ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
居場所 「心家(こころや)」~かわにし~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:209件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2020/12/01のBlog
[ 20:54 ] [ お知らせ ]
心家は地域のお茶の間です。
画像はクリックすると大きくなります→

☆緑色の日が「心家」の開所日です!!
 10:00~16:00 利用料:200円

☆ピンク色の日がころころ通信編集・ピアサポートタイム!!
 11:00~15:30
☆青色の日は社協で「居場所」を開いています!!
 13:30~15:30 無料

☆茶色の日は手作りサロン
12:00~15:00 参加費:500円(手芸材料・茶菓代)!!
「心家」の所在地です。気軽にお立ち寄り下さい。
川西市栄町21-14 (関西アーバン銀行前の路地を入る)
2017/12/12のBlog
[ 06:33 ] [ スタッフ日記 ]
先日川西市内のお店で「心10年・心家8年」の食事会をしました。

社協で活動を始めたころに出会った人とは10年のお付き合いなのですね。
心家を始めてすぐに来てくださった方も多く皆さんとともに過ごした年月に「そりゃ歳とるはずだわ」と?感慨もひとしおでした(@_@)


心家は来られた方に住所もお名前も聞きません。来所者ノートに書いて頂く名前はニックネームでも匿名でも自己申告でOKです。
いろんな方の顔を思い出してほんとうは連絡して来て頂きたいなぁと思うのですがぶらっと立ち寄って気にいったら時間を過ごす場所にはこの方法でいいのかなとも思います。
今回参加できなかった方へ、次はご一緒できることを願っています。


同じ時間を共有した者同士スタッフも来られた方もなんだか<とてつもない懐かしさ><居心地の良い人の輪>の空気が流れていました。
心家のスタッフは現在19名です。仕事や用事で参加できなかったスタッフが2名いましたがあとは全員集合できました。それぞれのスタンスで心家で活動しています。

また、子ども食堂に来られる方、関わってくれる人、ピアサポに来られる方などは通常開所の時に顔を合わす機会が少ないのですがこの日はみんなひっくるめて「心家」でした。(*^_^*)

居場所は多くの方のご理解やご協力がなければ継続できません。ほんとうに心より感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2017/12/01のBlog
[ 05:58 ] [ お知らせ ]
なんだか毎年同じ文面のような気がするような…しないような・・・やっぱり同じかも(>_<)
__________あっという間に12月です!!_________

一年を振り返る余裕もなく日々を過ごしています。

今月は食事会が大きなイベントです。
この10年の間にお会いした方たち・・・。人と人が出会う不思議を改めて感じています。
緩く、無理をしないでつながって行くことが相手も自分をも守るような気がします。

心家が誰かにとっての「居場所」になっていれば幸いです。
程よい距離間を保ちながら、お互いに思いやっている雰囲気が私は大好きです。

これからもどうぞよろしくお願いします。(●^o^●)
私たちはいつでも<待っています>。

 12月の予定
12月 6日 (水) 社協居場所 13:30~15:30 ふれあいプラザ4F 無料

12月7日(木) 食事会 心家はお休みとなります!

12月8日(金) 心家こども食堂 16:00~ 心家 100円

12月13日(水) ピアサポート 11:00~15:30 心家 200円
 
12月19日(火) 心家ママの会 10:00~16:00 心家 200円



・・・・・・・・・年末年始のお休み・・・・・・・・・

 12月23日(祝)~1月5日(金)

 1月6日(土)から通常開所です。
2017/11/13のBlog
[ 16:08 ] [ お知らせ ]
心家で子ども食堂を始めて2年3か月。
月に一度の開催なのでこの11月で27回目でした。
試行錯誤の連続でしたが最初から貫き通している「心家の思い」があります。
地域には子どもたちの事を考えている大人がいるんだよ、いつか困った時には思い出して欲しいということ、大勢の人と食事をする楽しさを知って欲しいということ。
家庭の中はそれぞれです。子どもの思いも様々です。
学校や家庭以外で大人と触れ合う機会が少ない今、子ども食堂にはやはり重要な役割があると思います。
おかげさまで地域の方々からお米、野菜、調味料などの寄付を頂いていますが、これは子どもたちの事を考えるみなさんの思いです。大切に使わせて頂いています。
先月宝塚であった子ども食堂の集まりにスタッフが参加してきました。大勢の参加がある所もありうらやましいなぁ、という思いもありますが
心家は心家らしく身の丈に合った活動を続けていこうとスタッフで話し合いました。
川西市にもあちこちに子ども食堂がいっぱい出来て子どもたちが大人と関わりながら成長できればいいなぁと思います。

今月以下の講演会・パネルディスカッションがあります。

心家からスタッフがパネリストとして参加します。是非ご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:平成29年11月24日(金)
 午後1時半~3時半


講演:「子どもの貧困とは?」 ~居場所づくりから考える・地域でできること~

講師:徳丸ゆき子氏

パネルディスカッション

パネリスト
 平田信活(岡本寺住職)
 鹿田澄子(心家 子ども食堂)
 中西史宏(兵庫県川西こども家庭センター所長)


場所:アステ市民プラザ アステホール(アステ6F)

主催:こども家庭応援団(川西・猪名川)
後援:兵庫県川西こども家庭センター・川西市・猪名川町

[ 16:01 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

初雪や初氷の便りもちらほらきこえてきました。
これから新しい春に向けて、静かな時が待っています。

さて、ムニュはかなり以前に家族で、エドヴァルト・ムンクさんの個展を見に行ったことがあります。あの有名な「叫び」もありました。
強い精神の緊張が感じられ、苦手な絵だという方もおられるかもしれません。
その後、テレビでムンクさんの特集を少し見た際、ムンクさんが内面の精神世界を削るように創作をなされていたこと、それゆえに少し病的な表現になっていることなどが言われていました。
ですが、その中で、晩年に描かれた「太陽」という大きな壁画を見た時、それまでの暗い色調を打ち破るようにこうこうとした太陽が真正面に描かれている様にムニュは圧倒され、その特集でも言われていたのだと思いますが、ムンクさんが長く苦しい創作活動を続けられてきた「意味」のようなものを強く掴まれたのではと思いました。

人生を生きてゆく中で、時に長く停滞や模索が待っていることはしばしばありますが、その苦しみの「意味」を掴む時、長い冬のような凍てつく時を経て太陽のように夜明けが現れる時、それはいつのことなのか、明日なのかもしれないですし、最晩年の時なのかもしれません。

それでも、微かに見えてくる一筋の光を、おぼろげながら掴んでゆきたいです。
 ムニュ
前のページ   |   次のページ