ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
居場所 「心家(こころや)」~かわにし~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:277件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2020/06/15のBlog
先週の金曜日3月からお休みしていた子ども食堂を再開しました。

子どもたちやお母さん来てくれるかなぁと心配していましたがたくさんの子どもたちが元気に来てくれました。

「長いお休みだったね、よく頑張ったね」
「何して過ごしてた?」
「兄弟げんかしなかった?」
いっぱいお話ししてくれてありがとう。
でも一番大変だったのはお母さん、お父さんだったかも。
「大変だったね。」と心から声をかけました。

再開にあたりいつものようにジュースを届けて下さったTさんありがとうございました。
能勢からお野菜も届きました。
お米!!!Mさん確かに受け取りました。

ほんとうに助かります。

子どもたちはやはりひっついて遊びます。学校の現場で先生方のご苦労は大変なのではないでしょうか。

今日は小さな声でお話しよね・・・もやはりムリ。

心家で出来ることは調理の衛生面、消毒、手洗いと限られていますが細心の注意を払いながら来月も予定通り開催出来ると思います。
子どもたちもご家族もしばらくは注意することの多い生活が続きますね、月に一度だけど息抜きに来て下さい。 待っています。
2020/06/11のBlog
心家は今から12年前<しんどい人、病気や障害で社会との接点の少ない人、どんな人にも「居場所」っているよね、という思いを共にする有志で始めました。
駅前に小さな家を借り<開けて待つ!!>を合い言葉に活動してきました。

4年前からこの地域ではいち早く<子ども食堂>も開いています。
キャパの問題やプロパンガスの基本料金が高く解約したためガス器具を使わない!!??珍しい子ども食堂(@@;)ですが毎回や20~25名分のカレーと2~3品の副菜を作っています。

今回のコロナウイルスによる感染が拡大し始めた3月に2回それぞれ約1週間、その後の緊急事態宣言の後は<こんな時こそ「居場所」がいるのではないか>という思いを持ちながらも4月8日から5月の連休明けまで心家を閉めました。かなりの葛藤がありました。

その後は通常開所を決めいつもの「心家」に戻っています。
子ども食堂も今月から再開です。
今日は「ピアサポート」でした。


昨日(9日)部屋貸しをしているグループの方が心家を使用中に一人の男性が来られ「心家さんへ」と寄付を持ってきて下さったと聞きました。匿名でということでしたが受け取って下さった方が心家のスタッフではないのでせめて電話番号だけでもと機転を利かせて下さり今日お礼の電話をしました。

お名前をお聞きしたのですが<匿名で>と言うことでした。川西市にお住まいに男性としか分かりませんが報道等で寄付をしている人がいることを知り自分にも出来ることがあるのではないかと・・「心家」を選んで下さいました。

私たちの活動にとって大!大!大金です。大切に大切に使わせて頂きます。
小さな心家の活動を気にかけて下さる方がいらっしゃるんだ!!
応援して下さる方がいらっしゃる!!
感謝の気持ちはもちろんですが大きな大きな勇気がわいてきました。
ほんとうに、ほんとうにありがとうござました。

今までも社協や川西市、コープ神戸さん、オリックス宮内財団さん、クラウドファンディングでお世話になったレディーフォーさん、ジュースやお菓子の差し入れ、お野菜の提供、お米の寄付、お肉の差し入れ、関西子ども食堂ネットワーク、むすびえさん・・・数え切れないくらい多くの方々のおかげで心家を守ることが出来ています。

改めてほんとうに、ほんとうにありがとうございます。
ゆっくりですが、頑張ります。
2020/05/30のBlog
[ 12:47 ] [ スタッフ日記 ]
心家は毎月一回第2金曜日の夕方から「子ども食堂」を開いています。

4年前に始めた頃はカレーを用意して待っていても誰も来ない!!!こともあったけど今ではたくさんの子どもたちがお母さん、お父さん、おばあちゃんと来てくれます。

今回のコロナウイルスの感染拡大で4月はお休み、5月はお持ち帰りのお菓子を配りました。

6月には最大限の注意を払いながら再開!!!!!します。(*^_^*)

