞味ください。

※取り組み期間:令和元年10月1日から令和2年2月29日

2019/10/02のBlog
「2019 ・ 秋 丹波篠山俳句ラリー入賞句」

〇市長賞 

「丹波路の一足早き秋色に」 海輪 久子 (西宮市)

〇兵庫陶芸美術館 館長賞 

「秋深し明日も使う鍬洗う」 北澤 稠民 (丹波篠山市)

〇山田 佳乃氏 選者賞

「稲の香の真中間遠のバス待てり」 田口 晶子 (宝塚市)

〇兵庫陶芸美術館賞

「まんまるの笑顔が返事豊の秋」 中井 明日実 (猪名川町)

「城塁に混ざる墓石草の花」 寺杣 啓子 (宝塚市)

「山城の古道辿れば栗の山」 細見 至広 (丹波篠山市)

「彼岸花崖よりその身をどらせて」 宮本 幸子 (福知山市)

「能面の喜怒哀楽ぞ秋うらら」 小村 美晴 (丹波篠山市)

「鵙高音春日の社の能舞台」 上山 玉美 (丹波篠山市)

「さはやかや虫籠窓より陽の入りて」 杉原 美智子 (丹波篠山市)

「赤蜻蛉風に止つてゐるやうに」 酒井 八重子 (丹波篠山市)

「毬の中横綱級の丹波栗」 茶木 良子 (丹波篠山市)

「夫もまた眼鏡を捜す敬老日」 山本 裕子 (丹波篠山市)
〇優秀句(俳句協会賞)

「霧流る丹波篠山城の郷」 高橋 美佐子 (丹波篠山市)

「縦横の轍残りし刈田かな」 植坂 和子 (丹波篠山市)

「ランドセル毬栗蹴りつつ下校かな」 久下 富美子 (丹波篠山市)

「稲を刈る手のたくましき母ゆずり」 古谷 より子 (丹波篠山市)

「しばらくは案内を恃み秋の蝶」 高橋 純子 (神戸市)

「秋の草豊かに丹波焼のつぼ」 橋本 絹子 (尼崎市)

「お隣も一人住ひや虫しぐれ」 藤本 貴久巳 (丹波篠山市)

「恐竜の眠る渓谷水澄める」 藤原 富子 (丹波篠山市)

「都へと続く街道曼殊沙華」 溝畑 稔子 (丹波篠山市)

「綿の実の青き匂いの田舎道」 寺本 佐代子 (丹波篠山市)
本年は雨の予報の中でしたが天気は次第に快方に向かい、木犀の香の漂う中でのラリーとなりました。

来賓には、丹波篠山市 平野副市長、兵庫陶芸美術館 前田参事をお迎えしての開催となりました。

選者に円虹主宰の山田佳乃氏をお招きし、入賞句の選評などを聞きましたが、その中で「その人ならではの句」との話もあり、大勢の皆さんが熱心に聞き入りました。

また、中西先生の市内に数多く存在するという「俳額」の意外な話を興味深く聞き入ったことでした。

ご参加の皆様に多謝。

見事に入賞の方は23名でした。


令和元年9月30日 丹波篠山市俳句協会 井上 壽
2019/10/01のBlog
[ 14:00 ] [ つどい場 お茶の実 ]
「つどい場 お茶飲みだより」2019/秋

《つどい場でお茶飲みませんか》

つどい場では、季節ごとにいろんなお茶を楽しんでおります。

秋のおすすめは、「秋番茶」

お茶の成分には抗酸化作用のあるカテキンがありますが、それは日光のもとで増加するので、夏を過ぎて作られる秋番茶からは、このカテキンを多く摂ることができます。

太陽の恵みがいっぱいの「秋番茶」は水出しでもおいしいですよ。


《つどい場の本棚より》まちライブラリーの新着本紹介

「ご飯が食べられなくなったらどうしますか?」永源寺の地域まるごとケア 花戸 貴司

かかりつけの医師から、こんなことを尋ねられたらあなたはどう答えますか?


