ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
居場所 「心家(こころや)」~かわにし~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:273件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2018/01/22のBlog
心家にまたまた笑いを呼び込みま~す。

 日 時 平成30年2月28日(水) 午後1時30分~3時

 場 所 心家 住所 川西市栄町21-14 (最上部に地図があります)

 木戸銭 500円 (お菓子・飲物付き)

 出演者及び演目
 
 猪名川亭 ゑふで 「てれすこ」

 五月亭 湯治郎 「一文笛」 「父よあなたは辛かった」

落語で笑い、その後、お茶とお菓子でおしゃべりを!
たのしい笑いの世界へどうぞお越し下さい。 (^O^)
2018/01/19のBlog
[ 06:25 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

年も明け、明るくなる陽の元、木々に新芽を見つけるころとなりました。新しい命のサイクルが始まっています。

さて、ムニュは聖書を読むことがあるのですが、その中の数々のエピソードは、いわゆる神様が描かれた「シナリオ」に沿って人々がどう生きてきたか、どう生きるかを示しているとされるそうです。
聖書の言葉を頼りに、それを受け止めて自分に示された道を見出して歩んでゆくということです。

ムニュは今、絵本作りの勉強をしていて、その数十ぺージにどう「ものがたり」を展開してゆくか、頭を悩まされます。
神様が示している「生き方」を見出して、手繰るようにおぼつかなく歩く。それだけでも大変なのに、自分が「ものがたり」を紡ぎ出すことにやはり生身の人間の心と体の弱さを強く感じます。

そして、そのものがたりをいかに上手に仕立て上げようとしても、あちこちに不完全なほころびや未熟さが出てきます。
次の一言を発する、次の一歩を踏み出す、それさえも出してしまえば、どう流れてゆくかは未知数です。
それでも、「筋を通す」ということを学ぶように、後から道は続いてゆくと思います。

 ムニュ
2017/12/24のBlog
[ 05:57 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

一気に年の瀬が近づいてまいりました。
新しい年には何が待っているのか、心静かに年明けを迎えたいと思います。

さて、ムニュは体調の良い時は創作活動をするのですが、その際、「自分の表現」ということにしばしば迷います。
自分がこの創作を通じて何を言いたいのか、そのためには何をどう学んで方法を会得してゆくかなど、時にとても苦しくなります。
その「表現」という具体的なことだけではなく、自分が今まで何を感じ、何を見聞きし、それを自分なりにどう受け止めて発信してゆくか、「自分」というフィルターをかけながらも、それを突破してゆきたいという大きなエネルギーに苦しむことになります。
そしてそのような「規制」のようなものは、一個人に与えられているさまざまなもの、年齢だったり性別、国籍、名前、住んでいる環境など、さまざまな縛りのなかで、それを乗り越えてまで何かが現れるための大事な鍵になるのではと思います。

さまざまな病気や精神障害、そのほかの一見ネガティブな自分の要素も、自分を苦しめる反面、ではそれを抱えたうえでどうありたいのか、それをもって自分は何なのかという大変興味深い疑問を投げかけると思います。
それと対峙するのはとても苦しいですが、複雑な知恵の輪を解くような生き方も悪くないかな?と思います。
 ムニュ
2017/12/12のBlog
[ 06:33 ] [ スタッフ日記 ]
先日川西市内のお店で「心10年・心家8年」の食事会をしました。

社協で活動を始めたころに出会った人とは10年のお付き合いなのですね。
心家を始めてすぐに来てくださった方も多く皆さんとともに過ごした年月に「そりゃ歳とるはずだわ」と?感慨もひとしおでした(@_@)


心家は来られた方に住所もお名前も聞きません。来所者ノートに書いて頂く名前はニックネームでも匿名でも自己申告でOKです。
いろんな方の顔を思い出してほんとうは連絡して来て頂きたいなぁと思うのですがぶらっと立ち寄って気にいったら時間を過ごす場所にはこの方法でいいのかなとも思います。
今回参加できなかった方へ、次はご一緒できることを願っています。


同じ時間を共有した者同士スタッフも来られた方もなんだか<とてつもない懐かしさ><居心地の良い人の輪>の空気が流れていました。
心家のスタッフは現在19名です。仕事や用事で参加できなかったスタッフが2名いましたがあとは全員集合できました。それぞれのスタンスで心家で活動しています。

また、子ども食堂に来られる方、関わってくれる人、ピアサポに来られる方などは通常開所の時に顔を合わす機会が少ないのですがこの日はみんなひっくるめて「心家」でした。(*^_^*)

居場所は多くの方のご理解やご協力がなければ継続できません。ほんとうに心より感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2017/11/13のBlog
[ 16:08 ] [ お知らせ ]
心家で子ども食堂を始めて2年3か月。
月に一度の開催なのでこの11月で27回目でした。
試行錯誤の連続でしたが最初から貫き通している「心家の思い」があります。
地域には子どもたちの事を考えている大人がいるんだよ、いつか困った時には思い出して欲しいということ、大勢の人と食事をする楽しさを知って欲しいということ。
家庭の中はそれぞれです。子どもの思いも様々です。
学校や家庭以外で大人と触れ合う機会が少ない今、子ども食堂にはやはり重要な役割があると思います。
おかげさまで地域の方々からお米、野菜、調味料などの寄付を頂いていますが、これは子どもたちの事を考えるみなさんの思いです。大切に使わせて頂いています。
先月宝塚であった子ども食堂の集まりにスタッフが参加してきました。大勢の参加がある所もありうらやましいなぁ、という思いもありますが
心家は心家らしく身の丈に合った活動を続けていこうとスタッフで話し合いました。
川西市にもあちこちに子ども食堂がいっぱい出来て子どもたちが大人と関わりながら成長できればいいなぁと思います。

今月以下の講演会・パネルディスカッションがあります。

心家からスタッフがパネリストとして参加します。是非ご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:平成29年11月24日(金)
 午後1時半~3時半


講演:「子どもの貧困とは?」 ~居場所づくりから考える・地域でできること~

講師:徳丸ゆき子氏

パネルディスカッション

パネリスト
 平田信活(岡本寺住職)
 鹿田澄子(心家 子ども食堂)
 中西史宏(兵庫県川西こども家庭センター所長)


場所:アステ市民プラザ アステホール(アステ6F)

主催:こども家庭応援団(川西・猪名川)
後援:兵庫県川西こども家庭センター・川西市・猪名川町