子ども食堂をお休みしている間にスタッフが子ども用マスクを作りキセラの公園や川西能勢口とアステをつなぐ通路で50数枚子どもたちに配りました。
その際道路使用の許可などを県会議員さんにアドバイスを頂きました。

先日議員さんから「まだマスク作れますか?」と連絡がありました。

頼もしいスタッフが声を掛け合って60枚のかわいい子ども用マスクが出来ました。
このマスクは兵庫県中央子ども家庭センターに届け、退所する子どもたちに渡して下さるとのことで
昨日お渡しできました。

北上さん、ほんとうにいつもアドバイスや応援をありがとうございます。

子どもたちや生きづらさを抱える人、社会の中で支援の届かない人への熱い思いを私たちも見習いたいと思います。
2020/05/20のBlog
[ 13:48 ] [ ころころちょこっと通信 ]
皆さまこんにちは。ころころ通信委員のムニュです。

ゆっくりと世界が新しい環境下での暮らしの模索を始めています。
各々がこれまでの暮らしを踏まえた上で模索する新しい生活にも、命の尊厳と自己決定権があるように願います。

さて、すっかり初夏となった夜は、ムニュはしばらく窓を開けて外の空気に当たります。
ムニュが幼い頃は、家の周りにまだ田んぼがあり、どこからともなく蛙の鳴き声が聞こえてきて、夏の訪れを告げていました。

ムニュは、病気になった次の年に、家族で奈良県の奥深くの農村に旅行に行ったのですが、そこで夜におびただしいほどの蛙の大合唱を聞きました。

ひとり夜中に目が覚めて、窓ごしに聞こえてきたその声、まだ病気の真っ最中だったムニュの神経には強烈で、まるで電子音が乱れ飛ぶような音の波と、目を閉じても眩いほどの光の渦が視界の中で飛び散っていました。

少し危険な状態だったのかもですが、その蛙の大合唱に圧倒されて、苦しくて苦しくてもなぜか無性にうれしくて、むせび泣くようにまた布団に入った記憶があります。

命のボルテージが上がっていく初夏に、それから何十年たっても、未だにあのときの蛙の賛歌の音と光に、ぐっと息をのむようなエネルギーの突き上げがあります。
 ムニュ
2020/04/20のBlog
[ 12:58 ] [ スタッフ日記 ]
お変わりありませんか?

緊急事態宣言が出て10日あまり過ぎましたが皆さまにはお元気でお過ごしでしょうか?
心家を閉めてスタッフもなんだか気が抜けたようで・・・。

心家に繋がって下さっているみなさんもそれぞれ家庭や職場や地域の中で不安や不自由を工夫しながら生活されているのではないでしょうか?

ここは一つ、私たちの底力で乗り切りましょう~。

次にお会いする時いつものように「ガハハ」と笑ってお話できるように体調に気をつけて過ごして下さいね。

嬉しい写真を撮ったのでアップしますね。
小学校3年生から子ども食堂に着来てくれていたYちゃんが祝!!卒業~。祝!!祝!!ご入学~。
お母さんと一緒に中学校の制服を着て訪ねて下さいました。

いつも小さな子のお世話をしてくれる優しいお姉ちゃんです。
そしてもう一つ
三菱商事ライフサイエンス株式会社さんからサニテーション用アルコール製剤「メイオールW65n」
のご寄付を頂きました。会社としてコロナウイルスの感染防止に何か出来ないかと「子ども食堂」への支援をされています。
今は休所中ですが再開のメドがたったら「掃除しまくります!!!」
20Lと量がありますのでお知り合いに継続して開けておられる「学童」「保育所」で除菌液が足りないところがあれば届けますのでお知らせ下さい。
2Lのペットボトルの空き容器などを用意して下さると助かります。


ほんとうにありがとうございました。(*^_^*)

ご自身とご家族、仲間やお友達、すべての方々が元気で過ごされることを願います。