【つどい場お茶の実】 

OPEN 月/木 (第2月、祝日除く) 13:00~16:00 ¥100

丹波篠山市住吉台92-1 原 美由紀 ℡:090・7109・6734

mail: ochanomi.12.29@gmail.com


※自宅開放のため、お越しの際はご連絡をお願いいたします
2019/09/27のBlog
SHARE自主上映会 「SEED」シード 生命の糧

種は人類の命そのもの。

しかし種子の94%が20世紀に消滅。

種子の多様性を守るために私たちのすべき選択とは?

〇日時:2019年10月23日(水)

①10:00~ 子供同伴OK

②14:00~ 託児あり

③19:00~ 通常上映

〇料金:一般1,000円、高校生500円、中学生以下無料、前売800円

〇場所:丹波篠山市民センター2階 

〇主催:SHARE


メール:shareourfuture@gmail.com 

※託児利用ご希望の方は10月14日までに090・1150・1906(月江)までご連絡ください。

《前売券販売場所》

小山書店(丹波篠山)、よかちょろ(丹波篠山)、レストラン山の駅(丹波)

自然酵母パン店よしだ屋(丹波)
<<人類史上で最も急速に種子の多様性が失われている>>

<<20世紀中に種子の94%が消滅 種子の多様性が失われている>>

<<種は未来に実りをもたらすタイムカプセル>>

<<種子は古い植物の命とそれが生み出す新しい命とをつないでいるんです>>
 ジェーン・グドール (霊長類学者)



[ 10:14 ] [ NPO法人篠山国際理解センター ]
丹波地域の外国人のみなさんへ「日本語の勉強をしましょう」

〇勉強する日:10月9日から12月11日まで(毎週水曜日)

〇勉強するところ:四季の森生涯学習センター 第3会議室

〇もちもの:ノート、えんぴつ、消しゴム ※お金はいりません(無料)


※勉強したい人は、10月4日までに 篠山国際理解センターへ申し込んでください。

℡:079-590-8125 (月・水・金曜日 午前9時から午後5時まで)

E-mail:sasayama.kokusairikai@gmail.com

(予定は変わるかもしれません)
【予定】午後6時30分から8時30分まで

1.10月9日(水) 「はじめまして」 

自己紹介ができる、近所の人とあいさつができる、特産物紹介(黒大豆枝豆)

2.10月16日(水) 「買い物」「スーパー」

買いたいものを店員に聞くことができる、レジ袋 ポイントカード

3.10月23日(水) 「ゴミの出し方」

ゴミを正しく出すことができる、ゴミの分別ワークショップ

4.10月30日(水) 「郵便局」「銀行」「コンビニ」

ATMの利用方法がわかる、ゆうパックなど送り状の書き方

5.11月6日(水) 「病気になったら①」

症状を伝えることができる、冬に備えてあたたかい暮らし

6.11月13日(水) 「病気になったら②」

処方箋、薬の飲み方がわかる

7.11月20日(水) 「安全に暮らす①」

緊急時 110番 119番のかけ方、自転車の乗り方

8.11月27日(水) 「安全に暮らす②」

防災、避難所の確認

9.12月4日(水) 「市役所へ行く」

施設案内、図書館カードなど

10.12月11日(水) 「日本を楽しもう」

電車の乗り方、どこかへ出かけてみよう、丹波篠山市の観光案内


《申し込み先》 NPO法人篠山国際理解センター

FAX:079-590-8126 E-mail: sasayama.kokusairikai@gmail.com


2019/09/26のBlog
講演会 光秀の丹波攻めと波多野氏~明智光秀と波多野秀治~

【日時】2019年10月26日(土)13:30~15:00(受付13時から)

【会場】丹波篠山市立中央図書館 視聴覚ホール

【参加費】500円(資料代・運営協力費)/人

【講師】田中豊茂氏
≪講師プロフェール≫
昭和28年(1953年)宍粟市生まれ丹波篠山市在住。
日本家紋研究会理事・日本家系図学会会員・山名氏城跡保存会会員
HP「家紋world」にて家紋と名字の面白さを発信中

