ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
居場所 「心家(こころや)」~かわにし~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:217件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
前のページ   |   次のページ
2020/12/01のBlog
[ 20:54 ] [ お知らせ ]
心家は地域のお茶の間です。
画像はクリックすると大きくなります→

☆緑色の日が「心家」の開所日です!!
 10:00~16:00 利用料:200円

☆ピンク色の日がころころ通信編集・ピアサポートタイム!!
 11:00~15:30
☆青色の日は社協で「居場所」を開いています!!
 13:30~15:30 無料

☆茶色の日は手作りサロン
12:00~15:00 参加費:500円(手芸材料・茶菓代)!!
「心家」の所在地です。気軽にお立ち寄り下さい。
川西市栄町21-14 (関西アーバン銀行前の路地を入る)
2019/04/30のBlog
[ 18:34 ] [ お知らせ ]
新緑の季節です。 
街路樹も山の木々もなんとも言えない優しい緑でほんとうに癒やされます。

季節の変わり目に体調を崩されていた方も多かったのですが、その後いかがでしょうか?
ゆっくりと日々を過ごすことで心身の調子が整っていくこともあるかと思います。

体調のよい日にはお散歩がてら「心家」をのぞいてくださいね。

子ども食堂を始めた当初から参加してくださっているお母さんの第二子出産がそろそろかなぁ・・・
赤ちゃんだったMちゃんがなんとお姉ちゃん!!

居場所をしていると地域の子どもたち、お母さんお父さん、ご近所の方々のことがとても身近な出来事としてあります。もちろん入院されたなどの心配事も多いのですが・・・。

でもこれが本来の地域コミュニティーですね。

心家でお待ちしています。(●^o^●)
5月の予定

5月 2日(水) 社協「居場所」 13:30~15:30 ふれあいプラザ4F 無料

5月 9日(水) ピアサポート 11:00~15:30 心家 200円

5月11日(金) 心家こども食堂 16:00~ 心家 100円

5月 15日(火) 心家ママの会 10:00~16:00 心家 200円

5月16日(水) フリーマーケット 10:00~14:00 心家 無料


心家は来年開所10年を迎えます。

よくぞ続いたなぁ・・・と思います。が!!これからも続けます。事情があってしばらくこれなかった人がにょっこりのぞいた時にも、社会的なつながりの少ない人、生きづらさをかかえて不安の中にいる人にも心家は「居場所」でありたいと願っています。
フリーマーケットのお知らせ
 
 心家の入り口には常設のリサイクルコーナーがありますが、時々大きなフリマをしています!!

 5月16日(水) 10:00~:14:00

 よい商品は午前中になくなります、お早めにお越しください。
 (*^-^*)

 
 売り上げは心家の運営資金になります。
 ご協力よろしくお願いいたします。
2018/05/21のBlog
[ 17:58 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

梅雨の走りのようなじめじめとした空気となりつつあります。
雷の音もそろそろ聞こえてくるかもしれません。

さて、ムニュの住む街は、さまざまな要素に溢れているそうです。
山があり、川があり、空港や高速道路、インターチェンジや車の街でもあります。

ムニュは発症前は中学校二年生までは普通に通学で来ていたのですが、発症、退院後は短期間のアルバイトと通信制高校に通いました。
ですが、その後卒業をしたのちは、この街、「社会」にポンと放りだされてしまい、迷走するようになりました。

強い不安の中何とかキリスト教会に繋がり、ステンドグラス工房にも行き始めたのですが、それでも到底自分がこれからどうなってゆくか、どこに「身を置いて」生きてゆくのか緊張の連続でした。

その中で、ムニュはこの街を見渡し、なんとか「身を置ける」ところはないかとあらゆるところを転々としました。
なるべく静かな環境が良いと、図書館通いをしたり、喫茶店に入り浸ったり、夕暮れの河原でぼんやり日没を眺める日々もありました。
また、具体的な場所以外でも、遠くの空を眺めて精神を遠くに逃がしたり、自分の作る作品に入り込んで自分を投影して確認を取ったりもしました。

それは、自分の内側から探る次のステージの模索と、それに関わるであろうと直感で感じるさまざまな出先に飛び込んでゆく日々でした。
今でも、その探求の日々は、エネルギーは弱まったかもですが続いています。
この街で、この世界での「身の置き場所」は、あらゆる場所での自分のありようにかかっているのかもしれません。
 ムニュ
2018/04/19のBlog
[ 07:53 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

野山がすっかり新緑に包まれ、新たな季節を謳歌し始めています。
深い、夏に向けて空気も濃くなってきている気がします。

さて、ムニュは精神病の発症は春だったのですが、その後もしばらく同じ季節、春が近づくたびに何となく気が落ち着かなくなることがありました。
体に対する気象の条件がそろってくるというのも原因の一つでしょうが、何となく、その不調になった時の空気の感触、匂い、光の色や強さが無意識に記憶を刺激しているような気がします。

同じく、数年前にムニュは夏場に大きく体の調子を崩しました。
その後しばらく、夏が近づくたびにパニックに近い様な不穏感に苛まれています。

対応として、その季節というのを逆手にとって、「養生」と言われる昔からの季節の過ごし方の健康法を取り入れ、体や心の季節に対する順応性を高めたり、自律神経を整えたりを試みています。

結果、正しい季節の過ごし方を学んだせいか、不穏になる季節が何度か目に訪れても、不安になりながらも、その空気や光を「楽しむ」ことが出来てきたかもしれません。

不安を感じていたある条件の場面に対して、自分の感覚や実際の過ごし方が、「アップデート」されてきたのかな?と思います。

不安を感じる空気、吐き気や震えを伴っていたような場面、その同じ場面の中でも、知らない間に安らぎや楽しさ、平穏さも感じ取っていたのかもしれません。

不安の中でも受け取っていた、薄く弱い希望の矛先を、これからもぬりかえてゆきたいです。 
 ムニュ
2018/03/21のBlog
[ 06:26 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

桜の開花の便りが届き始めました。
命の華やぐこれからの季節、何となく日陰を探してしまうのは気のせいでしょうか。

さて、ムニュは普段暮らしていて、ふと、「自分は何をしているのか」ということに漠然とした不安を覚えることがあります。
そのほんの数分前、確かに何かをしていたのですが、いったん集中が途切れると、まるで何もかもが「空っぽ」になることがあります。
以前、ミュージシャンの方のインタビューで、「タブラ・ラサ」という言葉を見つけたのですが、ムニュの解釈では、その空っぽの状態のことを指しているのではと思いました。

「タブラ・ラサ」とは、「何も書かれていない書版の意」(コトバンク)とあるのですが、その、まるで無垢な、幼児のような状態にしばしば陥るときがあります。

病気になった時、ムニュは、「言葉」を失いました。
今まで使っていた言葉が話せない、意味が分からない、通じない状態になり、わがままに泣き叫ぶ子供のようになりました。
そして、その「白紙」の頭に、少しずつまた「言葉」が溜まってゆきました。

それでも未だに、ムニュは時折空っぽになります。
必死になって物事を覚える、前に進む、生きてゆくことに精を尽くしても、本当の生きる意味や大事なことはその合間の「白紙」の状態のときにポンと降りてきます。

本当に学ぶということ、それが得ることなのか与えられることなのか、しばし考えさせられます。
 ムニュ
前のページ   |   次のページ