【主催】ささやま図書館友の会 連絡先:中西文枝090-6057-8423
2019/09/22のBlog
丹波篠山市民センター駐車場利用について ※10月12日(土)~14日(月)

味まつり期間は、丹波篠山市民センター駐車場は一般車両は駐車できません。

ご注意ください。
社協の声から生まれた!『地域サロンに もっと 男性を!』


〇コミュニケーション麻雀の開発のきっかけ~お茶飲みにだけなんて行けるか~



地域のお年寄どうしの交流、多世代間の交流を通しての地域コミュニティー強化、

顔と顔が見える関係づくりを目的にと、様々な趣向と工夫で地域サロンが開催されています。

ところが、男性からは「お茶飲みにだけ行けるか」などの声もあり、男性の参加が少なくて・・・というサロンが多いのも実情です。

また、サロン運営者やボランティアさんからは「もう、ネタが・・・」などの悩み。

そんな中、「男性が、気取らずにスッと参加できるプログラムがあれば・・・」の声をもとに開発されたのが、コミュニケーション麻雀です。

男性にも女性にも一緒に手先を動かし、おしゃべりを楽しみながら脳トレや健康づくりに、人との繋がりづくりに愛用され、各地に笑い声が響いています。



※社会福祉協議会、サロン、まちづくり協議会、高齢者福祉施設、公民館、老人クラブ、自治会などで人と人をつなぐツールとして全国39都道府県で約630セット愛用頂いています。
〇人と人とが繋がるコミュニケーション麻雀

今まで、生涯学習や福祉の場において麻雀は、遊技的なイメージから、講座としての開催が敬遠されてきました。

最近、健康麻雀として、高齢者スポーツと文化の祭典「ねんりんピック」の競技種目になるなど、麻雀が見直されています。

さらに、相談しながらのチーム戦というルールを組み入れた『コミュニケーション麻雀』の開発により、麻雀をただのゲームとして捉えるのではなく、コミュニケーションツールとして気軽に集えるようになりました。

会話や交流のきっかけに、また、手指を動かし脳に刺激を与える高齢者の介護予防にと、その活用にも期待が寄せられています。
\全国で話題の『コミュマ(コミュニケーション麻雀)』を知っていますか?/

〇コミュマって、な~に?

神戸で誕生したコミュマとは、8~12名で大きな卓(テーブル)を囲み、相談しながら行うゲームです。

チーム制なので自然と会話が弾む、麻雀パイはタワシサイズ、子どもから高齢者までココロとカラダ、温かな会話とさりげないやりとりの中、手先も使いながら自然と脳トレにも効果が・・・

ルールは簡単、麻雀経験がない子どもや女性、高齢者でも簡単に楽しめるのが、コミュマです。

全国各地の社会福祉協議会・福祉施設・高齢者サロン等でも活用され、各地に広がっています。

※詳しくは「コミュニケーション麻雀」を検索!
《コミュニケーション麻雀「笑あかり・篠山」》

◇公開練習会◇

〇日時:毎月第2・第4火曜日 13:30~16:00

〇場所:丹波篠山市民センター 研修室 または 多目的ルーム 
 (丹波篠山市黒岡191)

〇参加費:1回300円(会場費代)


麻雀未経験者、大歓迎!大きなパイは必見です。ぜひ、ご参加ください。

※支援者向け体験会や出張講座は随時受付

※大きいパイは無料貸し出し可能、ご相談ください。

【プロフィール】

「笑あかり・篠山」は、2017年5月結成。

毎月2回、どなでも自由に参加できる公開練習会を開催。

「心」と「身体」を動かし、笑顔が生まれるまちづくりの一助となることを目的に活動しています。

年間を通して、地域イベントへの出前講座、老人施設のプログラムとして、自治会のレクリエーション、喫茶やサロン、デイサービスなど高齢者対象のふれあい体験会を開催。

メンバー募集中!
※体験会の依頼や公開練習会への参加など、

お問合せは「丹波篠山市民プラザ」まで。(℡:079-552-0001)
[ 15:55 ] [ イベント・セミナー・講座等紹介 ]
「福祉レクリエーションボランティア養成講座」受講生募集!

いきいきサロンなどのボランティア活動をしている皆さん!

「どんなメニューにしよう・・・」

「いつもと違ったレクリエーションがしたい」と悩んでいませんか?

この講座は、いつでも、どこでも、誰とでも、年齢を問わず楽しく参加できるさまざまなレクリエーションについて楽しく学ぶ講座です。

皆さんのご参加をお待ちしています。

〇講座日程:11月25日(月)午後1時30分~3時30分

〇内容:「楽しいレクリエーションで脳もカラダも健康に!」

 お手玉やタオルを使った体操、童謡でリズム体操など


〇場所:丹波篠山市立丹南健康福祉センター 研修室2階

〇講師:NPO法人兵庫県レクリエーション協会 筒井 由希子 氏

〇募集人数:50名(申込順)

〇持ち物:フェイスタオル(80×30cm程度のもの)

〇受講料:無料

〇申し込み:下記の申込書により、11月13日(水)までに丹波篠山市社会福祉協議会窓口、またはFAXで受け付けます。

〇お問合せ:〒669-2205 丹波篠山市網掛301 丹南健康福祉センター内

丹波篠山市社会福祉協議会 担当:小坂 愛 ℡:590-1112

※申込用紙は丹波篠山市民プラザのラックに置いてあります。
[ 15:10 ] [ NPO法人篠山国際理解センター ]
「will(ウィル)」NO.67

〇多様性社会アメリカの光と影(冒頭抜粋) 中西 文枝

私は、今年1月下旬に開催されたLAアートショーに能面を出展するため、渡米した。

何せアメリカで初めての出品、それも日本の伝統的な能面ということで、不安と期待で一杯だった。

会場のLAコンベンションセンターはダウンタウンにある。

以前は治安が悪かったらしいが、再開発で高層ビルの林立するビジネス街になっている。

LAアートショーは来場者が7万人を超え、西海岸でも最大規模で、日本では考えられないような風景を目にした。

会場内は飲食も可能なので、能面を前にワインを飲みながら鑑賞する人もいて、少々ドキドキした。

※続きは本文でお読みください。


〇外国につながる子どもの学習を どう支援する?

外国人住民の増加に伴って、外国につながる子どもたちの日本語支援や学習支援が課題となっている。

彼らにどのような支援が必要で、可能なのか、講師を招いてお話を聞いた。

(5月26日・市民センター)


「外国につながる子どもの日本支援のあり方」

こうべ子どもにこにこ会 小学校JSLコーディネーター 

日本語教師 辻村 文子先生 


※JSLとは・・・JSL(Japanese A Second Language)

日本語を第二言語とする子どもたちを支援する教室のこと。

※学校との連携

※JSLの役割

※課題
〇当センター副代表理事 矢持ヴェロニカ美智子さんが

ひょうご国際交流連絡協議会「草の根国際功労賞表彰」を受けられました。


 矢持さんは長年丹波地域在住のブラジル人の生活を献身的に支援してこられました。

在留手続きから、育児、教育、医療、就労等あらゆる分野での草の根の支援活動が称えられました。

そのご経験から当センターの活動にも貴重なご助言をいただいいます。


〇篠山国際理解センター 今後の行事予定

にしきふるさとまつり:8月13日(火)午後5時頃~丹波篠山市薬師西紀支所前

国際理解フォーラム ふれあい地球村:10月27日(日)午後 丹波篠山市民センター
《篠山国際理解センターとは》

NPO法人篠山国際理解センター(SICU)は、外国人・日本人がともに暮らしやすい地域づくりをめざし、1995年に設立された市民団体です。

「国際理解教育」「国際交流」「外国人住民支援」を3つの柱に、多文化共生へのアプローチを様々な形で展開しています。

誰でも参加できる活動と交流の広場です。


発行:特定非営利活動法人 篠山国際理解センター

〒669-2734 丹波篠山市宮田240丹波篠山市役所西紀支所

℡:079-590-8125 (月・水・金 9時~16時)

e-mail:sasayama.kokusairikai@gmail.com
2019/09/19のBlog
[ 16:20 ] [ 丹波篠山 楽空間 ]
9月開講!!丹波篠山楽空間よさこい教室

「丹波篠山楽空間」と一緒によさこい踊りをやってみませんか!!
初心者大歓迎!キッズも大歓迎!もちろん家族みんな大歓迎!

目標はステージデビュー!10月の東条湖おもちゃ王国でのイベントに一緒に参加しましょう♪

◇よさこい教室開催日
 令和元年 〇9月26日(木)〇10月3日(木)〇10月10日(木)〇10月17日(木)
 時間帯:19:00~20:30
 ※参加はどの日からでも構いません!まずは遊びにきてください!

◇場所 丹波篠山市立丹南中学校体育館(丹波篠山市味間新192番地)

◇参加費 1回300円/一人(未就学児無料) 1回500円/一家庭
 ※小学4年生以下は保護者様の付き添いをお願いします。
 ※参加費は当日の保険代も含みます。

◇運動できる服装、体育館シューズ、タオル、飲み物

事前の申し込みは不要です。直接お越しください。
QRコードもチェックをお願いします! SNSも随時更新中!

【主催】丹波篠山楽空間
[ 13:08 ] [ 吹奏楽団プリマベーラ ]
第5回クリスマスコンサート

吹奏楽団プリマベーラによる第5回クリスマスコンサートのご案内です!

日時:2019年12月8日(日) 13:00開場 13:45開演

場所:丹波篠山市民センター 1F 多目的ルーム

※入場は無料です。

≪プログラム≫
きよしこの夜
ジングルベル
あわてんぼうのサンタクロース他 

お客様参加コーナーもあります。

【主催・問い合わせ先】 奥川 携帯090-5661-0845 
Mail : m-o-y.0707@docomo.ne.jp
facebook 吹奏楽団プリマベーラ
第122回「篠山論語塾」開催日のご案内

〇令和元年10月26日(土)午後1時30分(受付 午後1時)

〇丹波篠山市立中央図書館(創作活動室)

《講座》 論語・陽貨第十七 、 小學(しょうがく)・稽古(けいこ)第四


【これからの開催予定】

〇11月16日(土) 丹波篠山市立中央図書館(確定)

〇12月14日(土) 丹波篠山市立中央図書館(予定)

〇1月25日(土) 丹波篠山市立中央図書館(予定) 


《良書紹介》 

〇書名:八百屋論語と孝の道

〇著者:村下 好伴

〇発行所:NPO法人論語普及会

≪お問合せ・お申込み≫ ℡552・0850(熊谷)
2019/09/14のBlog
[ 16:46 ] [ 丹波あかりの会 ]
丹波あかりの会「特別講演」

〇令和元年10月29日(火)13時~17時

〇会場:篠山市中央図書館 視聴覚ホール ※入場無料 


 〒669-2206 丹波篠山市西吹88-1 ℡:079-590-1301

◇第1部 『夜間景観づくりの取り組み・建築と照明』 13時~14時30分

 講師:村岡 治彦 氏 (照明デザイナー)
 

◇第2部 『舞台照明は楽しい仕事』 15時~16時30分

 講師:中西 正人 氏 (舞台・テレビ照明家)



〇「灯り作品と図書展」開催中  令和元年10月2日(水)~30日(水)10時~17時

 会場/丹波篠山市中央図書館 展示ホール



〇村岡 治彦 氏 プロフィール

1955年 大阪府生まれ

1981年 大阪工業大学建築学科卒業

1983年 LDヤマギワ研究所入社

1997年 (株)ライティング・ウェル設立に参画 取締役

2012年 村岡 治彦デザイン事務所開設

◇IALD/国際照明デザイナー協会アソシエート会員

◇ライティングデザインスクール 大阪校校長

◇椙山女学園大学 生活環境デザイン学科非常勤講師

◇京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科 非常勤講師
〇中西 正人 氏 プロフィール

1950年 丹波市山南町生まれ

1969年 県立産業高等学校電気科卒業

1970年 岡本 友秋氏に師事、その後舞台、テレビ照明家

1976年 株式会社サンテレビジョン入社。技術局制作技術部照明担当

(ワイドショー、釣り番組、対談番組、落語大全集、歌番組、中継、ホール収録番組等)

1980年 日本照明家協会賞テレビ部門「神戸まつりクィーン神戸フェスティバル」奨励 賞を受賞

2003年 株式会社キレイ設立

2005年 X-KOBE認定企業に認められる
◇主催:丹波あかりの会

《お問合せ》丹波あかりの会 ℡:079-552-0257(桑野)
「ささやま環境みらいの会主催 ひょうご出前環境教室「くらしに役立つ天気予報」

猛暑や大雪・ゲリラ豪雨などの異常気象、最近の天気は昔とは何かがちがう。

地球温暖化のせいなのか、ほかに原因があるのか。

気象現象のことを知り、暮らしに役立てる方法を身に付けましょう。


〇日時:令和元年10月19日(土)13:30~15:00

〇場所:丹波篠山市民センター 多目的ルーム1 

(丹波篠山市黒岡191 ℡:079-554-2188)

〇講師:三橋功治さん (気象予報士、防災士)

〇申し込み:不要




◇主催:篠山環境みらいの会

◇協力:(公財)ひょうご環境創造協会

◇問い合わせ:篠山環境みらいの会 (090-2355-0384 田井)


※「篠山環境みらいの会」Facebookをご覧ください。
山の会ささやま会報「多紀アルプス」NO.61 (2019年9月号)

【表紙】

〇お花の山「加賀白山」 主峰御前峰から見渡す広大な室堂平

〇雲上の桃源郷「雲ノ平」トレッキング


【2019年 Sasayama Calendar 】

〇9月~11月の行事予定 (作成日:令和元年9月1日)


※日程・行事内容は変更になることがありますので、最新のもので確認願います。

【目次】

1.「巻頭言」六甲、摩耶検定:末永 治實

2.10周年記念会員ひと言メッセージ集(寄せ書き):会報部

3.事務局よりのお知らせ:事務局

(1)10周年記念行事案内 (2)山行部長人事について

4.10~11月期山行案内(例会・公開・登山道調査):山行部

5.山行教育講座・講習会案内 NO.6

6.山行報告及び紀行文集(7~8月分)

1)山行結果報告(概要一覧):山行部

2)報告&感想文〈山歩き・旅日記〉

①トンガリ山620m 西光寺山646m(丹波篠山市)〈例会山行〉:植坂 成志

②大岩岳384m(神戸市北区・宝塚市)〈例会山行〉:藤井 勉

③桟敷ケ岳896m(京都市左京区)〈例会山行〉:川上 妙子

④雲ノ平トレッキング(北アルプス)〈夏山特別山行〉:伊藤 秀紀

⑤御嶽・小金岳山麓(丹波篠山市)〈登山道調査〉:植坂 成志

⑥六甲山白石谷(神戸市北区)〈自主山行〉:川西 通晴

⑦天王山270m(京都府大山崎町)〈例会山行〉:末永 治實

⑧加賀白山2702m(石川県白山市)〈夏山特別山行〉:川西 通晴

⑨光成山536m観音山245m(新温泉町)〈例会山行〉:西嶋 喜好

⑩比良明王谷(滋賀県大津市)〈例会山行/沢歩き〉:林 登美男

⑪沢歩き講座報告(六甲峰山狭/揖保川水系公文川):藤井 勉

7.会員の広場(新人紹介、会員動向、編集後記)・会報部
【巻頭言】 「六甲、摩耶検定」 末永 治實
〇山の会ささやま会報「多紀アルプス」NO.61

発行日:2019年9月1日

発行:山の会ささやま

発行責任者:岡前 昌喜

編集責任者:佐藤 喬

E-mail:tkmzsato@leto.eonet.ne.jp


※山の会ささやま9月号会報は丹波篠山市民プラザで閲覧できます。
前のページ   |   次のページ